素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

2019 ホンダPU表彰台成るか

【祝】ホンダPU、ブラジルGPで28年ぶりに1・2フィニッシュ!フェルスタッペンPole to Win!フェラーリ同士討ち&ボッタスのエンジントラブルでガスリー棚から牡丹餅の2位を死守!

よもやの幕切れ!ボッタスがエンジントラブルでリタイア!お陰でセフィテーカーが入りトップを快走中のフェルスタッペンとハミルトンのギャップが縮小!これがドラマの幕開け!
幻となったフェルスタッペンのポールもボッタスのクラッシュが原因でしたし・・・嫌~な予感が・・・
でも今回はフェラーリが先に餌食に!

残り10周でレース再開!直後にアルボンがベッテルをオーバーテイク!
第二幕のフェラーリ同士討ちを呼びました!



第三幕ではやはり案の定レッドブルのアルボンが餌食に!
同じくペースカー後の再開時に2位走行中のアルボンに最終ラップでメキシコGPでペナルテイを受けたクビアトの様にハミルトンが強引にインを突いて接触!アルボンをコース外に押し出しました!



でもアルボンは競ってるのにインを空け過ぎ!(苦笑)本来ならインシデントだけど・・・・・
これでノーペナだったら同じクビアトと異なる裁定となって来年からスチュワードは同一にしろって事に!
ハミルトンには5秒のペナルテイとペナルテイポイント2点が!
ボッタスが何か起こすと何かが起きる!ボッタスも罪な事するもんだ!
マクラーレン・サインツがなんと最後尾スタートから3位ゲット!クビアトだったら・・・・1・2・3だった!(苦笑)



ペースカーが入ると周回遅れのギャップが解消されるのでアルボンはコースにコース復帰が遅れドン尻まで落ちちゃいました!
ペースカーが入っていなければ・・・ミドルグループとは1ラップギャップがあったんだから悪くても5位だった!
ハミルトンも5秒ペナルテイでも楽勝で3位でしたが!
同一周回に出来ないバーチャル・セーフィテーカーの方が良くね?

しかし、何の因果かアルトン・セナ没後25年目の母国ブラジルGP、本田宗一郎誕生日前日という節目に・・・
ホンダPUを搭載した2チームが1・2フィニッシュなんて出来過ぎ!

RA619H・スペック4が新型ターボの効果でメキシコに続き高地での実力を発揮しました!
フェルスタッペン、ポール・トゥ・ウィンで3勝目!
今期目標の5勝とは行きませんでしたが、来期に繋がる期待出来る成果を上げました!

トロロッソ・ガスリーが接触で3位に落ちたハミルトンの猛追を何とか振り切って嬉しい2位表彰台!
一時はクビアトの様にスランプになるかと心配されましたが・・・・見事復活!
来期、今年同様シーズン途中のレッドブル昇格もあるかも?
クビアトだけがセッテングが決まらず蚊帳の外でしたが、それでも10位入賞!
ホンダPUが3台入賞!なかなか4台揃い踏みまでは行きませんね~!
次回は低地なので”最終戦も期待出来る様になって来た”とはまだ言えませんが・・・・・
最終戦で4台がQ3に行ければ本物!
ジェットエンジンテクノロジーで改良された新ターボはメルセデス・フェラーリに脅威を与えていますね!
まだ高地でのレースだけですが・・・

5戦と持たないRA619Hから来年の【RA620H】では如何に7戦以上の耐久性に上げられるか?
そうしないとフェルスタッペンがワールド・チャンピオンになれませんから!

来年からは【アルファ・タウリ】にチーム名が変わる今年で最後となる【トロロッソ】は初の2位表彰台ゲット!
(1位は2008年雨のイタリアGPベッテル!)!
コンストラクターランキングもレーシングポイントに大差の6位浮上!
5位のルノーに9点差だけど最終戦で上位で2台ルノー超えの入賞なら5位も視野に!

最終戦は11月29日から・・・・フェルスタッペンの連勝なるか?トロロッソの2台入賞は?


ホンダRA619H,アメリカGPでメキシコ同様予選Q3に3台!

予選結果フェルスタッペン3位、アルボン6位、ガスリー10位、クビアト13位!




