素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

史上最年少プロ棋士・藤井聡太

随時更新 藤井聡太七段 通算140対局 戦歴日時・勝敗・手番・対戦相手 対局予定(2019年度全106対局) 一覧

2017年度は73対局でしたが、2018年度は53対局となりました!
スピード昇段が仇となって加古川清流戦&上州YAMADA杯の資格喪失、NHK杯&王位戦での初戦敗退、王座戦と朝日杯の予選免除も響いて20対局も激減!
2019年度も新人王戦も資格喪失・朝日杯本戦シード・王座戦本戦シードで対局数は更に減ると思いきや・・
JT杯日本シリーズにも初参加が決まり最低でも4対局増えます!
銀河戦・王位戦:王将戦・NHK杯を勝ち上がり、挑戦者決定トーナメントや決勝リーグに出て・・・・・
どれか1つタイトル挑戦すれば、2017年度の対局数を超えちゃう!(笑)
前期末で八段昇段まで150勝!
2018年度も昇段後45勝ですから、2022年度中には確実に八段に昇段します!
でも、その前にタイトル取って八段に昇段しちゃうでしょうね!九段になっちゃたりして!
敗戦の多い6月~9月の暑さ対策は課題ですね、高性能CPU同様に!

全対局結果・対局予定】 青字は勝ち 赤字は負け 丸数字は持ち時間(3時間以上)後ろは回数
------------------------------↓ 2016年度 ↓------------------------------
回数  日時  会場▲先手▽後手  対局相手 年齢   順位戦ランク           棋戦

1・2016年12月24日東▽加藤一二三九段76(C級2組45位) ⑤1第30期竜王戦予選6組1回戦
2・2017年01月26日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)   ④1第43期棋王戦予選6組1回戦
3・2017年02月09日西▽浦野真彦八段53(Fクラス)        ⑤2第30期竜王戦予選6組2回戦
4・2017年02月23日西▲浦野真彦八段53(Fクラス)        1第67回NHK杯予選5組1回戦
5・2017年02月23日西▲北浜健介八段29(B級2組3位)         2第67回NHK杯予選5組2回戦
6・2017年02月23日西▲竹内雄吾四段29(C級2組31位)       3第67回NHK杯予選5組・決勝
7・2017年03月01日西▽有森浩三七段54(Fクラス)        ③1第67期王将戦第一次予選第7組1回戦
8・2017年03月10日西▽大橋貴洸四段25(C級2組46位)    ③2第48期新人王戦2回戦
9・2017年03月16日東▲所司和晴七段55(Fクラス)        ⑤3第30期竜王戦予選6組3回戦
10・2017年03月23日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位) ④2第43期棋王戦予選6組2回戦
                     先手6局、後手4局 タイトル戦予選6戦全勝
------------------------------↓ 2017年度 ↓-----------------------------------
1・2017年04月04日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)     ③3第67期王将戦第一次予選第7組2回戦
2・2017年04月13日西▲星野良生四段29(C級2組18位)  ⑤4第30期竜王戦予選6組4回戦
3・2017年04月17日他▽千田翔太六段23(C級1組2位)      4第67回NHK杯本線1回戦
4・2017年04月26日西▽平藤真吾七段53(C級1組10位)  ④3第43期棋王戦予選6組準決勝
5・2017年05月01日東▽金井恒太六段31(C級1組37位)  ⑤5第30期竜王戦予選6組準決勝 5組昇級
6・2017年05月03日西▽横山大樹アマ27                          ③4第48期新人王戦3回戦
7・2017年05月12日西▽西川和宏六段31(C級2組30位)  ③5第67期王将戦第一次予選第7組3回戦
8・2017年05月18日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)    5第7期加古川青流戦2回戦
9・2017年05月25日東▽近藤誠也五段21(C級1組31位)  ⑤6竜王戦予選6組決勝 最年少本戦出場
10・2017年06月02日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)  ④4第43期棋王戦予選6組決勝最年少本戦出場
11・2017年06月07日西▲都成竜馬四段27(C級2組3位)    6第2回上州YAMADA杯1回戦
12・2017年06月07日西▲阪口 悟五段39(C級1組18位)     7第2回上州YAMADA杯2回戦
13・2017年06月07日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)    8第2回上州YAMADA杯3回戦
14・2017年06月10日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)      9第3期叡王戦段位別四段戦・予選1回戦
15・2017年06月10日東▽都成竜馬四段27(C級2組3位)    10第3期叡王戦段位別四段戦・予選2回戦
16・2017年06月15日西▽瀬川晶司五段47(C級2組24位)  ⑥1順位戦C級2組1回戦(10戦1勝0敗)
17・2017年06月17日西▽藤岡隼太アマ19               11第11期朝日杯第一次予選12組1回戦
18・2017年06月21日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)   ③6王将戦第一次予選第7組準決勝
19・2017年06月26日東▲増田康宏四段19(C級2組5位)   ⑤7竜王戦挑決T1回戦【連勝記録更新】
20・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位) ⑤8竜王戦挑戦者決定T2回戦 初の1敗
21・2017年07月06日西▲中田 功七段50(C級2組41位)    ⑥2順位戦C級2組2回戦(2勝0敗)
22・2017年07月11日西▽都成竜馬四段27(C級2組3位)    12第7期加古川青流戦3回戦

23・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)千日13第2回上州杯Y杯準々決勝 2敗
24・2017年07月24日西▲西川慶二七段55(Fクラス)         14第89期棋聖戦1次予選ハ組1回戦
25・2017年07月24日西▽阪口  悟五段39(C級1組18位)    15第89期棋聖戦1次予選ハ組2回戦
26・2017年07月27日西▲平藤眞吾七段53(C級1組10位)   16第26期銀河戦予選 本戦進出

27・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位)  ③7王将戦第一次予選7組決勝   3敗

28・2017年08月10日東▽高見泰地五段24(C級2組9位)    ⑥3順位戦C級2組3回戦(3勝0敗)
29・2017年08月15日西▽小林健二九段60(C級2組43位)  ④5第59期王位戦予選7組1回戦
30・2017年08月22日西▽大石直嗣六段28(B級2組21位)    17第11期朝日杯第1次予選12組2回戦
31・2017年08月22日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)    18第11期朝日杯第1次予選12組準決勝
32・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)④千日③8棋王戦本戦T2回戦A級初対局 4敗
33・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位)    19第7期加古川青流戦準々決勝     5敗

34・2017年09月03日他▽森内俊之九段・名人46(Fクラス)   20第67回NHK杯・2回戦 永世名人に勝利
35・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)③9第48期新人王戦・準々決勝      6敗
36・2017年09月14日東▲佐藤慎一五段35(C級2組9位)    ⑥4順位戦C級2組4回戦(4勝0敗)
37・2017年09月20日西▲小林健二九段60(C級2組43位)  
⑤9第66期王座戦1次予選ホ組・1回戦
38・2017年09月22日東▲藤倉勇樹五段37(Fクラス)         21第26期銀河戦本戦H組・1回戦
39・2017年09月22日東▲上村  亘四段30(C級2組25位)    22第26期銀河戦本戦H組・2回戦 横歩7敗

40・2017年09月27日東▽竹内雄吾四段29(C級2組31位)     23第89期棋聖戦1次予選ハ組・準決勝
41・2017年10月06日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)     24第11期朝日杯第1次予選12組・決勝
42・2017年10月09日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位) 25第3期叡王戦段位別四段戦・予選準決勝
43・2017年10月09日東▲杉本和陽四段26(C級2組50位)     26第3期叡王戦段位別四段戦・予選決勝
44・2017年10月12日西▽星野良生四段29(C級2組18位)  ⑥5順位戦C級2組5回戦(5勝0敗)
45・2017年10月19日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)   ④6第59期王位戦予選7組2回戦
46・2017年11月02日西▽脇 謙二八段57(C級2組35位)    ⑥6順位戦C級2組6回戦(6勝0敗)
47・2017年11月13日他▽稲葉 陽八段29(A級1位)          27第67回NHK杯・3回戦 A級連敗 8敗
48・2017年11月21日西▽平藤眞吾七段53(C級1組10位)  ⑤10第66期王座戦一次予選ホ組2回戦
49・2017年11月24日西▲北浜健介八段41(B級2組8位)    ④7第59期王位戦予選7組準々決勝
50・2017年11月29日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)   28第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝  横歩9敗

51・2017年12月07日東▲高野智史四段23(C級2組13位)  ⑥7順位戦C級2組7回戦(7勝0敗)
52・2017年12月15日東▽屋敷伸之九段45(A級6位)         29朝日杯2次予選準決勝A級初勝利
53・2017年12月15日東▽松尾歩八段37(B級1組5位)        30朝日杯2次予選・決勝  B1初勝利
54・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)       ③10第3期叡王戦本戦1回戦 横歩大逆転負け10敗
55・2017年12月28日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)  ⑤11第66期王座戦一次予選ホ組準決勝
56・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)  ④8第59期王位戦予選7組準決勝 横歩11敗
57・2018年01月11日西▽中田 功七段50(C級2組41位)     ⑤12第31期竜王戦ランキング戦5組1回戦
58・2018年01月14日他▽澤田真吾六段25(B級2組7位)     31第11期朝日杯本戦1回戦
59・2018年01月14日他▲佐藤天彦名人29               32第11期朝日杯・準々決勝A級2勝目(横歩)

60・2018年01月19日西▲矢倉規広七段43(C級2組33位) ⑥8順位戦C級2組8回戦(8勝0敗)
61・2018年01月25日西▲村田智弘六段36(C級2組19位) ⑤13第66期王座戦1次予選ホ組決勝
62・2018年02月01日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)   ⑥9順位戦C級2組9回戦(9勝0敗)
              【2位が2敗の為最終戦を待たず五段昇段】

