素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

F1

RA619Hスペック2、デビュー戦でアルボン5位!クビアト7位!ガスリー9位もフェルスタッペン&ノリスのリタイアが無かったら・・・・

スペック4のパフォーマンスは前評判程ではない様ですね~!(苦笑)
グリッド降格が決まっているのでフリー走行では燃料積んでロングラン専門だったし・・・・
予選もおざなり!
結果は17位スタートのアルボンが5位!19位スタートのグビアトが7位と大健闘と言いたいのですが・・・
フェルスタッペンがライコネンと接触して1周目でリタイアしちゃうし、衝突したライコネンも完走がやっと!
後続に大差の5番手を走っていたルノーPUのノリスが最終ラップでリタイアしなかったらもっと順位は下位だった!
アルボンも燃料が少なくなるまでDRS使ってもオーバーテイクも簡単に出来なかったので・・・
4位フェラーリ・ベッテルとの差は40秒もあった!
”スペック4”は未だトルク不足で、燃料満タンの重い車の時は残念ながらオーバーテイクは難しい用です!

13番手スタートのガスリーは9位!果敢にオーバーテイクを試みていましたが・・運も味方しての入賞!
来週のイタリアGPでは最後尾スタートですが、今回のクビアトみたいな上位進出は無理でしょう!

前座のF2レースで大クラッシュが発生!

アンソニー・ユベールがジュリアーノ・アレジのスピンに巻き込まれ側面にぶつかってコースに戻される時に
後続のファン・マヌエル・コレアが200km以上で突っ込み真っ二つになる大クラッシュ!
真横に超高速で激突されたんじゃ助かりませんよね! ご冥福を祈ります!

RA619H”スペック4”、ベルギーGPとイタリアGPで投入決定!トロロッソで最終戦まで7戦使用か?レッドブルには2基投入し日本GPで新PUに換装と思ってたら・・・中間策だった!

やっと、本格的にパワーアップしたRA619Hが投入される事になりました!
どんな魔法を使ったのやら・・・25KwUP?

本来ならもっと早く投入したかったんでしょうけど・・・スペック1”が意外と脆かったので遅れたんじゃない?
開発に1年近く掛かるなんて耐久性を上げるのに相当苦労してたんでしょうね!
RA619H”スペック1”は、RA618Hでのオシレーション対策を施した耐久性向上版だったけど3戦使用でお払い箱!
”スペック2”は”スペック1”のバク取り版だろうし、スペック3から航空機部門が協力した新しいターボを搭載!

扱いやすくなって、おっかなビックリパワーアップモードを試したら優勝しちゃった!
ダメージも想定してたより少なかったんでしょうね!

F1では、10kwUPで約0.2秒速くなると云われているので、25kwUPなら0.5秒以上速くなる
イタリアGPで投入すると残り8戦!メキシコGPを昨年みたいに旧スペックを使うと7戦!
来年、レッドブルがコンストラクチャーチャンプを狙う為にはグリッド降格を最小限にする1基で7戦戦えるPUは必須!
今迄みたいにストックしたPUを金曜日に使う事も出来ない!

イタリアGPで投入すると、日本GPはシンガポールGP・ロシアGPに続いて4戦目になります!
直前のロシアGPで新燃料を投入し更にパワーアップして日本GPでの優勝を夢観ているんでしょうけど
ちょっとしたら、レッドブルとトロロッソでは異なった搭載方法を取るかも?

(1)トロロッソは、”スペック4”を2基投入もメキシコを除く7戦で1基のみを使用し耐久性のチェック!
  今年のトロロッソは、PUの同時投入でテスト用としての役目を余り果たしていませんからね~!
  後半戦は、来年用にトロロッソを上手く利用しないと・・・・・
(2)レッドブルは、一度に各2基づつ交換して日本GPでは新品のPUに換装して走らせる!
  後半戦のグリッド降格を防ぎ優勝回数を増やすには一石2鳥ですから!
  7戦使わないので間に合うなら、レッドブルだけ先行してベルギーGPで”スペック4”を投入したりして!


さて3位表彰台のクビアトを差し置いてレッドブルに昇格したアルボンですが、両者を比較すると・・・・
                    Q1      Q2     Q3              決勝
オーストラリアGP     クビアト  1:22.511⇒1:22.774       (15位)      10位入賞
”スペック1”       アルボン 1:22.757⇒1:22.636       (13位)      14位

バーレンGP       クビアト  1:29.876⇒1:29.854       (15位)      12位
              アルボン 1:29.5141:29.513       (12位)       9位入賞

中国GP         クビアト  1:33.783⇒1:33.236       (11位)      NC 接触でマイレージ節約
              アルボン クラッシュで走行出来ず               10位入賞

