素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

プリウス、不評のフロントマスクをPHV並みに12月変更!人気を取り戻せるか?

最初から4代目はこんなデザインじゃダメだって言ってたのに!ゴチャゴチャしてて、しかも小さく見え過ぎ!
プリウス10
売れてはいるけど、前年割れ!
丸3年経過して金型の償却も済んだのか・・・やっと現行PHV同様の顔に変更することに!
プリウスPHV
プリウスPHV
プリウスPHVリア
2代目・3代目は売れに売れましたが・・・・・実にシンプルなデザイン!日本人好みでした!
プリウス3代目
空気抵抗の小さなさをアピールしたかったんでしょうが・・・・・4代目は3割減の大失敗!
プリウスエアロ
もっとワイド&ローにすべきでした!ちょっとした事なのにデザインコンセプト誤ると怖いですね~!

果たしてどこまでPHVに似るのでしょう?
TOYOTAなら、コストダウン優先でフロント・リアとも部品共通させてPHVとまったく同じだったりしてね!(笑)

ま~今より売れるでしょうけど・・・・2代目・3代目みたいにとても万人が好きなデザインといえませんがね!
スッキリ爽やかな感じにデザイン出来ないのかね!

トヨタ、初参戦から33年目で悲願のルマン制覇!ライバル不在でもノントラブルでワンツーフィニッシュ!アロンソ、インディ500勝てば至上2人目のグランドスラム

フェルナンド・アロンソ/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴組8号車トヨタTS050ハイブリッド388周をポール・ツウ・ウインで走りきってルマン初制覇!
トヨタルマン初制覇
一昨年の最終ラップ直前のリタイアから2年!中島一貴もようやく鬱憤を払拭出来ましたね!
昨年も優勝候補で途中まで独走態勢したが、2台とも想定外のリタイア!
今回は。3
位以下を10ラップ以上離す完全勝利!

しかし、今年は【ルマンに来ると勝てない】ジンクスとなったモリゾウこと豊田章男社長の姿はなく、初制覇の瞬間を味わう事が出来なかったのは、トヨタ・チームとしては心残りでしょうね!

トヨタTS050ハイブリッドがルマン連続優勝する可能性は、来年2019年だけ!
(2020年からルマン24時間が最終戦になるので今シーズンのルマンは2018・2019の2度開催)
今のLMP1最終戦となる2019年ルマン24時間はモリゾウも一緒に表彰台で美酒を味わってほしいですね!

優勝したアロンソは、世界3大レース中モナコGPとルマン24時間を制覇し、残すはインディ500!
マクラーレンが来年からインディ参戦したいのも、アロンソを繋ぎ止める為なんでしょうね!
それはさておき・・・・・
いまのLMP1・LMP2は特殊過ぎて市販車と比較になりませんからフードバックも出来ません!
レースタイヤも特殊になり過ぎて剥離し過ぎ!コースも汚れるし、一般のハイパーカーにも使えるようなもっと耐久性のあるタイヤにすべきでしょう!
もっともそんなことになったらスピンが多発してレースにならないかもね!(大苦笑)

2019年7月からは今までのLMP1に代わって、トップカテゴリーがより多くのワークスを呼び込む為にハイパーカー(最高速度400km以上)のレースになるそうで・・・・
2019ルマンコンセプト2
2019ルマンコンセプト3
ハイブリッドも残されますが・・・・
2019コンセプトマン
より市販スーパーカーに近いレース車両になるようです。

トヨタも早々とコンセプトを発表しましたが、まだレースカー!
トヨタハイパーカー2
ハイパーカーといえば、元祖ブッガティ・ヴェイロン!

より乗りやすくなった第2世代ブガッティ・シロン!

といって高価な市販ハイパーカーのレース仕様参戦が可能になりそうもありませんが・・・・・
昔と違ってルマンカーのロードカーが出れば100台なんてあっという間に売り切れる時代になりました!
昔みたいに、市販50台以上の車限定のトップカテゴリーも面白くなるんじゃないの?

トヨタ・3代目センチュリー発表!どうせなら後部ドアは後ろヒンジにしてほしかったですね!

トヨタセンチュリー1トヨタセンチュリー2
トヨタセンチュリー3トヨタセンチュリ4
トヨタセンチュリ5トヨタセンチュリ6
クラウンと大差ない後席は、セレブ御用達としては狭過ぎ!自分で運転する人もいるの?
トヨタセンチュリー7
革張りじゃなく和の感覚は良しとしても後部ドアもクラウン並みの三角窓付きとは情けない(トホホ)
メルセデスのマインバッハも前ヒンジですが・・三角窓付なんて野暮じゃなく四角に開きます!
メルセデスマインバッハ
メルセデスマインバッハ2
後部開閉窓も大きいし・・・・後部の三角窓が車体とドアじゃ遮蔽感が全く違うのに・・・・!
3代目はどうせなら、あと5cmホイールベースを伸ばして、ロールスロイス並みに後ろヒンジの前開ドアにしてほしかったですね!
ロールスロイスファントム
当然ながらロールスロイスの後部ドアには三角窓はありません!
ロールスロイスファントムj2
セレブが乗るのに前ヒンジの三角窓付じゃ様になりませんが・・・・・日本じゃ暗黙の規制でもあるんでしょうか?
私が発注出来る程セレブなら、絶対ロールス並みに後ろヒンジに大改造させるわな!(苦笑)

アルファードの方が後部ドアは全開で乗り降りも楽だし、キャプテンシートの座り心地も良そうに見えるのは私だけ?(大苦笑)

電気自動車シフトはどこまで進むのか?アフリカ・南米・砂漠地帯で充電設備整備なんて無理!広大な国土のオーストラリアはどうするんでしょう?

