今頃になって加圧水型(PWR)は福島原発の沸騰水型(BWR)より安全ですなんて!

知ってて報道しないマスコミが国難を認識して、ようやく大本営発表や大衆応合報道から脱却したのなら喜ばしいことですが!

 

最初から私みたいに、大手マスコミが沸騰水型と加圧水型の違いについて流していれば、原発が全て止まることも再稼動に苦労することも無く、ましてや原発ゼロなんて夢想も起きなかったんですがね!

なにせ単細胞の原子炉にお詳しい菅の事故処理が悪すぎたんだから!

 

この記事には書いて有りませんが、原発の基礎も問題なんですよ!強度じゃなく原子炉建屋とタービン建屋の基礎が一体化しているのかどうかが問題・問題・大問題なのです!

 

原子炉建屋とタービン建屋が別々の基礎で作られていて異なる大きな揺れに見舞われたら、沸騰水型(BWR)はタービン用蒸気管が破断する可能性が高く、一気に炉心が露出しメルトダウンしてしまいます!

 

加圧水型(PWR)の場合、熱交換器までは一体構造なので、たとえ蒸気管が破断しても直ぐには炉心が露出することは有りません!

農業ポンプはいずれにしても、熱交換器は高圧でなくても冷却が可能です!

 

沸騰水型(BWR)での事故で一番大変なのは、格納容器の底から制御棒を出し入するので核燃料が溶融した場合、一気に建屋内に解け落ち、核燃料を冷却しようとすれば高汚染水による第2次被害が発生することです!

 

莫大な費用がかかる事は皆様ご存知ですよね!

 

加圧水型(PWR)では、上から制御棒を出し入するので、底部から漏れ出すことは有りません!これはスリーマイル島の事故で実証済みです!

 

何回も書いてますが、重大な原発事故が起きるのは炉心で減圧が起きた時です!

 

沸騰水型(BWR)も加圧水型(PWR)も炉心は冷却水の温度を高めるため高圧です!加圧水型(PWR)は熱交換するのでより高圧にして有りますが・・・・冷却水=冷たい水じゃありません!

 

簡単にいえば高めの圧力でいつもボコボコといつも沸騰しているのが沸騰水型(BWR)!

もっと高圧にして高い温度の熱水を熱交換器へ循環させるのが加圧水型(PWR)!

 

減圧が起きると沸騰点が下がるので、冷却水があっという間に蒸発してしまうのです!

スリーマイル島加圧水型(PWR)原発事故も、日本みたいに定期点検中も停止する訳ではないので、運転中にイオン交換樹脂交換を行い、計器系に不具合を生じさせ、第2次冷却系が停止し炉心温度が上昇し圧力が高まった事から始まりました。

 

加圧水型は圧力が高くなると減圧弁が動作します!同時に制御棒も下がり運転を停止し当然非常用冷却装置も動作しました!しかし冷却水の水位計が誤動作、冷却水過剰と判断され非常用冷却装置も手動解除しされてしまいました。

ベントで内部圧力が低下したのに戻らず、減圧弁が開きぱなしになってしまった事が最大の原因です。

水位が低下しているのに、減圧弁が解放され続けられたので沸騰点が下がり炉心が露出してメルトダウンしてしまった!

幸い土壇場で冷却水が補充されて事なきを得ましたが・・・低温になるまで膨大な水蒸気が噴き出し広範囲が汚染されました!

 

福島原発事故も同じ様な経過でしょう!1号機の非常用冷却装置は手動で停止し再起動したくても電源喪失で出来なかったのですから!

 

冷却水の水位低下=圧力上昇の時に減圧(ベント)すればどうなるかもうお分かりでしょう!

沸騰水型原発で高圧になった炉心に冷却水を送り込むのは容易なことでは有りません!

単純に考えればベント(減圧)して圧力を下げれば冷却水を送り込めるって事ですがそんな事したら水位が下がってるんですから沸騰点が更に下がって一気にメルトダウンしちゃいます !

ベントをするには、給水を万全にしなければなりませんが、誰かさんはベント・ベントと叫んでましたよね!

給水も出来ずにベントを行ったら格納容器内が減圧して・・・・菅ちゃんの指示がいかに間違っていたか!

圧力の高い内に冷却水注入にも失敗したんじゃ爆発して当然!

運転停止状態まで動かない非常用冷却システムの古い沸騰水型(BWR)は危険すぎるのです!ですからMARKⅠ型原子炉(沸騰型)なんて廃炉にしなければ!

 

福島第一原発が、チェルノブイリの数倍の大惨事に成らなかったのは、津波による建屋内に入り込んだ海水のお陰かも知れませんね!

溶融した核燃料が海水の中に落ち込んだのですから・・・今も汚染水が地下に浸透し続けている筈です!

 

私も”原発ゼロ”推進派ですよ!沸騰水型(BWR)の!

地震国日本には沸騰水型原子炉は危険すぎますからね!

加圧水型(PWR)で大事故が起きる可能性はゼロじゃありませんが、福島原発の様に格納容器から漏れ出す事故になることは有り得ませんからね!

勿論、スリーマイル島事故の様に一歩間違えば甚大な被害を起こす可能性はゼロでは有りませんが、非常用炉心冷却システムを人為的に停止させなければ溶融する事はないでしょう!

 

是非、皆様方も工業国日本の為に、加圧水型(PWR)原発の再稼動にはご理解を!

 

しかし、アメリカから”原発ゼロ”を抗議される前に報道すればいいのにね~!これじゃ属国のマスコミじゃん!(大苦笑)

 

ま~新たに発足した原子力規制委員会が認可する四国電力・伊方3号機、関西電力・高坂3-4号機、北海道電力・泊1-2号機再稼働へのバックアップする大本営発表なのかもね!

 上記の原発は、当然全て、加圧水型(PWR)です!(笑)