素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

トロロッソ・ホンダ 表彰台なるか?

F1・トロロッソ・ホンダ、ロシアGPで【RA618H】スペック3投入!30KWアップの新PU搭載で・・・ハートレー大変身・・・・残留?

【RA618H】スペック3をロシアGPで投入!決定?
ソチ・オートドローム2
”何とか秋には間に合った”って事になってほしいですね!
一時アメリカGPでスペック3を投入なんて報道がされていましたが、日本のファンに耐久性を誇示したい訳?
そんなの誰も期待してないちゅーの!一戦でも早く新スペックを出すのを期待してるちゅーにね~!
カナダGPのスペック2投入時も、昨年までと大違いで直前まで明確にしない方針らしく・・・・・・
しかし、開発チーフが日本人ならファンへの思いやりで、必ず次戦・ロシアGPで投入する!

年3~4回のアップデートと思っていたのに2回目のアップデートとは遅過ぎた感は否めませんが
バーレーンでの実質アップデートを加えれば4回目!

アメリカGPでのアップデートの噂は、ドイツGP・ハンガリーGP・ベルギーGPと連続3戦入賞したので、昨年の【二の舞】を恐れてマジで信頼性を証明したスペック2の予備PUで日本GPを戦うつもりだったのかも!
しかし、有利とされたシンガポールGPで惨敗!
スペック2となったPUも5戦目ですし、ベルギーGP・イタリアGPと連続で高速サーキットを全開で走ったので微妙にパワーダウンしていたんじゃないのかな~?
交換したくても・・・
シンガポールGP市街地コースは殆どオーバーテイクが出来ないコースなので新PU交換したら最後尾!
いくらなんでも新PU投入して最下位になる可能性もあるんじゃ新スペックを投入出来る筈も無く・・・予備と交換するにはドライバーが初コースなので習熟のF3終わってからじゃ時間が足りなかったし・・・・
でも、こんな成績で日本GPを終えたら日本のファンから非難轟々!ファンも離れちゃうもんね!
こうなると、ロシアGPで明らかに上位を狙える新スペックを前倒しで出さなきゃ、日本GPに久しぶりに行く日本のファンが納得しません!(大爆笑)

ロシアGPで、万が一【RA618H】のスペック3が投入されなかったら・・・
日本のファンを無視したホンダのプライド優先の姿勢に呆れかえって
ホンダ関係のブログは永遠に書かない!


今年度、市街地コースでの惨敗は、ジェームス・キーのリアサスが失敗作だったからなんでしょうね!

1_F1_2018_Toro_Rosso_52018年
頑丈に作り過ぎ?路面追従性がいかにも悪そう!
路面が凸凹多くて波うってるバンビーな市街地コースでは、跳ねてトラクション不足になってるのかも!
カタロニア・サーキットみたいに新しく舗装したフラットな路面なら良いんだろうけどね!
2_F1_2018_Toro_Rosso_5
まだ昨年の後退翼型の方がマシだった?
発表時のカーボン製フロントサスペンション!
上海フロント
STR13-6
下はイギリスGPでクラッシュしたフロント・サスペンション!
上部がV型2点支持から⇒ワンロッドの1点支持に変更されてます!アンビリーバブル!

o0640036014224984443
このクラッシュが移籍の引き金になったとは思いたくありませんが・・・・・
イギリスGPは、何としてもホンダだけには負けられ無いマクラーレンの地元だし・・・
発表時と全く違ってますね!こんな設計をするなんてジェームズキーは精神的に追い込まれていたのかも?
フロント・リアサスとも失敗作なのが、【ハンドリングが安定しない】最大の原因でしょう!
フロントサスもアップデートで失敗作となったサスペンション全体がジェームズ・キー最大の悪しき置き土産
ま~マクラーレンの引き抜きで”わざと”じゃ無いんだろうけど・・・トリックサスを試したのか?
この危険過ぎるFサス改悪はちょっと異常!
中国グランプリでのトロロッソとレッドブルと比較すると・・・
レッドブルトロロッソ比較
レッドブルはフロントサスをシンプルなトラスでしっかり作ってますし、アームも、円形・水平なので風の影響も受けにくいわな~!ドライバーに安定したハンドリングを齎(もたら)しているんでしょう!
片やトロロッソは薄型のウイング型カーボンで押さえつけるハの字!こりゃ格好は良いけど路面の反応も遅れるし風の影響も受けやすい!
そもそも、常に変化するサスパーツを風洞実験で空力化したら実際は不安定になるだけでしょ!(苦笑)
レッドブルみたいに、最初から多少の乱流を計算に入れて設計するべきなのでは!