欧米でガソリン・ディーゼルエンジンの乗用車を販売規制する流れになっちゃいましたが、世界の大部分の面積で電気自動車の充電設備を整備するなんて出来ないと思うのですが・・・・・

こうなると、先進国を走る時はEV充電設備が未整備の他の国を走る時は化石燃料のエンジンで走るハイブリッド車が主流になるのかも?
でも、そうはさせじとエンジン載せてるだけで販売禁止にするつもりなんだろうけど・・・・・

今時、電気が通じてない家なんて無いと思ってませんかね?
結構自家発電してる家はアメリカ以外にも結構有ると思うのですが今後は山奥の別荘でも太陽光発電にするんですかね!

砂漠に太陽光発電所を造って充電設備に出来るなんて意見も出そうですが、採算に合いませんぜ!
バッテリは寒さに弱いし・・・暖房も極寒地じゃ電力だけで足りるの?
ロシアは規制しないでしょうから、近い将来フェラーリやランボルギーニはロシアでしか乗れなくなったりして?

EV車は、超高速で走ると、あっと言う間に電力を使い切るから速度無制限’(250km自主規制)のアウトバーンも150km程度になるんだろうね!
もっとも何事にも緻密なドイツですから、各キヨスクに急速充電設備を整備しちゃうのかな~?
ガソリンより安く充電させるんだろうけど・・・・・300km走る毎に充電?
キオスクの充電設備も10台や20台じゃ大渋滞しちゃうだろうし・・・・
なにより広域な大停電にでもなったら充電不能で身動き出来ないぜよ!
大型トラックのディーゼルエンジン規制は出来っこないんだし・・・なんか今回の欧米各国の規制は短絡的で恣意的な感じがしません?
都市部だけに限定して乗用車のエンジン車を規制するのは理に適ってますが・・・・・・
今回のEV一辺倒の規制は禁酒法みたいなもので、いずれ撤回されるんじゃないのかな~?
まさかトヨタのハイブリッド特許が目の敵にされ締め出す為じゃ無いんだろうけど・・・どう考えたって異常だと思いません?
ドイツ・フランス・イギリスは整備できるでしょうけど他の国へは自分の車じゃ行けなくなります!
同様にいずれはEV車以外はドイツ・フランス・イギリスを走れなくなる!
EUの統一性も綻び、軋轢も生じてくるんじゃないのかな~?

10年後はどんな事になってるのやら・・・・・
何れにしても、スーパーカーの排気サウンドはいずれ聞けなくなる!
大型トラックを6人乗りに改造して乗り回す人達も出るかも・・・・・・(大爆笑)

日産ノート、7月自動車販売台数1位!プリウス激減、不評なフロントマスクを何とかしないと・・・・・

201707自販台数プリウス
前年同月比43.1%と激減したといってもプリウスは僅差の2位ですが・・・・・・買う気を起こさせるデザインじゃないものプリウスに乗ってる人が入れ替える程度でジリ貧でしょう!


トヨタで伸びが目立つのはトヨタの新型カムリ(744%=3244台)ですが微々たる影響で7月販売台数が落ちたのはトヨタだけ!新車もないしトヨタの巻き返しも大変ですね!

ホンダのフリード・日産のセレナも好調!
9月20日発売の復活CIVICのCMも始まりましたが・・・・・若者の心に響くのか?
全幅1800mm・全高1415mm!全長4650mmもあるんだぜ!
とても以前のコンパクトカーじゃない!
価格も、1.5ℓターボで260万円以上もするんじゃ・・・・・売れませんよ!
180万円程度に出来なかったのかね!

今のホンダ車同様ナビ画面が斜めになっているので日中は太陽光線が反射して観えない!
ホンダシビック
設計者が自分で運転しないでコンピューター上や室内だけで仕上げてるからじゃないの?
ドイツ車はこんな設計しないぜよ!いつからこんなホンダになっちゃんでしょう?
こんな設計をを容認するトップもトップだよ!
今ホンダに一番欠けてる事を象徴してるんだよね!機能優先よりドライバーに対する配慮だろうが!
ナビ画面が見やすくなったらホンダF1も勝ち始めるでしょうね!
しかし、ワンBOX・SUV全盛になった高齢者社会日本で安いセダンの復権なんて有り得るんだろうか? 

方や、今年1月・3月・7月と月間1位を取ってヒットしている日産ノート!
日産ノート室内空間
全幅1695mmx全高1520mmx全長4100mmの5ナンバー!狭い日本にぴったりサイズ!
260万円もするホンダ・シビックと違って擬似EV(エンジンは発電専用)のe-Powerで195万円
カタログ燃費34km/ℓ 実行燃費はエコモードを使えばアクア並みなのでワンボックスタイプとしては秀逸な車に仕上がっている様です。
高速道路を多く使うならスパーチャージャー付のガソリンタイプの方が向いてるみたいですが・・・・・
ほぼ同サイズのホンダ・フィットが日産ノートの後塵を拝してるのはリコール多発の影響もあるんでしょう!
フィットも回復基調になったのもリコールが一段落したから?


QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