大飯原発(PWR)再稼働反対で官邸を取り囲んだデモ隊に参加した人達の何割が沸騰水型(BWR)加圧水型(PWR)の危険性について違いが判っているんだろう!

 

何十回と沸騰水型(BWR)加圧水型(PWR)との違いを書いているので私のブログを観ている方は、このようなデモには絶対に参加していないと思うのですが・・・

 

同じ再稼働に反対するデモでも、GE型特にMARKⅠ型の再稼働絶対反対のデモなら私も参加しますよ!(大苦笑)

 

沸騰水型(BWR)原子炉の制御棒は下から出し入れします。圧力容器内で行われているならまだしも、圧力容器に穴を開けそこから制御しているのです。

地震で止めるには制御棒を押し上げしなくてはなりませんが、電源喪失で油圧ポンプが動かなくなれば途中で止まる可能性も・・・・

 

誰が考えたって、この制御棒出入システム下部の穴にシール漏れが起きれば冷却水が原子炉建屋に漏れ出しますよね!

 補給用には、圧力容器の下に有る圧力抑制プールに大量の水が蓄えられていますが、供給・循環ポンプが電源喪失で動かなくなったらあっという間に冷却水の水位が低下し炉心溶融が起きて圧力容器の役目を果さなくなります・・・・・・・・・・

一旦、炉心溶融が起きたら、制御棒が圧力容器から溶け出しその溶けた穴から核燃料も原子炉建屋床に溶け出すんだもの事後処理はスリーマイル島の事故どころの比じゃ有りません!

これが沸騰水型の最大弱点だったのですが・・・・それが不幸にも証明されちゃったんですよ、福島第一原発で!

 

その点、加圧水型(PWR)原子炉は、制御棒の出入システムが上部からなので圧力容器下部には穴が空いていません!万が一メルトダウンしても核燃料も制御棒も溶け出す危険性は大幅に少ないですし、地震でも制御棒は自然落下する事で運転を緊急停止状態に出来ます!

内部圧力も沸騰水型より高いので圧力容器の強度も数倍ですし! 

 

更に言えば、加圧水型原子炉沸騰水型の様に汚染蒸気で直接タービンを回す訳ではなく、原子炉建屋内で熱交換を行い汚染蒸気はタービンに行きません!

万が一、地震でタービン建屋と原子炉建屋が大幅にずれ、蒸気管が破断すれば沸騰水型ではあっという間に核燃料が露出してしまいます!

 

私に言わせれば、地震国日本には、沸騰水型(BWR)原子炉は不適格なのですが、マスコミは一向に問題視していません!

 

関西電力は東京電力に比べれば効率より安全性を最優先している事になるのですが・・・・・(沸騰水型の方が熱交換を行わない分効率も良く低価格!)

 

人災だと結論が出された福島原発事故報告書が国会に提出されましたが、私に言わせれば、情報を隠匿した事故後の対応を非難せず政府発表(大本営発表)を垂れ流しただけのマスコミも事故後の被害拡大を助長した責任を問われるべきでしょう!

 

大手マスコミは収益を依存しているTV会社とは切っても切れない関係になっているので、認可権を握っている霞が関官僚・政府を非難出来にくい事は素人にだって判るよね!

 

遅まきながら、やっとマスコミも政府が再稼働に動きだすと同時に原発再稼働を容認する姿勢が顕著に成りましたね~(大爆笑)

日本のマスコミは本当に

 

しかし、源の無い日本には、(今の時点では)原発は貴重なエネルギー源だと言う事を御理解して頂き、何兆円も国民の金が産油国に流出する”原発全部を再稼働反対なんて非現実的抗議行動”は止めて下さい!

 

でも、是非、古い沸騰水(BWR)型原子炉は再稼働させないよう大いに現実的抗議デモをして下さいね!

 

 

MARK‐Ⅰ型・MARK‐Ⅰ改型はは即時廃炉に!!MARK-Ⅱ型・ABWR型はベントフィルターを設置し電源喪失時の非常用冷却システムの徹底訓練後、MARK‐Ⅱ型は稼働期間30年で廃炉にABWR型は稼働期間40年で廃炉でしょう!実際の稼働時間にすれば40年~50年てことになるかも!