63・2018年02月05日西▽南芳一九段54(C級2組2位)    ③11第68期王将戦第1次予選6組1回戦
64・2018年02月08日西▽牧野光則五段29(C級2組17位) ④9第44期棋王戦予選8組2回戦
65・2018年02月14日西▲古森悠太四段22(C級2組52位) ③12第49期新人王戦2回戦
66・2018年02月17日他▲羽生善治・竜王47(A級2位)        33第11期朝日杯準決勝A級3勝目2連勝!
67・2018年02月17日他▲広瀬章人八段31(A級4位)       34第11期朝日杯決勝 A級4勝目3連勝
              【五段昇段後の全棋士参加棋戦優勝で六段昇段】
68・2018年02月23日西▽畠山鎮七段48(B級2組1位)   
⑤14第66期王座戦2次予選準決勝
69・2018年03月01日東▲阿部隆八段50(B級2組6位)    ⑤15第31期竜王戦予選5組2回戦
70・2018年03月08日西▲杉本昌隆七段49(C級1組5位)   ③13第68期王将戦予選6組2回戦
71・2018年03月15日東▲三枚堂達也四段24(C級2組6位)
⑥10順位戦C級2組10回戦(10連勝)
72・2018年03月22日西▲糸谷哲郎八段29(B級1組6位)   ⑤16第66期王座戦2次予選決勝B1 2勝目

73・2018年03月28日西▽井上慶太九段54(B級2組13位)  ③14第68期王将戦予選3回戦 ポカ逆転負け12敗
  2017年度成績 61勝12敗 勝率83.56%(歴代4位) タイトル戦予選33戦29勝4敗
  先手32局ー後手41局  振り駒 先手29後手34(千日手で後手番に成った分を修正、順位戦はカット

  通算成績83対局 71勝12敗 勝率85.54% 通算成績で単年度勝率歴代1位(85.45%)を超えてる!
  先手38局ー後手45局  振り駒 先手36後手37(千日手で後手番に成った分を修正、順位戦はカット
------------------------------↓ 2018年度 ↓------------------------------
01・2018年04月05日西▲古森悠太四段22(C級2組47位)  ④10第44期棋王戦予選8組3回戦
02・2018年04月10日東▽阿部光瑠六段23(C級2組11位)  ⑤17第31期竜王戦予選5組・3回戦
03・2018年04月24日西▲大石直嗣七段28(B級2組17位)  ④11第44期棋王戦予選8組・準決勝

04・2018年05月07日東▽屋敷伸之九段45(B級1組3位)    ⑤18第66期王座戦挑戦者決定T1回戦
05・2018年05月18日西▽船江恒平六段31(C級1組14位)  
19第31期竜王戦予選5組・準決勝
              【六段昇段後の竜王戦連続(優勝)昇級で七段昇段】

06・2018年06月01日西▲中村亮六段32(C級2組24位)       ④12第44期棋王戦予選8組・決勝
07・2018年06月05日西▽石田直裕五段29(C級2組15位)  ⑤20第31期竜王戦予選5組・決勝
08・2018年06月11日他▽今泉健司四段44(C級2組5位)      35第68回NHK杯本戦1回戦 気合負け13敗
09・2018年06月22日東▽深浦康市九段46(A級7位)      ⑤21第66期王座戦挑戦者決定T2回戦
10・2018年06月25日西▽都成竜馬五段28(C級1組32位)
    ⑤22第31期竜王戦挑戦者決定T1回戦
11・2018年06月29日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)    ⑤23第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦14敗
12・2018年07月03日西▲豊川孝弘七段51(C級1組18位)    ⑥11第77期名人戦順位戦C級1組2回戦
13・2018年07月06日西▽斉藤慎太郎七段25(B級1組10位)⑤24第66期王座戦挑戦者決定T準決勝15敗
14・2018年07月18日西▽藤原直哉七段53(フリークラス)    36第27期銀河戦予選
15・2018年07月20日西▽森下卓九段51(C級1組1位)        ⑥12第77期名人戦順位戦C級1組1回戦
16・2018年07月28日西▽八代弥六段24(C級2組19位)      ③15第49期新人王戦2回戦

17・2018年07月31日東▲西尾 明六段38(C級1組19位)     ⑥13第77期名人戦順位戦C級1組3回戦
18・2018年08月11日東▲木下浩一七段50(フリークラス)       37第4期叡王戦七段戦Cブロック2回戦
19・2018年08月24日西▽里見女流4冠26               38第90期hulic棋聖戦予選へ組2回戦
20・2018年08月28日東▽青野照市九段65(C級1組2位)    ⑥14第77期名人戦順位戦C級1組4回戦
21・2018年08月31日西▽近藤誠也五段21(C級1組6位)    ③16第49期新人王戦準々決勝

22・2018年09月03日西▽菅井竜也王位26(B級1組9位)    ④13第44期棋王戦挑戦者決定T2回戦16敗
23・2018年09月14日西▲山崎隆之八段37(B級1組6位)    ④14第60期王位戦予選7組2回戦(初戦)17敗
24・2018年09月17日東▲小林裕士七段41(C級1組10位)      39第4期叡王戦七段戦Cブロック準決勝
25・2018年09月17日東▽千葉幸生七段39(C級1組9位)        40第4期叡王戦七段戦Cブロック決勝
26・2018年09月25日西▽青嶋未来五段23(C級1組11位)  ③17第49期新人王戦準決勝
27・2018年10月10日西▽出口若武奨励会三段23         ③18第49期新人王戦決勝第1局
28・2018年10月17日西▲出口若武奨励会三段23         ③19第49期新人王戦決勝第2局
29・2018年10月23日西▲千葉幸生七段39(C級1組9位)      ⑥15第77期名人戦順位戦C級1組5回戦
30・2018年10月31日西▲村田顕弘六段31(C級1組15位)     41第90期hulic棋聖戦予選へ組準決勝
31・2018年10月31日西▲今泉健司四段(C級2組5位)        42第90期hulic棋聖戦予選へ組決勝
32・2018年11月20日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)  ⑥16第77期名人戦順位戦C級1組6回戦
33・2018年11月23日西▽斎藤慎太郎七段25(B級1組10位) ③20第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦 18敗
34・2018年12月12日東▽佐藤慎一五段36(C級2組40位)     43第27期銀河戦本戦E組5回戦
35・2018年12月12日東▲阿部健治郎七段29(C級1組8位)    44第27期銀河戦本戦E組6回戦
36・2018年12月18日西▽門倉啓太五段30(C級1組25位)  ⑥17第77期名人戦順位戦C級1組7回戦
37・2018年12月25日西▽大石直嗣七段28(B級2組17位)  ③21第90期hulic棋聖戦2次予選6組2回戦
38・2018年12月28日西▽村田顕弘六段31(C級1組15位)  ④15第45期棋王戦第一次予選2回戦

39・2019年01月08日西▲富岡英作八段53(C級1組35位)  ⑥18第77期名人戦順位戦C級1組8回戦
40・2019年01月20日中▽稲葉陽八段30(A級2位)        45第12期朝日杯本戦1回戦(シード)
41・2019年01月20日中▽糸谷哲郎八段(A級9位)           46第12期朝日杯本戦2回戦
42・2018年01月24日西▽村田智弘六段37(C級2組29位)  ⑤25第32期竜王戦4組ランキング戦1回戦
43・2019年01月30日西▽中村亮介六段33(C級2組24位)  ④16第45期棋王戦第一次予選3回戦

44・2019年02月05日西▲近藤誠也五段21(C級1組6位)    ⑥19第77期名人戦順位戦C級1組9回戦19敗
45・2019年02月12日西▲池永天志四段25(C級2組49位)  ③22第69期王将戦第一次予選2回戦
46・2019年02月16日他▽行方尚史八段44(B級1組2位)      47第12期朝日杯本戦準決勝
47・2019年02月16日他▽渡辺棋王                  48第12期朝日杯本戦決勝

48・2019年02月19日東▲近藤誠也五段21(C級1組6位)      49第27期銀河戦E組7回戦◎
49・2019年02月19日東
畠山鎮七段49(B級1組13位)      50第27期銀河戦E組8回戦◎
50・2019年03月05日西▽都成竜馬五段28(C級1組32位)  ⑥20第77期順位戦C級1組10回戦◎
51・2019年03月08日西▽畠山成幸八段49(B級2組13位)  ⑤26第32期竜王戦4組ランキング戦2回戦◎
52・2019年03月11日西▽久保利明九段43(A級5位)           ③23第90期hulic棋聖戦2次予選6組決勝20敗
53・2019年03月27日東▽中田宏樹八段54(B級2組5位)    ⑤27第32期竜王戦4組ランキング戦3回戦◎
通算136対局116勝20敗 勝率85.29%!  
   今期先手番18局 後手番なんと35局!(振り駒 先手12局 後手30局)
  2018年度成績 53戦45勝8敗 勝率84.91%!歴代勝率3位!タイトル戦予選22戦20勝2敗

通算手番 先手56局後手80局 振り駒 先手48局 後手67局順位戦除外・千日手を修正・新人王第2局
------------------------------↓ 2019年度 ↓------------------------------ 今期タイトル戦は王座・竜王・王将・棋王
※は勝ち上がり対局                                        

01・2019年04月12日東▽森内俊之九段49(フリークラス)       ③24第69期王将戦第1次予選4組3回戦◎
02・2019年04月19日    行方尚史八段45(B級1組4位)       51第27期銀河戦E組9回戦収録◎
※・2019年04月xx日    阿久津主悦八段37(B級1組2位)        52第27期銀河戦E組10回戦収録◎
03・2019年04月24日東▲高見泰地叡王26                        ⑤28第32期竜王戦4組ランキング戦準決勝◎
04・2019年05月09日西▽北浜健介八段44(B級2組14位)    ③25第69期王将戦第1次予選4組準決勝◎
05・2019年05月15日西▲牧野光則五段31(C級2組25位)       ④17第45期棋王戦第1次予選8組準決勝◎
            通算142対局 暫定120勝20敗 勝率85.61%!
06・2019年05月28日西 都成竜馬五段29(C級1組20位)       18第45期棋王戦第一次予選決勝
07・2019年05月31日      菅井竜也七段27(B級1組9位)        ⑤30第32期竜王戦4組ランキング戦決勝
08・2019年05月~      阪口悟六段41(C級1組22位)         53第69回NHK杯本戦1回戦収録
※・2019年05月~     久保利明九段44(A級6位)             54第69回NHK杯本戦2回戦収録〇
              ここまで10対局
※・2019年06月~     豊島棋聖29                   55第27期銀河戦E組決勝(11回戦)
09・2019年06月03日   佐々木大地五段23(C級2組5位)    ⑤29第67期王座戦挑戦者決定T1回戦〇