マクラーレンの2台が7位・8位!来年メルセデスPU積んだらヤバイぜよ!
バンビーな路面はサスの硬いメルセデスには不利かと思ってましたが・・・
ボッタスがコースレコード更新のポール!レース後半までPU温存してるってのに!
Q1では1位のマクラーレンノリス=1分33秒353 から17位のライコネン=1分34秒369まで僅か1秒016差と大接戦!

ウイリアムズも各コーナーで0.05秒速くなれば戦える所まで来てます!
来年からグリッドの最下位争いは苛烈になるかもよ!

マックス・フェルスタッペンの表彰台はオープニング・ラップ次第!
何事も起きないことを祈るのみ!予選Q3は1位のボッタスから0.067秒遅れ!
スピードトラップ1位はなんとガスリーで328.2
km!クビアトが3位の327.9km!
ベストセクタースピード
2019 セクタースピード
ベストセクタータイム
2019ベストセクタータイム
いくらスピードトラップが速くてもタイムは出ませんが、セクタースピードが遅くては予選上位にいけない!
トロロッソはコーナーで3km速くなればマクラーレンにを追い越せる!
来年はRB15のお下がりなので4台揃ってのQ3が常態化するでしょ!(笑)
決勝レースではバンビーな路面のショックでトラブル続出かも?
さてさてどのPUが餌食になるのやら・・・・

フェラーリのベッテルが縁石でリアサスを破損!ウィリアムズ・クビサが油圧で、ハース・マグネッセンがブレーキと餌食になってのリタイアは想定外の3台だけでした!

各チームもアンダーフロアを損傷するマシンも多数有りましたがリタイアには至らず・・・
フェルスタッペンもフロア損傷しながら3位!
アルボンはオープニングでサインツに追突され最下位になるも驚異の追い上げで5位!
ガスリーはペレスと接触しフロントサスを損傷しリタイア!
クビアトは、インに飛び込むもペレスに閉められ2戦連続のペナルテイで12位に!もったいない!
でももっと上手にオーバーテイクしないと・・・・魚雷復活と言われちゃうよ!(大苦笑)

RA619H【スペック4】新ターボ、メキシコの高地で効果発揮!フェルスタッペン一人だけ1分14秒台を叩き出し幻のポールポジション獲得!しかし・・・・

ボッタスのクラッシュで減速しなかったと3グリッド降格になって幻のポールポジションとなったフェルスタッペン!
1分14秒758はトラックレコード!フェラーリの圧倒的直線スピードに諦めていたのが嘘みたいなタイムを叩き出しました!
減速しても1分14秒910でポールだったのに・・・・・

決勝では4位スタート1ハミルトンの後塵を拝することに!
アルボンは初めてのコースでフェルスタッペンに0.5秒遅れの5位!
クビアト9位、ガスリー10位とRA619H【スペック4】搭載4台がモナコGP以来久々にQ3に進出!
ホンダジェットの技術陣と開発した新ターボが高地でのパワーダウンを最小限に抑えたんでしょうね!

問題はオーバーヒート!クビアトのPUで実際に起きてるのでトロロッソの2台はちょっと心配!
マクラーレンの後ろだし・・・・

予選でクラッシュしたボッタスがなんと降格無しでグリッドに!(ワオ)
さすがメルセデスというべきか?運が良かったと言うべきか!他のチームじゃ有り得ませんぜ!(大苦笑)
ボッタスがピットスタートだったらフェルスタッペンのパンクも起きなかったんだから!

フェルスタッペン、又も第1コーナーで逃げ場を失い9番手に後退!
追い上げるもペナルティ無しで修理出来たボッタスと接触し右リアタイアがパンクし、最後尾まで後退!
6位が精一杯でした!
アルボンは3位を維持するも2ストップで5位に後退!
トロロッソも2ストップ戦略で9位・10位だったのに、クビアトが最終コーナーでヒュルケンブルクを押し出し10秒ペナルティを受け11位に!
ガスリーが棚ボタの9位に!クビアトはDRSを使えるストレートで追い抜けば良かったのに・・・・
モナコ以来のホンダPU4台入賞を逃しました!
1ストップで逃げ切ったハミルトンが優勝!表彰台全員が1ストップ戦略でした!
運も実力の内というけど・・・・まだRA619Hには風が吹きませんね!(苦笑)

メルセデスが優勝出来た最大功労者は、予選でクラッシュしてフェルスタッペンを降格させたボッタスでしょう!
レースでもフェルスタッペンをパンクさせたし!何が功するか判らないけどメルセデスの運は良過ぎる!(笑)
運が回復する来期に期待しましょう!

