素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

史上最年少プロ棋士・藤井聡太

藤井聡太七段の対局予定 結果速報 【最新版2018年7月18日更新】 通算成績 戦歴一覧 【逆転負け】持ち時間5時間以上の対局通算32勝3敗、勝率91.43%、4時間以上通算勝率91.49%!

2018年07月18日関西将棋会館で藤原直哉七段53(フリークラス)と第27期銀河戦予選が行われました!
藤原直哉七段190よもやフリークラスに負けることはないでしょうけど・・・・・またも後手番!
80手で勝つには勝ったけど圧勝とは云えませんでした!

前期は最高勝率・勝数更新を逃す2回戦敗退!今期は対局も少なくなったので本腰を入れて挑むでしょう!
翌日の7月19日は、藤井聡太七段16歳の誕生日!7月に全勝出来ないのも節目なのかもね!
今期確定対局数【32】へ!

7月18日現在  前期は7月末で26対局2敗でしたが、今期は多くて7月末までで19対局3敗
後手番=通算54戦44勝10敗、勝率81.48%!
先手番=通算43戦38勝5敗(内横歩取り3敗・逆転負け2敗)・勝率88.37%!
先手番では、目下14連勝中で29連勝中の13連勝を超えました!
        持ち時間5時間以上の対局の通算勝率35戦32勝3=91.43%!
        持ち時間4時間以上の対局の通算勝率47戦43勝4=91.49%!
         持ち時間4時間の対局の通算勝率12戦11勝1敗=91.67%!
              
(千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く)
           持ち時間3時間の対局の通算勝率14戦9勝5敗=64.29%!

         持ち時間1時間以内の対局の通算勝率36戦30勝6敗=83.33%へ!


6月11日に収録したNHK杯今泉四段(C級2組5位)との1回戦の放映が7月15日に放映されましたが・・・
第68回NHK杯戦今泉健司四段
今泉四段のノータイム指しに翻弄され159手で、よもやの1回戦敗退!しかも勝勢からの大逆転負け!
前日の昇段祝賀会が終盤力を失わさせたのかも?

3六桂馬打ちまで優勢だったのに一手で一気に今泉四段に流れが・・・・終盤のポカミスで負けちゃいました!
竜王戦の待ったと同じで指し順を間違えた?
どうも時間に追われると考え過ぎと焦りで【頭の中の詰め手順】を間違えて負ける様ですね!

なるほど・・・・こんな調子じゃ竜王戦も王座戦も負けるはずだわさ!
なんだ~今泉四段のツイッターで”観てくれ”=上村四段同様嬉しくて嬉しくての勝ったって告知じゃん!
いくら嬉かったからってネタバレ書いちゃダメでしょ!負けた対局もツイットしろって!
確定対局数は【31】に変更となりました!
前期敗退は準々決勝が多かったけど、全ての棋戦で前期超えの成績を上げないと天才とは云えません!
竜王戦の待った敗退は情けないし、持ち時間の配分も従来通りと前期から棋力が上がったとは思えません!
相変わらず指し方は汚いし・・・・悪癖は直さないとファンが離れるぜよ!

2018年07月06日関西将棋会館で斉藤慎太郎七段25(C級1組18位)と第66期王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝!
王座戦20180706斎藤慎太郎七段
やはり体調が良くない様です!序盤・中盤で時間使い過ぎ!
こうも毎回、長考で時間を使いすぎてるのを見せられハラハラさせられるのは疲れる!
特に後手番は酷い!相手の藤井対策に新しい受け手を考えているんだろうけど・・・空回り!
妙手考え出して勝てばまだ良いけど、負けが続くと視聴率は激減しちゃうと思うよ!(大苦笑)

夕食後52分の長考も”下手な考え休むに似たり”!劣勢になって103手で準決勝敗退!
まじで藤井聡太七段は7月~9月の暑い時期CPUが熱暴走するみたいに体調が悪いみたい!

ベスト4なので次年度挑戦者決定トーナメントにシードされ8月からの第67期予選免除!
ま~待ったの件もあるし、良かったんじゃない!夏休みも満喫できそうだし・・・
竜王戦・王座戦を勝ってたら過密スケジュールでした!
既に七段になったんだしタイトル保持者に相応しいの指し方を磨いてからで遅くない!
負けた井上・増田・斉藤戦は【後手番】で、いずれも序盤・中盤の長考が敗因!
後手番受けに回ると万全の対策してきた対戦相手に翻弄されて時間がなくなるみたい!(苦笑)


今期2018年度の対局予定は後半の【確定対局予定】に載せてます!

藤井聡太六段のタイトル戦・一般公式棋戦戦歴・予定】 11棋戦中残り8棋戦!
【8大タイトル戦】
棋戦名  タイトル戦     戦歴                                今期                              次回予定
竜王戦⑤11月~12月=6組優勝・本戦2回戦敗退     第31期5組優勝・本戦2回戦増田六段に逆転負け           
名人戦⑥4月~6月=第76期C級2組10戦全勝            第77期C級1組  7月20日森下卓九
叡王戦①③4月~6月=本戦1回戦逆転負け         第4期七段戦 7月23日以降木下七段か宮田七段 
王位戦④7月~9月=予選7組・準々決勝敗退
       第60期予選     7月開幕
王座戦⑤9月~10月=第66期本線トーメント・3回戦進出でベスト4     準決勝で斉藤慎太郎七段に敗れる

棋王戦④2月~3月本戦2回戦敗退              第44期本戦進出 2回戦菅井王位                              
王将戦③1月~3月=1次予選決勝敗退            第68期1次予選3回戦井上九段に逆転負け
棋聖戦①6月~7月=1次予選決勝敗退          第90期予選 7月~里見女流4冠と2回戦

    前期8大タイトル中4タイトルで本戦出場   今期2タイトルで既に本戦出場・残り予選3タイトル!
【その他の公式棋戦戦歴】  
NHK杯=(20分30秒)第67回本戦トーナメント3回戦敗退  第68回本戦1回戦敗退   
朝日杯=(40分60秒)第11期 優勝  最年少六段昇段       第12期本戦シード   12月~ 
銀河戦=(15分30秒)第26期本戦トーナメント2回戦惨敗    第27期予選 7月18日藤原直哉七段
新人王戦=(3時間60秒)第49期準々決勝逆転負け       第50期3回戦 7月28日八代弥六段   NEW

上州YAMADAチャレンジ杯(20分30秒)=第2回準々決勝逆転負け  第3回五段以下の参加資格喪失
加古川清流戦(1時間60秒)=第7期準々決勝逆転負け           第8期四段以下の参加資格喪失

七段に成って資格喪失や朝日杯・王座戦がシードとなって前期より17対局以上今期対局が減りました!
しかし竜王戦・王座戦・棋王戦の挑戦者となって銀河戦も勝ち上がると前期並みの80対局以上になる・・・・
・・・・筈でしたがNHK杯も敗退したので今期は55対局行けるかどうか?

全対局結果(6月5日現在)字は勝ち 赤字は負け 丸数字は持ち時間(3時間以上)

確定対局予定一覧
 黒太字決定(開催日時未定含む)(写真掲載は対局確定&予定者)            
回数 日時・会場 ▲先手▽後手 対局相手・年齢・順位戦ランク           棋戦
1・2016年12月24日東▽加藤一二三九段76(C級2組45位)⑤第30期竜王戦予選6組1回戦
2・2017年01月26日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)   ④第43期棋王戦予選6組1回戦
3・2017年02月09日西▽浦野真彦八段53(Fクラス)     ⑤第30期竜王戦予選6組2回戦
4・2017年02月23日西▲浦野真彦八段53(Fクラス)       第67回NHK杯予選5組1回戦 68回免除
5・2017年02月23日西▲北浜健介八段41(B級2組8位)     第67回NHK杯予選5組2回戦 68回免除
6・2017年02月23日西▲竹内雄吾四段29(C級2組31位)     第67回NHK杯予選5組・決勝 68回免除
7・2017年03月01日西▽有森浩三七段54(Fクラス)        ③第67期王将戦第一次予選第7組1回戦
8・2017年03月10日西▽大橋貴洸四段25(C級2組46位)   ③第48期新人王戦2回戦
9・2017年03月16日東▲所司和晴七段55(Fクラス)     ⑤第30期竜王戦予選6組3回戦
10・2017年03月23日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)  ④第43期棋王戦予選6組2回戦

