素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

エボラ出血熱・MERS

④エボラ出血熱、アメリカでパンダミックに?オバマ大統領は4,000人の陸軍兵士をリベリアに派遣決定!ダラス市全体を隔離・閉鎖するのが先でしょ!(大苦笑)

陸軍をリベリアに派遣する事に、予備役4千人の召集にも署名!
今回の派遣目的は?エボラウイルス拡大を阻止するだと?
火中の栗を拾えって
大ヤケド(感染)で済めばいいけど衣服に燃え移って(発症して)全員討ち死にって事も!
なんと、リベリアには蔓延前からアメリカ陸軍の兵士が350人いたんだってね!
まさか陸軍中野学校の細菌部隊みたいんじゃ無いんでしょうね?

画「アウトブレーク」じゃ出血熱に感染した地区の駐屯地区を別の部隊が爆撃して生きたまま全員焼き払う・・・・なんて事の為じゃないでしょうね!
支持率低下に悩むオバマ政権に取っては、支持率挽回のチャンスでもあり
一歩間違がえば無能さを露呈する悪夢でもあります。
後者ならアメリカ大陸が
取り返しのつかないことに!
アメリカ国民を恐怖のどん底に落とし込んだ『史上最低のアメリカ合衆国大統領』として、やはり誰かさんが描いた筋書き(シナリオ)通りに歴史に刻まれる事になるんですかね!
全世界がエボラ出血熱が蔓延し人類が恐怖に怯えパニックが起きたら、いよいよ『666の獣(ECの大統領)』が登場するのでしょうか? 
強力なリーダシップでエボラウイルスから人類を救った英雄として・・・・・・・ 
シリアは内戦状態ですし、イスラム国の台頭で湾岸戦争並みの多国籍軍派遣が出来る状況になりつつあります。「ハルマゲドン(2034?~
{世界が平和になった後、獣が暗殺未遂で奇跡的に一命を取りとめ復活した後に起きる最終戦争})」は、未だ先の筈ですが刻々と近づいて来ているのです!
リベリア 国籍のダンカン氏はダラスの一般病院でしたが、10月3日に感染してアメリカに移送されたNBCのカメラマンは万全のウイルス封じ込め施設のあるアメリカ・ネブラスカ医療センターで治療中!
この対応の差って何なの?ダラスは放置されてるのも同じでっせ!
CDCは防護体制も整ってない病院に送ったり、微熱=発症の看護師を旅客機に搭乗させるなんて・・・・・・・
リベリアに陸軍を派遣するなんて悠長なことしてる暇なんて無いでしょ!
ダラス市内を隔離して徹底的に感染者の有無を検査すべきなのに・・・・・

まさか、ケネデイ暗殺の犯人達にリベンジやってんじゃね~んだろうけど?不可解過ぎるぜ!
オバマ大統領は、『ソドムとゴモラ』の如くダラス市全体を消すつもり?
ソドムとゴモラ
 
男女の区別無く姦淫してる現在、ソドムとゴモラの娘達が復活し、もはや性の乱れは止め様が有りません!無差別殺人や薬物の蔓延、詐欺の横行など等、神の怒りを買って当然!
どこかの都市がソドムとゴモラの様に見せしめとして消滅する運命なんだわさ!
 死海南部の遺跡から、膨大な
ボール状の高純度の硫黄が見つかっています。
神が『硫黄と火』で両都市を地上から抹殺した証拠なのでしょうか? 

③エボラ出血熱、アメリカでパンダミックに?ダラスで発症・死亡したトーマス・エリック・ダンカン氏の医療チーム相次ぎ発症!

トーマス・エリック・ダンカン氏の医療チームだった「ニーナ・ファム」さんに続き、同じ看護師の「アンバー・ビンソン」さんも発症!
医療チームを厳重な監視下に置いていたのかと思いきや、なんと国内線で移動させちゃったてんだから仰天、仰天、はら仰天!

