素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

STAP細胞騒動

⑨STAP細胞より論文騒動に!泥仕合になっちゃいましたね!(大苦笑)

笹井副センター長と若山教授の仲は良くないんだそうですね!これじゃ泥仕合じゃん!
生後1週間のマウスのリンパ球から造られ、若山研究室で肝細胞になったSTAP細胞は、若山教授の提供したマウスのと違っていたんだってさ!
キメラマウスSTAPdigest
若山教授はSTAP肝細胞が出来た段階でなんで詳細な検査しなかったんでしょうね!(大苦笑)
性善説だなんて事で済む問題じゃ無いと思いますが・・・・・
ES細胞のみじゃ説明出来ない現象があったのも事実!
トリックを使ってまで、世紀の大発見を捏造するとは思えませんが・・・・・
今回の騒動、なんかおかしい!どうしてもSTAP細胞を闇に葬りたいらしい! 

STAP細胞騒動の原点に帰って・・・・最初のプレスリリース
では
************************************************************************
体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見

-細胞外刺激による細胞ストレスが高効率に万能細胞を誘導

 「ヒトを含む哺乳類では、受精卵が分裂して血液や筋肉など多様な体細胞に変わり、その種類ごとに個性づけ(分化)されます。体細胞は分化を完了するとその細胞の種類の記憶は固定され、分化を逆転させて受精卵に近い状態に逆戻りする「初期化」は、起きないとされています。初期化を引き起こすには、未受精卵への核移植である「クローン技術」や未分化性を促進する転写因子というタンパク質を作る遺伝子を細胞に導入する「iPS細胞技術」など細胞核の人為的操作が必要です。

もし「特別な環境下では、動物細胞でも“自発的な初期化”が起きうる」といったら、ほとんどの生命科学の専門家が「それは常識に反する」と異議を唱えることでしょう。しかし、理研発生・再生科学総合研究センターの小保方研究ユニットリーダーを中心とする共同研究グループは、この「ありえない、起きない」という“通説”を覆す“仮説”を立て、それを実証すべく果敢に挑戦しました。

共同研究グループは、まず、マウスのリンパ球を用い、さまざまな化学物質の刺激や物理的な刺激を加え、細胞外の環境を変えることによる細胞の初期化への影響を検討しました。その過程で、酸性溶液で細胞を刺激することが初期化に効果的だと分かりました。実験では多能性細胞に特有の遺伝子「Oct4」が発現するかどうかで初期化の判断をします。詳しい解析の結果、酸性溶液処理によってリンパ球のT細胞に出現したOct4陽性細胞は、T細胞にいったん分化した細胞が初期化された結果、生じたものであることを突き止めました。また、このOct4陽性細胞は生殖細胞を含む多様な体細胞へ分化する能力をもつことが分かりました。さらに、ES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞などではほとんど分化しないとされる胎盤など胚外組織に分化することも発見しました。一方で、酸性溶液処理以外にもガラス管の中に細胞を多数回通すなどの物理的な刺激や、細胞膜に穴をあける化学的刺激でも初期化を引き起こすことが分かりました。小保方研究ユニットリーダーは、こうした細胞外刺激による体細胞からの多能性細胞への初期化現象をSTAP(刺激惹起性多能性獲得)、生じた多能性細胞をSTAP細胞と名付けました。また、STAP現象がリンパ球だけで起きるのではなく、脳、皮膚、骨格筋、肺、肝臓、心筋など他の組織の細胞でも起きることを実験で確認しました。