------------------------------↓ 2017年度 ↓------------------------------------
1・2017年04月04日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)   ③第67期王将戦第一次予選第7組2回戦
2・2017年04月13日西▲星野良生四段29(C級2組18位)   ⑤第30期竜王戦予選6組4回戦
3・2017年04月17日他▽千田翔太六段23(C級1組2位)     第67回NHK杯本線1回戦
4・2017年04月26日西▽平藤真吾七段53(C級1組10位)  ④第43期棋王戦予選6組準決勝
5・2017年05月01日東▽金井恒太六段31(C級1組37位)  ⑤第30期竜王戦予選6組準決勝 5組昇級
6・2017年05月03日西▽横山大樹アマ27            ③第48期新人王戦3回戦
7・2017年05月12日西▽西川和宏六段31(C級2組30位)  ③第67期王将戦第一次予選第7組3回戦
8・2017年05月18日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)     第7期加古川青流戦2回戦 
 第8期資格喪失
9・2017年05月25日東▽近藤誠也五段21(C級1組31位)  ⑤竜王戦予選6組決勝        最年少本戦出場
10・2017年06月02日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)  ④第43期棋王戦予選6組決勝最年少本戦出場
11・2017年06月07日西▲都成竜馬四段27(C級2組3位)     第2回上州YAMADA杯1回戦
第3回資格喪失
12・2017年06月07日西▲阪口  悟五段39(C級1組18位)   第2回上州YAMADA杯2回戦      資格喪失
13・2017年06月07日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)   第2回上州YAMADA杯3回戦  
    資格喪失
14・2017年06月10日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)     第3期叡王戦段位別四段戦・予選1回戦
15・2017年06月10日東▽都成竜馬四段27(C級2組3位)     第3期叡王戦段位別四段戦・予選2回戦
16・2017年06月15日西▽瀬川晶司五段47(C級2組24位) ⑥順位戦C級2組1回戦(10戦1勝0敗)
17・2017年06月17日西▽藤岡隼太アマ19               第11期朝日杯第一次予選12組1回戦 
免除
18・2017年06月21日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)    ③王将戦第一次予選第7組準決勝
19・2017年06月26日東▲増田康宏四段19(C級2組5位)    ⑤竜王戦挑戦者決定T1回戦【連勝記録更新】

20・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位)  ⑤竜王戦挑戦者決定T2回戦   初の1敗
21・2017年07月06日西▲中田 功七段50(C級2組41位)   ⑥順位戦C級2組2回戦(2勝0敗)
22・2017年07月11日西▽都成竜馬四段27(C級2組3位)     第7期加古川青流戦3回戦         資格喪失

23・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)千日第2回上州杯準々決勝  2敗     資格喪失
24・2017年07月24日西▲西川慶二七段55(Fクラス)       第89期棋聖戦1次予選ハ組1回戦
25・2017年07月24日西▽阪口  悟五段39(C級1組18位)    第89期棋聖戦1次予選ハ組2回戦
26・2017年07月27日西▲平藤眞吾七段53(C級1組10位)     第26期銀河戦予選 本戦進出

27・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位)  ③王将戦第一次予選7組決勝      3敗
28・2017年08月10日東▽高見泰地五段24(C級2組9位)   ⑥順位戦C級2組3回戦(3勝0敗)
29・2017年08月15日西▽小林健二九段60(C級2組43位)  ④第59期王位戦予選7組1回戦
30・2017年08月22日西▽大石直嗣六段28(B級2組21位)    第11期朝日杯第1次予選12組2回戦   免除
31・2017年08月22日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)    第11期朝日杯第1次予選12組準決勝 免除

32・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)    ④千日③棋王戦本戦T2回戦 A級初対局 4敗
33・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位) 第7期加古川青流戦・準々決勝 5敗   資格喪失

34・2017年09月03日他▽森内俊之九段・名人46(Fクラス)   第67回NHK杯・2回戦 永世名人に勝利
35・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)③第48期新人王戦・準々決勝      6敗
36・2017年09月14日東▲佐藤慎一五段35(C級2組9位)   ⑥順位戦C級2組4回戦(4勝0敗)
37・2017年09月20日西▲小林健二九段60(C級2組43位)    ⑤第66期王座戦1次予選ホ組・1回戦      免除
38・2017年09月22日東▲藤倉勇樹五段37(Fクラス)        第26期銀河戦本戦H組・1回戦

39・2017年09月22日東▲上村  亘四段30(C級2組25位)    第26期銀河戦本戦H組・2回戦   7敗
40・2017年09月27日東▽竹内雄吾四段29(C級2組31位)    第89期棋聖戦1次予選ハ組・準決勝
41・2017年10月06日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)    第11期朝日杯第1次予選12組・決勝    免除
42・2017年10月09日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)  第3期叡王戦段位別四段戦・予選準決勝
43・2017年10月09日東▲杉本和陽四段26(C級2組50位)    第3期叡王戦段位別四段戦・予選決勝
44・2017年10月12日西▽星野良生四段29(C級2組18位)  ⑥順位戦C級2組5回戦(5勝0敗)
45・2017年10月19日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)     ④第59期王位戦予選7組2回戦
46・2017年11月02日西▽脇  謙二八段57(C級2組35位)  ⑥順位戦C級2組6回戦(6勝0敗)

47・2017年11月13日他▲稲葉 陽八段29(A級1位)         第67回NHK杯・3回戦  A級連敗 8敗
48・2017年11月21日西▽平藤眞吾七段53(C級1組10位)  ⑤第66期王座戦一次予選ホ組2回戦        免除
49・2017年11月24日西▲北浜健介八段41(B級2組8位)     ④第59期王位戦予選7組準々決勝

50・2017年11月29日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)     第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝  9敗
51・2017年12月07日東▲高野智史四段23(C級2組13位)  ⑥順位戦C級2組7回戦(7勝0敗)
52・2017年12月15日東▽屋敷伸之九段45(A級6位)      第11期朝日杯2次予選・準決勝A級初勝利免除
53・2017年12月15日東▽松尾歩八段37(B級1組5位)    第11期朝日杯2次予選・決勝  B1初勝利免除

54・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)         ③第3期叡王戦本戦1回戦 大逆転負けで 10敗
55・2017年12月28日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)   ⑤第66期王座戦一次予選ホ組準決勝   免除
56・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)   ④第59期王位戦予選7組準決勝      11敗
57・2018年01月11日西▽中田 功七段50(C級2組41位)    ⑤第31期竜王戦ランキング戦5組1回戦
58・2018年01月14日他▽澤田真吾六段25(B級2組7位)      第11期朝日杯本戦1回
59・2018年01月14日他▲佐藤天彦名人29(名人は順位なし)   第11期朝日杯・準々決勝  A級2勝目!
60・2018年01月19日西▲矢倉規広七段43(C級2組33位)   ⑥順位戦C級2組8回戦(8勝0敗)
61・2018年01月25日西▲村田智弘六段36(C級2組19位)   ⑤第66期王座戦一次予選ホ組決勝     免除
62・2018年02月01日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)     ⑥順位戦C級2組9回戦(9勝0敗)
                【2位が2敗の為最終戦を待たず五段昇段】
63・2018年02月05日西▽南芳一九段54(C級2組2位)      ③第68期王将戦第一次予選6組1回戦
64・2018年02月08日西▽牧野光則五段29(C級2組17位)   ④第44期棋王戦予選8組1回戦

65・2018年02月14日西▲古森悠太四段22(C級2組52位)   ③第49期新人王戦2回戦
66・2018年02月17日他▲羽生善治・竜王47(A級2位)       第11期朝日杯・準決勝 A級3勝目2連勝!
67・2018年02月17日他▲広瀬章人八段31(A級4位)         第11期朝日杯・決勝   A級4勝目3連勝!
                【全棋士参加棋戦優勝で六段昇段】
68・2018年02月23日西▽畠山鎮七段48(B級2組1位)      ⑤第66期王座戦二次予選準決勝

69・2018年03月01日東▲阿部隆八段50(B級2組6位)      ⑤第31期竜王戦予選5組2回戦
70・2018年03月08日西▲杉本昌隆七段49(C級1組5位)     ③第68期王将戦予選6組2回戦
71・2018年03月15日東▲三枚堂達也四段24(C級2組6位)  ⑥順位戦C級2組10回戦(10連勝)

72・2018年03月22日西▲糸谷哲郎八段29(B級1組6位)    ⑤第66期王座戦二次予選決勝B級1組2勝目
73・2018年03月28日西▽井上慶太九段54(B級2組13位)    ③第68期王将戦予選3回戦 逆転負けで12敗
通算83対局

------------------------------↓ 2018年度 ↓------------------------------------   
01・2018年04月05日西▲古森悠太四段22(C級2組47位)    ④第44期棋王戦予選8組2回戦
02・2018年04月10日東▽阿部光瑠六段23(C級2組11位)    ⑤第31期竜王戦予選5組・3回戦
03・2018年04月24日西▲大石直嗣七段28(B級2組17位)    ④第44期棋王戦予選8組準決勝

04・2018年05月07日東▽屋敷伸之九段45(B級1組3位)     ⑤第66期王座戦挑戦者決定T1回戦
05・2018年05月18日西▽船江恒平六段31(C級1組14位)   
⑤第31期竜王戦予選5組・準決勝
                  【六段昇段後竜王戦連続昇級で七段昇段】

06・2018年06月01日西▲中村亮六段32(C級2組24位)         ④第44期棋王戦予選8組決勝
07・2018年06月05日西▽石田直裕五段29(C級2組15位)    ⑤第31期竜王戦予選5組・決勝
08・2018年06月11日他今泉健司四段44(C級2組5位)     第68回NHK杯本戦1回戦
09・2018年06月22日東▽
深浦康市九段46(A級7位)      ⑤第66期王座戦挑戦者決定T2回戦
10・2018年06月25日西▽都成竜馬五段28(C級1組32位)      ⑤第31期竜王戦挑戦者決定T1回戦
11・2018年06月29日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)   ⑤第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦
12・2018年07月03日西▲豊川孝弘七段51(C級1組18位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第2局
13・2018年07月06日西▽斉藤慎太郎七段25(C級1組18位) ⑤第66期王座戦挑戦者決定T準決勝
14・2018年07月18日西▽藤原直哉七段53(フリークラス)     第27期銀河戦予選
        勝って     通算97戦82勝15敗 勝率84.54%へ!
                今期14戦11勝3敗  勝率78.57%!八段昇段まで184勝!