搭乗前に微熱(=発症初期)が測定していたのに、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)に問い合わせをしたら、搭乗許可が出たってんだから・・・・呆れ果てて二の口が出ませんよね!
CDCは何ばしとるとよ!パンダミックしたらCDCが起こした人災!
国内線の同乗者は132人!何人かは確実に感染してるでしょう!
彼等の運命やいかに?
アメリカ・エボラs
ダンカン氏の嘔吐物を流した地域の安全性は?
CDCが意図的に危機的状況を生ませているとは信じたくはありませんが・・・・・
また、トーマス・エリック・ダンカン氏(10月8日死亡)が病院でも大量の嘔吐物や下痢で糞を撒き散らした事も判明!
病院全体を隔離しなきゃ本当にやばいぜよ!(怖)
防護服も不備だらけで治療に当たったとか・・・・・予備知識も数枚のガイドブックだけとか・・・・・・
ワオ!これじゃパンダミックになるわな!

汗じゃ感染しないって言ってるけど、発症患者の衣類から感染するのは汗じゃないの?

パニックを起こさせない為に、メデアに偽の情報を流すのは為政者の常套手段!
枝野幸男が官房長官として、福島原発の安全性を繰り返し発表してたのもこの類だしね!
国内線乗客に感染してなかったら奇跡だわさ!
ま、アメリカでのエボラ出血熱拡大は時間の問題となっちゃいましたね!
移動の自由が制限される時代になるのかも・・・・・・

スペインで輸送されたエボラ出血熱に感染した神父を担当した女性看護師が発症!だから言わんこっちゃないでしょ!

そもそも感染したミゲル・パパレス神父
スペインエボラ・ミゲルパハレス神父
等宣教師
を、血清もないのにスペイン本国まで輸送する事自体無茶やで!新薬をリベリアに届けるべきだったよね!(大苦笑)
イエス・キリストが感染を阻止出来るとでも?(大苦笑)
ウイルス研究所並みにレベル4程度の隔離施設じゃなきゃ空気感染に突然変異するかも知れないウイルス患者を持ち込むなんて無謀ですよ!
アメリカのダラスでも同じ様なもんですが一般病院じゃ感染拡大を阻止するなんて無理でしょ!
コレラを持ち帰り世界を恐怖のどん底に追いやったスペインが、又も行った蛮行じゃね~かよ!
今回は知ってて持ち込んだんだから確信犯ですぜ!
新薬「ZMapp」を投与すれば大丈夫だろうと安易に考えた結果がこの始末!
新薬投与の効果無く2人とも死亡!
医療ミスなのか、本人の不注意だったのか、はたまた・・・・・・
感染した女性看護師は、リベリアで感染し8月7日スペイン8月12日に死亡したパハレス神父と9月25日に死亡したマヌエル・ガルシア・ビエホ修道士(69)の治療チーム30人の1員!
ミゲル・パパレス神父の時は大々的に報道したマスコミですが、9月22日マヌエル修道士が空輸された時は殆ど無視状態・・・
二人とも、リベリアで治療すべきだったんだよ!過信が産んだ恐怖!
女性看護師が発症するまでに接触した人は生きた心地がしてないでしょう!
ハグったら接触面積は大きいですから、まして挨拶のキスでもしてたら・・・・・・・
医療チームの残り29人に1人でも感染者が出れば、マドリード市はパニックに!

スペインへの旅行者は激減!スペイン富裕層の保菌者が逃げ出せばあっという間に世界中に拡大する!
ワォ!
本国送還を決定した人達は、2週間針の筵(むしろ)じゃの~!

②エボラ出血熱、アメリカでパンダミックに?リベリアで2日発症したアメリカNBCTVカメラマンと一緒に取材していた女性記者もアメリカに搬送予定!