細胞外刺激による細胞ストレスが、分化状態にある体細胞の記憶を消去して初期化する-という今回の成果は、これまでの細胞分化や動物発生に関する常識を覆し、細胞の分化制御に関する新しい原理の存在を明らかにしたものです。細胞の分化状態の記憶を自由に消去したり、書き換えたりできる次世代の細胞操作技術となる可能性が高く、再生医学以外にも老化や免疫など幅広い研究に新しい方法論を提供します。今後、ヒト細胞への適用を検討するとともに、さらに初期化メカニズムの原理解明を進めていきます。」
*********************************************************************************************
最初の発表では、リンパ球だけじゃなく他の細胞でも初期化現象が起きたことを確認したとされているのです!
この時点で、マウスのリンパ球は単なるスタートに過ぎなかった事が読めます!
当然、以後のSTAP細胞の実証研究からマウス屋としての若山教授がさほど重要視されなくなったと考えられますね!騒動になって全責任が若山教授に押し付けられようとなったからですって?う~ん????
プレスリリースでは、今回の若山教授の徹底検証公表も、STAP現象の実用化には余り関係が無いとも言ってるも同じなのに?
たとえES細胞の混入があったとしても、Oct4陽性細胞を生じさせるならSTAP」自体世紀の大発見だと言えるのですから!

不正を補って余りある、いまだ公表されない何かが有るのでは?
世紀の大発見なんだから、これ幸いと日本の中核研究所を解体させようと、世界各国の情報機関が暗躍してる可能性も否定出来ません!
とにかく学者先生は直ぐ踊らされる真面目な人が多いからね!(大苦笑) 

⑧STAP細胞より論文騒動に!改革委員会、発生・再生科学総合研究センター解体提言!やり過ぎとちゃう?(大苦笑)

小保方女史の採用方法からして、厳格な手順を踏めって!マル秘プロジェクトもダメ!全てダメ駄目ダメ駄目!(大爆笑)

所詮学者先生ですから、事なかれ主義最優先!臭い物に大蓋!そりゃ手順を踏めばミスも無くなるでしょうよ!
しかし、研究者を短期間のしか採用しない研究機関が情報開示なんてすれば情報漏れが確実に起きるって事のを忘れてはいませんかね!(大々苦笑)
私だったらこんな馬鹿な提言絶対しませんよ!(大爆笑)
そもそもSTAP細胞自体が、従来の学説をひっくり返す大発見なんだから快く思わない学者先生の方が大多数!

発生・再生科学総合研究センターを解体する必要なんて全く無い!と思いません?
突飛な発想大いに結構!特別採用大いにやるべし!
権威ある学者さんの提言なんて、糞っ食らえ!こんな提言しか出来ないから若い優秀な頭脳が日本から流失してるんでしょ!
理研は”委員会のメンバー選考”自体間違ってると思うよ!(苦笑)
近い将来、いつだか予知も出来ないのに、大地震で30m以上の津波が来るなんて言ってる学者先生も同じだけど、責任回避する為の”安全第一”が本当に役に立てるのでしょうかね!
STAP細胞騒動で、分かったことは真実の探求より穴探しが優先する村社会が存在してるって事ですかね!
今度の提言、まさにご無理ごもっとも!割烹着着用も派手だとさ!(大爆笑)
何でもかんでも型に嵌めるのが大好きな”全てダメ駄目ダメ駄目主義のご提言!
非効率な官公庁や銀行並みにしろってか!さすがお堅い学者様!ご提言は当たり前過ぎて涙が止まらない!笑い過ぎて(大々爆笑)
発生・再生科学総合研究センターを解体なんかすれば世界の研究競争から数年遅れる!
改革委員会はそれが目的なんじゃいの?どこかの国から援助なんて貰ってないんだろうけど・・・・・・疑われても仕方が無い提言でした!(大苦笑)
一方で小保方君にSTAP細胞再現実験させろ・・・・か?本気かね!
頭の構造が違う人達の考えは、凡人の私には理解不能です!(大爆笑)
ま~誰かさんに踊らされてる日本のマスコミは、日本の国益なんか眼中に無いし、権力・権威に弱いからね~・・・・・
 
日本をダメにするご提言、御ありがとうごぜいますだ~!心からお悔やみ申し上げ候! 

