素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

インサイトvsプリウス

インサイト3ヶ月天下!プリウス首位に(軽自動車を除く)今月から首位(全車種)独走!

 VS  

6月からプリウスの圧倒的大勝利確定!

居住性、性能、燃費、EV走行とあらゆる点でインサイトを凌駕して価格もそれほど変わらないんだから勝負に成らない!けどね(苦笑)

まさに三日天下ならぬインサイト三月天下

(平成21年 2月3月4月はHV市場でインサイトが一位!)

天王山の戦い終わり、プリウスの天下統一間近に・・・!

 プリウスの価格が下がったのはインサイトのお陰ですから欠陥デザインを認めたホンダ・福井社長に感謝しましょう! インサイトの天井があと5cm高ければもっと売れる!落ち込み如何で10万円値引きも近い?!

 

4月トップだったインサイトは2割減!プリウスは5月18日発売での13日間の納車でフィットに2,000台の差を付け首位に!

フィットのほうがインサイトより売れるのは安いだけじゃなく、インサイトの頭上空間や窓が狭すぎる!のが原因!

4月 5月
順位 通称名 メーカー名 台数 対比 通称名 メーカー名 台数 対比
インサイト ホンダ 10,481   プリウス トヨタ 10,915 214.9
フィット 9,443 63.6 フィット ホンダ 8,859 77.3
ヴィッツ トヨタ 6,706 73.7 インサイト 8,183  
カローラ 6,341 60.0 ヴィッツ トヨタ 6,619 81.9
ウィッシュ 5,556 177.3 ウィッシュ 6,428 236.1
パッソ 5,545 108.9 パッソ 5,914 102.8
フリード ホンダ 4,591 (20-5) カローラ 5,290 46.5
ヴォクシー トヨタ 3,690 65.4 キューブ 日産 4,420 166.9
クラウン 3,521 34.3 セレナ 4,392 95.7
10 エスティマ 3,424 77.2 ノート 4,319 111.3
11 ヴェルファイア 3,071   ティーダ 4,084 93.6
12 スイフト スズキ 3,032 73.6 フリード ホンダ 3,821 215.9
13 デミオ マツダ 2,909 67.2 デミオ マツダ 3,688 75.7
14 セレナ 日産 2,898 67.1 ヴォクシー トヨタ 3,606 76.6
15 キューブ 2,705 84.0 ノア 3,354 84.4
16 ノア トヨタ 2,603 53.1 クラウン 3,143 40.3
17 ラクティス 2,543 69.8 エスティマ 2,843 75.3
18 ノート 日産 2,527 64.2 スイフト スズキ 2,639 64.3
19 ティーダ 2,148 50.2 ラクティス トヨタ 2,459 70.1
20 アルファード トヨタ 2,065 113.3 ヴェルファイア 2,445 84.0
21 プリウス 1,952 35.8 エクストレイル 日産 2,195 122.7
22 シエンタ 1,761 70.4 ステップワゴン ホンダ 1,990 67.5
23 オデッセイ ホンダ 1,709 120.7 マーチ 日産 1,970 77.6
24 ポルテ トヨタ 1,649 70.0 レガシィ スバル 1,914 92.1
25 マーチ 日産 1,642 60.6 シエンタ トヨタ 1,769 68.7
26 ステップワゴン ホンダ 1,638 46.5 bB 1,508 65.5
27 bB トヨタ 1,593 56.4 オデッセイ ホンダ 1,466 117.7
28 マークX 1,283 39.7 アルファード トヨタ 1,459 42.3
29 ストリーム ホンダ 1,277 38.7 ポルテ 1,259 57.5
30 ヴァンガード トヨタ 1,263 95.0 ストリーム ホンダ 1,241 37.8

 軽自動車を除く・・赤字3ナンバー4月6車種、5月7車種がランクインするも15位以下

 

全車種1位のワゴンR(13,736台)・2位ムーヴ(13,506台)との差は僅か3千台以下ですから、今月プリウスが何十年ぶりに軽自動車から新車販売台数首位の座を奪還するのは間違いないでしょう!

 

驚異的13万台以上の受注残を抱えるプリウスは今月どのくらい納車出来るんでしょう?

2万5千台~3万台は納めないとインサイトに流れちゃうと販売店も嬉しい悲鳴!

 

でもプリウスは、増産したくても搭載電池が間に合わない!

ニッケル水素電池はいずれリチウム電池に取って代わられるので思い切った投資も出来ず、プリウスの”売れ過ぎた故”の唯一の弱点(笑)

 

インサイトも、リチウム電池に換装、モーターを50%厚くして出力を上げ電磁クラッチを組み合わせれば40kmも夢じゃない! 