リベリア国籍・トーマス・エリック・ダンカン氏に続き、
ダンカン
リベリアで取材していたアメリカのTV・NBCチームのTVカメラマンが感染・発症!
近日中にアメリカにチーム全員の搬送決定!

アメリカなら治癒出来るとなったら、西アフリカから大挙して危険な接触をした人達が押し寄せまっせ!
アメリカ行きの飛行機内や中継地でくしゃみや嘔吐すれば世界中に拡散します!
発症前だから接触しても大丈夫なんてのは、気休めですよ!
宿主が居なければ不活性化する?冗談でしょう!
宿主に入れば増殖が出来るって事なのに・・・・・マスコミはパニックを防ぐ為に安全だって大本営発表報道を流すのは福島原発事故直後の報道で身に沁みてませんか?
どのマスコミがヨウ素剤の配布を急げって報道しました?
アメリカでのエボラ出血熱騒動でも同じですね!

対応は後手後手!アメリカ全土に拡散しなかったら奇跡だわ!
西アフリカでの流行が収まるまで渡航禁止にすべきなのですが・・・・・・
エボラ出血熱-map-16-sep-2014
9月16日から10月3日の間に
エボラ出血熱-map-03-oct-2014
リベリア全土が黄色に染まるのは時間の問題!
もはや、WHOも正式な感染者数を把握出来なくなってるんじゃないの!
来年には数十万人に拡大するとの見方も!
このまま拡大を続ければ、接触感染から空気感染にウイルスが変異する可能性が指摘され始まりました!
実際今だって近くの人は、『くしゃみ』で感染するんだから・・・『バイオハザード』や『アウトブレーク』が現実味を帯びて来ましたぜ!
人類を救う為に、核攻撃で一掃するなんて事にならなきゃいいけど・・・・・ 

エボラ出血熱、アメリカでパンダミックに?ダラス病院、リベリアから入国した感染者の発症を見過ごす!

リベリア国籍・トーマス・エリック・ダンカン氏は、9月20日リベリアからダラスに!25日に病院に行くも風邪?と診断され帰宅心配したパートナーが「アメリカ疾病管理予防センター(CDC)」に連絡して大騒ぎに!
28日に急遽、救急車でなんと同じ病院に搬送され、エボラ出血熱と判明し現在隔離され治療中!
新薬「ZMapp}の投与なし!
感染後2日間一緒のパートナーの女性や子供たちも外出禁止中!
街中で嘔吐したとの報道も!
アメリカ・エボラs
しかも嘔吐物を高圧洗浄で飛散させたとは!ダラスはThe End?
エボラ出血熱は発症まで最大21日間という長期間!保菌者にくしゃみをされたら即感染も有り得る!潜伏期間が長いだけにパンダミックに発展しやすい!
これから寒くなるので、風邪と間違える医療機関も多く、もはやアメリカでのパンダミックは時間の問題かもよ!
彼の寝具も今だ処分されず・・・・・・・やばくね?
報道に拠れば、24日には発症していたとも・・・・・4日間も野放しに!
ダラスといえばジョン・F・ケネデイが暗殺された因縁の土地!
大統領車が駆け込んだ病院で死亡が確認されましたが疑惑の銃弾を生んだ嘘の検死でも有名ですね!因果応酬?
彼と接触した約100人の人達も監視下に置かれているとの報道ですが・・・・
子供が通う学校は?一緒に居た3人が接触した人達は?
最初に誤診した医師は大丈夫なんですかね?接触した看護師は?
隔離すべき人達は、とても100人どころじゃ有りますまい!
嘔吐物の傍を通った人達が発症したらダラス全域が封鎖!したって後の祭り!

2週間は目が離せませんね!もし誰かが発症し、彼等が移動してたらアメリカ全土がパンダミックになる!ワォ~

リベリアからの渡航者全員、エボラウイルスのチェックを行うべきなんじゃ?
日本の検疫体制は大丈夫なのかいな~! 
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