⑦STAP細胞より論文騒動に!理研、早期収拾を図るも「特定国立研究開発法人」指定見送り!(爆笑)

莫大な補助金が出る「特定国立研究開発法人指定を受ける為、早期収拾最優先で小保方君一人の所為にして”トカゲの尻尾切り”を演じた理研(理化学研究所)!
しかし、理研がSTAP細胞の特許を取り下げない無いのには違和感が有りますよね!
それなのに、”悪意は明白”は無いでしょう!
トップを筆頭に、上層部は自分達の責任を棚上げして、文部科学省の顔色を伺って一刻も早く騒動を終わりにしたい魂胆がミエミエ!(大苦笑)

理研には、研究員が提出する論文を精査する部門が無いってこと?上層部は専門部門に特化してるので他の分野の事など精査しようがないんだろうね!(爆笑)
これって”鬼軍曹”野依良治理事長の責任ですよ!
理研は、「SPAP細胞の特許」さえ押さえれば小保方君なんか必要無いって事なんでしょう!
万が一、小保方君が他の研究所で新たな生成方法を見つけたとして応用には理研の許可が必要になる可能性も?
早期収拾を命じた”鬼軍曹”野依良治理事長も「特定国立研究開発法人」指定見送りにはさぞや”がっかり”した事でしょう!(大爆笑)

でも、成果第一主義にした”鬼軍曹”野依良治理事長小保方君を逆恨みするんじゃないの?(大苦笑)

今回の騒動は、性急に結論を出すべきじゃ無かったと思いますね!
そもそもが、「特定国立研究開発法人」指定を優位にする為に急がせた結果ですから!
説明画像の加工が捏造に当たるという考え方自体が時代遅れだと思いますがね~!
常識的には、原画像と加工画像を両方入れれば済む話なのに、学会の常識はちゃうらしい!(大苦笑)一切加工はダメなんだとさ!(大爆笑)
画像加工が今や第二次大戦の記録映画でさえ自在に加工出来ちゃうので、画像で真偽を問う事自体ナンセンスだって事が判ってない!
捏造するつもりなら、どんな画像だって出来る時代!でも小保方君にはそんな時間も無かった筈ですし・・・・
半年から1年間のリベンジ期間を与えてから結論を出しても良い大発見なんですから・・・・

金の亡者になるとどうしても焦りますからね!「特定国立研究開発法人」指定を最優先しちゃいかんぜよ!(大々爆笑)

私に言わせれば、「特定国立研究開発法人」指定見送りは自業自得だわさ!(大爆笑)

頑張れ!小保方!リベンジ!リベンジ!大逆転を期待してますよ!

しかし、日本のマスコミは騒ぎ過ぎだよ!
折角の大発見を末梢の問題で潰そうとしたんだから!(大々苦笑)

⑥STAP細胞より論文騒動に!理研、再調査せず騒動の早期収拾最優先!補助金目当てとしか思えませんが・・・(大苦笑)

小保方君の”「お言葉を返すようですが」STAP細胞は実際に生成・存在しましたので論文の不正をしていません!”との反論は理研から無視されました!
私は,小保方君が主張している様に、”理研が1年かけて実施しているSTAP細胞の存在の有無を検証する実験の結果を待って不正の有無の判断を見直すべきだ”で良しとするだけの大発見の可能性があると思ってます!
理研もSTAP現象でなければ説明が出来ないと言う事は判っているのにも関わらず、結論を急ぐ必要は全くないのですが、理研の性急な結論は何の為なんでしょう?

政府の補助金決定も差し迫っていますから、論文の不正騒動を早期収拾させるのは至上命令なんでしょうね!(大苦笑)
STAP細胞の発見とは無関係な、いわば純粋に論文だけに絞っての結論と言うべきなんでしょうね!
ここまで追い込んだのは日本のマスコミがお祭り騒ぎにしたから!
どうして日本のマスコミは近視眼的な無責任報道に熱心なんでしょうね!(大苦笑)

これでいよいよ小保方君はアメリカへ行く事になるのかも?アメリカさんは大喜びでしょう!なにせ小沢一郎じゃないけど、国益も考えない騒げれば良しとする日本のマスコミを扇動させれば簡単に潰せますから!

