素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。今年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

嬉しい話題です

藤井聡太四段(14)怒涛の寄せで28連勝の連勝記録タイへ!本日6月26日記録更新へ挑む!!CS将棋チャンネルで午前10時から世紀の対局を実況生中継!!

神武以来の天才と評された加藤一二三九段(77)引退した翌日に、王将戦第一次予選7組準決勝B級2組今期8勝2敗強敵・澤田真吾六段澤田真吾六段(25)99手で圧勝、神谷広志八段(56)神谷広志八段の持つ公式戦28連勝記録に並びました!

前回と違って積極的に仕掛けた澤田真吾六段(25)でしたが、54手目の3九銀打ちが裏目に!
藤井四段が若干優位だと思われていた局面での89手目5四桂打ちから4一金6ニと金同金成桂・7五香(角取り)5二成桂7七銀打ち・4一成桂同飛3二金まで僅か11手で投了に追い込んじゃった!
詰め手順の解説
さすが詰め将棋のチャンピオンです!一瞬の隙を突いて怒涛の攻め!

藤井聡太四段登場まで、最年少(中学生)で棋士デビューした天才、加藤一二三九段の再来として連勝記録歴代1位を最年少で達成した事は引退に華を添えた形となり、おかげで加藤一二三九段は各TV局出演に大忙し!(笑)
公式戦28連勝対局
回数 日時      対局相手          棋戦

01・2016年12月24日 加藤一二三九段(C級2組45位)竜王戦6組ランキング戦1回戦
02・2017年1月26日  豊川孝弘七段(C級1組27位)  棋王戦予選6組1回戦
03・2017年2月09日  浦野真彦八段(Fクラス)           
竜王戦6組ランキング戦2回戦
04・2017年2月23日  浦野真彦八段(Fクラス)           NHK杯予選5組1回戦
05・2017年2月23日  北浜健介八段(B級2組8位)     NHK杯予選5組2回戦
06・2017年2月23日  竹内雄吾四段(C級2組31位)   NHK杯予選5組決勝 本戦進出
07・2017年3月01日  有森浩三七段(Fクラス)          王将戦第一次予選第7組1回戦
08・2017年3月10日  大橋貴洸四段(C級2組46位)   新人王戦1回戦
09・2017年3月16日  所司和晴七段(Fクラス)          
竜王戦6組ランキング戦3回戦
10・2017年3月23日  大橋貴洸四段(C級2組46位)  棋王戦予選6組2回戦
11・2017年4月04日  小林裕士七段(C級1組3位)    王将戦第一次予選第7組2回戦
12・2017年4月13日  
星野良生四段(C級2組18位)  竜王戦6組ランキング戦4回戦
13・2017年4月17日  千田翔太六段(C級1組2位)    NHK杯本線1回戦
14・2017年4月26日  平藤真吾七段(C級1組10位)  棋王戦予選6組準決勝
15・2017年5月01日  金井恒太六段(C級1組37位) 
竜王戦6組ランキング戦準決勝
16・2017年5月03日  横山大樹アマ                      新人王戦2回戦
17・2017年5月12日  西川和宏六段(C級2組30位)  王将戦第一次予選第7組3回戦
18・2017年5月18日  竹内雄悟四段(C級2組31位)  加古川青流戦
19・2017年5月25日  近藤誠也五段(C級1組31位) 
竜王戦6組ランキング戦決勝本戦出場!5組昇級!
20・2017年6月02日  澤田真吾六段(B級2組7位)  棋王戦予選6組決勝 挑戦者決定トーナメント進出
21・2017年6月07日  都成竜馬四段(C級2組4位)  上州YAMADAチャレンジ杯1回戦
22・2017年6月07日  阪口悟五段  (C級1組18位)   上州YAMADAチャレンジ杯2回戦
23・2017年6月07日  宮本広志五段(C級1組20位)   上州YAMADAチャレンジ杯3回戦
24・2017年6月10日  
梶浦宏孝四段(C級2組2位)  叡王戦段位別四段予選1回戦
25・2017年6月10日  都成竜馬四段(C級2組4位)  叡王戦段位別四段予選2回戦
26・2017年6月15日  瀬川晶司五段(C級2組24位) 順位戦C級2組1回戦(10戦)
27・2017年6月17日  藤岡隼太アマ                         朝日杯将棋オープン戦第一次予選