エクソン・モービル、日本GPでRA619H【スペック4】用新燃料投入!オーバーヒート解消と相まってラップタイムを0.5秒アップ?

シンガポールGPで新オイルをホンダPUに投入したエクソンモービルでしたが、なぜか新燃料は延期!
本来なら【スペック4】投入と同時に筈なのに・・・・1ヶ月以上も遅れちゃった!
金曜日のフリー走行での旧スペックでは、問題にならなかったに、土曜日からスペック4のPUに換装してもタイムが伸びない原因は・・・・・・・・
どうやら【スペック3】と違い、全開が続くと【スペック4】の【ICE】がオーバーヒートしちゃうみたい!
で、イタリアGP・シンガポールGP・ロシアGPパワーを絞らざるを得なかったってのが優勝争い出来なかった真相みたい!


日本GPで気温も低下すれば、オーバーヒートの心配も無くなり、新燃料投入でノッキングが減少!
高出力モードが使えてオーバーテイクも楽になり予選モードじゃ一周最大0.5秒速くなる!

そうなれば2強に肉薄出来る事になるのですが・・・・・
新燃料を日本GPでぶっつけ本番投入なんて本当に大丈夫なんでしょうか?
開発が終わっていればトロロッソに使ってロシアGPでテストしてる訳で・・・・・

なにせRA619H【スペック4】は各パーツの取り付け部が緩む程のオシレーションが発生してるのに新燃料待ちでパワーをセーブする以外成す術もありません!
他のPUみたいに予選で本来の高出力モードが使えないんじゃ~フェラーリやメルセデスに敵いませんよね!
新燃料プロトタイプの実戦テストさえ未だしてないとは・・・・・どうもチグハグな印象ですね

【ICE】のオーバーヒート対策が、根本的な問題なのでホンダだけに委ねられているからなのでしょうか?
だから【スペック5】の投入は出来なかったのでは?
新投入PUは、やはり日本GPスペシャルの可能性が大ですね!1,500kmも持たないでしょうけど!


高出力となった【スペック4】の耐久性を上げるノッキング対策で開発したした新燃料ですが、ベルギーGPでトロロッソのクビアトでテストしたら想定以上にオーバーヒートが酷いので、イタリアGPでの投入を諦め日本GPまでに新たな対策を講じる事になっちゃのか?
燃料の気化速度を上げれば【ICE】を冷却出来ますからね!
昨年の日本GP予選では、トロロッソのハートレー6位、ガスリー7位でしたが・・・レース終わってみればガスリー11位ハートレー13位とロングランでの走りは今一でした!


果たしてエクソン・モービルの新燃料で【スペック4】が本来の実力を発揮出来る様になるのか?
それとも効果限定で、トロロッソは予選下位に沈むのか?

レッドブルよりトロロッソの予選結果にご注目!

RA619H”スペック4”2基目投入は、金曜日から同じPUで調整する為?ホンダもやっと旧スペック使う【愚】に気が付くとは!遅過ぎ!(大苦笑) 残念ながら”スペック4”は失敗作か?

前から言ってた様に、金曜日のP1・P2を旧スペックで走らせ、土曜日から最新スペックで走らせるなんて金曜日のセッテングが全てパーになるので愚の骨頂!
要するにRA619Hの耐久性は初日に予備のPU使ってさえ5戦も使えない代物なんだわさ!
良くもま~レッドブルがこんな馬鹿なホンダのイメージアップ戦略を容認していたものです!
タッグ初年度ですから大目に診たんでしょうか?PUは無償だし本番は2020年からとして!(苦笑)

しかし、レッドブルも日本GPを勝つ為には、”こんな中途半端なPU延命策やっていられない!”って言い出したんでしょう!(笑)
これなら、マシンセッテングも十分に出来ますからね~!


スペック違いのPU次第ではセッテングを1からやり直しですから土曜日のP3だけの微調整で済む筈もありません!
パワーアップしたPUに換装したら、リアが滑ったりアクセルの反応も微妙に異なる!
金曜のP1・P2が良くてもP3や予選でタイムが伸びないのは、ホンダは金曜日に旧スペックを使いあたかも耐久性がある様に見せかける擬似耐久性誇示欺瞞の所為で新スペックのマッピングやセッテングが不十分だったから!(嘲笑)
要するに3日間同じPUで走らせるとホンダの【RA619H】は実質3~4戦程度しか持たないって事です!

