ホンダとソニーは戦後大躍進した会社です。

 

ホンダは2輪車で世界のレースを席巻しF1でもエンジンだけでしたが常勝を続け名声を不動のものとしました。

その後はアメリカ一辺倒になってしまい、インサイト発売まで日本ユーザーを蔑(ないがし)ろにしてましたけどね~(苦笑)

アコードの馬鹿でかさを観ると”大きいこと”が必ずしも善いとは思えないのですが!

 

ソニーも同じで、過去の栄光に溺れて新製品の開発より金に任せコストを無視した自己満足の事業展開になっていた様ですね(笑) 

アメリカの映画会社を買収したりする金があったら何でもっと研究開発費やコストダウンに資金を注ぎ込まなかったんでしょう!

デジタルカメラも、ウォークマンも、ハイビジョンビデオカメラもあっと驚く特徴が全く無いんだものSONYブランドが泣くよね! 

デジタルテレビだって同じで、SONY製品を選ぶ理由が見つかりません

プレステーションだって高価格以上にサイズ問題だったんじゃないかな~任天堂のDSやWiiの大ヒット時に気付くべきだったんだけどね~!(苦笑) 

大体役員全員がOK出した商品はヒットしないとされています。

遮二無二不可能とされる商品にチャレンジする気力も資金もないんじゃないの?

 

出井氏が商品開発に無縁のストリガー氏をスカウトしたのがそもそもの間違いだと思いますね!

欧米人は規模の大きさを追求しがちで映画事業にしたってMGM買収は事実上失敗だったし、近年映画館に足を運ぶほどの面白い映画が少なくなってしまった一因もストリンガー氏の好みの所為と言えるかも!

 

アップルのジョブスとストリンガー氏を比較したって月とすっぽん!SONYが人真似やってどうすっるの!

ストリンガー氏の提唱する”垣根を取り払い情報の共有”なんて専門知識の無い人には苦痛でしかないし、組織がオープンになり過ぎて陳腐化するだけなんだけどね!

 

SONYみたいな開発先行会社は、秘密主義で各セクションが何を開発してるのか判らない方が開発意欲が湧く筈なんだけど、日本人じゃ無いストリンガー会長には永遠に理解できないでしょう

 

私は今も古いVAIOのノートパソコンを使ってます!GR9Fって機種ですがCPUは1.19GHZでも15インチで1600x1200を表示出来るので大変使い勝手が良く旅先にもパイロットカバンに入り重宝していたのですが、いつの間にやら15インチサイズの大画面は無くなり他社製と区別が無くなっちゃいました!

特徴が無いなら安いパソコンになっちゃいますよね!

 

なにせ使い勝手の良いのはせいぜい15インチサイズでの大画面!

そろそろ買い換えようと同じ様な大画面15インチサイズを探してみたら有りました!有りましたよ!しかもグッドプライスで有りました!

昔のSONYらしい小型大画面は、DELLが出してるStudio 15

           

しかもCPUは最新のi7・500GBのHD・4GBメモリー・15.6インチフルHD(1920x1080)DSPLAY・ブルーレィドライブまで付いて11万5050円!!

 

15インチサイズのSONY・Nは安いけどフルHD(1920x1080)は選べませんので使い勝手の悪い16.9インチのSONY・F(ベース価格11万4800円)になります!(約17インチ!使い勝手が良くない!)

このSONY・FをDELL同等のスペック=CPUはCORE i7のオプション無いので同等のCPUCore2Duo9900・500GBHD・4GBメモリ+ブルーレィドライブにしたら17万9800円です!

高いだけじゃなく大きすぎて買わないっちゅーの!同じ17インチ買うなら価格じゃ無くマックにしちゃうもの!

今のSONYは使い勝手を勘違いしてるんですよ!

ホンダのアコードと同じで大きければ売れると思ってんじゃないの!

折角の強み・特徴を万人化と称して廃してる張本人がストリンガー氏だと思うよ!

どうして15インチのVAIO/Nや14インチのVAIO/CにフルHD(ハイビジョン)モデルをオプションで作らないんだろう?

小型が得意な昔のSONYなら最新のCPUを載せて暮の商戦に出してるよ!

 

そんなわけで、多角化好みの会長が辞めなきゃSONYは益々つまらない会社になっちゃうって事ですよ!

 

VAIOファンの泣き言でした!