28・2017年6月21日  澤田真吾六段(B級2組7位)    王将戦第一次予選第7組準決勝

しかし、まだ公式戦ではB級1組の実力者とは対戦していません!B級2組とも3局のみ!
運にも恵まれたと言うべきなんでしょうけど、実力はB級2組以上と言えますね!


王将戦第一次予選7組決勝王将戦第一次予選
B級1組今期7勝1敗同士対決で連勝記録4位の22連勝のを持つ2位山崎隆之8段(36)山崎隆之八段と11位菅井竜也7段(25)菅井竜也七段との勝者と対局し
勝てば王将戦挑戦者2次予選トーナメントに進出!どちらと当たっても強敵ですが対局はまだ先!(笑)

もっとも王将戦2次予選トーナメントはA級棋士との対局となりますから、勝つのも難しくなりますが・・その前に前人未到の30連勝記録を達成して貰いたいものです!

6月26日(月)に行われる竜王戦挑戦者決定トーナメントでC級2組5位今期8勝3敗の増田康宏四段増田康宏四段(19)と対局し、30年ぶりとなる29連勝の連勝記録更新に挑みます!
増田康宏四段は昨年の新人王!侮れない相手で激戦になると予想されています!

竜王戦決勝トーナメント表
勝てば、
7月2日(日)竜王戦決勝トーナメント2回戦C級1組6位今期6勝2敗の佐々木勇気五段佐々木勇気五段(22)と対局!
撃破すれば30連勝達成し、
3回戦B級1組1位今期6勝5敗の阿久津主税八段阿久津主税八段(34)と対戦!
この竜王戦決勝トーナメント王将戦第1次予選7組決勝が連勝記録
継続の第1関門でしょう!

その前に、7月6日(木)行われる順位戦C級2組2回戦で41位今期1勝1敗の
中田功七段中田功七段jpg(49)と対局!勝てば31連勝!
連勝もさりながら順位戦で勝率の上位に入らなければ昇級出来ません!
順位戦も全勝して来年はC級1組に昇級し加藤一二三九段の最年少A級に並んでほしいものです!
でも、ここまで勝ち続けたら当分は
5段位以下の対局が目白押しなので、とてつもない連勝記録を打ち立てるかもしれませんね!
しかし、藤井聡太四段との対局者は、負けても一般の人に名前を覚えられて一躍有名人!
連勝ストップさせればテレビ・雑誌で引っ張り蛸の超有名人に!
しかし、カメラのシャッター音が煩過ぎてインタビューの声が聞こえない!
デジタルカメラになって何百枚も取れるから下手なカメラマンがフラッシュが無くなるまで連写で撮りまくるからこんな馬鹿な事になるんだけど、フィルムだったらもっと静かだったろうね!
あんなにフラッシュ浴びたら、眼が悪くならないかちょっと心配!(大苦笑)

トヨタ、今年も悲願のルマン24時間総合優勝は出来なかった!3台体制が裏目に?ルマンの女神はポルシェに!

昨年、まさかの最終ラップでのリタイアで99.9%手中にしていた総合優勝を逃がしたトヨタ!
今日は”トヨタ、悲願のルマン優勝”シーンが観られるとを楽しみしてたんですが・・・・・・
今年は3台体制でルマンを戦う事になったのですが、なんと予算は昨年並み!
大丈夫なの?と危惧していたら・・・・やはりね~!(大苦笑)
FIAが自動車メーカーのワークス参加を促すため、費用の大幅カットを言い出してる背景もあるし、トヨタとしてもレース費用を大幅に増す訳にはいかないんでしょうけど!

