日本国内が新型インフルエンザで右往左往している間に、アメリカのWTI原油相場が60ドルを突破しました。

ガソリン需要期に入り、一段の価格上昇傾向が顕著になっています!

しかし、通年アメリカでは夏場上昇するので大騒ぎする必要は全く無いのですが、一部マスコミが踊らされて誰かのプロバガンダやるのが怖い!

 

昨年の異常な上昇もマスコミが煽った事が上昇に拍車を掛けてしまいました。

 

正確な情報をきちんと流さないで、ゴシップ記事同様に大衆を煽動するような報道は謹んでもらいたいものです。

 

しかし、WTI原油相場が再び70ドルを超えるようだと、トヨタプリウスがワゴンRを抜いて、国内販売台数第一位の栄誉に輝く確立は99.999999999%になりますね!(笑)

 

アメリカも自動車燃費改善法案の試行で、ガソリン消費量は2/3程度に減るのは時間の問題ですから、メジャーも70~80ドルにしたいんで、適正価格大キャンペーンが始まるかもね!