ホンダとレッドブルとの連携が発表され、来年はザウバーみたいにサスペンションもレッドブルのニューウエイ型が基本にさせられちゃうだろうし・・・・どうせ辞めるんだからって試してみたかったんでしょうか?
しかし安全性を無視した設計思想はレッドブルオーナーに愛想を尽かされても仕方ないよ!
私はジェームズ・キーが辞めて本当に良かったと思いますね!
ジェームズキーが離れて、現在は2点支持に戻されています!
角度も良くなった様ですが旧型同様ウイング型のままなので風に弱そう!

STR132019イタリアFサス・アッパーは大き過ぎ!
イタリアGPでの壊れ方をみても今だフロントサス取り付け強度不足なのは明らか!
サスペンションは来年シンプルなレッドブル方式にすればハンドリングも一気に向上するでしょう!

さてさて、噂の45馬力~50馬力アップが本当なら33kwアップ!
10Kwのパワーアップで1周0.2~0.3秒タイムアップするとされているので、単純計算で0.6秒から0.9秒も速くなる!33kwなら最大1秒速くなる計算!
0.9秒ならイタリアGP予選Q1でガスリー4位・ハートレー5位!
苦しんだシンガポールGPでも、ガスリー4位・ハートレー8位!
ホンマに33kwアップなら・・・・日本GPで、一気に表彰台も夢じゃない!
ま~それは夢物語だとして・・・・
ロシアGPでのパワーアップは最低でも20kw~25kw程度でしょう!
しかし20kwアップじゃまだQ3常連は無理!だからスペック3の最低目標値は25kwアップなんでしょうね!
35馬力アップの噂とも合致しますし、車体のアップデートと相まって共に0.75秒短縮可能でしょう!
そうなればガスリーQ3常連・ハートレー余裕のQ2へ!(大笑い)
入賞確実となれば、来年は表彰台を期待するファンが押し寄せて日本GPも観客動員数が激増する・・筈!
来年は、ぜひ決勝だけでも地上波かBSで放送してほしいですね!

さてさて、結果を残せず、来年の去就が危ぶまれているブレイドン・ハートレーですが・・・・
Brendon Hartley has chosen a name for his car! "Akabeko"

確かに、Q2進出ガースリ10回・ハートレー5回!Q3進出ガースリ4回・ハートレー1回と圧倒的にガスリー!
なにせ久久振りのフォーミュラですからガスリーと差が付くのも無理ない訳で・・・・
しかし・・・・・ガスリーとの【予選Q1】のタイム差を比較すると・・・意外と結構頑張ってるんですね!(笑)
(2)
ガスリー     対ハートレーQ1勝敗  8勝5敗2引分
①オーストラリアGP    予選最下位!縁石ヒットして13周でリタイア!
1)バーレンGP    〇予選Q3進出=6位 グリッド5位⇒4位入賞  PU・交換       
③(2)中国GP           ●予選17位⇒18位
④(3)アゼルバイジャンGP  予選17位⇒12位
(4)スペインGP    ▽予選Q2=12位 グロージャンのスピンに巻き込まれオープニングラップでリタイア
⑥(5)モナコGP      〇予選Q3進出10位 6位入賞
カナダGPスペック2】●予選16位 グリッド19位 11位 スペック2不調でPU再再交換!4基目となり降格
2)フランスGP     予選14位Q2    オープニングラップでオコンと衝突しリタイア
⑨(3)オーストリアGP   予選Q2=12位⇒11位
⑩(4)イギリスGP      ▽予選Q2=14位⇒13位(10位)ペレスと接触で5秒ペナルティ3ポジション降格!
(1ドイツGP       〇予選17位⇒14位戦略的5基目のPU交換で最後尾スタート
⑫(2)ハンガリーGP    ● 予選Q3進出=6位 グリッド6位 6位入賞     
⑬(3)ベルギーGP     ● 予選Q2=11位 グリッド10位 9位入賞
⑭(4)イタリアGP-     予選Q3進出=9位 14位
⑮(5)シンガポールGP    予選Q2=15位 13位(14位) グロージャンのペナルティで1ランクアップ
⑯ロシアGP【スペック3】
⑰日本GP
⑱アメリカGP
⑲メキシコGP
⑳ブラジルGP
最終戦アブダビGP