【2018年度確定対局予定】
15・2018年07月20日  森下 卓九段51(C級1組1位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第1局〇
森下卓九段161
初対局!6月19日の予定が大阪地震で延期!
増田六段の師匠!秘策を練ってるそうな!苦手の後手番ですし・・・・果たして・・・・・・

           
16・2018年07月28日 八代弥六段(C級2組19位)24              ③第49期新人王戦2回戦◎
第49期新人王戦20180531八代弥六段23
八代弥六段23は前年度朝日杯優勝の短時間棋戦強者!目下7連勝と絶好調!侮れませんね!
持ち時間3時間の棋戦は通算14戦9勝5敗勝率64.29%、唯一苦手な時間の対局なのが心配!
勝ち上がると3回戦で斉藤四段vs近藤五段と、準決勝で青嶋五段vs佐々木勇気六段の勝者と対決します!
七段昇段したので最後の新人王戦、是非とも優勝してほしいですね!決勝戦は10月!
八代弥六段が6月14日C級2組順位戦の為、対局は7月下旬~8月上旬になりそう!            

17・2018年07月31日  西尾 明六段38(C級1組19位)    ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第3局◎
西尾明六段38 248初対局!デビュー以来100戦目!

18・2018年08月xx日 里見女流4冠26                第90期hulic杯棋聖戦予選へ組2回戦◎
へ組には負けそうな相手がいません!予選突破は確実でしょう!3勝ゲット!
第90期ヒューリック杯棋聖戦1次予選へ組里見香奈女流5冠
7月中なら100戦目!
初の公式戦女流棋士対戦!どうなりますやら・・・・・タイトル戦は来年6~7月!


19・2018年08月xx日    菅井竜也王位                 ④第44期棋王戦挑戦者決定T2回戦
第44期棋王戦挑戦者決定トーナメント20180609菅井竜也七段
持ち時間4時間!持ち時間が3時間だった王将戦のリベンジなるか?番手次第でしょう!
タイトル戦は来年2月~3月!


20・2018年8月~ 木下浩一七段50vs宮田敦史七段37        第4期叡王戦七段戦Cブロック2回戦◎
第4期叡王戦七段戦7月23日1回戦
1木下浩一七段(フリークラス)vs宮田敦史37(C級1組5位)
C級2組の高見泰地六段がタイトル戦4連勝で初タイトルで叡王(2500万円)を獲得し七段昇段!
主催したドワンゴも想定外の結果となったようですが・・・・予選は持ち時間1時間!
なにせ午後3時からの対局で1日2戦!体力のある若手じゃないと勝てないタイトル戦なんだわさ!(苦笑)
そんな訳で前代未聞のC級2組在籍タイトルホルダーの誕生となった次第!(笑)
序列3位のタイトルだけど、体力勝負ですから夜型棋士なら誰にでも叡王になれるチャンス大!(爆笑)
高見叡王も長時間棋戦は苦手の様でC級2組の初戦で敗北!高見叡王、順位戦昇級に赤信号が!

21・2018年08月~      未定                          ④第60期王位戦予選1回戦◎
22・2018年08月28日  青野照市九段65(C級1組2位)      ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第4局◎
青野照市九段65 114初対局!


23・2018年10月xx日   未定    第27期銀河戦本戦 C級1組なので3回戦から?2回戦からなら9月!
                          
24・2018年10月23日  千葉幸生七段39(C級1組9位)     ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第5局〇
千葉幸生七段39 237初対局!竜王戦3組の強敵!

25・2018年11月20日  増田康宏六段20(C級1組33位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第6局◎
竜王戦連続昇級で六段に昇段
増田康宏四段持ち時間6時間で竜王戦のリベンジ出来るか!
26・2018年12月28日  門倉啓太五段30(C級1組25位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第7局◎
門倉啓太五段30 282初対局!
27・2019年01月xx日  富岡英作八段53(C級1組35位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第8局◎
富岡英作八段初対局!

28・2018年12月~1月  未定                      ⑤第32期竜王戦4組ランキング戦1回戦◎

29・2019年01月xx日  未定                          
第12期朝日杯本戦1回戦  シード

30・2019年02月xx日  近藤誠也五段21(C級1組6位)     ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第9局◎
近藤誠也五段212度目!

31・2019年03月xx日  未定                         ③第68期王将戦第一次予選1回戦

32・2019年03月xx日  都成竜馬五段28(C級1組32位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第10局◎
都成竜馬5段28 3045度目!なにも今期昇級同士で星の潰し遭いをさせなくても・・・・
10戦全勝なら無条件でB級2組に昇級!順位戦連勝記録更新もやってほしいですね!
それにしても今年のC級1組昇級者3人同士(藤井・増田・都成)で星の潰し遭いをさせるとは非情じゃ!


藤井六段は現在の確定31対局からあと何局増やしてくれるんでしょう


*******************【勝上がり対局予定】*******今期公式戦10棋戦 将棋連盟順********************
第31期竜王戦 羽生竜王
増田六段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退! 第67期4組予選(12月スタート)

第4期叡王戦 高見叡王
32・2018年8月~ 伊藤vs堀口or小林        第4期叡王戦七段戦Cブロック2回戦◎
第4期叡王戦段位船-1レート的に皆大差!

第60期王位戦 菅井王位
33・2018年09月~      未定                         ④第60期王位戦予選2回戦〇

第66期王座戦 中村王座 
挑戦者決定トーナメント準決勝で斉藤七段に負け敗退 第67期挑戦者決定トーナメントシード(翌期)


第44期棋王戦 渡辺棋王
34・2018年08月~ 佐藤康光九段48(A級4位)           ④第44期棋王戦挑戦者決定T3回戦
第44期棋王戦挑戦者決定トーナメント20180609
佐藤康光九段

第69期王将戦 久保王将 
前期最終戦となった予選3回戦で井上慶太九段に負け敗退 第70期予選から(来年3月~)

第90期ヒューリック杯棋聖戦 羽生棋聖
35・2018年07月~8月  村田顕弘六段31(C級1組10位)     第90期hulic杯棋聖戦予選へ組3回戦◎

第90期ヒューリック杯棋聖戦1次予選へ組村田顕弘六段

第12期朝日杯オープン戦
36・2019年01月xx日  未定(予選免除・本戦シード)          
第12期朝日杯本戦2回戦

第27期銀河戦
37・2018年09月xx日 未定(C級1組になったので2~3回戦から?)   第27期銀河戦本戦〇

第68回NHK杯

本戦一回戦敗戦     第69回は予選から?

第49期新人王戦
38・2018年07月xx日 近藤誠也五段21(C級1組6位)      ③第49期新人王戦3回戦◎
第49期新人王戦20180531近藤誠也五段21
勝てばベスト4・・・・2018年09月xx日  佐々木勇六段vs青嶋未来五段   ③第49期新人王戦4回戦◎


ここまで勝ち上がっても未だ40対局に届かず!並みのプロ棋士じゃ収入確保も大変なんですね!

七段まではとんとん拍子で昇段出来ましたが、八段昇段は竜王取らないと簡単ではありませんでした!
しかし、平成30年6月1日から昇段規定が改正され
タイトル2期獲得で八段に昇進出来る事になりました!
来年には藤井聡太八段誕生か!

