いやいや喜ばしい事です!金額の大小もさること、事務所もらったりした悪質な政治家もいたのに、小沢秘書逮捕時にあれほど克明に捜査動向をリーク出来た地検特捜部の動きを、今なぜかマスコミは流しませんね?

 

これでは、御用報道と言われても仕方ないでしょう!

 

自民党独裁に近い今の国会!公明党とあわせれば3分の2ですから、本来ならもっと施策を前倒し出来たんですが、何も出来なかった麻生さんの結果オーライが評価されるとは素晴らしいニュースですね~(大笑い)

 

昔、昔、あるところにナチスと言う超人開発を目指した独裁者を信奉する組織があったとさ!

 

超人開発の為に、ある民族を実験台として使い、遺伝子を研究していたそうな。

 

ナチスと同じ民族の劣等遺伝子保有者も、優秀な子孫繁栄のため処分され、多くの障害者や精神病者が抹殺されたそうな。

 

映像を使ったプロバガンダは、ナチスの独創的アイデアでしたし、超人開発も、秦の始皇帝が目指した不老不死同様、独裁者の究極の目標だったのでしょう。

 

現代では弱者救済なんて綺麗ごと言ってるけど、資本主義社会での企業戦争の下、弱者零細企業を見捨て抹殺してるのは矛盾しないのかね?

日本の銀行は、オイルショックまで、長期的視野で起業家や零細企業にも手厚かったのですが、今は短期的・近視眼的・数値主義で、短期の赤字でも零細は危ないからと高金利取り放題!

小泉・竹中路線で、ナチス並みのプロバガンダが行われ、何でもかんでも民営化・短期的効率化優先の弱肉強食のグローバル路線に転換させられてしまいました。

 当然利益最優先に!損して儲けるどころか損出せば即刺左遷!

 

そのお先棒を担いだのが、マスコミと称される日本の報道機関!

偽の情報も吟味せず、第三者の様にただ配信するだけじゃ国民は戦時中の大本営発表を配信させられたのと同じ憂き目!

恐慌の教訓で、リスクを分散する為に銀行は証券業務は出来ませんでした。

何故って、銀行が証券業務出来る様になれば、預金情報から余分な資金を把握出来るので、強引な勧誘してしまうからです。

歯止めが無くなった日本!その内メガバンクも2つになっちゃう!

 

現在の超人(ガリバー)を目指し、M&Aを駆使して、資金力もなく障害も持つ弱者企業を潰し、独占的世界企業とするやり方はナチスの超人思考・指向とどこが違うんだろう!

 

人間と企業は別物なんて詭弁です!企業も人間並みの自然死にすべきなのです!

 

つい最近まで、どこの国にも”独禁法”って今やハンムラビ法典となった法律で、この超人志向をブロックしていました!

  

それが、グローバルの名の下に自社株を使った錬金術で次々と買収され、国際競争力優先の為と独占禁止法は死文化されてしまいました。

 

麻生さんに、この独占するグローバル企業を後押しするエスタブリッシュの動きが読めるとは思えませんが?

 

大きいことは本当に良いのか?

 

日本車を国際車にした原点はプリンス自動車のR380(たった1年間で世界の一流レースエンジン&レースカーを開発)!マツダのロータリーエンジンも大企業じゃ商品化出来なかった!セイコーエプソンのクオーツ腕時計!日亜化学の青色レーザー!パイオニアのGPSナビ!今も愛されているホンダのスーパーカブ!

業績不振や倒産寸前の小さな会社から素晴しい画期的製品が生まれているじゃないですか!

日本民族の底力は、世界でも別格官幣大社!追い込まれないと

発揮されないけど!

 

しかし、悲劇的とされ悲惨な批判も出来ない民族が、最大のナチスのライバルだったとは!

日本と同盟したのもちょっとすると・・・・・後は御自分の想像力を働かせて・・・・・

 

 抜け道の無い法律は出来ない・造らない!ルールは強者が造るもの!抜け道を最初から考慮した法律も!政治資金規正法なんてこの口かな~(笑)

抜け道だらけの法律をたてに取り締れば見解の相違でどうにでもなる!

詳細を規定していないので、でも、本来は”疑わしきは被告人の利益”なんだけどね~