つまり、【RA619H】も昨年同様年間6基が必要な耐久性には程遠いPUなんですわな!
マクラーレンのサイズゼロを後生大事に継続してるんじゃ~7戦も走れる耐久性が失われて当然!
しかし、新らしい【スペック4】を金曜日から使い出したら良いのは初日だけ!(大苦笑)
”スペック4”になってクビアトのPUは3戦続けてオイル漏れのトラブル!P2ではアルボンのPUにも発生!
新品でですよ!ハイパワーを目指した”スペック4”ですが、パワー増大で【ICE】の剛性不足が顕著に!

これじゃ~昨年の【スペック3】同様出力を絞るしかありません!
スペック3までは、こんな事一度も無かったんだから・・・・・
残念ながら【スペック4】は昨年の【スペック3】同様失敗作!
幾らベンチでハイパワー出したって、レースで絞ったら今年の【スペック3】以下でしょ!

オシレーション対策を講じたSAKURAはさぞや落胆してるでしょうね!まさか何もしなかったりして?

クビアトの【スペック4】はP3早々にお釈迦様!なんと3基目の”スペック4”を投入!(大呆れ)
予選も出走せずロシアのクビアトファンは肩透かし!

縁石に乗り上げてタイアが空転するとオーバレブしそうになった話も眉唾!
サーボ・モーターじゃあるまいし、0.03秒以内で【ICE】にダメージを与える程回転が上がる筈がありません!

フェルタッペンのスタート失敗を受けて、急激なトルク低下が起きた場合燃料カットして回転数もさる事ながら
トルクを下げるプログラムなんでしょう!
今のCPUはミリセック(1/1000秒)じゃなくナノセック(10~40/1,000,000秒)で1スキャンするほど速い!
でも入力・演算速度は速くなっても出力はミリセックのまま!どうしても出力タイムラグが発生します!
出力結果が出るまで指令は出っ放しにする馬鹿も!そうなると当然動作中に中止指令が!
中止指令が出た途端又動作指令が・・・
縁石が凸凹してるとチャタリングみたいなチグハグな挙動を生んでしまいます!
速いから全て最良とは言えないんですが・・・ホンダは【ICE】の電気的レスポンスを上げ過ぎてるんじゃないのかな~?(苦笑)

コーナーで適正なトルク配分するトラクションコントロールとは異なるので、オーバーレブ同様トルクカットしても大丈夫だと過信してた可能性が大ですね!
でも広義のトラクション・コントロールに含まれてしまうのは中学生でも判るよね!(大苦笑)

やっとレースウイーク中を同一スペックのPUで戦う事を決意したホンダですが・・・・前途多難!
パワーの増大が振動も増大させ各機器の接合部に負担増大!
計算上の締め付けトルクじゃ2時間持たないんでしょう!ベルギーGPのクビアトの様に!

接合ボルトは締め過ぎると破断しちゃいますし・・・・・
ベンチマークでいくらパワーアップしたって実際のレースの衝撃に耐えるとは限らない!


そんな訳で、剛性に不安が発生し開発中だった【鈴鹿スペシャル=スペック5】投入は見送り!
金曜日の旧スペック搭載という愚の戦力放棄で、同一スペックを交互に使用する事で新PU開発期間の確保
同時に万が一のオイル漏れやクラッシュでのグリッド降格対策の為に投入したってのが真相でしょう!

SAKURAは、もっと硬性を上げた2020年用RA620Hを新規開発を開始してるんじゃ?
全く同じ仕様の”欠陥のある【スペック4】”を投入する馬鹿もいないでしょうから、今回投入されたICEは”スペック4改”なんでしょうね!それでもオイル漏れが止まらない!

それでも、”スペック4改”のフェルスタッペンがP2でトップタイム、ガスリーも嬉しい6番手タイム!
金曜日に旧スペックを使った今までとは違い、セッテングは完璧になるので予選も全車Q3の可能性も!
しかし、”スペック4”の耐久性には”?マーク”が!日本GPでは、完走は1台かもね!
その1台が
フェルスタッペンなら3台リアイアでも表彰台?・・・・それも危うくなっちゃった!
もっと頑丈な耐久性を上げたオシレーションの少ない【ICE】にしないと・・・・・

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