【ハートレー】  対ガスリーQ1勝敗 5勝8敗2引き分け ()はガスリーとのタイム差
①オーストラリアGP   予選16位 15位最下位完走
②(1)バーレンGP     ●予選Q10.291)Q20.269)11位17位最下位完走 2基目投入
(2)中国GP       予選Q1(+0.088)Q2 15位 ガスリーと交錯して51周でリタイア
④(3)アゼルバイジャンGP 予選19位(12.858)⇒10位入賞
⑤(4)スペインGP ▲P3でクラッシュ予選間に合わず最下位スタート 12位3基目PU・ギャボックス交換
⑥(5)モナコGP        予選Q1(0.238)16位 15位スタート ルクレールに追突され70周でリタイア
⑦カナダGP【スペック2】 〇予選(+0.460)12位Q2 4基目ストロールに追い出され1周目でリタイア
⑧(1)フランスGP     ●予選Q1(0.578)17位⇒決勝14位
⑨(1)オーストリアGP  予選Q1(0.311)19位 戦略的?5基目のPU全交換も54周でリタイア
⑩(0)イギリスGP    Fサス破損でクラッシュ・6基目全ユニット交換ピットスタートも配線ミスで走れず
⑪(1)ドイツGP       予選Q1(0.304)18位⇒16位グリッド 10位入賞 PU実質1戦目
⑫(2)ハンガリーGP  予選Q1(+0.148)Q2(1.704)Q3(0.537)8位⇒11位
⑬(3)ベルギーGP    予選Q1(+0.068)Q2(0.011)12位⇒14位
⑭(4)イタリアGP     予選18位Q1(0.100) 16位グリッド スタートでエリクソンに追突されリタイア!
⑮(5)シンガポールGP  ●予選17位Q1(0.195) 17位⇒17位 
⑯ロシアGP【スペック3】
⑰(2)日本GP
⑱(3)アメリカGP
⑲(4)メキシコGP
⑳(5)ブラジルGP
最終戦(6)アブダビGP
ご覧の通り、ガスリーとハートレーの【予選Q1でのタイム差】は、意外と小さく、特に直近の4戦では【0.2秒】以内と大幅に縮まって来て2勝2敗になっているんですね!
混戦状態や追い越されるのには弱いハートレーですが、パワー差があれば攻める別人に変身するかもよ!
兎と亀の話じゃ有りませんが、遅咲きのハートレーは、新スペック投入後にガスリーを超える可能性も!

ハートレーの残留可能性は大きくなってます!

2019年F1ドライバー予想!RA618Hスペック3投入待ちのお遊び!私がPUチーフだったら・・・・・例え10kwのアップでも絶対日本GP前のソチGPで投入するんだけど・・・・

早ければシンガポールGPでスペック3投入のアナウンスがあると思ってF1関連のブログは止めてたんだけど・・・・幾ら待っても・・・・スペック3投入の噂は”アメリカGPで”だけ!
おいおい!これじゃ書かずにおられません!
6月9日の第7戦カナダGPでスペック2を投入から10月20日の第18戦のアメリカGPって12戦目だぜ!
4ヶ月以上も掛かって残り4戦じゃ耐久性のテストも出来ずに終わっちゃう!
いくらホンダの最大市場だからってそりゃないぜよ!

そんな悠長な事ホンマにやるのかいな?戦略的PU交換は11戦も戦って時間稼ぎするの為だったってか!
確かにトロロッソのSTR13が迷走中で、新スペック投入しても実力を発揮出来なかったのは事実ですが・・・・
たとえ10kwアップでも、ベルギーで投入してれば上位スタートで2台入賞出来てた!

見栄張って新しいスペック出すからには、皆が驚くようなパワーアップをしたいんだろうけど・・・・
実の所、10kw~15kw+は達成してるんじゃないの?途中で投入したっていいじゃんか!
どうせ走る実験室なんだから・・・・・・
一人よがりとなったホンダには、ほとほと呆れたのでトロロッソ関連はスペック3投入まで置いといて・・・・・
リカルドの電撃移籍で生じた2019年へのF1ドライバーの移動を独断と偏見で予想してみました!
私の予想では、10チーム中8チームのドライバーに変更が生じそう!

2019年F1ドライバー予想=2018.09.14 青=確定

【メルセデス】
メルセデスW09
ルイス・ハミルトンメルセデスAMGルイス・ハミルトン34 & バルテリ・ボッタスメルセデスAMGバルテリ・ボッタス29


フェラーリ】
フェラーリSF71H1名変更
セバスチャン・ベッテルフェラーリセバスチャン・ベッテル30 &シャルル・ルクレールザウバー(フェラーリ)シャルル・ルクレール21

【レッドブル】(ホンダPU)
レッドブルRB141名変更
マックス・フェルスタッペンレッドブル(タグ・ホイヤー)マックス・フェルスタッペン21ピエール・ガスリートロロッソ(ホンダ)ピエール・ガスリー23

【トロロッソ】(ホンダPU)        ハートレーには頑張ってもらわんと予想が外れちゃう!
トロロッソSTR131名変更
ブレンドン・ハートレートロロッソ(ホンダ)ブレンドン・ハートレー29 &エステバン・オコンフォース・インディア(メルセデス)エステバン・オコン22

ザウバー】(フェラーリPU)        超ベテランと遅咲き新人のベストマッチング!
ザウバーC372名変更
キミ・ライコネンフェラーリキム・ライコネン39 &アントニオ・ジョビナッツィアントニオ・ジョビナッツィ25(新)