10・2019年06月18日   村田顕弘六段33(C級1組29位)       ⑥21第78期順位戦C級1組1回戦◎
※・2019年06月xx日   千田or佐々木大                            ③26第69期王将戦1次予選4組決勝〇
※・2019年06月xx日   羽生善治九段(A級2位)         ⑤30第67期王座戦挑戦者決定T2回戦
11・2019年06月xx日   東和男八段62(フリークラス)       56第91期hulic棋聖戦1次予選2回戦◎
※・2019年06月xx日   伊奈祐介六段43(フリークラス)     57第91期hulic棋聖戦1次予選準決勝
※・2019年06月~     未定 (6月6~8対局)             58第91期hulic棋聖戦1次予選決勝◎
12・2019年07月02日   堀口一史座七段44(C級1組36位)  ⑥22第78期順位戦C級1組2回戦◎
※・2019年07月xx日   未定                                 ④19第45期棋王戦挑戦者決定T1回戦
              ここまで20対局

※・2019年07月xx日   渡辺vs久保or横山vs豊島        ⑤30第67期王座戦挑戦者決定T準決勝
※・2019年07月xx日   近藤誠也五段21(B級2組21位)       ⑤31第32期竜王戦決勝トーナメント2回戦
※・2019年07月xx日   未定 (7月最大4~6対局)        ④20第45期棋王戦挑戦者決定T2回戦
13・2019年08月06日   金井恒太六段32(C級1組16位)    ⑥23第78期順位戦C級1組3回戦◎

※・2019年08月xx日   未定                       ⑤32第67期王座戦挑戦者決定T決勝
14・2019年08月11日福  三浦弘行九段                 59 2019年度JT杯1回戦
15・2019年08月xx日  ※未定 叡王戦スタート (初戦)           60第5期叡王戦七段戦1回戦◎
※・2019年08月xx日   未定                           61第5期叡王戦七段戦2回戦◎
※・2019年08月xx日   未定                     
③27第69期王将戦第2次予選1回戦◎
※・2019年08月xx日   八代弥七段or鈴木大介九段          ⑤33第32期竜王戦決勝トーナメント3回戦
              ここまで30対局

※・2019年08月xx日   未定                          62
第28期銀河戦決勝トーナメント1回戦
※・2018年08月xx日   未定                          
63第28期銀河戦決勝トーナメント2回戦
※・2019年08月xx日   未定(8月11対局~)            
④21第45期棋王戦挑戦者決定T3回戦
16・2019年09月03日   高橋道雄九段59(C級1組11位)
    ⑥24第78期順位戦C級1組4回戦◎
※・2019年09月xx日   斉藤王座                  ⑤34第67期
王座戦5番勝負第1局

※・2019年09月xx日   斉藤王座                  ⑤35第67期王座戦5番勝負第2局
※・2019年09月xx日   未定                          64第5期叡王戦七段戦準決勝◎
※・2019年09月xx日   未定                          65第5期叡王戦七段戦決勝◎
17・2019年09月xx日  ※未定 王位戦予選スタート (初戦)  ④22第61期王位戦予選1回戦◎
※・2019年09月xx日   未定                          66第28期銀河戦決勝トーナメント準決勝
              ここまで40対局
※・2018年09月xx日   未定                         
67第28期銀河戦決勝トーナメント決勝
※・2019年09月xx日   未定                      ④23第45期棋王戦挑戦者決定T4回戦
・2019年09月21日   豊島将之名人3冠              68 2019年度JT杯2回戦
※・2019年09月xx日   未定 (9月最大10対局)        ③28第69期王将戦第2次予選2回戦◎

18・2019年10月15日   宮本広志五段33(C級1組7位)    ⑥25第78期順位戦C級1組5回戦◎

※・2019年10月xx日   広瀬竜王                    ⑧1第32期竜王戦7番勝負第1局
※・2019年10月xx日   広瀬竜王                   
2第32期竜王戦7番勝負第2局

※・2019年10月xx日   広瀬竜王                    ⑤36第67期王座戦5番勝負第3局
※・2019年10月xx日   広瀬竜王                    ⑤37第67期王座戦5番勝負第4局
※・2019年10月xx日   広瀬竜王                    ⑤38第67期座戦5番勝負第5局
              ここまで50対局
※・2019年10月xx日   未定                      ④24第61期王位戦予選2回戦◎
※・2019年10月xx日   未定                      ③29第69期王将戦第2次予選決勝◎
※・2019年10月xx日   未定                      ④25第45期棋王戦挑戦者決定T準決勝
※・2019年10月xx日   行方八段・杉本八段・佐藤名人         69第69回NHK杯本戦3回戦収録◎
※・2019年10月26日   渡辺・羽生・斉藤慎             70 2019年度JT杯準決勝 
※・2019年10月xx日   未定 (10月最大14対局)       ④26第69期王将戦挑戦者決定リーグ1回戦
19・2019年11月05日   青嶋未来五段24(C級1組6位)    ⑥26第78期順位戦C級1組6回戦◎

※・2019年11月xx日   未定                      ④27第69期王将戦挑戦者決定リーグ2回戦

※・2019年11月xx日   広瀬竜王                    ⑧3第32期竜王戦7番勝負第3局
※・2019年11月xx日   広瀬竜王                    ⑧4第32期竜王戦7番勝負第4局
              ここまで60対局
※・2019年11月xx日   未定                      ④28第69期王将戦挑戦者決定リーグ3回戦
※・2019年11月xx日   未定                      ④29第69期王将戦挑戦者決定リーグ4回戦
20・2019年11月xx日   未定                      ③30第91期hulic棋聖戦2次予選1回戦
・2019年11月17日   広瀬・菅井・久保・高見・深浦・佐藤天  71 2019年度JT杯決勝
※・2019年11月xx日   未定 (11月最大9対局)          ④30第61期王位戦予選3回戦◎
21・2019年12月03日   船江恒平六段32(C級1組2位)     ⑥27第78期順位戦C級1組7回戦◎

※・2019年12月xx日   広瀬竜王                    ⑧5第32期竜王戦7番勝負第5局
※・2019年12月xx日   広瀬竜王                    ⑧6第32期竜王戦7番勝負第6局
※・2019年12月xx日   広瀬竜王                    ⑧7第32期竜王戦7番勝負第7局
※・2019年12月xx日   未定                      ④31第61期王位戦予選準決勝◎
              ここまで70対局
※・2019年12月xx日   未定                      ④32第45期棋王戦挑戦者決定T決勝
※・2019年12月xx日   未定                      ③31第5期叡王戦1回戦
※・2020年12月xx日   未定                      ③32第91期hulic棋聖戦2次予選2回戦◎
※・2019年12月xx日   未定 (12月最大9対局)          ④33第69期王将戦挑戦者決定リーグ5回戦
22・2020年01月14日   小林裕士七段42(C級1組24位)    ⑥28第78期順位戦C級1組8回戦◎

※・2020年01月xx日   未定                      ④34第70期王将戦挑戦者決定リーグ6回戦

※・2020年01月xx日   渡辺王将                    ⑧8第69期王将戦7番勝負第1局
※・2020年01月xx日   渡辺王将                    ⑧9第69期王将戦7番勝負第2局
※・2020年01月xx日   未定                      ④35第61期王位戦予選決勝◎
23・2020年01月xx日 ※未定シード 優勝でシード (初戦)           72第13期朝日杯本戦1回戦
              ここまで80対局
※・2020年01月xx日   未定                                 73第13期朝日杯本戦2回戦
※・2020年01月xx日   未定 (1月最大8対局)         ③33第5期叡王戦本戦2回戦
※・2020年02月xx日   未定                      ③34第91期hulic棋聖戦2次予選決勝◎
24・2020年02月04日   高野秀行六段46(C級1組30位)     ⑥29第78期順位戦C級1組9回戦◎

※・2020年02月xx日   渡辺王将                    ⑧10第69期王将戦7番勝負第3局  
※・2020年02月xx日   渡辺王将                    
⑧11第69期王将戦7番勝負第4局
※・2020年02月xx日   未定                     
④36第61期王位戦挑リーグ1回戦
※・2020年02月xx日   未定                                 
74第69回NHK杯準決勝◎
※・2020年02月xx日   未定                                  75第13期朝日杯本戦準決勝
※・2020年02月xx日   未定                                  76第
13期朝日杯本戦決勝
              ここまで90対局
25
・2020年02月xx日   未定 第29期銀河戦本戦スタート     77第29期銀河戦7回戦◎
※・2020年02月xx日   未定                                  78第29期銀河戦8回戦◎
※・2020年02月xx日   渡辺棋王                   ④37第45期棋王戦5番勝負第1局
※・2020年02月xx日   渡辺棋王                   ④38第45期
棋王戦5番勝負第2局
 
