ほんまに永田町・霞が関の日本人て頭が良過ぎて良過ぎて!なんで1千年に一度の東日本大地震と同じ様なM9.1の対策が南海トラフで必要なのかね!馬鹿な私にゃ難し過ぎて理解出来ませんね!(大爆笑)

 

残念ながら当分の間、東日本大震災の様な超巨大地震は起きませんよ!

だけど大地震発生に備えて、M8クラスを想定し実行可能対策をすべきなのに!猫も杓子もM9.1!オオカミ少年じゃあるまいし!(大苦笑)

 

私が大震災前に、緊急警告を発したのは、冷え切った地球が急激な黒点増加で一気に地球が暖められている最中に、電子レンジもどきのフレアが頻発したので”よもや”と思ったからで、温まっちゃたら急激な変化は起きにくいので、大フレアが東日本大地震前より頻発しても、余程のXクラスが起きない限り警報を発していません!

私の警告後マネする人も出て来た事は大いに結構な事ですがあまりやりすぎるとオオカミ少年!(笑)

 

今回の内閣府発狂は、じゃなかった発表は想定外と言われたくない自己保身の為だけ!本当に起きる確信があって言うなら別ですが、当るも八卦当たらぬも八卦の類(たぐい)!(大大苦笑)

 

起きなくても原発事故同様責任なんて取りっこないし・・・・そのころ野田ちゃんは政権にタッチしていないしね!(爆笑)

 

対策にいくら必要なのか・・・実現可能なのか・・常識ってないのかね!シュミレーションすれば責任を果たしたとでも?

 

マスターベーションもいい加減にしてほしいよね!

沿岸地帯の低地に住む人達にはお気の毒ですが、M9.1対策の防災設備増強なんて無理です!でもそこまで必要ないんですよ!

 

東名の富士川PA付近なんて台風の高潮で交通止めなんだから最初から選定ミスだしね!

 

チリ地震並みのM9.5が起きたら・・・どうせ想定外なんでしょ!(大苦笑)

 

東日本大震災は深~い深~い日本海溝(最深部8020m)の傍で起きました!深ーい深ーい海溝は、膨大なプレートエネルギーが溜まる場所!

日本海溝は千葉沖から伊豆・小笠原海溝になり、その先は日本から遠く離れたマリアナ海溝となります。

日本同様、地震が頻発するチリも深ーい海溝(8000m)の傍で浅いトラフの傍じゃ有りません! 

1000mの駿河湾トラフじゃM7クラス、4000m程度で日本海溝の半分の深さしかない南海トラフで地震が起きたって、せいぜい東日本大地震の32分の一のM8.1!

野田政権の地震規模でM9.1なんて想定は99.9999999999999%起きないと思いますね!

確かに可能性はゼロじゃ無いけどね!(大爆笑)

 

ただM7~8クラスの地震が日本近海のトラフで10年以内に起きる可能性は99.9999999999999999999999%だと思います!

 

私は波動論者ですので、大地震や天災は太陽よるサイクル(波)が大きく影響を与えていると信じています!

光も音も電波も電気も全て波(サイクル)!

 

皆さん電子レンジをお使いになられているでしょうが、電子レンジは電磁波(マイクロ波)で細胞の分子を振動させ発熱させる代物ですよね!

 

では太陽からの電磁波で、地球は暖められていると何故思わないのでしょう!温暖化阻止が叫ばれていますが、大フレアが数十回起きればCO2削減なんて吹っ飛ぶと思うのですが・・・

 

オーロラが輝くのは電磁波(通常より強力なプラズマ)によるものですが紫外線が地表に到達している様に、マイクロ波も地殻・海水を暖めている筈なのです!

 

太陽は周期的(ほぼ11年)に黒点の極大期・極小期を繰り返しフレア回数も同様に増減します!それに約50年周期で大きな内部循環が起きているので今年の最極大期と重なると、映画”2012”やマヤの週末予言の様な大異変が地球を襲うのもあながちSFの世界の話じゃないのですぜ!

 

大地震は黒点の極大期が終り太陽の活動が弱まる黒点の極小期に起きやすいと言われてきました!地球が冷えて収縮する過程です!

まれに極大期(今回の極大期は2012年)にも急激に膨張して起きますが、東日本大震災はまさに稀な事象なのです!

極小期から極大期には一気に上がります!2009→2012 

極大期から極小期にはゆっくり下がります!2012→2020

 

四川大地震は2008年5月12日に起きました!太陽の極小期(2008~2009年)ですよね!この時のッ極小期は100年に1度と言われたほど黒点が少ない最低の極小期でした!

 

今年の2012年は反動で史上最大の極大期になるのでは?と心配されて来ました!実際アメリカでは大旱魃(干ばつ)が起きて大豆やトウモロコシの収穫が激減!酪農家が牛の飼料を確保出来ず処分せざるを得ないとか・・・

 

太陽の影響で極大期には地球の地殻が急激に膨張したり、極小期には収縮した場合の圧力で内陸部に巨大地震が起きやすいと!

 

大フレアが起きると、約8分少々で強力な電磁波が地球を襲います!無線が不通になったり衛星もダメージを受けます!

2~3日後には太陽風(フレアの大きさや向き・速度にもよる)

が到達し、場合によっては激しい地磁気変動を引き起こします!

この影響で、カナダでは実際に過去に大停電が起きました!

 

地球の地殻に影響を与えているのは月(MOON)です!新月・満月・中弦の月の前後2日は危険日だといって善いと思います!

 

四川大地震は中弦の月(上弦)でした!東日本大震災はやはり中弦の月(上弦)の2日前でした!

 

もっとも月(MONTH)に4回もあるので危険日の方が多いので(5日x4回)難点なのですが!(苦笑)

 

でも、四川、東日本と巨大地震が中弦の月(MOON)前後で起きたので、一番危険なのは、太陽と月が重なる強力な引力の新月後、横に引っ張られる中弦の月(上弦)前後が一番注意する時期なのかもね!

 

長々と書きましたが、巨大なエネルギーが造り出した海溝じゃ無い浅いトラフで未曾有の超巨大地震が起きると想定するの行き過ぎじゃないのかな~と言いたいだけ!

マグニチュードは1増える度に31.62・・・・=√1000!M7とM9じゃ1000倍も違うんだぜ!

 

無暗に不安を煽るような無責任な想定は百害あって一利無しだと思うのですが!

 

より現実的なM8でのシュミレーション&対策が必要なのでは・・・・

 

この無責任な政府発表で浜岡原発も御臨終!タービン用蒸気管が大地震で破断すると簡単にメルトダウンしちゃうBWR(沸騰型原子炉)だから閉鎖には反対しませんが・・・残すのは早くPWR(加圧型)だけにすると閣議決定すればいいのに!

 

 

ま~二度と民主党が政権を取る事は無いから、大いに好き勝手やって頂戴ませませ!(大爆笑)

 

素人集団の民主党には無責任な消費税増税同様、官僚の言いなりで責任ある想定をする政治家もいないしね!(大苦笑)