【ハース】(フェラーリPU)         小松礼雄デレクターがいる内は独自路線!
ハースVF18
ケビン・マグヌッセンハース(フェラーリ)ケビン・マグヌッセン26 &ロマン・グロージャンハース(フェラーリ)ロマン・グロージャン32

【フォースインデイア】(メルセデスPU)    財政改善でメルセデスの影響低下!
フォースインデアVJM111名変更
ランス・ストロールランス・ストロール23 & セルジオ・ペレスフォース・インディア(メルセデス)セルジオ・ペレス29

【ルノー】
ルノーRS.181名変更
ダニエル・リカルドレッドブル(タグ・ホイヤー)ダニエル・リカルド28
 & ニコ・ヒュルケンベルグルノーニコ・ヒュルケンベルグ31

【マクラーレン】(ルノーPU)          高額を出せるほどもはや金は無い!
マクラーレンMLC332名交替
カルロス・サインツカルロス・サインツ24
 & ランドノリスランド・ノリス19(新)

【ウィリアムズ】(メルセデスPU)        ペイドライバー最優先!
ウイリアムズFW411名変更
セルゲイ・シロトキンウィリアムズ(メルセデス)セルゲイ・シロトキン23
 & マーカス・エリクソンザウバー(フェラーリ)マーカス・エリクソン28

【喪失】
ストフェル・バンドーンマクラーレン(ルノー)
ストフェル・バンドーン26
PUは批判しても、チームを批判したら御臨終!次も無い!年棒高過ぎて頑張ってもどん底に!

ガスリーとオコンは仲が良いので、トロロッソとの引継ぎも上手く行くでしょう!
ライコネンとジョビナッツィのコンビが実現して成績上げたらイタリアを熱狂させる事疑いなし!

トトロッソ:ホンダ、ベルギーGPに続き高速サーキットでなんと驚きのQ3進出!ハートレーも大健闘、ようやく疫病神も離れたか?と思ったら・・・・

あちゃ~ハートレーからやっと疫病神が離れたと思いきや・・・・なんじゃこの下手糞なスタートは!
前ががら空きなのに加速もせず・・・・当てられて当たり前!
要するにハートレーはグリッドスタートするF1向きじゃないよ!
予選タイムがやっとガスリーに追い着いたと思ったけどガッツなし!
来年交替!
それにしても、トロロッソの前輪サスペンションは簡単にベコベコになるって強度不足なんじゃ?
ちょっとぶつけられたら、イギリスGPみたいになりそうで怖いですね!ジェームスキーの置き土産!

スパ・モンツアと超高速サーキットで、最弱と言われているホンダPUを積んだトロロッソホンダは大苦戦が予想されていましたが、スパではガスリーが9位入賞する好成績を収めました!
昨年と比較すると、1位から最下位までタイム差が少なくなって来ているのが一目瞭然!
2017予選
昨年最下位争いしていたザウバーの3秒以上タイム短縮は驚異的ですね!
今年から型落ちだったカスタマーPUがワークスPUと同一スペックになったからですが・・・・
2018年予選2
ルノーPUにすればトップ争いと豪語してたマクラーレンは、アロンソが1:45:668⇒1:44:917と0.751秒!
バンドーンが1:45:441⇒1:45:307と僅か0.134秒!
これじゃじゃ各チームが約2秒も速くなってるんじゃMCLは失敗作だと証明したようなものです!
レッドブル以外のルノーPU搭載チームには完全に追い着いたようです!
今後のライバルはメルセデスのBチーム・フォースインデアと、フェラーリPUのハース!

RA518Hスペック3の登場が待たれます!

(昨年のイタリアGP予選雨の為参考になりません)
Q1
今年のイタリアGPQ1は15位から17位までのタイム差はなんと各車千分の1秒差の0.002秒!
ハートレーもガスリーと僅か0.1秒差まで詰め、Q2にも0.05秒差で進めない程の稀に観る大激戦となってます!
Q1でのトップとのタイム差も今年はなんと1.543秒差!

Q3に進出したガスリーは1分21秒350をマークして9位!

予選Q3は8年ぶりにフェラーリが2台ともコースレコード更新してフロントーローを独占!
最下位争いしてたストロールも10位とウィイアムズもマシン性能を上げて来ました!

フリー走行1では、悪運離れたハートレーが雨の中、ガスリーを上回るトップタイムをマーク!
あわや1位かと思われましたが結果は路面が乾き始めて4位!でも耐久王者の片鱗を見せ付けました!
ガスリーとの予選タイム差も大幅に詰めてきました!(笑)
ハートレーも前回同様前半は車体が重い内は大活躍を見せてくれるかも!

