胡錦濤主席!パンチェン・ラマ11世ゲンドゥン・チューキ・ニマを解放してあげなさい!
9月13日に中国大地震(m9.1)が起きても知らんぞ!←マリオ・エンジオ著”未来からの警告”より
ニマ青年解放キャンペーンに協力する為、のブログの最初と最後に掲載します。2008年8月8日8時8分まで)
********************************************************************
何回も書いてますが、アメリカの景気が減速しなければ、と言うより不況にならないと、約束されたこれからの日本の未曾有の繁栄は有り得ません!政治も安定しなければ同様です!

世界で一番安定した投資先は、治安も良く、宗教的にも温厚で優秀な民族の日本なのですから!

ブッシュさんが取り巻きの石油関連や軍需関連に大判振る舞いやってる間に、アメリカ合衆国には不況が忍び寄って来てしまいました。
一般民衆の生活を直撃するガソリンの高騰!オーストラリアの旱魃に起因する穀物の高騰は、増産に入った農地を疲弊させてしまうでしょう!
グリーンスパン神話で維持してきたアメリカ景気も、カリスマ的彼が去った今、覇権国家が経験する長き英国病の経済に突入せざるを得ません!

老朽化した社会インフラもそのままに戦争を続ける世界最大の債務国アメリカには、世界経済を牽引する力なんてもはや無いのに、全員が目くらましに遭った様な幻想に惑わされています。

ロスチャイルド家がワーテルローの戦いで莫大な富を手にして以来、先進国の投資家が目指すのは、暴落時こそが一攫千金のチャンスなのだと言う事を頭に叩き込んで下さい!
9.11同時多発テロの時も、前もって航空会社やビルの債権などが空売りされた事実が明るみになりました。これもビンラデンの所為にされてますが?
英国では、アメリカ政府がテロがあるのを知っていながら、真珠湾の時同様警告も出さずに実行させたと政府高官が発言して問題になっています!

私利私欲をカムフラージュする為には、大義名分が必要ですからね!

どこかの代議士さんも同じでしょ!取り合えず必要無い道路でも住民の要望として造らせないと他の選挙区に取られちゃいますからね!賄賂云々より何も出来ない代議士として落選しちゃいますから!

いずれにしても、早晩、ちょっとしたきっかけで実需以上に値上がりした資源は暴落に転じます!
そして画策した人達は先物市場で値上がり益と同じ位の巨万の富を手にすることになるのですから!

マイクロソフト神話もVISTAの失敗で、もはや風前の灯!ソフトの時代は終わり、今やコンピューターはインテル=メーカーの独壇場!

これから益々メーカー主導型経済になるのですが、日本人はまだソフトの時代が続くと思っている人達が多いようです!

これからはナノテクバイオの時代!感性で物を創り出す融合技術の時代!アップルの時代と呼んでも良いかも!
明治以来舶来崇拝になった日本が、素晴しき日本民族の感性を取り戻すのは容易ではありませんが、時代に波に乗って転身できる変わり身の速さは古来から失われてはいません!シャネル、ビトンのマークだって日本発でしょ!

アメリカが不況になれば、投資先は激変も知恵で乗り切る日本にならざるを得ないのです。
一億の国民が一斉に時代の波に乗り遅れないようにと、血眼(ちまなこ)になる民族なんて今の日本以外地球上には存在してませんから!

世界の将来のお手本は、これからの日本民族の生活規範となります。是非とも地球温暖化に立ち向かう規範に大変身したいものです!

もはや日本が真似をする国は無く、世界の未来を先導する重い責任を負う運命にあるのですから。

これから未曾有の繁栄を謳歌するには、政治の安定がなければ、絵に描いた餅!
自民党と民主党の大連立も世界の富を集めるには有効な事かも知れません!

繁栄か破滅か?、来年の秋迄に行われる衆議院選挙で、聡明な日本民族として絶妙な選択が下されん事を!
自分で自分を守るという基本を思い出すための事件が起きてます!
国も同じ!自分で守るためには防衛軍を憲法に入れなくちゃ!これ全世界共通の常識!だけど日本では夢想家が矛盾な事を平気で!

********************************************************************
胡錦濤主席!パンチェン・ラマ11世ゲンドゥン・チューキ・ニマを解放してあげなさい!
--------!パンチェン・ラマ11世解放キャンペーン!----------200808080808まで
9月13日に中国大地震(m9.1)が起きても知らんぞ!←マリオ・エンジオ著”未来からの警告”より
パンチェン・ラマの拉致については下記参照↓
http://www.tibethouse.jp/panchen_lama/gc_nyima.html
←リサイクル国家だったチベット民族こそが地球温暖化を防ぐ規範かも!