【昇段規定】
九段竜王位2期獲得⇒最短で2020
名人位1期獲得⇒最短で2022
タイトル3期獲得⇒最短で2019(竜王+王座・棋王・叡王・棋聖・王位・王将
八段昇段後公式戦250勝
八段竜王位1期獲得←最短2018!毎期可能!
順位戦A級昇級←最短で3年後!C1(2018)⇒B2(2019)⇒B1(2020)⇒A(2021)⇒名人挑戦(2022)
七段昇段後公式戦190勝←最短で4年目後半2018⇒2019⇒2020⇒2021!(50勝~x4年未満)
タイトル2期獲得平成30年6月1日改正)最短2018(王座・棋王)・毎年度可能

七段竜王挑戦
竜王戦1組昇級
六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝←2018年5月18日史上最年少七段達成!
順位戦B級1組昇級
タイトル1期獲得
六段昇段後全棋士参加棋戦優勝⇒NHK杯・銀河戦・朝日杯
六段昇段後公式戦150勝
六段竜王戦2組昇級
五段昇段後竜王ランキング戦連続2回昇級又は通算3回優勝
順位戦B級2組昇級
五段昇段後タイトル挑戦
五段昇段後全棋士参加棋戦優勝←2018年2月17日朝日杯優勝で史上最年少六段達成!

五段昇段後公式戦120勝
五段竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝
順位戦C級1組昇級←2018年2月1日五段昇段達成!
タイトル挑戦
全棋士参加棋戦優勝
公式戦100勝

③【藤井聡太七段誕生】竜王戦挑戦者決定トーナメント2回戦で痛恨の待った!(大苦笑)前回同様2回戦敗退!暑さ負けか?

2018年06月25日関西将棋会館で行われた第31期竜王戦挑戦者決定トーナメント1回戦で都成竜馬五段28(C級1組32位)と対局!
竜王戦TM都成竜馬5段28 304
中盤、都成五段が優勢に成り、4度目でリベンジなるかと思われましたが・・・・・

藤井聡太七段が圧倒的終盤力を発揮し、104手で勝って6月29日増田六段との2回戦進出!
10連勝?連勝ランキング1位!今期確定対局数【32】に!
勝ち上がって羽生竜王から竜王奪取すれば・・・今年12月に最年少八段誕生でしたが・・・・・

2018年06月29日東京将棋会館で増田康宏六段20(C級1組33位)と第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦!
第31期竜王戦決勝トーナメント増田康宏四段
又も後手番!3度目の対戦にリベンジを果たすべく
対策を練りに練ってきた増田六段!
銀河戦では井上九段・藤井猛・菅井王位を撃破し7連勝でFブロック決勝戦まで勝ち上がっています!
前回同様の圧勝なるか?それとも東の天才の意地をみせるのか?
今期無敗の圧倒的強さを発揮して竜王挑戦者に藤井聡太七段が名乗りを上げると
思われたのですが・・・・・

序盤・中盤で時間を使い過ぎて・・・いつもの負けパターン!持ち時間が無くなり1分将棋に!
優勢から七7桂で攻めれば99.9%勝ったのに・・・・チョンボで逆転され一気に劣勢の大ピンチに!
藤井聡太らしからぬ六5角に唖然!
驚異の粘りで125手まで頑張ったけど13敗目を喫しました!
しかも、時間に追われ・・・八6桂を指して八9飛に指し変えの【待った】をやっちゃった!

本来なら反則負け!
デビュー当時なら許されても・・・七段でこりゃ【お粗末】過ぎる!
勝利への執念も大事ですが作法も美しくなければ・・・・・・勝ちゃいいってもんじゃありません!
IK2RlqE
完全に駒から指が離れてる!この時点で負け!
中継されていなければ、これほど大きな問題にはならなかったけど・・・・・棋士としての自覚が足りない!

これで勝っても風格が・・・どんな状況でも堂々とした指し方を身に付けないと!(大苦笑)

ギリギリに指す悪癖はやめましょう!おまけに【待った】じゃ縁台将棋じゃん!品格に欠ける!
時間が無くなって敗戦濃厚になると人が変わった様に落ち着きが無くなる様じゃ未だ未だ青い!
増田六段が咎めず大人の対応は立派でした!見直しちゃったよね!

こんな将棋指してて竜王じゃ情けない!負けて当然!悪癖が直るまで当分タイトルは取るべきじゃない!
強くなってほしいですが、課題も早くクリアしてほしいですね!(大々苦笑)
前期同様、今期の初敗戦も同じ竜王戦挑戦者決定2回戦となりました!惜しかった!
勝ってれば7月11日に3回戦でした!
どうも藤井聡太七段は夏に弱いようで・・・・・季節の変わり目に体調崩すのかも?
ま~高校生活を満喫する為には勝たなくて良かったと思いましょう!目標は名人ですから!(笑)


2018年07月03日関西将棋会館で豊川孝弘七段51(C級1組18位)と第77期名人戦順位戦C級1組第2局!
森下九段との第1局が地震の影響で7月20日に延期になり順位戦スタートの対局と成りました!
豊川孝弘七段増田六段と同じく3度目の対局!先手番!

豊川九段負けても得意の駄洒落で”かんぱい・ながぶちつよし”!(笑)
残念ながら若い藤井七段には通じなかった様です!
111手で勝つには勝ったけど鮮やかには程遠く・・・・持ち時間残り2分!
いくらなんでも時間使い過ぎ!電圧降下でCPU不調!本当に体調が良くないのかもね!
今回は落ち着いて指してた様で・・・絶対勝つと思うと、持ち時間は6時間でも足りないってか?
この調子じゃ持ち時間4時間以下の棋王戦・新人王戦はヤバイぜよ!
圧倒的な持ち時間を残して勝つ様に早くなってほしいですね!

7月3日現在
        持ち時間5時間以上の対局の通算勝率34戦32勝2敗=94.12%へ!
        持ち時間4時間以上の対局の通算勝率46戦43勝3敗
=93.49%へ!
         持ち時間4時間の対局の通算勝率12戦11勝1敗=91.67%!
              
(千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く)
           持ち時間3時間の対局の通算勝率14戦9勝5敗=64.29%!

         持ち時間1時間以内の対局の通算勝率35戦30勝5敗=85.71%!
いずれ2~3年後には序盤も速くなって苦手の持ち時間3時間対局の勝率も4時間並になるでしょう!


②【藤井聡太七段誕生】竜王戦予選5組決勝・石田五段との対局で神の一手!ITを超える絶妙手!

2018年06月1日、関西将棋会館で行われた第44期棋王戦予選8組決勝戦で中村亮六段32(C級2組24位)と対局!
棋王戦予選8組20180510中村亮介六段252
中村六段に持ち時間を使い切らせ95手で圧勝!七段スタートを白星で飾りました!
組合せ時は四段!想像を絶するスピードです!


8大タイトル5回目の本戦・挑戦者決定トーナメントに進出!棋王戦は2回目!
今期6連勝!確定対局数【28】に!


2018年06月05日、関西将棋会館で石田直裕五段29(C級2組15位)と第31期竜王戦予選5組・決勝戦!
竜王戦5組予選20180503石田直裕五段
後手番!終盤まで一進交替でしたが・・
驚愕の7七飛車成の大駒切りで一気攻め!96手で快勝!
優勝賞金155万円ゲット!年収1千万円超えは確実に!


石田五段が放った8一飛車・6三金両取りの7二銀打ちを最善手と判断したAIもあったらしい!(笑)
今までの常識では6四金は悪手ですから、石田五段はこれで勝ったと思ったでしょうね!
まさかあっという間に詰まされるとは・・・・・・・

【7七飛車切り】を可能にした7二銀打を誘った【6三金】は、AIを超えた絶妙な【神の一手】だった!

まるで【ヒカリの碁】の藤原佐為が【神の一手】を極めるが如く・・・・・
ヒカリの碁 神の壱1手
44歳で亡くなった棋聖・天野宗歩の霊が聡太七段の背後で神の一手を追い求めているのか?

勝って竜王戦挑戦者決定トーナメント本戦進出!8大タイトル6回目の本戦・挑戦者決定トーナメントに進出!
今期7連勝!確定対局数【29】に!
6月6日現在

    持ち時間5時間以上の対局の通算勝率29勝1敗=96.67%!
    持ち時間4時間以上の対局の通算勝率42戦40勝2敗=95.24%!
         (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く)
        
持ち時間3時間の対局の通算14戦9勝5敗勝率64.29%!

    持ち時間1時間以内の通算34戦29勝5敗・勝率85.29%!
いずれ2~3年後には序盤も速くなって苦手の持ち時間3時間対局の勝率も4時間並になるでしょう!

6月11日に収録したNHK杯今泉四段(C級2組5位)との1回戦の放映が7月15日に決定!
NHK杯20180610今泉健司四段
上村四段同様、今泉四段が”ぜひ観てほしい”とツイート!勝ってたら又一騒動になっちゃうけど、果たして?
でもAmebaTVトーナメントで負けた三枚堂六段も同じツイートしてたし・・・・

負けてたら同日の藤井聡汰七段へのインタビューは無かっただろうから、120%勝ってて8連勝!
確定対局数【30】にしちゃいます!
(笑)
2回戦では深浦九段とリベンジ戦!優勝すれば6勝ゲット!

持ち時間1時間以内の通算35戦30勝5敗・勝率85.29%⇒85.71%へアップ!