今年は、第一戦シルバーストン6時間レース、第2戦スパ・フランコルシャン6時間レースを優勝、初の3台体制で臨んだルマンでは予選トップタイムを叩き出し、

絶好調!

今年こそと思わせましたが・・・・
第1戦、第2戦は6時間ですからね!
いくら30時間の連続走行テストやったって、実践じゃタイヤカスや事故った車のデブリや砂利砂も影響するのでノントラブルで走るのは幸運にも恵まれないと!


6時間までは順調そのもの!しかし7時間過ぎ8号車がバッテリとモーターの不具合で3時間ものピットインで優勝戦線から脱落、9時間後には7号車がクラッチ・トラブルでコース上で動かなくなり、9号車も追突されタイヤバーストで共にリタイヤ!

7号車・9号車ともにピットを過ぎた時点で起きたってんだから、不運を通り越して悪夢だわね!
なにせ16kmも走るんだから!1km手前だったら・・・・
昨年中島が最終ラップでゴールライン過ぎて止まったのと同じパターン!
あの時からルマンの悪魔がトヨタに憑依してるのとちゃう?来年は御祓いしてからじゃ!

ポルシェも序盤に2号車が長時間のピットイン、残り3時間で2位を12周も離してノントラブルで順調にトップ走行していた1号車がエンジントラブルでリタイヤ!

しかし、ポルシェ2号車は修理復帰後、全力で走り続けて残り1時間で総合トップを奪取!
諦めてたらLMP2が総合優勝だったんだから・・・・・
一方、トヨタの8号車は修理後、完走重視の安全走行!
この差が女神がトヨタに優勝をくれないんじゃないの?
やはり全力で戦う者に、幸運を与えるんだよね!
この姿勢は見習わないと!

完走目的に徹して、別の意味で優勝を狙っていた9号車に、7号車リタイア後ベースアップを指示したのも追突されリタイアの原因になったと思うよ!
最初の予定通りだったら、9号車が楽に優勝出来たんだから!
ま~章男社長が初めてルマンに来てたので、ペースアップ指示したんだろうけど初志貫徹だよ!

3台体制にした事で、チェックが甘くなったとは思いたく有りませんが、昨年と同じ予算じゃ無理だよ!

しかし、WECは面白くないよね!様々な車が出た方がやはり観る方は楽しいもんね!
LMP(ルマンプロトタイプ)2はワンメークレースだし・・・・LMP(ルマンプロトタイプ)1のワークスチームもアウディがWECを撤退して現在はポルシェとトヨタの2社だけ
だもの・・・・・
LMP1もLMP2も廃止して、昔みたいに今の【LM-GTE】のみのレースにした方が余程楽しいと思いません?
馬鹿デカのリアスポイラーも廃止!市販車の空力特性も上がるし・・・・

【LM-GTE】では、2位のアストンマーチンが1時間の激闘後、最終ラップでシボレー・コルベットを抜く劇的なドラマがありました!
来年は、章男社長も本気でサポートするみたいだから、トヨタが優勝するでしょう!

藤井聡太四段、破竹の27連勝!いよいよ6月21日連勝記録タイに挑戦!勝てば26日30年ぶりの連勝記録更新へ!

25連勝中の藤井聡太四段、6月15日、関西将棋会館で行われた第76期名人戦・順位戦 C級2組 1回戦が行われ奨励会を年齢制限で退会後、サラリーマンから史上初のプロ編入試験で勝ち、念願のプロ棋士になった異色の瀬川晶司五段瀬川晶司五段(47)と対局!
なにせ持ち時間6時間!早差し将棋とは違い対局相手には十分過ぎる考慮時間があるので苦戦必死と思っていましたが、案の定中盤までは互角でしたが・・・
瀬川晶司五段の41手目7五歩76分の大長考!これで連勝も止まったかと思われる場面でしたが・・・・・


長考後打った42手目は、4四角打ちの妙手!
死に(42)番ですから、受け手を一歩間違えば負けていた対局でした!
しかし、終わってみれば鮮やかな投了図の26連勝!
次回の順位戦は
中田功七段中田功七段jpg(49)と!