どうもハートレーは後半燃料が減って車体が軽くなるとブレーキのロックが怖くて思い切り走れないみたい!
初戦のオーストアリアGPスタート時ブレーキロックのトラウマから脱皮出来ていないのかも・・・・・・

リアにトラクションが増える燃料満載の決勝は面白くなりそうですね~!
と期待したら・・・
ハートレイはスタート失敗して割り込んだバンドーンを避けようとしてエリクソンに当てられ第一コーナーまで持たずリタイア!(大苦笑)
これじゃハートレーはもはやF1走るなら毎回PU換えて最後尾スタートしかないよね!(呆れ)
ローリングスタートなら耐久レースで得意なんだからインディに転向すべき!

ガスリーもセフティーカー再開のオープニングラップでアロンソをオーバーテイクしょうとして接触!
italyGP gasly-2018
挙句に果てに追い上げて来た本家レッドブルのリカルドとバトルして接触しダメージを大きくする始末!
その後いい所なく15位に終わりました!4連続入賞も夢に終わっちゃった!
しかし、第1コーナーをシケインにしてるのは、事故を起こす為なのかいな!
もっとスムースなオープニングラップが出来るようにすべきだよね!低速なシケイン造り過ぎ!

一応PUの耐久性だけは証明したんだし、もうスペック2は終わりにしても良いんじゃないの?(大苦笑)
何がPUは問題が無かっただよ!スタートがまともに出来なきゃレースにならない!
馬鹿馬鹿しい結果なので、RA618Hのスペック3搭載までF1関連はお休みします!

**********************************************************************************
200万画素のHD(1920x1080)ネットワークカメラも安くなってきたので買い換えてみました!
IPカメラはPC対応が出来ない機種も多い中、LAN内で使うなら
VstarCam】はお勧め!
パソコン用【
SuperIPcam】でVstarCam】製なら異なった機種でも81台まで表示可能です!(爆笑)
http://download2.eye4.cn/download/application/app-jkp2p-vstarcam.zip

下の3台も含め、古い38万画素機種から200万画素の新型まで全て一緒に表示されてます!
VstarCam】も、スマホで使うには、中国のサーバー経由なのでお勧めしません!
設置したIPカメラを外部からスマホで見るなら、VPN接続でパソコン操作して画面を見るべきなんですよね!
その方が速い場合もあるし安全!
でも、どんな製品でも昔の品も使い捨てじゃなく未だ未だ現役で使えるって凄く大事な事!
そんな訳で、私のIPカメラは全て昔の機種も一緒に見れるVstarCam】製品にしちゃいました!

白色がほしかったので最初は【C23S-ホワイト】のこちらを買ってみたのですが

新型の製品一覧にも載っていない【C29S-ブラック】がキャンペーン中で安かったので買ってみました!
【C23S】に比較すると、若干明るさが足りない気がしますが価格が価格ですから廉価版?(笑)
web設定も出来ない様です!ネット上の評判も良くありませんがLAN内で使うならお買い得!動きも速い!

欠点は、昔はWeb設定で簡単に出来た固定アドレスにするとかの詳細設定が表向きにはスマホからしか出来なくなった事かな~?スマホの最新ソフト【EYE4】は登録制になったので未だやってませんが!
なんで登録制にしたんでしょ!(不満)
設定が簡単になった分、自由にアレンジ出来難くなっちゃったんですね!
もっともwebソフトもバグだらけで素人が勝手に詳細設定すると動かなくなっちゃうからなんだけど・・・・・・

中国製IPカメラは、ほぼ3年使ったら買い換えてます!価格が下がって画素数が倍々ゲームですから!
最初は38万画素2代目が100万画素3代目は200万画素!
無線LANもやっと2.4Ghzの【11n対応】となって映像も【11g】のカクカクから大分良くなって来てはいますね!
型は古いけど焦点距離が手動で調整出来るこちらの【C37s】200万画素も場所によっては便利です!
C29sもC37sもVstarCamのProductsには載っていません!でも実際に使っているので使えます!(笑)
無難ならC23sかな~!安いIPカメラに耐久性を期待しちゃだめですよ!2~3年で買い換えるつもりで!
でも意外と古い機種も駄目元で防犯用に使えますよ!外見じゃ38万画素か200万画素か判らないし!(爆笑)
防犯用は順番にお下がりで交換!屋根下へもっとコンセント設置しとくんだったわさ!(大苦笑)
3年後には、5Ghzの11ac対応になって画素数も増えスムーズな映像が見られるようになるんんだろうな~!
スマホ用も含めて、小型カメラの性能進化はどこまで行くのでしょうね!4Kが当たり前に?

トロロッソ・ホンダ!ベルギーGPでガスリー思わぬ9位入賞で来年のレッドブル昇格に華!アンビリーバブル!もしかして【スペック3】投入すれば表彰台?