アゼルバイジャンGP クビアト  1:42.324⇒1:42.2211:41.6816位)        NC リカルドが激突
”スペック2”       アルボン 1:42.1541:42.494       (12位)      11位

スペインGP        クビアト  1:17.9141:17.2431:17.5739位       9位入賞
              アルボン 1:17.7961:17.445       (12位)      11位

モナコGP        クビアト  1:11.6021:11.4121:11.271(8位)       7位入賞
              アルボン 1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞

カナダGP        クビアト  1:11.9651:11.921       (12位)      10位入賞
              アルボン 1:12.020⇒1:12.193       (14位)      NC 接触でマイレージ節約

フランスGP       クビアト  1:31.564               (16位)      14位”スペック3”先に搭載
1基”スペック3”     アルボン 1:31.4451:30.461       (11位)      15位

オーストリアGP     クビアト  1:05.324               (18位)      17位
2基”スペック3”に    アルボン 1:04.7081:04.665       (13位)      15位”スペック3”搭載

イギリスGP       クビアト  1:26.721               (17位)       9位入賞
              アルボン 1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位

ドイツGP         クビアト  1:13.278⇒1:13.135        (14位)      3位(雨天)表彰台
              アルボン 1:13.461              (17位)       6(雨天)入賞

ハンガリーGP     クビアト  1:16.750⇒1:16.692          (13位)    15位
              アルボン 1:16.9121:16.687          (12位)    10位入賞 FR2クラッシュ

入賞はクビアト6回アルボン5回 Q1・Q2は6勝6敗で互角!Q3進出はクビアト4回アルボン2回 
レースではクワビトの7勝5敗です。
”スペック2”まではクビアトが断然優位でしたが、”スペック3”になってからクビアトが冴えないのが良く判ります!
クビアトがレッドブルに昇格出来なかった最大の要因は”スペック3”になってQ1敗退が3戦続いた所為かも?
運も実力の内ですからね!

アルボンがQ2進出来なかったのは、予選を走れなかった中国GPとノリスに邪魔されたドイツGPのみ!
新人でQ1敗退が実質1戦ですから、レッドブルが伸び代を期待して抜擢するのも当然ですね!
ガスリーみたいに文句タラタラで他の所為に責任転嫁もしないで、与えられた車で文句も言わず安定した成果出してるんですから・・レッドブルのピットスタッフに可愛がられるでしょう!

ピットの雰囲気が良くなれば士気も上がるし、相乗効果でアルボンは好成績上げちゃうかもね!

”スペック3”と相性の悪かったクビアトは、”スペック4”搭載で生き返るでしょうか?
ローパワーPUのレッドブルに慣れてるとしたら、更にパワーアップした”スペック4”に手古摺るかも!
トロロッソはハイパワーPUへの対応が迷走中!レッドブルみたいに収まる事を期待しましょう!

チームとして2人揃ってグリッド降格を免れる為ですが、トロロッソ・クビアトとレッドブル・アルボンに先行してベルギーGPで”スペック4”を投入!

ベルギーGPからじゃ最終戦まで持たないので、ロシアGPで”スペック5”を投入するって事になるけど・・・・
”スペック4”がベルギーGPとイタリアGP+シンガポールGPの3戦だけって通常は有り得ませんよね~!
金曜の夜まで判りませんけどベルギーGPでそれぞれに各2基投入しなければ・・・・
2~3戦で”スペック4”の問題点を潰した”スペック5”投入を本気で考えているのかも?(大苦笑)

クビアト・ガスリー対決はイタリアGPまでお預けとなるのか?
圧倒的に早くなってベルギーGPで4台投入となるのか?土曜日の予選が待ちきれませんね!

RA619H”スペック4”、イタリアGP投入するのは”メキシコGPを旧スペック”で最終戦までに7戦使用の為か?

F1サーカスも残り9戦!
RA619Hハイパワー”スペック4”も本来ならハンガリーGPで、遅くともスパで投入したかったんでしょうね!
ハンガリーGPで”スペック4”を投入すれば5戦目のロシアGPで”スペック5”の投入も有り得たと思うのですが・・
でもロシアGP投入では残り6戦、来期7戦持たせる為に必要な耐久性の実戦テストが出来ません!
来期コンストラクチャーチャンプを獲得する為にはPU使用数オーバーでのグリッド降格は避けなければ!