2018年06月22日東京将棋会館で行われた第66期王座戦挑戦者決定トーナメント2回戦で大逆転負けした 深浦康市九段46(A級7位)と対局!
王座戦201805251深浦康市九段
持ち時間5時間なので、叡王戦(最弱の持ち時間3時間のリベンジ出来るか・・・・

見事華麗な詰みで深浦九段を120手投了に追い込みリベンジを果たし、ベスト4に進出!
さすが勝率9割を超える長時間棋戦には強い!強過ぎ!
次回挑戦者決定戦シードになって今期8月からの王座戦予選免除になりました!
確定対局数には、第67期王座戦予選を最初から入れてませんでしたが・・正夢になっちゃった!
NHK7月15日放映のNHK杯は、勝っているとして9連勝!
でも
今期確定対局数【31】になったけど、
また今期対局数が減っちゃった!(笑)
なんとしてもタイトル戦(5番勝負)に出て対局数を増やさないと!


公式戦外ですが・・・・・
6月17日Pm8時から非公式戦【AbemaTVトーナメント】 Inspired by 羽生善治が開催!
AmebaTV将棋トーナメントc
羽生竜王考案の超早指棋戦!毎週日曜PM8:00~放映!
持ち時間は各5分、1手指すごとに5秒が加算され
持ち時間が切れると負け!1局20~30分!
A組からC組の予選に各4人の棋士が参加。1回の顔合わせで三番勝負を行い、先に2勝した棋士が勝利!

三番勝負を2度制した棋士が各組2人ずつ勝ち上がり、計6人が決勝トーナメント(計8人)に進出!
藤井聡太七段はA組で初戦は近藤誠也五段と・・・・勝てば三枚堂達也六段vs橋本崇載八段と

羽生竜王・久保王将がシード!
反響次第では準公式棋戦に昇格か?
A組予選1回戦・近藤誠也五段21近藤誠也五段21(C級1組6位)に
先手1局目を95手、後手2局目を122手で勝ち2連勝!
A組予選2回戦・橋本崇載八段35橋本崇載八段35(B級1組4位)に
後手1局目を94手、先手2局目を63手で勝ち2連勝!4連勝で決勝トーナメント進出!
速すぎて解説が間に合いません!(爆笑) 超早指将棋も強すぎてちょっと拍子抜けですね!(笑)


七段に昇段した藤井聡太七段ですが、基本報酬はいまだに順位戦クラス別C級1組の月給20万円程度?
それに棋戦別参加報酬と将棋連盟派遣料(全額ではないけど)が加算されるから、勝てば勝つほど収入も増えるみたい!でも対局料は順位戦クラスに比例するみたいなので早くB級に上がらんと!
他にイベント出演料や講演料も加わります!引退した加藤一二三九段が一番得してる!)
竜王戦も参加報酬はクラス別なので4組昇級で来年は増額になるんだね!
七段昇段で一番恩恵を受けるのは将棋連盟の派遣料!

将棋連盟派遣料金
七段になって派遣料金は四段時の倍以上になりました!(笑)

①【藤井聡太七段誕生】今期5戦5勝で井上門下に初勝利で竜王戦4組昇級を決める!竜王戦連続昇級で七段に!

七段昇段でブログ本格再開!(笑)
5月18日関西将棋会館で行われた船江六段との竜王戦5組準決勝で勝利し、4組昇級を決めました!
昨年の6組優勝に続いての連続昇級で昇段規定をみたし18日付で七段に昇段しました!
プロ入り後1年7ヶ月は加藤九段の2年8ヶ月を1年以上短縮し最速!
15歳9ヶ月も加藤九段の持つ最年少17歳3ヶ月を61年ぶりに更新!
竜王奪取すれば最年少八段の可能性も!
しかし、いくらなんでも竜王戦4組昇級で【B級1組】や【竜王戦1組】相当ってのは上げ過ぎ!
昇級前をカウントせず昇段後の連続昇級にしないと整合性が取れません!(大苦笑)
棋戦も増えたし、勝数昇段も含めて昇段規定は見直されるべきでしょう!

2018年4月1日から新年度になり藤井聡太六段の連勝も前期最終戦の敗戦で再スタートとなりました!

2018年04月05日関西将棋会館で古森悠太四段22(C級2組52位)と第44期ヒューリック杯棋王戦予選8組2回戦

古森悠太四段jpg棋王戦予選8組20180410

棋王戦本戦でベスト4まで勝ち上がれば次年度予選免除!
4時間・先手!
145手の長丁場となりましたが、終わってみれば藤井聡太六段の圧勝!
持ち時間4時間以上の対局、通算勝率36戦34勝2敗=94.44%!

2018年04月10日東京将棋会館で阿部光瑠六段23(C級2組40位)と第31期竜王戦予選5組・3回戦◎
阿部光瑠六段竜王戦5組予選20180414
阿部光瑠六段の粘りに苦戦するも・・・・
5時間・後手!
136手で勝ち、持ち時間5時間以上の対局の通算勝率26勝1敗=96.30%へ!
持ち時間4時間以上の対局、通算勝率37戦35勝2敗=94.59%!

七段昇段まで竜王戦5組でのあと1勝!
今期公式戦の確定対局数【24】へ!

2018年04月24日関西将棋会館で大石直嗣七段28(B級2組)と第44期棋王戦予選8組準決勝
棋王戦予選8組20180410大石直嗣六段
4時間・先手!
圧倒的終盤力で大逆転の末133手で辛勝ながら決勝戦に進出!いや~負けたかとハラハラ・・・・・・
持ち時間4時間以上の対局、通算勝率38戦36勝2敗=94.73%へ!
今期公式戦の確定対局数【25】へ!

2018年5月07日東京将棋会館で屋敷伸之九段45(B級1組3位)と第66期王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦!
王座戦挑戦者決定トーナメント20180508屋敷伸之九段
5時間・後手!
100手屋敷伸之9段が投了し藤井聡太六段の圧勝となりました!今期負けなしの4連勝!
持ち時間5時間以上の対局の通算勝率27勝1敗=96.43%!
持ち時間4時間以上の対局、通算勝率39戦37勝2敗=94.87%!
今期公式戦の確定対局数【26】へ!六段昇段後9勝1敗 勝率90%!

2018年05月18日関西将棋会館で、現在3連敗中の井上門下・船江恒平六段(C級1組14位)30 と
七段昇段を賭けて第31期竜王戦予選5組・準決勝!
竜王戦5組予選20180503船江恒平六段30C級1組
後手番・角換りで序盤戦!
5時間・後手!
船江恒平六段はC級2組全勝一期抜け!加古川清流戦・上州ヤマダ戦優勝の実力を持ちながらC級1組で6期足踏み中!稲葉陽八段・菅井竜也王位の兄弟子として全力投入でしたが・・・・・
藤井六段は序盤から長考・・持ち時間差は90分以上にも!
積極果敢に攻め続け72手で圧勝井上門下に初勝利!
今期5連勝・優勝を待たず竜王戦4組昇級決定で七段に昇段!

最年少の七段が誕生し、師匠の杉本昌隆七段(あと13勝で八段)に並びました!

持ち時間5時間以上の対局の通算勝率28勝1敗=96.55%!
持ち時間4時間以上の対局、通算勝率40戦38勝2敗=95.00%!
六段での成績10勝1敗 勝率90.91%!六段在位日数90日!
今期5連勝!確定対局数【27】に!

⑤藤井聡太六段誕生!今期最終戦を飾れず12敗目!今期61勝12敗!勝率83.56%で勝率歴代4位タイ!勝数歴代4位タイ!七段まで当分お休み!

2018年03月15日、将東京将棋会館において三枚堂達也四段24(C級2組6位)と全勝を賭けて順位戦C級2組10回戦が行われました!手番は予め決めてあった先手番!
三枚堂達也
順位戦C級2組9回戦予想
勝数100で五段になって、竜王戦5組昇級決定戦で勝ち裏街道で僅か4ヶ月で六段にはなったけど・・・
竜王戦5組優勝した増田康宏四段が昇段後100勝でも五段止まりなのに規定とはいえ順序が逆なだけで3位以下が昇段するってのも・・・・・・
今期対局数2位(50)勝数3位(35)勝率9位(70%)連勝5位(10)と持ち時間が少ない棋戦では強敵ですが
肝心の順位戦ではここまで5勝4敗!
5期目のC級2組残留決定! 実力はあるのに今年も取りこぼしが多くC級1組への昇級は駄目だった!
前回の上州YAMADA戦と違い
持ち時間6時間の長時間対局でしかも今回は予め先手番と決まってるので
千日手にならばければ藤井聡太五段の圧勝でしょう!
しかし、徹底した研究で臨んで来るので油断大敵!