※・2020年02月xx日   未定 (2月最大13対局)          ③35第5期叡王戦本戦準決勝
26・2020年03月03日   真田圭一八段46(C級1組8位)     ⑥30第78期順位戦C級1組10回戦
※・2020年03月xx日   未定                      ④39第61期王位戦挑リーグ2回戦
※・2020年03月xx日   未定                      ③36第5期叡王戦本戦T決勝
※・2020年03月xx日   未定                                  79第69回NHK杯決勝
※・2019年03月xx日   未定                      ④40第91期hulic棋聖戦本戦T1回戦
              ここまで100対局!
※・2020年03月xx日   渡辺王将                    ⑧12第69期王将戦7番勝負第5局 
※・2020年03月xx日   渡辺王将                    
⑧13第69期王将戦7番勝負第6局
※・2020年03月xx日   渡辺王将                    ⑧14第69期王将戦7番勝負第7局
※・2020年03月xx日   渡辺棋王                   
④41第45期棋王戦5番勝負第3局
※・2020年03月xx日   渡辺棋王                   
④42第45期棋王戦5番勝負第4局
※・2020年03月xx日   渡辺棋王
(3月最大11対局)       ④43第45期王戦5番勝負第5局
   5月15日現在 今期先手2局 後手2局  通算先手58局 後手82局
       振り駒通算先手50回 後手69回              タイトル戦予選4戦全勝 


全ての予選を勝ち上がって勝率85%だと今期90対局となるのですが・・・・まさかね!
でも、タイトル戦の予選勝率は65戦59勝6敗(菅井・大橋・大橋・井上・山崎・久保)=90.77%ですから・・・
タイトル戦に絡むと殺人的スケジュールが待ってるので、高校卒業後までは程ほどで良いのでは・・・
棋聖戦予選は2回戦からと予想!銀河戦は決勝トーナメント出場でも予選免除は1戦だけ!
しかし、シードが3棋戦(王座戦・朝日杯・NHK杯)もあって最大106戦とは・・・勝てば勝ったで大変!(笑)
果たして2019年度はいくつタイトル戦に出られるのでしょうか?
今期のタイトル戦は王位・棋聖・叡王3棋戦で敗退したので4棋戦(棋王・王座・竜王・王将)の最大22対局!
5月20現在総対局予定数106局!さてさてどの棋戦が消えるやら?

タイトル戦途中敗退の場合は・・・・
復活・2020年01月xx日 ※未定                                                  ④第46期棋王戦1次予選2回戦
復活・2020年02月xx日 ※未定                                                  ④第46期棋王戦1次予選3回戦
復活・2020年03月xx日 ※未定                                                  ④第46期棋王戦1次予選準決勝 
復活・2020年01月xx日  ※未定 ベスト4の場合の来期本戦で消滅     ⑤第68期王座戦2次予選1回戦
復活・2020年02月xx日  ※未定 ベスト4の場合の来期本戦で消滅     ⑤第68期王座戦2次予選2回戦
復活・2020年01月xx日 ※未定                                                  ⑤第34期竜王戦3組ランキング戦1回戦
復活・2020年02月xx日 ※未定                                                  ⑤第34期竜王戦3組ランキング戦2回戦
復活・2020年03月xx日 ※未定                                                  ⑤第34期竜王戦3組ランキング戦3回戦
復活・2020年01月xx日  ※未定 王将戦スタート(シード外)   ③第70期王将戦第一次予選1回戦
復活・2020年02月xx日  ※未定 王将戦(シード外)        ③第70期王将戦第一次予選2回戦
復活・2020年03月xx日  ※未定 王将戦(シード外)        ③第70期王将戦第一次予選3回戦
                         1・対局予定に戻る

                           1 2p

七段まではとんとん拍子で昇段出来ましたが、八段昇段は竜王取らないと簡単ではありませんでした!
しかし、平成30年6月1日から昇段規定が改正されタイトル2期獲得で八段、タイトル3期で九段に昇進出来る事になりました!
2018年度のタイトル戦は全て敗退しましたが、2019年度には藤井聡太八段誕生か!
2019年度は、棋聖戦(7月)⇒王座戦(10月)⇒竜王戦(12月)⇒王将戦(3月)⇒棋王戦(3月)
2020年度・叡王戦(5月)⇒王位戦(8月)!2年後には九段に成っちゃったりして!
九段になってもA級順位戦で1位にならないと名人挑戦は出来ないのでC1残留して最短でも2023年に!
問題は、7月~9月の夏場対策!2017年は21戦14勝7敗=66.67%と最悪でしたし、
2018年も15戦12勝3敗=勝率は80.00%で通算負数の半分を献上!
通算36戦26戦10敗=72.22%と、コンピュータ同様夏場のオーバーヒートが唯一の弱点になってます!
棋聖戦は夏前に挑戦者になれるので、まずは棋聖戦からでしょう!


【昇段規定】  予想は4月~翌年3月の年度 名人以外毎期奪取可能なので最短2019年度で九段!
九段竜王位2期獲得⇒最短で2020
名人位1期獲得⇒最短で2023
タイトル3期獲得⇒最短で2019=・王座竜王・王将・棋王!2020~+叡王・王位・棋聖・・・毎期可能!
八段昇段後公式戦250勝
八段竜王位1期獲得⇒最短2019!毎期可能!
順位戦A級昇級⇒最短で3年後!C1(2018)→B2(2020)→B1(2021)A(2022)
七段昇段後公式戦190勝⇒
最短で5年目後半2018→2019→2020→2021⇒2022!(40勝x4年+)
タイトル2期獲得(平成30年6月1日改正)⇒最短2019=棋聖・王座
竜王・王将・棋王!毎期可能!

七段竜王挑戦
竜王戦1組昇級

六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝←2018年5月18日史上最年少七段達成!
順位戦B級1組昇級
タイトル1期獲得
六段昇段後全棋士参加棋戦優勝⇒NHK杯・銀河戦・朝日杯
六段昇段後公式戦150勝
六段竜王戦2組昇級
五段昇段後竜王ランキング戦連続2回昇級又は通算3回優勝
順位戦B級2組昇級
五段昇段後タイトル挑戦
五段昇段後全棋士参加棋戦優勝←2018年2月17日朝日杯優勝で史上最年少六段達成!

五段昇段後公式戦120勝
五段竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝
順位戦C級1組昇級←2018年2月1日五段昇段達成!

タイトル挑戦
全棋士参加棋戦優勝
公式戦100勝

藤井聡太七段 対局予定 速報 【最新版2019年5月26日更新】通算成績 戦歴一覧 【28日銀河戦・棋王戦】持ち時間5時間以上の対局通算44勝4敗=勝率91.67%!先手番通算52勝6敗=勝率89.66%!

 Internet Explorerで埋め込み動画が見れない事象が起きています!
一旦見れなくなると、FireFox等他のプラウザで観るしか方法は無さそう!

5月28日(火)【棋王戦】予選8組決勝で都成竜馬五段と
5月31日(金)【竜王戦】4組決勝菅井竜也七段とが組まれ5月4戦確定!
6月3日(月)【【王座戦】決勝トーナメント佐々木大地五段と大忙しの1週間となります!
6月は勝ち上がると7~8対局!暑くなったのでちょっと心配ですね!
 
平成最後の4月30日放映の銀河戦畠山七段との対局は先手番でした!93手で完勝!
現在、持ち時間1時間以内の棋戦は15連勝中!どこまで伸ばせるでしょう?

早くも、5月から2次予選で敗退した【棋聖戦】の第1次予選が始まりました!
タイトル保持者と前期賞金ランキング上位者計12名で争われる超短時間棋戦の【JT杯】に当確!
タイトル戦模擬テストの全国行脚対局スタート!今期可能対局数が最低4対局増となりました!(笑)
現在今年度確定対局数は【26】(次期竜王戦・王将戦はまだ除外)

【8大タイトル戦状況】
予選勝率63戦57勝6敗=90.48%
予選敗退通算6対局(菅井・久保 横歩取りでの大橋x2大逆転負けの井上先手で負けた山崎)のみ!
本戦勝率11戦4勝7敗=36.36% 2017年度1勝3敗・2018年度3勝4敗・2019年度0勝0敗
(佐々木勇気・豊島・深浦・増田・斉藤慎太郎x2・菅井)
名人戦(4月~6月)=⑥第78期C級1組                       6月18日村田顕弘六段と
竜王戦(10月~12月)=⑤第32期4組ランキン戦・決勝へ           5月31日菅井竜也七段と NEW
叡王戦(3月~5月)
第4期予選優勝③挑戦者決定トーナメント進出!    第5期8月から七段戦 未定
王位戦
(7月~8月)=④第60期予選2回戦(初戦)敗退!            第61期8月から予選 未定
王座戦(9月~10月)=⑤第67期本線1回戦シード                6月3日佐々木大地五段と
棋王戦(2月~3月)=④第45期予選・決勝へ                    5月28日都成竜馬五段と 
王将戦(1月~3月)
=③第69期予選決勝へ                      6月~千田or佐々木大

棋聖戦(6月~7月)=
第91期2回戦から                      6月~東和男八段と  

(一般棋戦状況)
朝日杯=前回優勝で本戦シード   第12回優勝!至上2人目の連覇! 2020年1月~未定
NHK杯
本戦2回戦(初戦)敗退!朝日杯優勝での予選免除で       5月~阪口悟六段と
銀河戦=第27期本戦7回戦・8回戦を勝って4連勝 本戦出場決定  4月19日行方九段と9回戦収録済み
JT杯=2019年度将棋日本シリーズ                      8月11日三浦弘行九段と1回線 NEW

【4月~6月対局予想】 青字=確定  =勝利 黒字=勝上り予定
4~6月間過去成績 2017年度19戦全勝!2018年度は9勝2敗=勝率81.82%!
4月=2018年3戦全勝

王将戦予選3回戦+銀河戦本戦9回戦+10回戦+竜王戦4組準決勝=4戦(確定3)!
5月=2018年2戦全勝
王将戦予選準決勝+棋王戦予選準決勝+棋王戦予選決勝+竜王戦4組決勝=4戦(確定4)!
6月
=2018年4勝2敗(今泉・増田)
王座戦本戦T1回戦+順位戦1回戦+王将戦予選決勝+棋聖戦予選2回戦+NHK杯1回戦+2回戦+竜王戦本戦T2回戦+王座戦本戦T2回戦=8戦(確定4)!
果たして前期以上にA級・B級棋士との対局が予想される2019年度の成績は?

