男子ゴルフの第37回フジサンケイクラシックは6日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(7397ヤード、パー71)で最終ラウンドを行い、17歳の石川遼が通算12アンダーの 272で2位の丸山大輔(38)に5打差をつけて圧勝、今季3勝目を挙げた。優勝賞金2200万円で今季の獲得賞金を約9300万円としてランキングでトップに!

和製アーノルド・パーマー出現!

570ヤード2オン!おれもこれだけ飛べば・・・・ゴルファーの夢を叶える遼君!

同じ飛ばし屋の誰かさんと違い、マナーも善いし、ファンサービスも一派だもの益々ファンが増えちゃうよね!

低迷していた日本男子ゴルフトーナメントは遼君のお蔭で大活況!

救世主に乾杯

 

刻まず、攻め続ける遼君!テン・カップのケビン・コスナー役みたいに頭に来ないで攻める続ける姿勢はアーノルド・パーマーの正に再来!

冷静なジャック・ニクラウスより人気のあった彼同様メジャータイトル奪取に向けて、このまま技を磨けば、3年後タイガーのライバルも夢じゃないぞ!