対局開始早々、三枚堂六段の藤井対策・横歩取りを受ける!ゲ!おいおいこれじゃ上村戦・大橋戦と同じじゃんけ!負けず嫌いの真骨頂ですが・・・・・・
しかし・・・・佐藤名人に勝って横歩取りも目茶強くなっちゃった!中盤から大優勢!
三枚堂六段に手も足も出させず見事リベンジを果たして85手で圧勝!
C級1組昇級を順位戦全勝で飾りました!(笑)順位戦連勝記録も達成しちゃうかも!

2度目の15連勝
ですが内容は雲泥の差!1年前とは比較にならない程上級者を撃破!
最年少・最短70勝到達!年度内勝数60勝=歴代6位タイ!
また羽生善治(1・2・4・6)
・森内俊之(3)・木村一基(4)に続く史上4人目の年度内60勝棋士に!
持ち時間5時間以上の対局勝率で今期21勝1敗=94.45%!通算勝率24勝1敗=96.00%!
持ち時間4時間以上の対局勝率で今期29戦27勝2敗=93.10%!通算勝率34戦32勝2敗=94.11%!
(豊島将之八段(A級)に負けた1敗(千日再試合は持ち時間3時間以下)は3時間扱いにして除いてます!入れると26勝3敗=89.66%)
三枚堂六段も勝率66.67%で早指しは強いのに今回は藤井六段に徹底的に打ちのめされました!
大激戦となった順位戦C級1組への昇級者残り2名は、前回までの成績順位通りに!
2位(3位)都成竜馬四段と、
詰んでいたのに千日手再試合で午前0時も過ぎ一分将棋となっていた為読み切れなかった神谷広志八段の投了で勝ちを拾った3位(5位)
増田五段に決定しました!
年齢を重ねても詰め将棋の鍛錬って大事ですよね!(苦笑)
神谷広志八段は元28連勝の記録保持者、増田康宏五段は藤井聡太六段に29連勝をプレゼントした相手ですからまさに因縁!増田五段は神谷八段からC1昇級という大きなプレゼントを戴きました!
なにせ最終戦は昇級を賭けた7勝2敗7人全員が最終戦に勝利するという大激戦でししたので投了されなかったら7人中最下位転落の憂き目だったんだから!三枚堂六段の二の舞は辛うじて避けられました!

2018年03月22日関西将棋会館で行われた第66期王座戦二次予選決勝でA級昇級を決めた糸谷哲郎八段(B級1組6位)29 と対局!先手番!

糸谷哲郎八段王座戦2次予選決勝
糸谷哲郎八段は元竜王で今期順位戦B級1組1位で来期A級に昇級した若手20代棋士最強豪の一人!
早指し棋戦ではA級を撃破した藤井聡太六段ですが、5時間以上でのA級棋士との対局は初です!
序盤は角換り・向かい飛車!39手目に25桂と跳んで驚愕のタダ捨て!ワォ!
人間の指し手じゃない!しかもAIを超えてる!


以下一気に寄せて89手で快勝して
来期の挑戦者決定トーナメントへ!
この勝利で王座戦1次予選は次年度
免除(朝日杯優勝で免除ですが)、ベスト4に残れば2次予選も免除!
これを聡太流と言わずして何と言う!強い!強過ぎる!16連勝!

長時間対局で実質A級に勝ったのでマジで初タイトルも夢じゃない!

持ち時間5時間以上の対局勝率で今期22勝1敗=95.65%!通算勝率25勝1敗=96.15%!
持ち時間4時間以上の対局勝率で今期30戦28勝2敗=93.33%!通算勝率35戦33勝2敗=94.29%!
(豊島将之八段(A級)に負けた1敗(千日再試合は持ち時間3時間以下)は3時間扱いにして除いてます!入れても27勝3敗=90.00%!)
今期61勝11敗勝率84.72%!年度内勝数61勝=歴代4位タイ!

2018年03月28日今期最終戦となる第68期王将戦予選3回戦が関西将棋会館で行われ井上慶太九段54(B級2組13位)と対局!
井上慶太九段54王将戦第一次予選20180328
翌期になる可能性が大だけど
対局相手として決定してるのでひょっとして?・・・・・果たして+1となるか?
と書いてたら今期に繰り入れられました!喜んでいたら棋王戦も竜王戦も来期に!
そりゃないぜよ!(涙)棋王戦・竜王戦が先でしょ!(大苦笑)
しかも・・・・よもや最終戦になるとは!
残念ながら今期は73戦で終わっちゃいました!
勝てば73戦・62勝11敗で勝率84.93%  勝数歴代4位!勝率歴代3位!
心配なのは、
一番勝率の良くない持ち時間3時間戦ということだけ!
持ち時間3時間棋戦が4敗!今期11戦7勝4敗の63.64%!
通算13戦9勝4敗勝率69.23%と最悪
後手番矢倉戦!中盤で優位にたって楽勝かと思われましたが・・・・・心配してた通りになっちゃいました!
持ち時間を使いきり・・・・深浦戦の二の舞!

相駒を手抜く【4一玉】の大悪手!自玉を守らずに優勢から一気に劣勢に・・・・勝てたのに時間が・・・・
序盤・中盤で時間取り過ぎ!138手目で投了の憂き目に!
なんの因果か、井上慶太九段は昨年王将戦予選決勝で負けた菅井王位の師匠ですからね!
NHK杯で負けた稲葉八段も井上門下!井上門下に3連敗!
井上慶太九段、さすが菅井王位・稲葉八段の師匠の面目躍如!
時間が有れば糸谷戦の5一金みたいな絶妙の受けも浮かんだんでしょうね!
でも今回は、なんか大先輩の胸を借りての練習試合みたいで中盤に長考!(苦笑)

昔と違って王将戦は、タイトル賞金も最下位の割りに勝ち上がっても挑戦者決定リーグ戦で長時間取られるから無意識に高校卒業後で良いんじゃないと思ってるんじゃないでしょうか!(笑)
5時間・六時間と同じ様に読んでたんじゃ駄目でしょ!

持ち時間3時間棋戦が5敗!今期12戦7勝5敗の58.33%!通算14戦9勝5敗勝率64.29%へ!
やはり3時間棋戦は鬼門ですね~!連勝も16連勝で終わりました!
2017年度成績 73戦・61勝12敗で勝率83.56%  勝数歴代4位タイ!勝率歴代4位タイ!
通算勝率83戦71勝12敗・勝率85.54%!
藤井聡太六段の長時間対局は異次元の勝率!
持ち時間5時間以上の対局勝率で2017年度22勝1敗=95.65%!通算勝率25勝1敗=96.15%!
持ち時間4時間以上の対局勝率で2017年度30戦28勝2敗=93.33%!通算勝率35戦33勝2敗=94.29%!
(豊島将之八段(A級)に負けた1敗(千日再試合は持ち時間3時間以下)は3時間扱いにして除いてます!入れても27勝3敗=90.00%!)
持ち時間3時間棋戦が最悪で通算14戦9勝5敗・勝率64.29%!
持ち時間1時間以内の戦歴は2017年度31戦26勝5敗・勝率83.87%、通算34戦29勝5敗・勝率85.29%!
決して早指し戦も弱くないのですが・・・・・!
負けた12敗内訳
横歩取りで4敗
(佐々木・上村・大橋・大橋)!
嵌められた上村戦・大橋戦が惜しかった!(大苦笑)
持ち時間の少なくされた千日手再試合で2敗(三枚堂・豊島)!
秒読みで焦って間違え優勢からの逆転負け(井出・佐々木大地・深浦・井上)!合計10敗!
横歩取りは佐藤名人に勝って習得したみたいだし・・・・
千日手は回避出来るようになったし・・・・・・
長考の末に平凡な手を指すのも大幅に少なくなって最善手連発だし・・・・

逆手順で再判断させると最善手になっちゃう既にAIを超えてる指し手も!(爆笑)
特に藤井聡太流の手抜きは即座には悪手だと判断出来ない!
コンピューターの最善手は過去の棋譜を参考にしているので未だ完璧では有りませんから!
仕掛けも見破れる様になれば歴代最高勝率は時間の問題!(大爆笑)
3時間戦の時間配分が良くなったと思ってたのに・・・・・・・3時間対局だけはやはり駄目!
やはり何らかの対策が必要でしょうね!

29連勝(1~12月間では28連勝、年度内では19連勝)は2期に跨っているので、いつの日か丸山忠久九段の年度内24連勝も更新してほしいですね!(笑)

しかし、嵌められた上村戦・大橋戦が惜しかった!(大苦笑)
銀河戦を勝ってれば、歴代勝率更新・歴代対局数(78~)ベストテン入りも出来た!