01・2019年4月12日東京将棋会館で森内俊之九段48(Fクラス)と③24第69期王将戦第1次予選4組3回戦
第69期王将戦第一次予選201904010森内俊之九段
2019年度初戦!今期も先手番には恵まれず後手番スタート!       レーティング1619
=56位

↑空白の場合、https://www.youtube.com/embed/7ywE5N7UdYg
92手で勝って2連勝!八段昇段まで149勝!3時間棋戦の勝率も漸く70%台に!
残り時間は森内九段1分藤井聡太七段5分!なんとか時間切れは免れました!(笑)

02・2019年04月19日 行方尚史八段44(B級1組4位)         51第27期銀河戦本戦E組9回戦〇
銀河線Eブロック2行方尚史八段
5月28日PM8.00から放映!                             レーティング1704=33位!
勝てば3連勝、八段昇段まで148勝!持ち時間1持間以内の棋戦16連勝
8月から決勝トーナメント!


03・2019年4月24日東京将棋会館で、高見泰地叡王25と ⑤28第32期4組ランキング戦準決勝

竜王戦4組予選20190412高見泰地五段
                                                レーティング1718=26位!
高見叡王は防衛戦第1局で中盤までは見事な指し回しで勝勢から詰め間違いでもったいない大逆転負け!
詰将棋も鍛錬すべきかも!竜王戦は時間を残した方が勝つ展開か?
久しぶりの先手番!しかし相変わらず中盤で1時間以上の長考!今回もハラハラドキドキの展開!
高見叡王は、叡王防衛戦第1局同様勝勢寸前から・・・角切りを躊躇した一瞬の隙を突かれ大逆転負け!
終盤までは優勢なのに・・最後の詰めが・・・・・・詰将棋鍛錬しないとアカンぜよ!
終わってみば藤井聡太七段の鮮やかな詰めでの終局でしたが・・・・かなりやばい展開でした!
久しぶりの先手でしょうか・・どうも調子が出ない様で・・・・・勝つには勝ったけど・・・う~ん????

↑空白の場合、https://www.youtube.com/watch?v=BnB77d6Nzmw
127手で勝って竜王ランキング戦3連続昇級で3組へ!八段昇段まで147勝!
銀河戦で勝ってれば4連勝!

04・2019年05月9日関西将棋会館で北浜健介八段43(B級2組14位)と③25第69期王将戦予選4組準決勝
第69期王将戦第一次予選201904023北浜健介8段
レーティング1633=53位 振り駒は後手番!今期も後手番先行!

↑空白の場合、https://www.youtube.com/embed/y9icxDk5R5Q
96手で勝って決勝進出!八段昇段まで146勝!銀河戦で勝ってれば5連勝!

05・5月15日関西将棋会館で牧野光則五段30(C級2組25位) ④17第45期棋王戦第一次予選準決勝◎
棋王戦予選8組20190513牧野光則五段
レーティング1588=67位  

↑空白の場合、https://www.youtube.com/embed/BVugjl0h6dU
139手で余裕の勝利!
銀河戦に勝ってれば勝って6連勝!八段昇段まで146勝!
勝ってレーティングも1894(4位)

持ち時間4時間!全対局3時間の新人王を取ったので次は棋王戦の順ですが・・・・
1時間以下のNHK杯と銀河戦を制した後になるのか?
6月からの挑戦者決定トーナメントを経て来年2月からタイトル戦!先は長~い!

065月28日(火)関西将棋会館で都成竜馬五段29(C級1組20位)④18第45期棋王戦第一次予選8組決勝
棋王戦予選8組20190513都成竜馬5段28 304
決勝戦は、またも都成五段との対局!6度目!                レーティング1688=38位
さすがに藤井聡太七段が又勝ったら都成五段が可哀想になりますね!でも地味に着々と強くなってる!

予選は5月まで!6月から本戦T!挑戦者決定戦を経て来年2月からタイトル戦!
銀河戦に勝ってれば勝って7連勝!八段昇段まで145勝!

07・5月31日(金) 菅井竜也27七段(B級1組9位)                    ⑤28第32期4組ランキング戦決勝
竜王戦4組予選20190516菅井竜也七段
 レーティング1832=7位 リベンジ戦!3度目の正直で全力で勝ちに行くべし!
負けたのは3時間・4時間の持ち時間!得意の5時間で圧勝して欲しいですね!
第30期31期と2期連続優勝昇級!連続優勝は3期が最高で2人(木村一基・永瀬拓矢)の2名だけ!
3期連続昇級は確定しましたが、5期連続昇級は4人(佐藤康光・鈴木大介・橋本崇載・佐藤天彦)!
4期連続優勝なら新記録、いや5期連続優勝の偉業での1組昇級を期待しましょう!
銀河戦に勝ってれば勝って8連勝!八段昇段まで144勝!6月下旬から本戦2回戦!


08・2019年6月3日  佐々木大地五段23(C級2組5位)  ⑤29第67期挑戦者王座戦決定トーナメント1回戦
第67期王座戦本戦トーナメント20190520佐々木大地四段

レーティング1791=12位のライバル!C級2組とはいえ侮れません! 
銀河戦に勝ってれば勝って9連勝!八段昇段まで143勝!

07・2019年04月7日?~ 阪口悟六段40(C級1組22位)           53第69回NHK杯本戦1回戦◎
NHK杯は日曜日2対局分収録!4月6日(土)叡王戦タイトル戦解説した翌日の4月7日(日)収録か?
叡王戦解説も1時間と短くわざわざ来たとは思えませんので・・・放送は7月以降、まだ未定です!

第69回NHK杯阪口悟六段
レーティング1539=89位!銀河戦に勝ってれば勝って10連勝、八段昇段まで142勝!同日2回戦収録!

成績優秀者より前年度(1月~12月)公式棋戦優勝者が先なので、
昨年2月の朝日杯優勝により第69回も本戦シードでしたが、第70回も今年の朝日杯優勝で本戦シードです!


10・2019年06月xx日 千田翔太七段or佐々木大地五段と     ③26第69期王将戦第1次予選4組決勝
第69期王将戦第一次予選201904023(5/31決定)
(B級1組13位)千田翔太六段24 291vs佐々木大地四段(C級2組5位)
           レーティング1812=8位        レーティング1791=12位
銀河戦に勝ってれば勝って11連勝、八段昇段まで140勝!

11・2019年06月~  東和男八段62(フリークラス)       56第91期hulic棋聖戦1次予選2回戦◎
第91期ヒューリック杯棋聖戦1次予選へ組東和男八段62 128
                                                                                                    レーティング1230=167位(最下位)
通常は日2回戦なので1回戦終了まで待機ですが今回はなぜか組まれてません!
銀河戦で勝ってれば持ち1時間以内棋戦17連勝!
銀河戦に勝ってれば勝って12連勝、八段昇段まで139勝!

25・2019年08月11日福岡市国際センターで 三浦弘行九段(A級7位)45と 57第2018年度JT杯1回戦
2019年度JT杯三浦弘行九段45 204
レーティング1743=22位!

5月9日現在  通算140戦120勝20敗=勝率85.71%       今期4戦4勝0敗=勝率100%
持ち時間5時間以上の対局の通算勝率48戦44勝4敗=91.67%! 今期1戦1勝0敗=100%
 持ち時間6時間の対局の通算勝率20戦19勝1敗(近藤)=95.00%!           今期0戦0勝0敗=0.00%
  持ち時間5時間の対局の通算勝率28戦25勝3敗(佐々木・増田・斉藤)=89.29%!     今期1戦10敗=100%
持ち時間4時間以上の対局の通算勝率65戦58勝7敗=89.23%    今期2戦2勝0敗=100%
 持ち時間4時間の対局の通算勝率17戦14勝3敗(大橋・菅井・山崎=82.35%!            今期1戦1勝0敗=100
  (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く、入れると76.47%)      

持ち時間3時間の対局の通算勝率25戦18勝7敗(佐々木大・菅井・豊島・深浦・井上・斉藤・久保
=72.00%!
     (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を算入、除くと73.91%) 今期2戦2勝0敗=100                                            
 勝率を80%台に上げるには王将戦予選・棋聖戦2次予選・叡王戦本戦でこれから18連勝が必要!3時間棋戦の勝率上げは大変!

持ち時間1時間以内の対局の通算勝率50戦44勝6敗三枚堂・井出・上村・稲葉・大橋・今泉=88.00%
                                                  今期0戦0勝0敗=0.00%
先手番=通算58戦52勝6敗(横歩取り4敗・逆転負け1敗)=勝率89.66%         今期2戦20敗=100%
後手番=通算82戦68勝14敗=勝率82.93%                        今期2戦20敗=100
  先手番で千日手なった三枚堂・豊島戦は後手番にカウントしてます!)
振り駒  通算先手50回後手69回
天才にしては、3時間棋戦の勝率が悪過ぎ!
無難な指し手より新たな発想で最善手を模索中なんでしょうけど長考の場面が凡人には不可解な時も!
読み過ぎて(前期も竜王戦・王座戦・順位戦・棋王戦)持ち時間を使い過ぎるのが相変わらず課題ですね!
僅か10分されど10分!長考の時間が半分になれば・・・・・・・

【対局日未定&勝ち上がり対局予定】   青字は進行中棋戦 ※は勝ち上がり対局
竜王戦叡王戦・王位戦王座戦棋王戦・王将戦・棋聖戦NHK杯・朝日杯・銀河戦で10棋戦!
            全対局戦歴・予定一覧は下記案内の別ページに掲載