ネットでの不正指摘は誰なんですかね!STAP細胞発表前に起きなかった事がなぜ今回から起きたんでしょうね!日本のマスコミは、なぜこの疑問を解かないのでしょう?

ネットでの間違い指摘は、やっかみ?陰謀?ただの正義感じゃ無いことだけは確かです!マスコミはこの疑問には答えていませんしソース源も明らかにされていませんよね!

なにせ、STAP細胞は学会の常識外!非常識と言ったほうが的を得てるかも!
権威ある学者先生方にとって小保方君は目の上のタンコブ!STAP細胞なんて有り得ない方が自分達の権威を守れるんだから支持するなんて変わり者だけでしょう!
論文の間違いを血眼になって探す人達がいて当たり前!
専門的になりすぎると新しい発想なんてなかなか出なくなりがち、独創的発見なんて記憶力がいかに優秀でも関係ありませんから!
光ファイバーだって、権威ある学者先生ほど有り得ないと否定してたんだぜ権威なんてそんなもん!
なにせ想定外と言えば済む聖域ですからね!(大爆笑)

今の理研は”鬼軍曹”野依良治理事長になって良くも悪くも成果主義!契約期間中に成果を上げなければ契約更新は出来ない!
小保方君が論文を急いだのもその辺の事情が有るんだと思うのですが・・・・

野依良治理事長は研究者としてはノーベル賞を取るほど優秀ですが、経営者としてはリベンジドラマの悪役なんじゃないのかな~!いわば裸の王様!
まして、「特定国立研究開発法人」になって莫大な予算を分捕ろうと野依良治理事長が大奮闘している真っ最中!文部科学省の事なかれ主義の意向にそって問題児は切り捨てられるのでしょうね!(大苦笑)
大騒動に発展したSTAP細胞発表!”鬼軍曹”野依良治理事長にとって、小保方君なんて幼稚な研究者はトカゲの尻尾にしか過ぎないのでしょう!(大苦笑)
要は新発見より、研究費を増額する方を選ばざるを得ない体質になっちゃった!名プレーヤー迷監督って訳です!(大苦笑)

今、日本では池井戸潤原作の「リベンジ・ドラマ」が大ヒット
半沢直樹」の”倍返し”、「花咲舞の黙ってない」の”お言葉を返す様ですが”・「ルースベルト・ゲーム」の「大逆転

小保方君には”「お言葉を返すようですが」だけじゃなく、アメリカに行って”STAP細胞の生成方法を確立し”、理研・野依良治理事長に”倍返し”の”大逆転”を演じてほしいものです!

⑤STAP細胞より論文騒動に!笹井副センター長会見!STAP現象は起きた=細胞は出来る!しかし論文が不備なので・・・・

最後の最後で日刊スポーツの記者が馬鹿な質問したので、失笑で終わりましたね!
日刊スポーツと言った瞬間に質問の内容が判る程低次元の質問!
どうせ学術的話なんて理解も出来ないゴシップ記者なんて入れるな、入るな!頭の中は男と女の関係だけ!(大爆笑)

いや~笹井副センター長には、3時間半もの長きに渡り、頓珍漢な質問にも丁寧な受け答えご苦労様でした!
さすが世界のES細胞の権威ですね!よくま~メモも見ないで淀みなく答えられるもんですね!頭の構造が違い過ぎます!(賞賛)
笹井芳樹氏の正式肩書きは、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長だって!長いですね~!
京都大学・山中教授研究室の前任者!三顧の礼で理研に迎えられたES細胞研究の世界的第一人者で超エリート!