4月~6月19戦19勝0敗.勝率100% 7月~9月21戦14勝7敗.66.67% 10月~12月15戦12勝3敗80.00%
2018年1月~3月の予定は、銀河戦・棋聖戦・NHK杯・叡王戦・王位戦を敗退したお陰で殺人的スケジュールにはなりませんでしたが・・・・・・・勝ってたら大変でした!
【2018年1月対局結果】 6戦5勝1敗●○○○○○ 勝率83.33%!
56・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)   ④第59期王位戦予選7組準決勝  11敗
57・2018年01月11日西▽中田 功七段50(C級2組41位)    ⑤第31期竜王戦ランキング戦5組1回戦
58・2018年01月14日他▽澤田真吾六段25(B級2組7位)     第11期朝日杯本戦1回
59・2018年01月14日他▲佐藤天彦名人29(名人は順位なし)  第11期朝日杯・準々決勝  A級連2勝目
60・2018年01月19日西▲矢倉規広七段43(C級2組33位)   ⑥順位戦C級2組8回戦(8勝0敗)
61・2018年01月25日西▲村田智弘六段36(C級2組19位)   ⑤第66期王座戦一次予選ホ組決勝

【2018年2月対局予定】 7戦7勝○○○○○○○ 勝率100%!五段無敗で六段に!
62・2018年02月01日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)     ⑥順位戦C級2組9回戦(9勝0敗)五段昇段
63・2018年02月05日西▽南芳一九段54(C級2組2位)      ③第68期王将戦第一次予選6組1回戦
64・2018年02月08日西▽牧野光則五段29(C級2組17位)   ④第44期棋王戦予選8組1回戦
65・2018年02月14日西▲古森悠太四段22(C級2組52位)   ③第49期新人王戦2回戦
66・2018年02月17日他▲羽生善治竜王47(A級2位)       第11期朝日杯・準決勝
67・2018年02月17日他▲広瀬八段の勝者(A級4位)       第11期朝日杯・決勝       六段昇段
68・2018年02月23日西▽畠山鎮七段48(B級2組1位)      ⑤第66期王座戦二次予選準決勝
【2018年3月対局予定】 5戦4勝1敗!○○○○● 勝率80%!

69・2018年03月01日東▲阿部隆八段50(B級2組6位)      ⑤第31期竜王戦予選5組2回戦
70・2018年03月08日西▲杉本昌隆七段49(C級1組5位)    ③第68期王将戦予選2回戦
71・2018年03月15日東▲三枚堂達也四段24(C級2組6位)   ⑥順位戦C級2組10回戦
72・2018年03月22日西▲糸谷哲郎八段29(B級1組6位)    ⑤第66期王座戦二次予選決勝
73・2018年03月28日西    井上慶太九段54(B級2組13位)    ③第68期王将戦予選3回戦
より強く脱皮した藤井聡太六段ですが、1~3月は18戦16勝2敗、勝率88.89%でした!

前回の16連勝は、Fクラス4名・C級1組6名・C級1組5名・B級2組1名!
今回の16連勝は、C級1組8名・C級1組1名・B級2組3名・B級1組1名・A級3名

最終戦では負けましたが、なんとも凄まじい連勝でした!今年度連勝記録1・2位!

最終戦の教訓を活かして来期の活躍を期待しましょう!
藤井聡太六段誕生!⑥以降はありません!
これをもって①藤井聡太七段誕生まで!までひとまず藤井聡太追っかけブログも当分お休みとします!
再開時は七段に昇段して6月順位戦には【藤井聡太七段誕生】になってるといいですね!

④藤井聡太六段誕生!詰め将棋解答選手権チャンピオン戦で唯一人全問回答で4連覇!異次元!

3月25日名古屋特設会場で行われた第15回詰将棋解答選手権チャンピオン戦で、ただ一人の全問解答で余裕の4連覇を達成しました
第一ラウンドは持ち時間90分!僅か55分で退席し圧倒的強さを見せ付けました!
大勢の中ではなかっったので、他のプロ棋士への衝撃度は今回は少なかったかもね!

第15回詰め将棋選手権問題1
https://blog.goo.ne.jp/shogi-problem/e/8719781296255e95f815690084da61c3
詰将棋は持ち駒を全部使い切って詰ませるので持ち駒が多ければ多いほど初手に時間が掛かる!
それをほぼ10分で解くんだから凄いとしか言い様がないでしょう!
第15回詰め将棋選手権問題
https://blog.goo.ne.jp/shogi-problem/e/94e17fd98f18412f48741e80df83323a
詰将棋解答選手権順位1
詰将棋解答選手権順位
https://blog.goo.ne.jp/shogi-problem
第2ラウンドは慎重に解答を再確認していた様で途中退席は無かったようですが・・・・・
もはや他の棋士も優勝は諦めムードみたいですね!(笑)

藤井聡太六段の圧倒的な終盤力の源となる詰め能力ですがまさに怪物!
25連勝は時間の問題!
01・2018年01月11日西▽中田 功七段50(C級2組41位)    ⑤第31期竜王戦ランキング戦5組1回戦
02・2018年01月14日他▽澤田真吾六段25(B級2組7位)      第11期朝日杯本戦1回
03・2018年01月14日他▲佐藤天彦名人29(名人は順位なし)   第11期朝日杯・準々決勝  A級2勝目!
04・2018年01月19日西▲矢倉規広七段43(C級2組33位)   ⑥順位戦C級2組8回戦(8勝0敗)
05・2018年01月25日西▲村田智弘六段36(C級2組19位)   ⑤第66期王座戦一次予選ホ組決勝
06・2018年02月01日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)     ⑥順位戦C級2組9回戦(9勝0敗)【五段昇段】
07・2018年02月05日西▽南芳一九段54(C級2組2位)      ③第68期王将戦第一次予選6組1回戦
08・2018年02月08日西▽牧野光則五段29(C級2組17位)   ④第44期棋王戦予選8組1回戦

09・2018年02月14日西▲古森悠太四段22(C級2組52位)   ③第49期新人王戦2回戦
10・2018年02月17日他▲羽生善治・竜王47(A級2位)       第11期朝日杯・準決勝 A級3勝目2連勝!
11・2018年02月17日他▲広瀬章人八段31(A級4位)【六段昇段】第11期朝日杯・決勝  A級4勝目3連勝!
12・2018年02月23日西▽畠山鎮七段48(B級2組1位)      ⑤第66期王座戦二次予選準決勝
13・2018年03月01日東▲阿部隆八段(B級2組6位)        ⑤第31期竜王戦予選5組2回戦
14・2018年03月08日西▲杉本昌隆七段49(C級1組5位)   ③第68期王将戦予選6組2回戦
15・2018年03月15日東▲三枚堂達也四段24(C級2組6位)  ⑥順位戦C級2組10回戦(10連勝)

16・2018年03月22日西▲糸谷哲郎八段(B級1組6位)29    ⑤第66期王座戦二次予選決勝B級1組2勝目
【確定対局予定】
17・2018年03月28日西  井上慶太九段54(B級2組13位)    ③第68期王将戦予選3回戦◎
18・2018年04月xx日西 古森悠太四段(C級2組52位)      ④第44期棋王戦予選8組2回戦◎

19・2018年04月xx日東 阿部光瑠六段23(C級2組40位)     ⑤第31期竜王戦予選5組・3回戦◎
20・2018年04月xx日  西山朋佳三段22か八代弥六段23    ③第49期新人王戦3回戦◎
21・2018年04月~      今泉健司四段(C級2組)            第68回NHK杯本戦1回戦◎
【勝ち上がり対局予定】
22・2018年04月~      安用寺六段vs牧野五段か船江六段   ③第68期王将戦予選準決勝◎
23・2018年04月~      大石直嗣七段28(B級2組21位)     ④第44期棋王戦予選8組準決勝◎
24・2018年05月xx日東  船江恒平六段30vs石井健太郎五段25 ⑤第31期竜王戦予選5組・準決勝

六月からは順位戦・棋聖戦・叡王戦も始まります!順位戦のの連勝記録も楽しみですよね!
竜王戦5組準決勝で勝てば七段昇段!
叡王戦は段位別予選なので七段戦になっちゃうかも!(笑)

③藤井聡太六段誕生!師匠に勝って14連勝達成!今期連勝ランキング1・2位独占!

2018年02月23日関西将棋会館でB1昇級を決めた畠山鎮七段48(B級2組1位) と第66期王座戦二次予選準決勝!後手番で序盤は畠山七段得意の相矢倉!
20180126王座戦予選2次予選畠山鎮七段

対局相手の得意戦法に真っ向勝負する藤井聡太六段なので序盤・中盤は先手優勢で推移!
3一角・4一玉・5一角と滅多に見られない珍しい配置に!ゲ!
成角なら最強の布陣ですが・・・・・・・それにしても弩派手の陣形!
案の定苦戦しましたが・・・・深浦・大橋戦から時間配分を会得したみたいで・・

88手では評価値1000以上の先手優勢に!しかし時間を残していたので終盤の対応は沈着冷静!
ハラハラ・ドキドキの展開でしたが終わってみれば96手で快勝!
コンピュータの評価値もコロコロと変わり過ぎてこれじゃ藤井聡太六段には通用しません!(笑)

勝って12連勝!今期確定対局数【74】に!57勝11敗で歴代勝数7位タイに!勝率83.82%!
王座戦はあと1勝すれば 7大タイトル戦で4タイトル戦目の本戦進出します!