【第32期竜王戦】 
広瀬竜王 (ランキング戦12月~6月・タイトル戦10月~12月)
第31期竜王戦は増田六段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退!
※・2019年07月xx日  近藤誠也五段(B級2組21位)            ⑤29第32期本戦トーナメント2回戦
近藤誠也六段21レーティング1787=14位
【第78期順位戦】佐藤天彦名人⇒豊島2冠が4連勝で名人位獲得! C級1組 6月~翌年3月
5月6日現在藤井聡太七段のレーティングは1889 C級1組の今期対局者では、レート的には負ける筈が無い と思いますが、1700以上は注意しないと・・・・
12・2019年06月18日  村田顕弘六段32(C級1組29位)    ⑥21第78期名人戦順位戦C級1組第1回戦
村田顕弘六段レーティング1517=97位
13・2019年07月02日  堀口一史座七段44(C級1組36位)    
⑥22第78期名人戦順位戦C級1組第2回戦
堀口一史座七段218レーティング1345=157位
14・2019年08月06日  金井恒太六段32(C級1組16位)     
⑥23第78期名人戦順位戦C級1組第3回戦
金井恒太六段32 265レーティング1538=87位
15・2019年09月03日  高橋道雄九段59(C級1組11位)      ⑥24第78期名人戦順位戦C級1組第4回戦
高橋道雄九段59 142レーティング1482=117位
16・2019年10月15日  宮本広志五段33(C級1組7位)       ⑥25第78期名人戦順位戦C級1組第5回戦
宮本広志五段jpgレーティング1552=80位
17・2019年11月05日  青嶋未来五段24(C級1組6位)     ⑥26第78期名人戦順位戦C級1組第6回戦
青嶋未来五段300レーティング1654=47位
18・2019年12月03日  船江恒平六段32(C級1組2位)       ⑥27第78期名人戦順位戦C級1組第7回戦
船江恒平六段30C級1組レーティング1671=41位
19・2020年01月14日  小林裕士七段42(C級1組24位)       ⑥28第78期名人戦順位戦C級1組第8回戦
小林裕士七段レーティング1589=70位
20・2020年02月04日  高野秀行六段46(C級1組30位)      ⑥29第78期名人戦順位戦C級1組第9回戦
高野秀行六段46 226レーティング1500=105位
21・2020年03月03日  真田圭一八段46(C級1組8位)      ⑥30第78期名人戦順位戦C級1組第10回戦
真田圭一八段46 202レーティング1511=99位
前期痛恨の1敗を喫した近藤誠也五段の対戦時レートは1728でした!
今期順位戦はレーティング1700以上の棋士との対戦はありません!(笑)


【第67期王座戦】斉藤王座 (予選戦8月~3月・本戦T4月~7月・タイトル戦9月~10月)
第66期は、挑戦者決定トーナメント準決勝(ベスト4)で斉藤王座に敗れるもベスト4本戦シード!
※・2019年05月~
  羽生善治九段(A級2位)     ⑤29第67期挑戦者王座戦決定T2回戦
第67期王座戦本戦トーナメント20190520羽生善治永世7冠
レーティング1873=5位
近藤六段が絶対的勝勢から詰め間違えて自爆で拾った勝利での勝ち上がり!(苦笑)
勝てばベスト4で来期も本戦出場!負けても67期が本戦出場なので来期は2次予選からです!

第45期棋王戦】 渡辺棋王 ⇒
  (予選戦1月~5月・本戦T6月~1月・タイトル戦2月~3月)
第44期棋王戦は挑戦者決定本戦トーナメント2回戦で菅井王位に敗れる!
B級1組になると挑戦者決定トーナメントシードになりますが早くて2年後!
2019年06月~  未定                       ④19第45期棋王戦挑戦者決定T1回戦

【第5期叡王戦】高見叡王⇒ (段位別予選6月~10月・本戦T11月~タイトル戦3月~5月)
第5期叡王戦七段戦は8月から!
22・2019年06月~  未定                        54第5期七段戦1回戦
第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦で斎藤慎太郎七段に敗退!第5期叡王戦七段戦は来期8月から!
段位別予選は1時間棋戦!本戦は勝率最弱の3時間棋戦なのであと1~2年掛かるかも!


【第61期王位戦】
 豊島王位  (予選戦8月~12月・決勝リーグ1月~5月・タイトル戦7月~8月)
23・2019年08月~  未定
                          ④20第61期予選1回戦
第60期は予選7組2回戦(初戦)で山崎隆之八段に敗れる!組合せも不運!

【第91期ヒューリック杯棋聖戦】 豊島棋聖 (予選戦5月~1月・挑決T2月~5月・タイトル戦6月~7月)
・2019年06月~   伊奈祐介43六段(フリークラス)      57第91期hulic棋聖戦1次予選準決勝◎
第91期ヒューリック杯棋聖戦2次予選へ組伊奈祐介六段42F
レーティング1496=108位

【第70期王将戦】 渡辺王将   (予選戦1月~9月・挑決T10月~11月・タイトル戦1月~3月)
※・2019年06月xx日  未定                       ③27第69期王将戦第2次予選

【JT杯将棋日本シリーズ】
確か本人は30秒将棋は苦手だと言ってたような・・・・優勝すれば短時間棋戦王者決定!
※・9月21日に香川県高松市サンメッセ香川で豊島将之名人3冠と59第2018年度JT杯2回戦
豊島将之八段レーティング1908=3位!
※・2019年10月26日大阪丸善インテックアリーナ
で 未確定 
 59第2018年度JT杯準決勝
※・2019年11月17日東京幕張メッセで           未確定  59第2018年度JT杯決勝
藤井七段が決勝戦まで行ったら広くした会場も大観衆で埋まるかも!

【第69回NHK杯】  68回優勝者 山崎隆之八段
同日2回戦収録が普通なので、勝っていれば・・・・・・
※・2019年04月7日?~ 久保利明九段(A級6位)
               54第69回NHK杯本戦2回戦◎ 
久保利明王将とリベンジ戦!
レーティング1791=11位!
佐藤天彦名人・渡辺明2冠・前回優勝者羽生善治九段を撃破しないと決勝まで進めない激戦区!
銀河も奪取しNHK杯も初優勝すれば1時間以下の棋戦は無敵となります!結果は6月~9月まで御預け!


【第13期朝日杯オープン戦】
 前期優勝者・藤井聡太七段(予選免除・本戦シード)
優勝して第13期も本戦シードです!優勝すれば3連覇!
24・2020年01月xx日  未定                               58第13期朝日杯本戦1回戦

【第27期銀河戦】 佐藤天彦銀河  (予選7月・本戦8月~7月・決T8月~9月)
・2019年04月~ 阿久津主悦八段36(B級1組2位)        52第27期銀河戦本戦E組10回戦〇
阿久津主税八段7月放映なので5月になる可能性もあるにはあるけど!
A級順位戦での敗戦でレーティング1701=34位に落ちてますが・・・・
決勝戦まで勝ち上がって、豊島2冠に公式戦でリベンジしてほしいですね!
既にトーナメントで4連勝してるので、勝敗に関係なく決勝トーナメントに進出決定!次年度は本戦シード!
予選免除の本戦シードといっても減るのは1対局だけですが・・・・(苦笑)


敗戦一覧 20敗中・・先手=6敗 後手=14敗 1時間棋戦=6敗・3時間棋戦=6敗 タイトル戦挑戦T=7敗
**********************  2017年度 73戦12敗 負率16.44% **********************
30・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位)    ⑤8竜王戦
挑戦者決定T2回戦
33・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)千日13第2回上州杯Y杯準々決勝

37・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位)     ③7王将戦第一次予選7組決勝
42・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)  ④千日③8棋王戦本戦T2回戦  A級初対局
43・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位)       19第7期加古川青流戦準々決勝
45・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)   ③9第48期新人王戦・準々決勝
49・2017年09月22日東▲上村  亘四段30(C級2組25位)        22第26期銀河戦本戦H組・2回戦
57・2017年11月13日他▽稲葉 陽八段29(A級1位)              27第67回NHK杯・3回戦
60・2017年11月29日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)        28第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝
64・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)            ③10第3期叡王戦本戦トーナメント1回戦
66・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)      ④8第59期王位戦予選7組準決勝
83・2018年03月28日西▽井上慶太九段54(B級2組13位)      ③14第68期王将戦予選3回戦
**********************  2018年度 53戦8敗 負率15.09% **********************
91・2018年06月11日他▽今泉健司四段44(C級2組5位)         35第68回NHK杯本戦1回戦

94・2018年06月29日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)      ⑤23第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦
96・2018年07月06日西▽斉藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ⑤24第66期王座戦挑戦者決定T準決勝
105・2018年09月03日西▽菅井竜也王位26(B級1組9位)      ④13第44期棋王戦
挑戦者決定T2回戦
106・2018年09月14日西▲山崎隆之八段37(B級1組6位)      ④14第60期王位戦予選7組2回戦
116・2018年11月23日西▽斎藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ③20第4期叡王戦本戦トーナメント1回戦
127・2019年02月05日西▲近藤誠也五段21(C級1組6位)     ⑥19第77期名人戦順位戦C級1組第9回戦
135・2019年03月11日西▽久保利明九段43(A級5位)             ③22第90期hulic棋聖戦2次予選6組決勝
**********************  2019年度 4戦0敗 負率0.00% **********************

1時間以下の棋戦は目下15連勝中で力量大幅アップ!3時間棋戦と夏場のタイトル戦・本戦Tが残る課題!
タイトル取らないと確実に毎期7敗(順位戦を除く)!その他棋戦も優勝しないと確実に毎期10敗します!
但し、棋戦で王将戦や銀河戦の様に【前期に予選敗退し翌期勝ち進む】と負数が減る場合もあります!
今期は王位戦・棋聖戦が対象となります!
2018年度は朝日杯優勝と銀河戦を勝ち上がり8敗でしたが、毎期8割の勝率を維持するには40勝以上!
王将戦で北浜八段に勝って残り37勝!
シードが多くなると毎期50対局の確保もタイトル戦に出ないと厳しくなります!


