全鶏処分するのは、予防上仕方がない・・・・としても、数十万羽の中には、耐ウイルスの鶏や免疫が出来た鶏も当然いるんじゃないのかな~

キャリアとして新型を生む宿主になっちゃ大変なんだけど、ウイルスも寄生生命体と考えれば宿主が全滅しては生きていけません!

 

インフルエンザにかかっても人類の全員が死亡する訳でもないのと同じで絶妙な自然界の掟にそっているのかも・・・

 

当然、感染死した一羽見つかればその野鳥の群れのほとんどがウイルスに感染していると考えるのが自然ではないのでしょうか?

でも体調の劣った個体が死ぬので、渡り鳥全てが死んじゃいませんよね!そんなことになったらウィルスは活動範囲を広げられませんから!

 

もっとも抗体を持つ鶏がいても、遺伝するかどうかも未知数ですし、貴重な鶏を選び出すのも大変だろうけど、今の様に単純に全鶏を処分し続けていたら絶対に危機は収まらないでしょう!

 

なんとか、対強毒性インフルエンザに耐性がある鶏を選別増やして養鶏する方法は出来ないものなのだろうかと考えますが・・・夢物語だけど

 

じかし渡り鳥以上に活動範囲を拡大できる人類と言う宿主は、寄生生命体にとっては魅力でしょう!

 

いまや短期間で全世界に伝播させることが容易な環境が整っているんだから!

エアバスが飛び、空港も大型化し、大競技場や大劇場で大観衆が集まり、一晩で数百万人に感染出来ちゃうもんね!

 

新型ウイルスを自衛したくても空気感染は防ぎようがないものね(涙)

 

マヤの予言じゃないけど、

第Ⅰの太陽の時代は大洪水で、

第Ⅱの太陽の時代は風波浪で、

第Ⅲの太陽の時代は火山・隕石で 

第Ⅳの太陽の時代は飢饉で滅びた!

今の第Ⅴの太陽の時代はウィルスで滅ぶのでしょうか?

2012.12.22まで2年切った!

 

神や仏に祈るのみか・・・・・・