王座戦は非タイトル棋戦優勝者は1次予選免除なので、第67期は2次予選からなんですね!(苦笑)
来期は資格喪失や予選免除で20対局以上も減るので高校生活をエンジョイ出来そう!(笑)
しかし来期も今期並みの勝率だったら間違いなくタイトル挑戦者にはなってる筈!
藤井聡太五段は無敗でしたが、藤井聡太六段も無敗のままあっという間に七段になるかもね!
持ち時間5時間以上の対局勝率今期19勝1敗=95.00%!通算勝率22勝1敗=95.65%
持ち時間4時間以上の成績は、今期27戦25勝2敗・勝率92.59%!(通算32戦30勝2敗・勝率93.75%へ!
(豊島将之八段(A級)に負けた1敗(千日再試合は持ち時間3時間以下)は3時間扱いにして除いてます!入れると24勝3敗=88.89%)

2018年03月01日関西将棋会館で第31期竜王戦予選5組2回戦が行われ
阿部隆八段50(B級2組6位)と対局!先手!
      

阿部隆八段竜王戦5組予選20180222
藤井六段としては、珍しく雁木戦法!なんで序盤で1四歩を突かないんでしょ?
序盤は互角模様でしたが中盤から徐々に優勢に・・・・
じっくり指すかと思いきや1筋からいきなり終攻めてあっという間に盤戦に!

今回も持ち時間を残して127手で勝ち13連勝!今期連勝ランキング1位・2位タイ!
3五角時点でのちょっと早い投了だったので以後の詰み手順は・・・

阿部隆八段も完敗で感想戦も苦笑しながら楽しそうに指してました!
確定対局数【75】に!(但し一部来期かも)
今期58勝11敗で歴代勝数7位に!勝率84.05%!通算68勝11敗・勝率86.08%!

持ち時間5時間以上の対局勝率今期20勝1敗=95.24%!通算勝率23勝1敗=95.83%
持ち時間4時間以上の成績は、今期28戦26勝2敗・勝率92.86%!通算33戦31勝2敗・勝率93.94%へ!
(豊島将之八段(A級)に負けた1敗(千日再試合は持ち時間3時間以下)は3時間扱いにして除いてます!入れると25勝3敗=89.29%)
今週中には5組2回戦がほぼ完了するので、今期中に5組3回戦が組まれる筈です!

2018年03月08日関西将棋会館での第68期王将戦予選6組2回戦で師匠の杉本昌隆七段49(C級1組5位)と対局!デビュー70戦目!  
杉本昌隆七段
王将戦第一次予選20180303
師匠の先手番で始まりましたが、師匠の中飛車藤井聡太六段は下段飛車!

お互い一歩も譲らず膠着状態で、59手目で千日手が成立し【指し直し】と成りました!
千日手を回避してきた藤井聡太六段にとっては珍しいことですが・・・以心伝心?
師匠も愛弟子と少しでも長く指したかった様で願ったり叶ったりの展開に!(笑)
と云うのも杉本昌隆七段は師匠の板谷進九段がプロ入り前の19歳の時逝去しているので、師弟対決が出来なかったんですね!念願の師弟対決に杉本昌隆七段も感無量だったみたいですね
【指し直し戦】は藤井六段の先手番!師匠は四間飛車!藤井六段は穴熊・角換り!
師匠は藤井聡太六段の得意戦法を受けるつもり?さすが師匠!
腕前拝見!だけどこの時点で勝負ありだわさ!(苦笑)

結果は藤井聡太六段が111手で圧勝!14連勝!
継続中の連勝ランキングで6勝の差があるので今期連勝ランキングの1位・2位は確定!
今期59勝11敗で歴代勝数7位!勝率84.29%!通算69勝11敗・勝率86.25%!
成績が振るわない3時間棋戦はこの勝利でも今期7勝4敗・勝率63.64%!早く3勝1敗のペースにしてほしいですね!

杉山師匠も弟子の恩返しに大喜び?
杉本昌隆七段の師匠板谷進九段は師匠がプロ入り前の19歳の時逝去しているので、初の師弟対決に杉本昌隆七段も感無量だったみたいですね
藤井聡太六段にとっても、才能を認めて型に嵌めない師匠を得たのは幸運だったんでしょうね!

初の師弟対決に勝って14連勝達成!確定対局数【76】に!(但し一部来期かも)
76戦なら残り全勝で65勝11敗となって勝率85.52%!
中原16世名人の持つ85.45%を上回る51年ぶりの勝率記録更新となるのですが!
次の王将戦予選6組3回戦は対戦相手が確定しているので、3月中に3回戦もぜひ組んでほしいものです!

大橋四段が稲葉八段に敗れ本年度の対局数も確定したので、日本将棋連盟が2017年度【対局数】・【勝数】・【勝率】・【連勝】4部門全てで藤井聡太六段の1位が確定したと発表しました!


次は上州YAMADA杯で負けた三枚堂六段
との対局ですが、多分持ち時間6時間対局なので圧勝して全勝でC級1組への昇級に華を添える事でしょう!
勝てば2度目の15連勝最年少・最短70勝!羽生善治(1・2・4・6)・森内俊之(3)・木村一基(4)に続く史上4人目の年度内60勝棋士になる

②藤井聡太六段誕生!強さの秘密!

まるで漫画のストーリー以上の快進撃を続ける藤井聡太六段!
異次元の終盤力は詰め将棋の鍛錬の賜物だと思いますが・・・・勝負師としての感覚はどう磨かれたんでしょう?
藤井聡太六段の特番やドキュメンタリーが沢山流されていますが、テレビが絶対に取り上げない【世界の常識】知ってます?
映画と漫画と読書、どれが想像力を高めるか?正解は読書!
テレビなんて子供の時から見せてたら、膨大な情報量で記憶する領域が狭まってしまう!
まさかテレビの藤井聡太特集で”子供にはテレビなんて観せるな!”なんて言えないので、まだ間違って子供に動画や一緒になってお笑い番組なんて見せてる親も多いんじゃないの!
藤井聡太六段はその点恵まれた環境で育ちました!
幼稚園では好きな事に没頭させる教育方針でしたし、家では詰め将棋一本槍!テレビなんて殆ど観てない!
1に詰め将棋、2に将棋、3に将棋、5に読書!テレビのテ文字もありません!

瀬戸市は大都市じゃないので近所には将棋の強い相手が居なくなって・・・・・・


藤井聡太六段は小学校の時からヒカリの碁】みたいにPIYOPIYOKOのIDで1500以上のネット対局をこなして来た!大都市だった果たしてネット対局やったかどうか・・・・
本当に”事実は漫画より奇なり”ですね!3月のライオンはとっくに越えちゃったし!
ネットでは年齢も関係ないし、顔も見えないので思い切った手を試してたんでしょうね!
膨大な名人の棋譜を覚えて上級者との対局で採否を決めて来たので、その結果が居飛車なのかも!
アニメの【ヒカリの碁】じゃないけど、29連勝時はまるで藤原佐為みたいに昔の名人が憑依してたみたいですもんね!惨敗した時は名人が遊離した本来の藤井聡太だったりして?(笑)


ソフトに頼らずコンピューターを実戦に使っていた事で勝負師としての感覚を磨いてきたんですね!
既に3000対局以上実戦で指している訳で、対局で動じないのも当たり前だわさ!

藤井聡太六段の相手は人間ですから、高性能コンピューター相手にいくら練習対局やってもあまり意味がない!
コンピューターは勝負手を指せないからね!

相手が最善手ばかりならコンピュータと対局して強くなれるけど一見悪手にみせた嵌め手のトリックを見破れる訳じゃありませんし・・・・悪手指された場合の研究なんてコンピューター相手じゃ無理でしょ!
今もソフトは自分の棋譜を検討する程度で、ソフトとの対局は行っていないようです!
勝負処の最善手研究に殆どの時間を費やしてるんじゃないかな~!
上位棋士に勝てるのも、相手が正攻法で最善手に近い指し手だからで、未だ嵌め手には弱い!


今後藤井六段の活躍に触発されAI将棋との対局で腕を磨いた世代が、藤井聡太六段を打ち破るなんて一部で言われていますが逆だと思いますね!(笑)
AI偏重で正解が簡単に判っちゃうと人間って思考しなくなるんだぜ!
私は藤井聡太六段みたいなテレビも観ない幼児期を過ごし難しい詰め将棋を頭の中で直感で解き名人の棋譜を学びデビュー前に膨大な実戦を積んだ中学生以下の棋士は2度と現れない気がしますね!(笑)
しかし【好きこそものの上手なり】とは好い格言ですね!

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