            2・藤井聡太七段 戦歴一覧・手番・対局予定 一覧

                      1p2

⑯藤井聡太七段誕生!2018年度45勝8敗!勝率84.91%!歴代最高勝率更新は次年度以降に・・・・詰将棋解答選手権は5連覇達成!

棋聖戦2次予選決勝では、終盤評価値+1000の優位から、詰めを読み切れず逆転負け!(苦笑)
しかし、飛車成り込まれてるし、AIでも後手優勢と成る手が見出せない程の難解な場面となってたので持ち時間が残ってれば成り込まれる前に一旦受けてから攻めてたかもね!
でも中飛車得意の元タイトル保持者に飛車渡して2枚飛車とさせたら負けるよね~!大失敗!(大苦笑)
8敗目を喫して歴代最高勝率更新が絶望に!
でも、前期は1次予選決勝敗退ですから、間違いなくステップアップはしてます!来期は本戦へ!
報道では棋聖戦予選以後、最大3対局!3月22日の棋聖戦本戦を含んでいたので最大残り2戦です!
棋聖戦本戦からは高勝率の4時間対局だったのでまっこと残念ですが・・・・・

振り駒運が悪過ぎの今期に歴代最高勝率を更新しなかったで関係者はほっとしてるんじゃないでしょうか!
今期の振り駒は先手11回後手29回=後手率72.50%で後手番が圧倒的に多いのに・・・・・・
今期勝率84%なんですからね~!(新人王戦2回戦、順位戦各5回は振り駒なし、未放映の銀河戦は放映まで不明の為除外)
振り駒自体の歩の出目確率は50%に近いので、【上座と下座が逆だったら】先手番が圧倒的に多かった!
上座に成ると成り歩が多いと先手!下座は成り歩が少ないと先手!
つまり四段か五段のままだったら先手番が多かったって事です!
それでも負けた対局で先手番になるのは今泉・増田戦だけなんですね!
要は勝利の女神が速過ぎた昇段へ試練を与えてくれているんでしょう!(笑)

先手有利とされる将棋で藤井聡太七段の先手番が増えたら一体どんな勝率になるのか戦々恐々でしょう!
先手・後手が5分と成ったら勝率90%越えも!(爆笑)

長考の末【聡太流疑問手】で惜しい敗戦を喫っしていますが、評価値を下げる【聡太流疑問手】の後、AIソフトを超える手で圧勝してる対局も多い!
本人は定石に拘らず新たな最善手を模索中の様で、考え過ぎとは思ってないでしょうね!
しかし単純な手を読み抜けてるのは問題とも言えますが、天才の天才たる故に大ポカをするんでしょう!
意外と思われた長考は一番単純な手が最善手な場面だったりして?
素人でも判る手が最善なのに、攻守とも単純過ぎると潜在意識が無視してる所為なのかもよ!

最善手を読み抜けしたら幾ら考えたって最善手にはなりませんから長考になっちゃう!(苦笑)
逆に言えば直観力での短時間棋戦(公式戦13連勝中)では、これから無敵無双の絶対王者になるかも!
朝日杯決勝では中盤まで自然の手を指してました!脱皮したのか?短時間棋戦用なのか?

1月=順位戦8回戦+朝日杯本戦1回戦+2回戦+竜王戦4組1回戦+棋王戦予選3回戦を5戦全勝で10連勝!
2月=順位戦9回戦+王将戦予選2回戦+朝日杯準決勝+決勝+銀河戦7回戦+8回戦なら6戦5勝1敗
3月=順位戦10回戦+竜王戦4組2回戦+棋聖戦予選決勝+竜王戦4組3回戦で4戦3勝1敗
1~3月は前期と同じ18勝2敗!勝率90.00%!(笑)

しかし、負ける度に脱皮して来た藤井聡太七段ですから棋聖戦のの敗戦も来期生かして来るでしょう!
棋聖戦は勝ってれば挑Tで三浦九段とでした!次期対戦者を解説に呼ぶのはどうなんでしょうね!(大苦笑)
挑Tで三浦九段に負けても54戦46勝8敗=85.18%うは歴代勝率2位でした!
銀河戦9回戦10回戦が前倒しになれば55戦47勝8敗=85.45%で、まだ中原名人の記録と同率1位になる可能性は僅かに残っていたのですが・・・・
棋王戦・王将戦も来期になったので今期56戦目は無くなり、記録更新は来期以降に!
ま~今年更新出来なくても、来期以降時間切れのポカミス負けが減るので記録更新は時間の問題でしょう!

藤井聡太七段の対局が終わると、どこかの新聞社が必ず次の対局日を載せていたのに、今回はゼロ!
載せないって事は次の対局は99%放映日発表まで収録日を公表しない銀河戦だからでしょ!
杉本師匠がG組で2月22日収録でしたから藤井・近藤戦はもっと前?
3月8日AmebTVが竜王戦中継中に、竜王戦前の通算戦歴をなんと【3月5日現在】でミステロップ!
AmebaTVミステロップu公式では順位戦まで131戦112勝!

2対局2勝多い=銀河戦7・8回戦分を加えた様で、銀河戦は勝ち残ってるみたいですね!(笑)
以下勝ってるとして・・・・・・
48・2月19日(火)、近藤誠也五段21(C級1組6位)と4月2日放映の第27期銀河戦本戦E組7回戦

銀河線Eブロック2近藤誠也五段21
同じ月に順位戦と2回対局とは!4度目!今度は長考したくても出来なかったので勝ったんでしょう!(笑)
振り駒は珍しく先手番で・・・・鮮やかな圧勝でリベンジを果たしました!

勝って、4連勝目で今期51戦43勝8敗勝率84.31%(暫定歴代勝率単独3位)!
八段昇段まで152勝!持ち時間1時間以内対局14連勝!
続けて49・畠山鎮七段49(B級1組13位)と第27期銀河戦本戦E組8回戦を収録!

畠山鎮七段
藤井七段に負けてショックからか2位で昇級した順位戦B級1組
で5連敗しましたが・・・・
現在は復調して斉藤慎太郎・行方・菅井に勝って4連勝で4勝6敗!リベンジに燃えてますから激戦か!
久しぶりの先手番でした!
勝って
5連勝目(棋聖戦決勝前で7連勝)!今期52戦44勝8敗=勝率84.62%(まだ歴代勝率3位のまま)!

銀河戦4連勝!9回戦以後負けてもE組最多勝ち抜き者で決勝トーナメント進出決定しました!(笑)
八段昇段まで151勝!持ち時間1時間以内対局15連勝!


53・2019年03月27日  中田宏樹八段54(B級2組5位)                    ⑤27第32期4組ランキング戦3回戦
竜王戦4組予選20190327中田宏樹八段54 173
今期最終局も後手番!今期先手番16局、後手番なんと35局(未発表の銀河戦を除く)!ワォ!
振り駒運に泣かされた1年でしたが・・・・
若干押され気味になったら・・・・又も長考!どうにかならないもんですかね!
挽回する新しい手を考えているんでしょうけど・・・・・・まだ疑問符の付く指し手が多いですね!
これだけの勝率を維持する頭の構造が我々と違う様で・・・勝負時の捉え方も違って当然ですが・・・・
それにしては素人でも判るような単純な最善手を読み抜けしてるみたいで・・・・・・
夕食休憩中でAmebaTVの視聴者52万人!ワオ!
終盤途中まで手に汗握る大熱戦でしたが・・・AIでは大劣勢!
1分将棋となって負けを覚悟したファンも多数の状況に!そこで飛び出したのが6二銀のただ捨て!
中田八段が同竜と銀を取ったことで・・・・・・世紀の大逆転に!

手持ちの駒が余らない詰将棋でした!

最後は持ち前の終盤力で読み切り毒饅頭を喰わせてなんとか110手で勝つには勝った大逆転だったけど・・
少しでも劣勢だと長考になるのを少なくするのが来期の課題ですね!
勝って、連勝再スタート!今期53戦45勝
8敗勝率84.91%!歴代勝率3位!八段昇段まで150勝!
竜王戦3組&3期連続昇級まであと1勝!4組優勝まであと2勝!

3月31日現在  
通算136戦116勝20敗=勝率85.29%!      今期53戦45勝8敗=勝率84.91%!
持ち時間5時間以上の対局の通算勝率47戦43勝4敗=91.49%! 今期21戦18勝3敗=85.71%
持ち時間6時間の対局の通算勝率20戦19勝1敗(近藤)=95.00%!          今期10戦9勝1敗=90.00%
  持ち時間5時間の対局の通算勝率27戦24勝3敗(佐々木・増田・斉藤88.89%! 今期11戦9勝2敗
=81.82%!
持ち時間4時間以上の対局の通算勝率63戦56勝
7敗88.89%今期28戦23勝5敗=82.14%
 
持ち時間4時間の対局の通算勝率16戦13勝3敗(大橋・菅井・山崎=81.25%!             今期7戦5勝2敗=71.43%!
      (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く、入れると76.47%)      

持ち時間3時間の対局の通算勝率23戦16勝7敗佐々木大・菅井・豊島・深浦・井上・斉藤・久保
=69.56%!
          (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を算入、除くと75.00%)                今期9戦7勝2敗=77.77%                                            
  勝率を80%台に上げるには王将戦予選・棋聖戦2次予選・叡王戦本戦でこれから19連勝が必要!3時間の勝率上げるのは大変な事態に!
持ち時間1時間以内の対局の通算勝率50戦44勝
6敗三枚堂・井出・上村・稲葉・大橋・今泉=88.00%!
                                                      今期16戦15勝1=93.75%
先手番=通算56戦50勝6敗(横歩取り4敗・逆転負け1敗)=勝率89.28%!       今期18戦16勝2敗=88.89%!
後手番=通算80戦66勝14敗=勝率82.50%!                     今期35戦296敗=82.86%!
  (先手番で千日手なった三枚堂・豊島戦は後手番にカウントしてます!
横歩取りは佐藤名人に勝って克服!
読み過ぎて(今年も竜王戦・王座戦・順位戦・棋王戦)持ち時間を先に使い切ってるのが相変わらず課題ですね!