トロロッソホンダには苦手とされたスパでのベルギーGPでしたが・・・・
来年・レッドブル昇格が決まったガスリーが非力ながら予選Q2で1分43秒844を出し11位!
ハートレーもQ1では14位とガスリーを初めて上回り、Q2もガスリーに0.021差の1分43秒865の12位と大健闘!
8位から16位まで1秒以内という稀に観る大激戦でした!
しかしトップのフェラーリ・ベッテルはQ3で1分41秒501ですから、まだ2秒以上の差が有ります!
STR13のアップデートで0.5秒+RA618Hの30kwアップデートで0.9秒・・・でも足りない!(苦笑)
来年レッドブルに載せれば・・・シャーシ1.5秒+PU0.9秒で十分戦えるでしょう!(笑)
決勝では

オープニングラップでルノーのヒュルケンベルグがアロンソに追突!
当事者+ライコネン・リカルド・ルクレールの5台がリタイアに追い込まれる大クラッシュが発生!
ハートレーは間一髪で逃れました!いよいよ運が良くなったのかもよ!
ヒュルケンベルグには次戦10グリッド降格、3ペナルテイポイントが課せられました!
上位常連のライコネン・リカルドのリタイアに助けられてガスリーが同一ラップの9位に入賞!
ハートレーのピット戦略は相変わらず上手く行っていませんが、途中までは最強フェラーリPUのザウバー・エリクソンとデッドヒートを展開するアンビリーバブルのバトルを生みました!

スピードトラップでは、ハートレーがまさかの7位!なるほどね!これならバトルも出来るわ!
スピードトラップ
最高速でもガスリー5位と本家レッドブルを超える信じられない結果を残しました!
MGU-HのPUマッチングが亀の速度ですが確実に一歩一歩向上してるんでしょうね!
開幕戦から13戦ですから、
これからは等差級数的に雲泥の進歩を遂げる事が期待出来そう!(笑)

スピード
ガスリーとハートレーのセッテングは異なっていたそうで、未だSTA13は迷走中みたいですが・・・・光明が!
リアウイングを立てててこの最高速!
レッドブル並みに薄いリアウイングでの低ドラッグセッテングが決まれば、常時入賞も夢じゃない!(笑)


最下位に終わってマクラーレンに不満タラタラのバンドーンですがマシンのスピードは出てるんですよね!
地元ベルギーGPで予選最下位!屈辱的決勝完走最下位じゃ来年F1のシートを確保出来るかどうか?
その点、アロンソはなんとか乗りこなして入賞しちゃうんだからバンドーンと腕前に格段の差が有るって事なんでしょう!
アロンソとバンドーンのマシンに大差ないのに、入賞はアロンソ8回(44)対バンドーン4回(8)!
まるでガスリーとハートレーみたいですね!
昨年のホンダPUの時と違って、今期は他のチームが早くなってきたのでコーナー重視から仕方なくリアウイングを寝かせてドラッグを削ったマクラーレンにバンドーンは余程手古摺っているんでしょうな!(爆笑)
2年間もパワーも無いハンドリング最優先の扱い易い高ドラックマシンに乗ってたんじゃ腕も落ちてるし、PUのドライビリテイも良くないルノーPUと相まって今期の低ドラッグ化したマシンを完全に乗りこなせて無いんでしょうね!
昨年だったら、マクラーレンの豪語通りミドルクラスを見下して常時入賞出来てた可能性は大いにあった!

マクラーレンもホンダPU時代より間違いなく速くなっているんだけど、振動が起きずパワーを取り戻したホンダPU搭載のトロロッソだけじゃ無く、ハース・ザウバー・フォースインディア昨年の型後れPUから今期は新型PU搭載になって一気にパワーアップしましたからね!
ここまで他チームが速くなるとはマクラーレンは思ってもみなかったんでしょうけど、同じルノーPU積んだレッドブルと今期こうもラップタイムが遅いんじゃ豪語も単なる自信過剰の大言壮語だったんだわさ!(大爆笑)
低迷してたメルセデスPU搭載のウイリアムズもやっと良くなって来たし、来年巧者アロンソ抜けたら最弱ルノーPUじゃ最下位転落は確実でしょう!(大爆笑)

