何回もブログで書いてますが、制御棒を圧力容器の下側から制御するBWR(沸騰型)原子炉は地震国日本では危険過ぎます!

圧力容器底部からの核燃料漏れが実際に起きたのですから!

 

汚染された蒸気で発電機のタービンを直接回すので蒸気配管が損傷したら簡単に漏れ出しちゃう!

圧力容器内の気圧が下がり沸点が低下して、あっという間に冷却水が蒸発!メルトダウンに至ったのは福島原発で実証されたじゃありませんか!

 

その点、加圧型原子炉は制御棒が上から出し入れするので、底部から核燃料が溶けだす可能性は沸騰型に比べて大幅に少なくなっています!発電用蒸気も原子炉内で発生させた蒸気を熱交換器を通しての2次蒸気を使用するので発電機がトラブルを起こしても安全度は沸騰型の比では有りません!

しかも汚染された廃棄物も少なくて済みますからトータルコストは加圧型が圧倒的に優位! 

まずは1970年代に造られた基本設計の欠陥が露呈したMARKⅠ型沸騰型原子炉は基本的に廃炉に向けて再稼働を見合わせた方がよろしいと思うのですが?

 

下記に日本で動いている通常原発の一覧表を載せてみました!

赤字は30年を超えている原子炉!太字廃炉中です!

青字は稼働から30年間まで10年以上稼働出来る原子炉!

 

稼働30年で浜岡原発を順次廃炉にした中部電力は良心的と言えるでしょう(実際は耐震補強が出来なかったんだけど)!馬鹿な菅直人の所為で最新型原子炉(ABWR)が操業停止に追い込まれまれてしまいました!

停止要請を停止中の3号機と4号機だけにしておけば、電力不足も全く違った展開に成っていたと悔まれます!あと2年間は東海大地震も大丈夫なんだから!

 

加圧型でも各部が劣化しているので35年過ぎた原子炉は基本的に廃炉に向けて準備を始めるべきでしょう!

九州電力の玄海原発1号機 は37年間も動かしています。率先して動かすべき原子炉と廃棄に向けて準備する原子炉に区分けして再稼働すべきでは・・・・

ABWR(改良型沸騰型原子炉)は第三世代です。しかし廃棄を考えると推進するには二の足を踏まざるを得ません!

早く加圧型原子炉も第三世代が主流となれば安全性が高まるかも・・・と言いたいのですがプルサーマル(MOX)が基本ですから危険性は今以上かも・・・

                                   稼働後の歳月↓

日本原子力発電 東海    GCR(沸騰型) 1966.07 45年  1998.3.31廃炉停止

日本原子力発電 東海第二   BWR(沸騰型) 1978.11 33年MARKⅠ 

日本原子力発電 敦賀1     BWR(沸騰型) 1970.03 41年MARKⅠ

日本原子力発電 敦賀2     PWR(加圧型) 1987.02 24年

 

北海道電力           泊1           PWR(加圧型) 1989.06 22年 

北海道電力           泊2           PWR(加圧型) 1991.04 20年

北海道電力           泊3           PWR(加圧型) 2009.12 01年

 

東北電力             女川1         BWR(沸騰型) 1984.06 27年MARKⅠ

東北電力             女川2         BWR(沸騰型) 1995.07 16年 MARKⅠ改良型

東北電力             女川3         BWR(沸騰型) 2002.01 09年MARKⅠ改良型

東北電力             東通          BWR(沸騰型) 2005.12 06年

MARKⅠ改良型 

東京電力             東通         BWR(沸騰型) 2017 (建設中)