最初に結論有りきの質問も多かったし、笹井君が話してるのにヒステリックかつしつこく自分の思い込みで話を遮断して突っ込みを入れ聞こうともしない奴もいましたね!(苦笑)
世界の権威に対して礼儀知らず過ぎます!何様のつもりなんでしょうね!なまじの知識しか持っていないのにね~!(大苦笑)
私なら切れてますよ!私と違って、超一流は冷静ですね~!
STAP現象は起きたと言っていましたね。STAP現象=STAP細胞だとも!
もっと言うなら、”STAP=刺激惹起性多能性獲得(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency"と考えないと説明が出来ない現象が起きた(=現在考えられる一番合理的ロジックの仮説)を論文にしたのに過ぎない!のであって、新たなアプローチで全く違う論文になる可能性も示唆していました!(流石に超一流ですな!)
STAP細胞がイモリの尻尾の様に、残った部分から再生出来る細胞として非常に高い可能性があるのだと説明されてましたが、まさに画期的な再生細胞を生み出す第一歩の段階なんですね!
STAP細胞自体は捏造じゃなく、取り違いとされた過去の博士論文からの写真転載も未発表であれば許されるとも・・・・・
しかし、小保方女史がハーバードからの客員研究員の資格で理研での研究を始めていて良かったよね!
じゃ無かったら、近視眼的に話題になれば良しとする日本のマスコミ達に生成プロセスの根幹部まで全て明らかにされちゃったでしょう!

これだけの人物が、馬鹿なマスコミによって日本から海外に流失なんて事になったらそれこそ日本の大損失だとは思わない単細胞が多過ぎた記者会見でした!
小保方・笹井両会見を見聞きして総合的に思うのは、若いマウスの細胞にストレスを与えるとSTAP現象は起きた(=STAP細胞が出来た)!しかし再現が困難で、しかもその細胞が大きく成長するかどうかはこれからの研究次第だって事ですかね!
そのSTAP現象を起こすには、様々な手法があり小保方女史の手法も未だ最適な手法とは言えない段階なんでだってのが良く理解出来た会見でした!
要は研究として始まったばかりだって事ですが、ネイチャーの論文は”2012年時点”でのもので2014年にはもっと進歩してるので発表したのでしょう!
もっと衝撃的な発表をする前にネイチャーの発表が早すぎて間に合わず、しかも横槍が入って研究がストップしてしまった様なニュアンスの発言も有りましたね!
分業なのでES細胞の混入や取り違いが起きる可能性については否定的でした!ES細胞の権威から言われたら愚の値も有りませんな!
若山教授が山梨大学に行く前には再現出来ていたとも・・・・・・
何回も書いてるけど、笹井副センター長に比べたら小保方女史は研究者としては月とスッポン!
でもスッポンだから故、誰も想像すら出来ない事を発見出来たとも言えるので、仔細な事で槍玉に上げ大騒ぎするのは日本のマスコミの最大の欠点だと思ってます!
国益を考えない報道を平気でやるんだから!安倍さんが、”熊本の鳥インフルエンザ発表後、イギリス大使とゴルフやったら危機意識が無い”なんて報道するくらいですから!取り巻きとゴルフやってた訳じゃないし、発生も熊本の養鶏場の一箇所だけだし状況を調べ上げてからで十分なんですがね!(笑)

2回の記者会見の質問を観て、良く勉強したな~と思う反面、通り一辺の自己判断で全くイマジネーションが無いんじゃないかとも思いましたね!
再現プロセスを詳細に聞いても、判る記者が何人居るんですかね!ただ報道してライバルに秘密を流すだけなのに・・・・

バカンティ米ハーバード大教授が論文撤回に反対なのは、結論的には間違っていないから!
途中の説明での間違いや引用問題なんて修正すれば善いんじゃないの?
ほとぼりが冷めるまで、”おいで”って言われてるハーバード大学のバカンティ研究室へ行っちゃえば!

とにかく小保方君の作り出した”夢のあるSTAP現象”が再現され、STAP細胞として利用出来る研究が隆盛になる事を期待しましょう!
と言う訳で、より説明しやすくした画像の修整が捏造扱いされたり、引用文の無断掲載を許されない行為だとして弾劾するのは本末転倒なんじゃない?
何回も書くけど、ネットに掲載したら無断転載禁止なんて言うなって!嫌だったら載せなきゃいいんだから・・・・・
一番言ってるのがマスコミ!自分達は絶対コペしてないとでも・・・・・

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