フェラーリPU積んだザウバーのエリクソンと抜きつ抜かれるバトルを展開したハートレーも31周目が異常に遅くて順位を下げ過ぎてピット作業も遅かったし・・・・燃料を使い過ぎたのかもっと速く走れる筈のスーパータイアに変えた後は諦めたのか燃料セーブの完走最優先走行になっちゃったみたいですね!
ベルギーGPタイア
ま~ハートレーがエリクソンを抑えたお陰でガスリーは悠々と9位入賞出来たんだから、ハートレーの評価も急上昇!
まさかエリクソンもハートレーに直線で追い抜きされるとは思いもしなかった様で、ホンダPUを褒めてましたが・・・エリクソンもガスリー抜けたトロロッソのシートを狙ってたりして?
なにせハンガリーのシーズン・イン・テスト初日に昨年ザウバーのシートを争ったアントニオ・ジョビナッツィがフェラーリでコースレコード出してますからね
現在エリクソンのポイントはバンドーン以下の17位(6)!ポイント如何によってはアントニオ・ジョビナッツィとの途中交代も有り得ますからホンダPUを褒めたのは来期トロロッソホンダへのラブコールなのかも?
エリクソンに褒められても、トロロッソ・ホンダが表彰台を狙うにはまだまだシャーシもPUもアップデートが必要の様です!
既に完成してる10kw~20kw程度のアップグレードPUじゃ浅木氏がOKしないなんて噂も!
このPUを予備PUの代わりに投入すれば間違いなく中団グループから抜け出せると思いますが、出しても2016年並みの成績じゃ意味ないし浅木氏としてはなんとかあと10~20Kw上乗せしようとしてるのかもね!
でも一気に30~40Kwなんて無理じゃね~の?(苦笑)

ガスリーはカナダGPでスペック2を2基投入(スペック2⇒スペック1⇒新スペック2)して、②フランスGP、③オーストリアGP、④イギリスGPまで4戦後、①ドイツGPで戦略的PU交換後、②ハンガリーGP、③ベルギーGP④イタリアGP⑤シンガポールGP⑥ロシアGP⑦日本GPで7戦目になるけど日本GPで新スペック載せないってか!日本のファンに耐久性を誇示したい訳?そんなの誰も期待してないちゅーの!一戦でも新スペックを出すのを期待してるんだから・・・・いくらなんでもそんな馬鹿な事はしないでしょ!
ま~ガスリーは戦略的PU交換でグリッド降格無しの予備のPUユニットを確保してるのでイタリアGPで回し過ぎてPU壊して載せ換えてもグリッド降格は無いんですね!

ハートレーの場合は、①イギリスGPのFR3でクラッシュして6基目となるスペック2の新PUを載せたので②ドイツGP③ハンガリーGP④ベルギーGP⑤イタリアGP⑥シンガポールGP⑦ロシアGPで7戦目!⑦ロシアGPのFR2まで耐久性を確認する為に走らせる可能性も!ベルギーGPみたいに入賞が絶望となったら無理させず何が何でも耐久性を立証したいから完走優先で走らせるつもりなんでしょうかね~!
ハートレーもオーストリアGPで戦略的PU交換した予備のPUがある筈なんだけど・・・・・


アメリカGPまで新スペックを出さないんじゃ日本GPの興味半減ですから、99.99%ロシアGPで新残り6戦走る事になる新スペック3を投入する筈!・・・・・・・だと思うんだけど・・・
耐久性をPRする為に、又金曜のフリー走行に予備のPU使ったりして・・・・・・
そんなことしたら予選・決勝が不完全セッテングになってまた迷走しちゃうぜよ!
型式は同じでも微妙に違うんだから・・・・・・

ベルギーGP時の各ドライバーのPU使用ユニット数!
ベルギーGPパワーユニット使用数
全てのドライバーがベルギーGPで、残り9戦(①ベルギーGP②イタリアGP③シンガポールGP④ロシアGP⑤日本GP⑥アメリカGP⑦メキシコGP⑧ブラジルGP⑨アブダビGP)なのに【PUユニット】の使用上限に達しました!
これから先はどのユニット交換でも全員に皆PUペナルテイが発生する同一条件!

1構成要素で10グリッド降格、同時に他の構成要素は5グリッド降格!全ユニットの場合10+5+5+5+5+5=25グリッド降格と成ります!
15グリッド降格以上は最後尾スターと成ります!発生順なので早く載せた方が上位になります!

ベルギーGPでは4人(ボッタス・ヒュルケンベルグ・サインツ・バンドーン)の交換が行われましたがメルセデスのボッタスが最初に申告したので17位となりました!
ロシアGPでは、メルセデスみたいにオーバーテイク出来るGPでグリッド降格を恐れず早めに申告して新スペックのパフォーマンスを見せ付けるのも有りじゃないの?

しかし、車体搭載カメラも進歩してますね!ブレないしHDだもんね!
**********************************************************************************
200万画素のHD(1920x1080)ネットワークカメラも安くなってきたので買い換えてみました!
IPカメラはPC対応が出来ない機種も多い中、LAN内で使うならVstarCam】はお勧め!
パソコン用【SuperIPcam】でVstarCam】製なら異なった機種でも81台まで表示可能です!(爆笑)
http://download2.eye4.cn/download/application/app-jkp2p-vstarcam.zip

下の3台も含め、古い38万画素機種から200万画素の新型まで全て一緒に表示されてます!
VstarCam】も、スマホで使うには、中国のサーバー経由なのでお勧めしません!
設置したIPカメラを外部からスマホで見るなら、VPN接続でパソコン操作して画面を見るべきなんですよね!
その方が速い場合もあるし安全!
でも、どんな製品でも昔の品も使い捨てじゃなく未だ未だ現役で使えるって凄く大事な事!
そんな訳で、私のIPカメラは全て昔の機種も一緒に見れるVstarCam】製品にしちゃいました!