東京電力             東通         BWR(沸騰型) 2020

東京電力      福島第一1 BWR(沸騰型) 1971.03 40年MARKⅠ2011.3.11溶融停止

東京電力      福島第一2 BWR(沸騰型) 1974.07 37年MARKⅠ2011.3.11溶融停止 

東京電力      福島第一3 BWR(沸騰型) 1976.03 35年MARKⅠ2011.3.11溶融停止

東京電力      福島第一4 BWR(沸騰型) 1978.10 32年MARKⅠ2011.3.11損傷停止 

東京電力      福島第一5 BWR(沸騰型) 1978.04 33年MARKⅠ 

東京電力      福島第一6 BWR(沸騰型) 1979.10 32年MARKⅡ 

東京電力      福島第二1 BWR(沸騰型) 1982.04 29年MARKⅡ 

東京電力      福島第二2 BWR(沸騰型) 1984.02 27年MARKⅠ改良型 

東京電力      福島第二3 BWR(沸騰型) 1985.06 26年MARKⅠ改良型 

東京電力      福島第二4 BWR(沸騰型) 1987.08 24年MARKⅠ改良型    

東京電力             柏崎1    BWR(沸騰型) 1985.09 26年MARKⅡ

東京電力             柏崎2         BWR(沸騰型) 1990.09 19年MARKⅡ 

東京電力             柏崎3         BWR(沸騰型) 1993.08 18年MARKⅠ改良型 

東京電力             柏崎4         BWR(沸騰型) 1994.08 17年MARKⅠ改良型 

東京電力             柏崎5         BWR(沸騰型) 1990.04 21年MARKⅠ改良型 

東京電力             柏崎6        ABWR(沸騰型) 1996.11 15年 

東京電力             柏崎7        ABWR(沸騰型) 1997.07 14年 

 

中部電力             浜岡1         BWR(沸騰型) 1976.03 35年MARKⅠ2009.1.30廃炉停止  

中部電力             浜岡2         BWR(沸騰型) 1978.11 33年MARKⅠ2009.1.30廃炉停止  

 

中部電力             浜岡3         BWR(沸騰型) 1987.08 24年MARKⅠ改良型 

中部電力             浜岡4         BWR(沸騰型) 1993.09 18年MARKⅠ改良型 

中部電力             浜岡5        ABWR(沸騰型) 2005.01 06年 

 

北陸電力             志賀1         BWR(沸騰型) 1993.07 18年MARKⅠ改良型

北陸電力             志賀2        ABWR(沸騰型) 2006.03 05年

 

関西電力             美浜1         PWR(加圧型) 1970.11 41年 

関西電力             美浜2         PWR(加圧型) 1972.07 39年 

関西電力             美浜3         PWR(加圧型) 1976.12 35年 

関西電力             高浜1         PWR(加圧型) 1974.11 37年 

関西電力             高浜2         PWR(加圧型) 1975.11 37年 

関西電力             高浜3         PWR(加圧型) 1985.01 26年

関西電力             高浜4         PWR(加圧型) 1985.06 26年 

関西電力             大飯1         PWR(加圧型) 1979.03 32年 

関西電力             大飯2         PWR(加圧型) 1979.12 32年  

関西電力             大飯3         PWR(加圧型) 1991.12 19年 

関西電力             大飯4         PWR(加圧型) 1993.02 18年

 

中国電力             島根1         BWR(沸騰型) 1974.03 37年MARKⅠ 

中国電力             島根2         BWR(沸騰型) 1989.02 22年MARKⅠ改良型

中国電力             島根3         ABWR(沸騰型) 2012.03

 

四国電力             伊方1         PWR(加圧型) 1977.09 34年 

四国電力             伊方2         PWR(加圧型) 1982.03 29年 

四国電力             伊方3         PWR(加圧型) 1994.03 17年 

 

九州電力             玄海1         PWR(加圧型) 1975.10 36年    

九州電力             玄海2         PWR(加圧型) 1981.03 30年

九州電力             玄海3         PWR(加圧型) 1994.03 16年

九州電力             玄海4         PWR(加圧型) 1997.03 14年

九州電力             川内1         PWR(加圧型) 1984.07 27年 

九州電力             川内2         PWR(加圧型) 1985.11 26年 

 

 

海江田君も常識的な廃炉政策を打ち出すべきだった!菅と大喧嘩しても!

民主党にはこんな事さえ思いつかないのかね!

浜岡原発は最新鋭の改良型5号機だけは動かすべきだった!ディゼル発電機も3機用意したし津波対策も出来てるんだから!

国民が納得して、原子力発電を当分容認させるには耐用年数を厳守させるしかないと思うのですが・・・・

 

日本は2度にわたって為政者の所為で被曝してしまいました!

最初の原案通り稼働から30年で廃炉にしていれば、2度目の被曝は起きなかったのですから・・・・

原発はまだまだ安全性を高められる可能性を秘めていると思います!

なぜ多くの日本人が自然エネルギーに頼るのは危険過ぎると思わないのか不思議です!

風力発電も未曾有の超大型台風に耐えられると思います?

太陽光発電だってこの数年間は太陽黒点の極大期だから恩恵を受けられるでしょうが、長期間長雨や大雪に見舞われたら・・・

確実に電力を確保するには原子力発電が一番なのは言うまでも有りません!

年々効率化を優先して巨大化した原発こそが問題!効率より安全性を追求した原発を国家プロジェクトで推進すべきなのですが!

近視眼的菅直人の場当たり発想じゃ長期的発展なんて出来っこありません!皆様も冷静になって上の一覧表をご覧になってみて下さい!

” 日本は老いている!”のが観えて来ませんか?

1990年以降に造られた原子炉は20基に満たない!

第3世代は