物事を上辺だけで観る誰かの専属医師と大違い!ですね!

聡明なお医者さんから警察への通報が無ければ今回の毒入り餃子の件は、単なる食中毒事件としてこれほど大きな事件には発展しなかったでしょう!

この冷凍食品を食べて、大勢の方が、体調を崩されたのでしょうが、ご自分の体調不良や風邪かと思われた方達がほとんどだった事になりますね!
記者も食べていた! 毒ギョーザに強い憤り←他の包装もあるので中国製か?至急ご確認下さい!→【毒ギョーザJT会見(8)】「農薬検査しなかった」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/119297/
↑読むと対応がいい加減です!こりゃ問題にすべきでしょ!

中国製食材で食中毒(体調不良)になったら、農薬で殺されかかったと先ず疑う様になりますね!
「死ぬかと思った」 毒ギョーザ食べた人、入院中も手足に震え←十分にチェックを!ですが産地や製造元の偽装も増えそう!

今回の事件は、12月に発覚したのに積極的に動かず安易に考えたかった輸入元の上層部の甘さも問題に!
【毒ギョーザJT会見(9)】不明部分多く、会見中断←結局、安全より営利優先主義だったって事です!
亥年は最後まで食の問題でガタガタしましたねー(2月7日が旧元旦!子年へ陰暦の年代わり日)

大量に委託生産していたら!サンプル検査だけで、残留農薬が見つかる可能性の方が低いと思いますね!
部品だって1000に1個の不良は良い方!が、当たり前なのが世界の基準!
食材を吟味して加工しているとは思えませんね!ましてや民間企業が残留農薬なんて調べられる筈無いですよ!

日本では既に行われている低農薬指定農家から購入するシステムは、中国ではまだ作られている可能性は低く、安い農産物を大量に購入していれば、当然過去に散布された大量の残留農薬が含まれている作物が材料として紛れ込むことは今後も大いに起こりえるでしょう!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/86532/

安いものを優先する消費者に応合して、安いからと中国から輸入する日本商社!
安全なんて気にしないで安いものに飛びつく豊食になっている日本人!
自給率を気にしない無策の政府!

今では安全にコストが掛ります!
鍵をかけなくても泥棒も入らなかったのどかな日々は遠い思い出!
農薬も無く、姿形が悪くても新鮮な野菜が食べられた時代も遠い昔の出来事!

高賃金の日本では、もはや人を使っては採算に合わない農業!
専業農家で生計を維持するのは、至難の業!

日本人の食生活を見直す良い機会となりました!

メタボリック症候群に意外と、米食が利くことをご存知ですか?

粗食では物足りないと、おかずばかり食べる現代人!

永平寺を見習って、粗食でも十分な食生活を試してみようではありませんか?

素晴しき日本人として、多少高くても、無農薬の国産野菜市場を大きくする為に!

野菜もバイニッポンを提唱します!