危惧していた暗殺がとうとう起こりました!ブッシュの戦いの最終目標!イラン侵攻最大の障害が消えたのです!早まった予備選挙後のイラン攻めが秒読みに!
イランに侵攻するためにはパキスタンの安定が大前提なのですから!

ブット元首相暗殺 パキスタン情勢は混迷ムシャラフ大統領の最大政敵ブット元首相死去!パキスタンを民主的国に出来たのに!
イスラム過激派の仕業強調 ブット氏暗殺でムシャラフ大統領 私は関係無いなんて言ってますが、総選挙を延期させる為には、最善作?

パキスタン民主化の象徴だったブット元首相は、現在展開中の作戦では、アメリカの最大懸案事項だったのですが、テロ?のお陰で排除されました。

後一年、総選挙が行わなければ、このような喜悲劇は起きなかったでしょうに!

民主化か、それとも、イスラム原理主義化阻止か?本当にアメリカが言ってるみたいな民主化を推進するなら、こんな事件は起きませんよ!

親米だったので、イスラム過激派の標的になったとどこかのニュースは伝えていますが、本来なら、その前にムシャラフ大統領がねらわれる筈ですよね。

今回の暗殺は、軍関係者だったとの未確認情報も!
9.11同時多発テロが、パキスタン退役軍人らの仕業だったのではないかとの情報に相通じるところがありますよね。

いずれにしても、今回の暗殺で、パキスタンの総選挙は延期されるでしょう。
ブット元首相が大勝したら、過激派は、アフガンやイランに拠点を移さざるを得なくなりますし、過激派に甘い顔をしているムシャラフ大統領やアメリカにも火の粉が降りかかるのは必定でした。一番胸を撫で下ろしているのは戦線拡大中の誰かさんです。

CIAはブット元首相を守らず、見殺しにすることで、ムシャラフ政権を存続させ、イスラム原理主義化阻止?を選択したのでしょうが、もともとなぜか過激派には甘いムシャラフ大統領の政治では近い将来余計にパキスタンの政情は混迷を深めるでしょう!

イスラム原理主義過激派が、なんでブット元首相を暗殺しなければならなかったのでしょう?政権をとったら過激派を弾圧するからですか?ブッシュの戦いはテロとの戦いの筈ですよねー!アフガニスタンだけ?パキスタン国内の過激派掃討作戦は行われていないのはどうしてなんでしょう?


パキスタンの民主化とは、平和的政権の誕生!=戦闘や軍事行動の制約が生じ、当然、アフガニスタン、イランからのイスラム原理主義波及効果の影響は徐々に強くなり、何よりも利権や援助で軍事政権を操れるアメリカがやっと確立した影響力を行使出来なくなることを意味します。

パキスタンは、なにせ核を持つイスラム国家!アメリカの戦略上最重要国です!

万が一、パキスタンの持つ核技術がイスラム社会に伝播したら、イスラエルの存在が危うくなるのは自明の理ですよね。

ユダヤ?人国家イスラエルと密接な関係にあるアメリカが核技術の拡散防止に動くのも自明の理なのです。

9.11同時多発テロ以来、なんでもかんでも、イスラム過激派の所為にしてますが、本当でしょうか?

ブッシュさんも内心よ●●んでいるでしょうね!懸案事項が一つ無くなったんだから!これで又、アルカイダやタリバンの所為にするこじつけの理由でイラン侵攻のプロジェクトが進められますからね(苦笑)

謀略とは、如何にも本当らしくしなければ、謀略とは言えません!

誰かの謀略の犠牲となったパキスタン希望のの星!ブット元首相のご冥福を祈ります!