何回も当ブログでご紹介している宇宙天気予報ですが、過度に反応して不安を感じないで下さいね!(苦笑)

 

あくまで情報の一種として判断の材料ですから!

 

私が警告を出すのは、活動が異常に活発になった場合と地球に影響を与える大フレアが発生した場合に限定しています!

 

毎日根を詰めてご覧になられる必要はありませんが、3日に1回程度はご覧になられることをお薦めします!

 

地球と太陽の距離はおよそ1億5千万km(149,59x,xxxkm)!

X線や紫外線は、光の速さですから約8分ちょっとで地球に到達します。

頭の良い人達には、直下型地震と同じで判った時には既に遅いので警報を出す必要なんて無いと思われているのかも知れませんね!(苦笑)

本来なら、観測された時点=到達時点から強烈な紫外線を浴びるので地震速報と同様に大フレア発生時に警報を出すべきなのですが!特に海水浴シーズンには!

地球規模の大規模電磁波障害が起きるまでフレア警報が発せられることは無いでしょう!どうせ日本のマスコミは、政府の要請も無かったし想定外だったなんて言い訳をするんだけなんだから!(大苦笑)

 

視覚的に大フレアが発生しても、必ず地球に大きな影響を与えるとは限りません!

問題は太陽風の方向だからです!急激に速度が上がったら注意して下さいね!

 

ご覧になられる場合のお薦めは

こちらと http://swc.nict.go.jp/forecast/

 

こちらです!http://swnews.nict.go.jp/rt/crl_27d.html

 

お気に入りに登録しておかれるとよろしいでしょう!

 

今、ご覧になられると、27日夜半に23日以上の大フレアが発生しているのを認識出来ますよ!

 

太陽風が到達するのは、通常なら明日です!地球に影響があるかどうかは太陽風の速度と静止軌道電子の状況で判断して下さい!

 

今回大フレアは太陽風のスピードも思ったほど増加していません!

プロトン現象の予報も中規模です。幸い地球をダイレクトで襲うことは免れた様なので、前回の様な素晴らしい巨大オーロラは観測されないでしょう!(笑)

 

宇宙天気予報を勝手に解釈して不安を煽ってる人もいる様ですが、これからしばらくは大人しい面を地球に向けるので、当分の間は心配することは無いでしょう!

 

注視するのは活動中の面が向く20日後当りからでしょうか・・・

 

ご参考になれば幸いです!

 

今回の様な極大フレアが、地球方面に爆発すればオーロラが綺麗だなんて悠長なことを言ってる訳には行きません!

 

今年は黒点の極大期のピークだと予想されています!必ずや今年か来年には影響を与える大フレアに遭遇する筈です!

 

電子機器が使えなくなる事態も想定するのは、賢明な自衛策です!コンピュータの大切なデータはDVDやCDに焼いておく事をお薦めします!

あくまで保険です!面倒ですが最悪の場合を想像して徐々に対策を講じてください!

官公庁も電子化が進んでいますが私は懐疑派です!大切な権利書や記録簿はせめてマイクロフィルムやDVDで保存すべきです!

 

満月の夜、毎回月光を浴びてみては如何でしょう?徐々に明るさが増していると感じたら極大期が近づいている証拠です!

 

今度の満月は2月8日~9日です!晴れた夜になるといいですが・・・

 

宇宙天気予報が3項目とも静穏の時、飲み屋に行くと空いていてモテルかもね!

2項目以上が活発な時は混んでいるかも!いろんな場面で有効に活用してみて下さい!

さてさて、彼女を口説くには静穏時?活発時当然活発時ですよね!本心が観測出来るでしょう!(大爆笑)