白色がほしかったので最初は【C23S-ホワイト】のこちらを買ってみたのですが
新型の製品一覧にも載っていない【C29S-ブラック】がキャンペーン中で安かったので買ってみました!
【C23S】に比較すると、若干明るさが足りない気がしますが価格が価格ですから廉価版?(笑)
web設定も出来ない様です!ネット上の評判も良くありませんがLAN内で使うならお買い得!動きも速い!

欠点は、昔はWeb設定で簡単に出来た固定アドレスにするとかの詳細設定が表向きにはスマホからしか出来なくなった事かな~?スマホの最新ソフト【EYE4】は登録制になったので未だやってませんが!
なんで登録制にしたんでしょ!(不満)
設定が簡単になった分、自由にアレンジ出来難くなっちゃったんですね!
もっともwebソフトもバグだらけで素人が勝手に詳細設定すると動かなくなっちゃうからなんだけど・・・・・・

中国製IPカメラは、ほぼ3年使ったら買い換えてます!価格が下がって画素数が倍々ゲームですから!
最初は38万画素2代目が100万画素3代目は200万画素!
無線LANもやっと2.4Ghzの【11n対応】となって映像も【11g】のカクカクから大分良くなって来てはいますね!
型は古いけど焦点距離が手動で調整出来るこちらの【C37s】200万画素も場所によっては便利です!
C29sもC37sもVstarCamのProductsには載っていません!でも実際に使っているので使えます!(笑)
無難ならC23sかな~!安いIPカメラに耐久性を期待しちゃだめですよ!2~3年で買い換えるつもりで!
でも意外と古い機種も駄目元で防犯用に使えますよ!外見じゃ38万画素か200万画素か判らないし!(爆笑)
防犯用は順番にお下がりで交換!屋根下へもっとコンセント設置しとくんだったわさ!(大苦笑)
3年後には、5Ghzの11ac対応になって画素数も増えスムーズな映像が見られるようになるんんだろうな~!
スマホ用も含めて、小型カメラの性能進化はどこまで行くのでしょうね!4Kが当たり前に?
そうなったらF1の映像も迫力満点に!日本でも昔みたいに民放地上波放送にならないのかね!
道路行政後進国の日本じゃ無理か!

若者の車離れが問題となっていますが、若者の年齢別任意保険料が高過ぎだからですよ!
20~30万円は幾ら何でも高過ぎ!こんな高くしたら若者は軽自動車しか乗れないわさ!(大苦笑)
プアなタイヤ履いてぶっ飛ばせばスリップ事故も起きるし、保険料をタイアに回せば事故も減る!
金が無く任意保険入らない若者が急増してるし・・・・事故に巻き込まれたら裁判しかない時代になるかも!
車両保険も修理代は定価で取られ放題だから年々上がるだけ!自分で自分の首を絞めてる!
自動運転になれば事故も激減するでしょうけど、運転の楽しみが無くなるから今の内に愉しんでおきましょう!
将来のレーサーは、さしずめローマ時代の剣闘士みたいな存在になるんだろうな~!

トロロッソ・ホンダ、ハンガロリンクでのイン・シーズンテストにスペック3を投入出来ず?フェラーリ・メルセデス新人が1分15秒台!アンビリーバブル!その差拡大?

ハンガロリンクで行われたインシーズンテストの2日間でトトロッソホンダは2186km走行!
ハートレーがウルトラで19秒251!ロングランだったらこちらも凄いタイムなのですが・・・
メルセデスの新人ジョージ・ラッセルがハイパーソフトですが1分15秒575の非公式ラップレコードを樹立!
フェラーリのアントニオ・ジョビナッツィもGPフリー走行でセバスチャン・ベッテルがウルトラで出した1分16秒170を0.522秒上回る1分15秒648!
タイアの差といえばそれまでですが、フェラーリ・メルセデスって新人がこんなタイムをいきなり出せるなんて驚異以外の何者でもありません!アンビリーバブル!

今シーズンの表彰台は、フェラーリ・メルセデスがリタイアでもしなけりゃとても無理だわね~!

中団グループ抜けには自信があるようで・・・・新しいターボと新MGU-Hのテストやったみたい!
いつから投入するかが問題ですが、日本GP前には積まれるでしょう!
迷走してた車体も、新しい空力パーツで劇的に改善されたみたいで・・・・・
レッドブルがルノーPUサポートされず低位に沈んだら毎回5~6位入賞も有り得るかも?

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