対局時間は朝10時から投了の22時53分まで約13時間!家にも帰れず寝たのは16日ですから激闘の疲れも
残る
6月17日関西将棋会館で行われた第11回朝日杯将棋オープン戦第一次予選12組一回戦
東京大学・藤岡隼太藤岡学生名人(19)学生名人と対局!
初の公開対局で、雰囲気も違い大番狂わせの可能性も囁かれていましたが、急遽非公開に!


こうなると・・・実力差を見せつけての圧勝で27連勝!
朝日予選2回戦の対戦相手は大石直嗣六段大石直嗣六段jpg(27)!

いよいよ6月21日に行われる第67期 王将戦一次予選・第7組準決勝で
王将戦第一次予選
神谷広志八段神谷広志八段(56)が五段時に達成した30年前の公式戦連勝記録28連勝タイに挑戦!

対局相手は
棋王戦挑戦者トーナメント予選6組決勝で
棋王挑戦者トーナメント予選6組gif
本戦進出を阻止された澤田真吾六段澤田真吾六段(25)!
棋王戦挑戦者決定トーナメント進出を阻止された澤田真吾六段はリベンジに燃えてるでしょうから大激戦が予想されます!

連勝が続けば月26日に行われる第30回竜王戦決勝トーナメントで
竜王戦決勝トーナメント表
予選5組(格上のクラス)を勝ち上がった増田康宏四段増田康宏四段(19)と!
AbemaTVの【藤井聡太四段 炎の7番勝負】第1局で戦い勝つには勝った相手ですが、こちらも16歳でプロ棋士になった関東の天才棋士!
こちらもリベンジに燃えてます!凄い対局になりそうですね!

藤井聡太四段25連勝!しかし5段以下相手の5連勝なので・・・・

7日の上州YAMADAチャレンジ杯は1日3連戦!
第一戦 あれよあれよと・・・21連勝

第2戦、連勝が止まる寸前の大ピンチ大逆転で22連勝!公式戦連勝記録歴代3位タイに!

第3戦、じっくり攻めて23連勝!公式戦連勝記録歴代単独3位に!

ま~上州チャレンジ杯は5段以下の段位者との対局なので、勝っても驚きませんが・・・・

6月10日、同日に2~3局を戦う第3期叡王戦段位別予選1・2回戦!
第3期叡王戦

予選1回戦を勝ち、24連勝で公式戦連勝記録歴代2位タイに!

25連勝!公式戦連勝記録歴代単独2位タイに!

こちらも4段位者相手なので、勝っても驚きませんよね!(苦笑)
この5勝は持ち時間も少ないので、読み切れる藤井聡太四段に分があったけど・・・・・・
今回の連勝記録、運も味方してると言うべきか・・・・高段位者と戦いまで連勝は止まらないかもね!

次回は瀬川晶司五段と7月15日の第76期名人戦・順位戦C級2組26連勝に挑みます!
順位戦の対戦相手は、⇒中田功七段⇒高見泰地五段⇒佐藤慎一五段⇒星野良生四段⇒脇謙二八段⇒高野智史四段⇒矢倉規広七段⇒梶浦宏孝四段⇒三枚堂達也四段
青は既に勝利した対戦相手!
順位戦で全勝すれば自動的に五段に昇段!9勝でも上位なら確実ですが過去に同率下位で昇段出来なかった例も!藤井四段の順位はC級2組45位ですから是非全勝してほしいものです!
持ち時間も6時間と多いので相手のミスはこの5連勝みたいに期待出来ません!
もっとも、逆に藤井四段が読み切る事も可能になるんだけど・・・・・・・・
6月17日には長丁場の朝日杯将棋オープン戦第一次予選で藤岡アマと対局
朝日杯オープン第一次予選
予選12組スタート、4勝で第2次予選に!
一回戦はアマ相手なので、取りこぼしは無いと思いますが・・・・・・勝てば27連勝!