三月天下(みつきてんか)だった5ナンバーサイズインサイト逆襲に期待しましょう!

 

5月の販売実績を観ると、一斉を風靡したホンダ・オッデッセイ凋落が目立ちますね!

燃費の悪いワンBOXカー全盛の時代も終焉に向かっているのかも!

 しかも、ホンダ・インサイトの戦略価格189万円の影響は留まる所を知らず、全ての乗用車が値下げを余儀なくされているようです(大笑い)

 

国内では、新車販売台数が、 2月の前年対比67.6%(218,212台)を底に、3月68.5%(323,063台)、4月71.4%(166,365台)、5月80.6%(178,503台)と確実に前年対比率が向上しています!

日産も大幅値引きが功を奏して前年対比91.2%と大健闘!いつまで続けられるか判りませんけど?

新車買うなら今年ですが、優遇税制廃止後が恐ろしい!

 (多分プリウスはその次期にマイチェンしてリチウム電池積むんでしょうね!タイプSにアンダーカバー標準装備しないのもマイチェン時に燃費上げる為でしょう!トヨタらしい手の込んだ長期戦略!)

 


プリウス同様5月20日発売のレガシィが24位に入ったけど!新型なのか旧型のバーゲンセールなのか?

 

←本当に新型が売れたのか?6月の販売台数で判明!

 

それにしても、富士重工って会社は本当に運の無いというか戦略・デザインが全く下手な会社ですね!

 

レガシィも車体をアコード並みに大きくして国内市場から撤退覚悟で 開発していたら、一気に流れがHV車志向になっちゃったんだからね~!優遇税制も受けられず固定ファンだけが頼り!

重い大きな車体にして性能落ちをカバーする為大きなエンジン!日産の真似しちゃ駄目なの!

文部省のゆとり教育同様、日本車を大きくするのは間違いだって言ってるのに!

 

日本の小型車枠幅1700mmって本当に運転しやすい車幅なのにね~

車幅が1800mm以上なんてどうかしてるよ!よほど大柄な設計者ばかりなんだろうね今の富士重工は!(大笑い・涙)

非難してるけど水平対抗エンジンスバルファンです!もっと斬新で日本人受けする車何故造らないのか?造れないのか?センス無いよね~(泣)

 

 

 

悪趣味の見本がこれ!背高ノッポが売れる軽自動車にR1なんて誰が買うのかと?マークだらけの売れっこない奇天烈の車作るし、マニア向けも良いけど私に言わせれば自信過剰の悪趣味の世界に浸り過ぎ!スバル360の栄光よいずこ!(泣)

これからはトヨタの一員としてまともになれば良いけど!新生スバルの象徴・トヨタとの共同開発小型スポーツカーに期待しましょう

I(インサイト)P(プリウス)戦争!プリウスの弱点をインサイトがつけば!

3代目プリウスの弱点は、リチウム電池を搭載出来なかった事です!

リチウム電池搭載したかったのでしょうが、コストと信頼性でニッカド電池を採用し、宮城県の新しい電池工場もニッカド専門とか!投資を回収するのに最低4年!

 

プリウスは、量を確保するため、売れれば売れるだけリチウム電池搭載時期は遠のくジレンマに陥ります!

 

間隙を縫って、インサイトがリチウム電池採用のリスクを犯せば一気にプリウスを抜き去ることも可能でしょう!

 

同じ大きさならリチウム電池の容量は倍です!重量も同じ容量なら半分!

 

軽くするか?モーターの出力上げるか?まさにハムレットですがインサイトが反撃するにはリチウム電池搭載しかないのでは!

 

日産は負け惜しみで既存エンジンを改良して燃費を良くするなんていってるけど、ガソリン冷却してたエンジンを、希薄ガソリンで動かすには結構コストかかるしね!(プリウスのエンジンは希薄ガソリン対応する為に排気量アップした!日産は一歩も2歩もトヨタに遅れてる!究極の燃焼エンジンは断熱エンジン!熱発電が開発されれば飛躍的に燃費が良くなるのだ!

 

インサイトvsプリウス 5月決戦にらみ新型プリウス試乗会開催!

進化するプリウスの試乗会が富士スピードウエイで報道陣に!

 

乗ってみないと何も書けない!残念!

しかし試乗レポートを観ると、インサイトに負けていた高速時の燃費がかなり改善されたとか!

最大のウイークポイントを排気量アップで改善した逆転の発想はさすがトヨタ!

なるほど富士スピードウエイで試乗会したのは高速燃費向上をPRする為だったのか!

