近畿説は無理!知らないって無責任で好いよね!大笑い)

古事記にも日本書紀にも天皇家は九州から来たって書いてあるじゃ有りませんか!

 銅鏡だって卑弥呼に纏わる品々だって一緒に持ってくるのは当然ですよ!

 

もっとも天皇家が近畿に攻め込んだのは、卑弥呼の時代からずっと後の話ですが・・・・ヤマト帝国の源流邪馬台国は九州にあったのですよ!

 なぜかって?

魏志倭人伝に明確に記述されているからです!

 

倭人在帯方東南大海之中依山爲國邑舊百餘國漢時有朝見者今使早譯所通三十國

從郡至倭循海岸水行歴韓國乍南乍東到其北岸狗邪韓國七千餘里(残り5千余里)

始度一海千餘里至對馬國其大官曰卑狗福曰卑奴母離所居絶方可四百餘里土地山險多深林道路如禽 鹿徑有千餘戸無良田食海物自活乗船南北糴(残り4千余里)

又南渡一海千餘里名曰瀚海至一大國官亦曰卑狗副曰卑奴母離方可三百里多竹木叢(残り3千余里)
林有三千許家差有田地耗田猶不足食亦南北市糴

又渡一海千餘里至末盧國有四千餘戸濱山海居草木茂盛行不見前人好捕魚鰒水無深淺皆沈沒取之 (残り2千余里)

釜山~対馬と対馬~壱岐までほぼ同じで75km強!

一里は750mとしても末盧國から邪馬台国までは150km強しか無いのです!

末盧國とされる松浦市から奈良県まで500km以上有るんですよ!

私から言わせれば邪馬台国近畿説は無理矢理のこじつけです!

しかし邪馬台国の後継者が近畿に進出して、大和政権を確立した事は間違い有りませんけどね!

 

東南陸行五百里到伊都國官曰爾支副曰泄謨觚柄渠觚有千餘戸世有王皆統屬女王國 郡使往來常所駐 (残り1500余里=112.5km~)
福岡から100km近辺で古墳のある場所といったら私は日田市の一番阿蘇よりだと思いますけど 

東南至奴國百里官曰馬觚副曰卑奴母離有二萬餘戸(残り1400余里=105km~)

  

東行至不彌國百里官曰多模副曰卑奴母離有千餘家(残り1300余里=97.5km~)

 今までの余里を引けば残りは1200余里以下と言ってもいい(85km!)

次の一文が大論争を呼んだのですが、
至投馬國水行二十日官曰彌彌副曰彌彌那利可五萬餘戸

しかし海上交通とは限りません!今までの論争で川を人力(縄で引っ張る)を使って船で遡る事”を忘れてはいませんかね?川の水かさが増えていれば思いのほか日数は掛かるけど楽チン!(エンジンの無い江戸時代までは川を遡る内陸の船旅も当たり前だった!)だから雨季以降に訪れたのでしょう!

 

そして

南至邪馬壹

女王之所都水行十日陸行一月官有伊支馬次曰彌馬升次曰彌馬獲支次
曰奴佳可七萬餘戸・・・・・

其南有狗奴國男子爲王其官有狗古智卑狗不屬女王自郡至女王國萬二千餘里!
私の考えでは福岡から御笠川で大宰府まで川を遡り宝満川に乗り換えて一旦筑後川の合流点まで下り筑後川を遡る行程なら水行20日位になるかな~

筑後川と宝満川の合流点は久留米市!記述道理なら久留米市は投馬国となる!

久留米市から筑後川を船で遡ると日田市に到着する!その奥が邪馬台国!久留米市より南の!

 以前から日田市に注目してる理由は、魏志倭人伝のもう一つの記述です!

 

 

 つまり邪馬台国の東には一千余里の海があるって事です!日田市から中津港に出て宇部まで一千余里=75km~!東には相応な豊予海峡もある!奈良の東には千里近く海は無い!

 

豊前・豊後の中心!豊かだったからとよの国と呼ばれたんだと思うよ!

神主さんの祝詞(のりと)にも葦原の中津国を・・・・と!

 

女王國東渡海千餘里復有國皆倭種又有侏儒國在其南人長三四尺去女王四千餘里又有裸國黒齒國復在有東南船行一年可至參問倭地絶在海中洲之上或絶或連周旋可五千餘里
邪馬台国がもしも奈良だったっら水行20日の間寄港する大きな港の記述が無いのは不自然とは考えないのだろうか!しかも瀬戸内海航海の記述が全く無いなんて何も無い川を遡る方が正解だと思うんだけどな~!