6月21日には第67期 王将戦一次予選・第7組準決勝で、千日手の妖怪・澤田真吾六段(棋王戦予選決勝で勝った)との対局が行われます!澤田六段も当然リベンジに燃えてるでしょうからどんな手を使ってくるやら・・・・(大苦笑)

王将戦第一次予選
6段7段を次々と撃破してるんだから・・・・・・順位戦で勝ちアマを撃破し王将戦一次予選決勝に進めば28連勝で公式戦連勝記録に並びます!

25連勝の一覧表

01・2016年12月24日 加藤一二三九段 竜王戦6組ランキング戦
02・2017年1月26日 豊川孝弘七段 棋王戦予選
03・2017年2月09日 浦野真彦八段 竜王戦6組ランキング戦
04・2017年2月23日 浦野真彦八段 NHK杯予選
05・2017年2月23日 北浜健介八段 NHK杯予選
06・2017年2月23日 竹内雄吾四段 NHK杯予選
07・2017年3月01日 有森浩三七段 王将戦予選
08・2017年3月10日 大橋貴洸四段 新人王戦
09・2017年3月16日 所司和晴七段 竜王戦6組ランキング戦
10・2017年3月23日 大橋貴洸四段 棋王戦予選
11・2017年4月04日 小林裕士七段 王将戦予選
12・2017年4月13日 星野良生四段 竜王戦6組ランキング戦
13・2017年4月17日 千田翔太六段 NHK杯1回戦
14・2017年4月26日 平藤真吾七段 棋王戦予選
15・2017年5月01日 金井恒太六段 竜王戦6組ランキング戦
16・2017年5月03日 横山大樹アマ 新人王戦
17・2017年5月12日 西川和宏六段 王将戦予選
18・2017年5月18日 竹内雄悟四段 加古川青流戦
19・2017年5月25日 近藤誠也五段 竜王戦6組ランキング戦決勝 本戦出場決定
20・2017年6月02日 澤田真吾六段 棋王戦予選決勝 挑戦者決定トーナメント進出
21・2017年6月07日 都成竜馬四段 上州YAMADAチャレンジ杯
22・2017年6月07日 阪口悟五段  上州YAMADAチャレンジ杯
23・2017年6月07日 宮本広志五段 上州YAMADAチャレンジ杯
24・2017年6月10日 梶浦宏孝四段 叡王戦段位別予選
25・2017年6月10日 都成竜馬四段 叡王戦段位別予選

しかし、将棋ソフトの進化には驚きですね!一瞬で最善手を表示しますし優勢・劣勢の判断も+-の数字で示してくれる!(苦笑)
自分の思いついた手が悪手なのか?善手なのか?あっという間にシュミレーション出来ちゃうんだから疲れたら使いたくもなるよね!特に負けが込んでると・・・・(大苦笑)

竜王戦で騒動があったけど、疑いをもたれても仕方ない面もありますよ!
通信手段なんて幾らでもあるんだから!いずれにしても頻繁に離席するのは、規制すべきでしょう!
何故って、今やスマホやタブレットから自宅のパソコンを操作出来る時代になってるんですよ!
つまり自宅のパソコンに高機能の将棋ソフトをいれて、対局中に何回も中座して遠隔操作で指し手を入れとけば数分で最善手を得る事が出来ちゃうんですよ!
上記の動画の様に操作も超簡単!(爆笑)
プロ棋士の高段者なら、スマホやタブレットに役に立たない低機能の将棋ソフトなんて入れる筈もないんだわさ!
遠隔操作ソフトのお勧めは速い【TeamViewer】!
https://www.teamviewer.com/ja/
これさえ入れて、自宅のパソコンを立ち上げとけば、どこからでも最善手をゲット出来ちゃうんだわさ!(苦笑)
不祥事でイメージダウンした将棋連盟に突如現れた救世主のスパースター!
しかし今回の連勝記録は低段位者との対局が多いので、是非高段位者となった数年後にも歴代ベストテンの連勝記録を作ってほしいですね!(笑)