僅か10分されど10分!長考の時間が半分になれば・・・・・・・


2018年度は45勝8敗!勝率84.91%で最高勝率賞と竜王戦5組決勝戦の77飛車成りが評価され升田浩三賞
挑戦者決定本戦には出られても敢無く敗戦中ですが・・・
5月からの新元号時代に成ったらタイトル獲得する運命なのかもね!
なにせ昭和の大山、平成の羽生、令和の藤井聡太となるんだから・・・・・!(笑)

3月31日(日)は詰将棋解答選手権!誤記で満点は逃し午前の部は3位!

詰将棋2019
2017年の誤記で、退出前に見直しした筈なのに・・・55分の退出は自信過剰での思い込み?
手順は正解なのに・・・・金と【と(成り歩)】を書き間違えだとか・・・
この頃、長考で単純な手を読み抜けするのと同じ症状なのかも!思春期の所為?(苦笑)

詰将棋解答選手権2019総合
午後の部は苦戦するも時間一杯使ってなんとか全問解答に漕ぎ着けるというギリギリの勝利でした!
5連覇達成で将棋なら永世称号が・・・・
しかし、午後の部でも成り駒を誤記したので永世称号には本人も嬉しくないでしょう!(苦笑)
2019詰将棋解答選手権優勝ポカミスで自分自身に怒ってる?

これに懲りて来年は全問正解で6連覇達成して満面の笑みを浮かべてほしいものです!(笑)

藤井聡太七段御使用のAMD・RYZENの第3世代・7nmZEN2 7月7日発売か?

藤井聡太七段がRYZEN71800Xを使っている事で、一躍注目を浴びたAMDのRYZEN・CPUですが・・・
Ryzenには内臓グラフィック(iGPU)を搭載していません!高性能グラフィックボードは必須です!
要はゲーム用CPU!
AMDはRADEONブランドのグラフィックボードメーカーでも有る訳で商売上も載せない方が得ですしね!

1800Xのスペックは8コアですがベンチマークは15414、Ryzen Threadripper 1950Xでは21868と1.4倍!
スレッドリッパーにしておけば良かったと後悔していたので・・・・
BIOS更新でマザーボードも使えるようですし・・・将棋の研究用じゃ高性能グラボも必要ないので次回は最高スペックのZEN2を買うのでは?
ZEN2最高位の処理能力は1800Xの1.5倍以上でしょうから、AIでより深く研究出来るでしょうからタイトル獲得も近づくかもね!(笑)

そのAMD第3世代7nmCPU【ZEN2】の発売が7月7日に決定した様です!
AMD-Zen-2-release-date-900x507
今までは8コアと言っても4コアx2の擬似8コアでしたが・・・・・今回から真の8コアCPU搭載に?
Intel i9-9900kより45W省電力で性能もES版で凌駕しているのとあって人気沸騰中!
イメージキャラクターとして藤井七段を採用したら品切れ続出か!

zen2
空きのスペースは+8コアCPU?
1月の発表時点では8コアでしたが8コアx2の16コアも発売になるのでしょうか?

あと3ヶ月!どんな価格で売る出されるやら・・・・
そしてZEN2にした藤井聡太七段が今年中にタイトル獲得するとAMDファンも増えるかも!

⑮藤井聡太七段誕生!順位戦昇級ならず!棋聖戦2次予選決勝敗退で歴代勝率更新も絶望!見落とし頻発がちょっと心配に!このまま行くと頓死もあるかも?

順位戦1敗で44戦37勝7敗=84.09%になっちゃいましたが、5連勝で49戦42勝7敗=85.71%とし
残り全勝すれば歴代勝率を大幅に更新出来るチャンスでした!が・・・・・・



48戦目・3月5日、後手番で都成竜馬五段28(C級1組32位)と第77期名人戦順位戦C級1組10回戦◎
都成竜馬5段28 304
5度目の対局!秘策を練ってくるでしょうから熱戦期待!
20190205 
1敗して順位は4人中最下位に!B級2組昇級は他力本願!どうなりますやら?
AmebaTVの順位戦視聴者は午後6時半で84万人!午後9人!ワオ

前回の敗戦から長考も1回だけと修正し更に進化!終盤戦まで自然な受け手徐々に優勢に!
終盤戦では、難しい攻めも鮮やかな手順で追い込んじゃった!一段と強くなりましたね!
華麗な詰めを観たかったのに・・・・126手で都成五段が粘らず投了に!5連敗で被害者の会会長に就任!
勝ったけどライバル全員が勝ち、杉本師匠B級2組復帰・近藤五段は六段に昇段&B級2組へ昇級!
師匠が負けても昇級出来なかったので、良い結果だとしましょう!
しかし、9勝1敗で頭ハネとは、よもやの来年もC級1組残留と成りました!

でも見方を変えれば新たな順位戦連勝スタート!C級1組・B級2組・B級1組全勝なら31連勝じゃけの!(笑)
公式4連勝。今期48戦41勝7敗勝率85.41%(暫定歴代勝率単独2位)、八段昇段まで154勝!!
(銀河戦も勝ってれば、6連勝で今期50戦43勝7敗勝率86.00%(暫定歴代1位更新)!八段昇段まで152勝)
今期棋王戦・王将戦が組まれれば・・・・残り4対局!
通算成績131戦112勝19敗!・勝率85.50%!
同日、既に勝っている阿部健治郎七段29(C級1組8位)との銀河戦E組6回戦◎が将棋チャンネルで放映!

銀河線Eブロック2阿部健治郎29 277
先手番でした!攻められましたが読みきって1大駒の飛車切りで109手で勝利!

しかし一方的圧勝では無かったので、1手30秒将棋はまだ苦手?7回戦の勝利も微妙かも!

49戦目・3月08日に関西将棋会館で畠山成幸八段49(B級2組13位)と第32期4組ランキング戦2回戦!

竜王戦4組予選20190308畠山成幸49 193
又も後手番!しかもマスクして体調悪そう!大熱戦の末、112手で辛くも終盤力で勝利!
勝って公式5連勝。今期49戦42勝7敗勝率85.71%(暫定歴代勝率1位)、八段昇段まで153勝!
(銀河戦が勝ってれば7連勝、今期51戦44勝7敗勝率86.27%(暫定歴代1位更新中)八段昇段まで151勝)
AmebTVが竜王戦中継中に竜王戦前の戦歴をミステロップ!2対局2勝多い=銀河戦7・8回戦分を加算?
AmebaTVミステロップu
竜王戦を勝って通算成績132戦113勝19敗・勝率85.60%ですから、2月収録の銀河戦連勝をカウント?(笑)
直ぐに修正されましたが・・・・・真偽の程は?銀河戦結果公表の催促だったりして?(爆笑)
竜王戦後の報道で、棋聖戦決勝後の今期対局は最大3対局との報道が!
将棋連盟の予定にこれから組まれる分だとすると、収録された銀河戦を入れて実質55対局!
師匠の杉本杉本昌隆七段が、銀河戦G組7回戦に勝って苦節13年勝数190勝を達成し八段へ昇段しました!
順位戦でもまさかの9勝1敗でB級2組に復帰するとはダブルのお目出度!
暫くは弟子の藤井聡太七段に段位差を付けていられるでしょうけど・・3年?いや2年間かも!


1~2月中には終わる予定が、遅れに遅れてる第90期hulic杯棋聖戦2次予選ですが・・・・・・・
50戦目・久保利明九段43(A級5位)との6組決勝が3月11日(月)に決定!持ち時間3時間!
棋聖戦2次予選久保利明王将 
最年少タイトル獲得者の屋敷九段も棋聖戦でした!

勝率の高くない持ち時間3時間の対局なのがちょっと心配ですが・・・
歴代勝率更新への最後の難関なのに・・・・A級中飛車巧者に又も今期34戦目の後手番とは!
やはり3時間の持ち時間は苦手?先手四間飛車に苦戦するも終盤勝てる目もあったのに時間が!

持ち時間を使い切り得意の終盤力が不発!1分将棋で珍しく詰めを間違えて逆転負け!
粘るも127手で投了!やはり上位棋士との3時間棋戦は鬼門じゃ~!(大苦笑)
前期は1次予選決勝敗退、今期は2次予選予選決勝敗退と確実にレベルアップしてるんですが・・・
来期本戦出場⇒2年後夏のタイトル奪取に期待しましょう!
3時間棋戦の勝率も69.56%に低下!しかし今期は振り駒運に泣かされっぱなし!

今期50戦42勝8敗勝率84.00%!歴代勝率3位に交替!八段昇段まで153勝!
(銀河戦が勝ってれば今期52戦44勝8敗勝率84.61%(暫定歴代3位)八段昇段まで151勝)

残り3戦を全て勝っても47勝8敗勝率85.45%で歴代勝率1位タイ!歴代勝率更新は夢に終わりました!
ここ一番の対局で勝てないけど、勝ってたら4月から殺人的スケジュールになってたので良かったかも!
前期は早々に負けが込んで、年間最高勝率更新なんて話題にならなかったんだから・・・・
今年度、対戦棋士レベルが上がっているのに若干16歳で、しかも後手番率68%で前期を上回る勝率を上げるなんて前代未聞!
しかし棋聖戦決勝トーナメントには、なんと六段棋士が4人も進出!
組み合わせ次第では楽に進出出来たのに残念ですが、今期の対局運も振駒運も悪過ぎました!
来期、先手が多くなったら、歴代最高勝率更新も十分に可能でしょう!

しかし、長時間棋戦では、経験を積むと積むだけ考慮手が拡がり過ぎて、余計時間が掛かってる可能性も!
定石外の手を考えてたんじゃ更に時間を費やすし・・・・
素人でも判る簡単な最善手を長考の末読み抜けするのも、余りにも安易なので無意識に思考回路から除外されちゃうのかも?天才が故の悲哀ですかね!
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