 高速時も坂道で電動アシストすれば燃費も良くなるし!

 

新型プリウスか?はたまた旧型プリウスか?それとも5ナンバーのインサイトにするか?

 

受注残が2万台を超えたインサイトの勢いも、いつまで続くか?

私達が新型プリウスを試乗出来る日も、もうすぐやって来ます!

 

←まだまだ新鮮な旧型プリウス!インサイトと同じ装備でプリウスEXとして同値の189万円に!

車通の人は、わざわざモデルチェンジ直前の最終モデルを買うのだそうです!

確かに、熟成されて耐久性は抜群!しかもモデル末期で価格も安い!

 

旧型クラウン・セダンが2000cc5ナンバーで今もタクシーや法人向けに売られている事から、旧型プリウスも同様にひょっとすると5ナンバーサイズにして売る衝撃の可能性も!

 たった25mm幅狭くするだけだから!

そうなったら正に国民車となり長期モデルとして新型以上に個人向け・法人向けに大ヒットするかも!

 

来年には日産も参入しますし、

ホンダのフィットもハイブリッドに!20万円高なら150万円台か?

 

選択肢が多すぎて悩む事になりますね!

 

スズキも軽自動車で40km/ℓなんてハイブリッド車発売したら大ヒットしますよね!

 

何事も日本はライバルがいれば切磋琢磨して世界一の商品を開発しますから、ますますハイブリッド車は良くなる・安くなる!

 

世界戦略車のモニターとして、日本国民に勝るモニターはいないんだから!

 

高級車路線で儲けすぎた日本自動車産業もこれから日本市場重視でやっとまともになるでしょう!(笑)

 

と思ったら

 

トヨタのマジェスタもモデルチェンジ!相変わらず価格(610万円~790万円)が高過ぎる!内装を豪華にし過ぎるんじゃない!あと100万円安くするべき!

 

この価格じゃシトロエンC6(725万円)を買うね!断然オシャレで乗り心地も好いし!

 http://www.citroen.jp/#/products/c6/

  限定20台の特別仕様車で736万円!買いたくても先立つものが・・・(苦笑)

http://www.citroen.jp/products/c6/silverstyle/ 

 

インサイト試乗しました!小柄な女性専用?これじゃ売れないぞ!残念!

スタイルも良く、5ナンバーだし、期待していただけに残念!無念!

なんだこりゃ!

←?!善くこんな車に福井社長もGOサイン出したよね!安いので我慢しろって?社長の感性疑うよ!

 

子供が小学生低学年の小柄な女性専用車!

 

いくらなんでも低すぎる!デザイナーのミス!もったいない!

 

安かろう!低かろう!じゃ売れないよ!早急に天井高くするか、後席の着座位置下げるかしないと余り売れないかもよ!

 

後席に座高の大きい人は無理です! シートの造りは良いのに残念!

どうしてあと5cm天井を高くしなかったんだろう!コストの問題じゃなく設計者のコンセプトが間違ってるよ!

 

ベストカーのインタビューでチーフデザイナーが出来る限り背の低い車にしたかったと言ってますが、インサイトに関しては完全に間違い!

シビック3ドアも国内じゃ売れないと決めてかかっているんじゃにのかね!

こだわりすぎ!へんてこな国際的視野に立ち過ぎだよ!

エコ運転=ゆとり運転なんだから、天井を下げて圧迫感を演出してどうするの?

 

確かにプリウスのライバルには成らないのは本当だ!(大笑い)

 

これじゃ大ヒットは無理かもね!軽でも背高のっぽの車が売れてる時代!

背の高い初代シテイが売れていたのに、2代目を極端に背を低くして売れなくしたのと同じ人かもね!

 

CD値に拘ったなんて言い訳!エコ運転を目指すなら、ゆとりのある運転!

ゆとりのある運転をする為には、ゆとりのある車内空間が必要なんじゃないの?

運転席側と助手席側のドアは非対称!これもコストダウンの為?

 

車重を軽くするためにガラス面積を狭くしたのだろうけど、その為に居住空間に圧迫感を生ませたんじゃ何にもなりません!

プリウスとインサイトのデザインの違いは、似ているようで全く違います!

プリウスは先に居住空間があり、インサイトはデザイン優先!

馬鹿やってんじゃあないよ! 

せめて3cmでも天井を上げていたら、大ヒットしたのに残念!無念!

 

フィットのハイブリッド版を待った方が善いかもよ!残念!無念!

F1も勝てず、もはやホンダにはマトモな設計者はいないのか?

 宗一郎が泣いている!

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