他のYOUTUBEで、藤井四段の指し手を将棋ソフトと比較してる動画もアップされてますが藤井四段は将棋ソフトでも読めない定石の最善手外の指し手を何回か指してるようです!
相手のミスに救われた悪手だったのか?それとも新たな【藤井流】の最善手なのか?
なにせ、詰め将棋の天才!対局相手が先に持ち時間を使い切ってる間は勝ち続けるかも!
NHK杯 2回戦の相手は18世名人・森内俊之九段(46)!もし勝っても3回戦では17世名人・谷川浩司九段(55)の超強敵と対局する!
NHK灰トーナメント表
しかし、NHK杯は持ち時間10分、使い切ったら一手30秒の早指将棋ですから元名人相手と言えども藤井四段には勝機十分!(笑)
NHK杯の2回戦は通年8月上旬からなので・・・それまで勝ち続けるには、6月下旬に開始する【竜王戦決勝トーナメント】で阿久津八段や久保王将を破らないとないませんが!
竜王戦決勝トーナメント表

このまま行けば30連勝突破は時間の問題とも思えるのですが・・・・是非新人のしか取れない3つのタイトルを取ってほしいものです!
新人王戦+上州YAMADAチャレンジ杯+加古川青流戦

藤井聡太四段20連勝!驚異の一分将棋での7六桂馬!良くこんな手が頭に浮かぶよね~!(驚)

 誰もが連勝ストップ確定かと思われた必至からの大逆転で20連勝!

千日手に持ち込む変幻自在の妖怪・澤田真吾六段を狂わせた驚異の7六桂!
99.99%勝ったと澤田六段も思っていたんでしょうけど、【勝つと思うな、思えば負けよ】!
大事を取った澤田六段の4六角打で形勢逆転!一手の緩みが思い切った藤井聡太四段の怒涛の寄せで20連勝を生んじゃいました!
一生~一度の~大記録への挑戦はまだ続きます!

この大逆転に、マスコミも将棋連盟も大喜び!
デビュー戦後の連勝記録も前人未到の20勝台に!
これで連勝記録は単独7位から歴代6位タイ=有吉道夫九段(81、1984、九段)!

次の対戦は6月7日に行われる第2回上州YAMADAチャレンジ杯!
参加資格は【プロ入り15年以下で、且、5段以下のプロ棋士】と【アマチュア選抜1名】
持ち時間20分で、切れたら一手30秒以内!最善手を続けるのは容易ではありません!

第2回上州YASMADAチャレンジ杯
持ち時間も少なく、一手30秒であの異常な熱気の中の対局じゃ対戦相手がお気の毒!

破竹の20連勝で、あと2連勝すれば歴代3位!
22連勝達成者 ()内は現年齢、達成年度、達成時の段位!
塚田泰明九段(52、1986.六段)羽生善治三冠(46、1992、七段)山崎隆之八段(36、2002~2003、5段)

2位は24連勝の丸山忠久九段(46、1994、5段)
1位は28連勝の神谷広志八段(56、1986~1987、5段)

5段以下って若手だけ対象の公式戦もあるので、連勝記録達成のチャンスが大いにあるってことですね!
連勝が続くなら、上州YAMADAチャレンジ杯初タイトルも・・・・・
しかし、日本の未来も藤井聡太棋士の登場で随分明るくなったぜよ!
個々の才能を開花させる教育になればの話ですが・・・・・(大苦笑)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