しかしベルギーGPで投入すると残り9戦!同一PUで最後まで戦うには長過ぎます!
で、
(1)残り8戦となるイタリアGPでの投入!になったのかもね!
昨年同様、メキシコGPは旧スペックの”スペック3”を使えば残り7戦ですから!
日本GPは4戦目となりますが、”スペック3”が4戦目でポール・ポジションを取った事で熟成したPUで戦う事にしたのでは?
直前のロシアGPで新燃料も投入されますし・・・・
(2)各人2基”スペック4”を投入!っ手も有ります!
開発が間に合うならベルギーGPで、間に合わなければイタリアGPですが・・・・・・・
この戦術ならグリッド降格は1回で済みますし・・・・日本GPでも新品のPUを使えますし・・・・

しかし、”二兎を追うもの一兎も得ず”!来年の事を考えればイタリアGPでの投入(1)ですが・・・・
幸いな事にレッドブルは2チーム!役割分担で・・・・・
既に4基以上を使ったトロロッソは(1)で次年度に向けて残り1基で耐久性のデーター取り!
3基使用のレッドブルは(2)を選択して残り2基でポイント獲得と競争力のデーター取り!
なんて事になったりして?
いずれにしても、余程の不具合でも無ければロシアGPでの新”スペック5”投入は無いかもしれませんね!
来年用RA620Hの開発に全力を注ぐ筈ですから・・・・・
RA619H"スッペク2”は修正版!”スペック3”も修正版”!
”二兎を追うもの二兎を得る”=7戦戦えるPUを目標にしていないと、これほど開発が長期間になりません!
その意味でも”スッペク4”は期待出来そう!

当るのも八卦ですけど、今期はトロロッソがRA619Hの開発にあまり寄与していません!
一戦早く搭載してデーター収集するとか・・・パーテーモードのテストするとか・・・・2戦長く使うとか・・・・
終盤戦では、トロロッソを上手く来年用に利用すると思うのですが・・・・果たして?
F1では10kwアップで平均0.2秒速くなる!高速サーキットでは2倍以上!
20kw以上パワーアップならイタリアGPモンツアでの
ゲインは0.8秒にも達します!(ワォ)
最下位スタートからの優勝も夢じゃない!(笑)オーバーテークが速やかに出来れば
ですが・・・・
ガスリが降格になった原因は、オーバーテークが余裕を持ってスパッと出来ないからなんでしょうね!
アルボンは意外とフェルスタッペンから離されないかも!
                   Q1         Q2          Q3          決勝
オーストラリアGP   クビアト 1:22.511⇒1:22.774                 
10位入賞
               アルボン1:22.757⇒1:22.636                 14位 
バーレンGP       クビアト 1:29.876⇒1:29.854                 12位

               アルボン1:29.514⇒1:29.513                  9位入賞
 中国GP        クビアト 1:33.783⇒1:33.236                 19RT
               アルボン クラッシュ棄権                     
10位入賞
アゼルバイジャンGP クビアト 1:42.324⇒1:42.2211:41.681(6位)      19RT
               アルボン1:42.154
1:42.494                  11位
スペインGP       クビアト 1:17.914⇒1:17.2431:17.573(6位)       9位入賞
               アルボン1:17.796⇒1:17.445                  11位
モナコGP        クビアト 1:11.602⇒1:11.412⇒1:11.271(8位)       
7位入賞
               アルボン1:12.007⇒1:11.429⇒1:11.653(10位)      8位入賞
カナダGP        クビアト 1:11.965⇒1:11.921                  10位入賞
               アルボン1:12.020⇒1:12.193                  19RT
フランスGP       クビアト 1:31.564                         14位

               アルボン1:31.445⇒1:30.461                  15位
オーストリアGP     クビアト 1:05.324                         17位
               アルボン1:04.708⇒1:04.665                  15位
イギリスGP       クビアト 1:26.721                          9位入賞

               アルボン1:26.482⇒1:26.403⇒1:26.345(9位)       12位
ドイツGP         クビアト 1:13.278⇒1:13.135                  雨の決勝3位表彰台
               アルボン1:13.461                         
雨の決勝6位入賞
ハンガリーGP     クビアト 1:16.750⇒1:16.692                  15位
               アルボン1:16.912⇒1:16.687                  10位入賞
モナコGPまでの6戦はクビアトが5勝1敗と貫禄を見せていましたが・・・
ハンガリーGPまでの6戦ではアルボンの4勝2敗と完全にクビアトに勝ってる!
アルボンのQ1敗退はノリスに邪魔されたドイツGPだけですからね!安定感抜群!
クビアトは雨のドイツGPで3位にはなったけど、3戦連続のQ1落ちが評価を落としたんでしょ!
運も実力の世界ですから・・・・・・

成績不振を他の所為にしてたガスリー、夏休み明けを待たずに【レッドブル】から【トロロッソ】に降格!アルボンを大抜擢!

ま~トロロッソの方が相性がいいなんて頓珍漢な負け惜しみ言ってたカスリーピエール・ガスリートロロッソ(ホンダ)
にとって降格は本望なのかもよ!(笑)
2018年度後半戦は慣れてきたハートレーブレンドン・ハートレートロロッソ(ホンダ)
に負けてたんだから、降格は当然と言えば当然!(爆笑)

ガスリーが速いのはクリアーラップだけだってやっとホーナーも分かったみたい!(苦笑)
ハンガリーGP後、”土曜日から急に遅くなった”なんて言い訳にさすがのレッドブルも堪忍袋の緒を切った!
チームオーダーも無視もするし、成績が悪いと全部他に責任転嫁する自分勝手な性格だし・・いい薬!

昇格した新人アルボンアレクサンダー・アルボン1
ガスリーみたいに文句も言わず・・・・うまくSTR14を乗りこなしていましたからね!
クビアトダニール・クビアト2が選ばれなかったのは、単純に新人のアルボンに大差をつけられなかったからでしょ!雨の3位は考慮されなかった様です!(苦笑)
【伸び代】を考えると、”アルボンにチャンスを”って事になるんでしょうね~!
でも、選考から洩れたクビアトは、次戦から今までとは一味違ったアグレッシブルな走りになるんじゃない?
闘志に火が点き、レッドブルのアルボンに追い着き追い越せとばかりに・・・・・・
アルボンが結果を残せなければ、クビアトが来期レッドブルに昇格する可能性もあるにはある訳で・・・
降格して来たガスリーには負けられません!クビアトの上位入賞も期待しましょう!

アルボンとクビアトはタイムが殆ど同じなので、RB15に乗ったアルボンがどんなタイムを刻むのか興味津々!
0.5秒速くなるのか・・・もっと速いタイムを刻むのか・・・・トロロッソとレッドブルの差を測れますね!
勿論、ガスリーがどの位遅くなるのかも!(大爆笑)
RB15でもマクラーレン・サインツに負けていたガスリーじゃ、トロロッソに乗ったら当面勝負になりませんが!

トロロッソに戻って自分の遅さに愕然とするんじゃないの!ウィリアムズのラッセルに負けたりしてね!
で、又、自分には合って無いなんて言い出すんじゃないのかな~!(大苦笑)
もはや他に責任転嫁しないで、常にクビアトに勝ち中団トップを堅持しないと来年のF1シートも危うい!
でも、他に責任転嫁してる中は、勝利の女神もソッポ向いてるんだわさ!(大爆笑)
運の良い事に・・・・・
イタリアGPで大幅にパワーアップしたRA619Hの【スペック4】が入るとトロロッソも中団トップに躍り出ます!
ロシアGPからは新燃料で更にパワーアップ!
そうなればトロロッソとマクラーレンの戦いは熾烈さを増し、プレッシャーから開放されたガスリーも息を吹き返すかも!

8月30日からのベルギーGPはもっと面白くなりそう!

フェルスタッペン、1ストップでポール・トウ・ウィンを逸す!ハミルトンが2ストップで大逆転優勝!

惜しいレースでしたね~!心配したスタートも上々で、他車を引き離し必死に追いすがるハミルトンとのバトルに!
ハミルトンが常にプレッシャーを掛け続けた事が、終盤の大逆転劇に繋がっちゃいました!

残り20周でメルセデス・ハミルトンがミデアムタイアに換える2ストップ作戦の賭けに!

3位とは30秒以上離れてますから一騎打ち!
ハミルトンはピットストップでその差22秒!レッドブルも逃げ切れると思ってたんでしょうけど・・・・
そこからのハミルトンの追撃は圧巻の一言!

あっという間に、ハードタイアのフェルスタッペンの差を一周0.5秒・0.7秒、0.9秒、1.2秒と詰め残り3周でトップに!
タイアの終わってたフェルスタッペンはなす術もありませんでした!
フェルスタッペンもタイアを換えてファストラップ狙うのが精一杯でした!
ま~今回は賭けに勝ったメルセデスとハミルトンを讃えましょう!
ガスリーは、マクラーレンのサインツを追い抜けず周回遅れにされる6位!
フェルスタッペンに15秒遅れで頑張って走っていたら、ハミルトンの2ストップ作戦は出来なかった!
NO2ドライバーの役目を全く果たせません!

お陰でポイント加算もフェルスタッペンのファステッド・ポイントを入れてもフェラーリと同じ27点止まり!
ガスリーはだめだこりゃ!自己中で全て他人の所為にする奴ですから!だめだこりゃ!
ホーナーもガスリー庇うのもいい加減にしないと・・・・・

アルボンはクビアトとのバトルを制し10位入賞!
クビアトは残念ながらハードタイアへの交換が早過ぎ、終盤タイアが終わって失速し15位フィニッシュ!
トロロッソ同士でバトルを楽しみ過ぎた!もっとタイアを労わって走っていれば・・・・

ウィリアムズ・ラッセルは、予選と同じ16位とステップアップ!後半戦の台風の目になりそう!

次戦は8月30日(金)!ま~ポール・トウ・ウィンは次のRA619Hの【スペック4】に期待しましょう!(笑)


QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