素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

2018年04月

大人の会話も餓鬼扱い!その気にさせて機密情報を盗聴するはハニートラップっていうけれど・・・・話題がSMになっただけじゃん!簡単に情報取れるとでも?

次元の低い騒動ですね!録音された全会話を報道しろって!
どんな情報がほしくて2人だけになったとか、会話の一部分だけ抜き出して責めるのはフェアじゃありません!
パワハラって程の内容でもないし・・・・・単に18歳未満お断りの大人の会話!
財務省事務次官は霞ヶ関官僚のトップですよ!どっちが誘ったか別にして【34】にもなって下ネタの話も出来ないほど初(うぶ)じゃあるまい!
テレ朝っていつまでたっても新人並みかよ!(苦笑)
今回の騒動、その場の雰囲気が問題!何処なんでしょうね?
料亭?高級レストラン?バー?
餓鬼の痴話喧嘩じゃなるますし・・・・・場所も日時も非公開!
20代前半の新人を下ネタで鹹かったっていうならパワハラだけど・・・・
嫌々食事に付き合ったら2度と誘われないから、よほど気に入られる演技してたんでしょうね!
これってハニートラップ以外の何者でもないんだし・・・嫌だったら配置換えしてもらえたでしょ!
◎◎◎の上司としてはスキャンダルに発展するのを無意識に期待してしまったのかもね!

しかし、常識があるなら週刊誌に売る前にテレ朝辞めるよね!
正常な判断が出来ない程、追い詰められていたってか?

そもそも、安部政権と距離を置く朝日新聞系列の女性社員が引き起こした騒動なので、最初から機密情報を盗聴して”吊るし上げ”するつもりだったのかもと嵌められた事務次官に同情する人が多かった様です!

しかし連日のワイドショーではTPOも検証せずにパワハラ非難一色!
そりゃないよ!堂々と名乗り出て事の顛末を明らかにすべきでしょ!

しかし、一般女性が実名でレイプされたって訴えても無視したマスコミが、記者なら匿名扱いで下ネタくらいで事務次官を辞任に追い込むなんて要は日本の報道って権力を中心に踊ってるって事だよね!
この両者の不平等って半端じゃない!
日本の大手マスコミは、お笑い芸人担いで平和ボケを助長する系列TVと同じで次元が低すぎる!
実に馬鹿馬鹿しい浮世離れした村社会の騒動に唖然!(大嘲笑)

寒さに強い”最強の市民ランナー”川内優輝、3.3度のボストンマラソンを制し、15万ドルゲット!


極寒でのフルマラソンから比べれば小春日和じゃなかったでしょうけど・・・・やってくれました!
瀬古以来31年ぶりの快挙!

タイムは2時間15分58秒と遅かったけど、この寒さに独走だったケニアのキルイも失速!
2位に2分25秒の差をつけて圧勝!これで5連勝!いや~凄い男だね!

女子部もDesiree Lindenがアメリカ国民としてボストンマラソン初優勝でしたが・・・
それを差し置いてスポットライトを浴びたのは、全く無名のマラソン2回目で2位に入った看護師Sarah Sellers!


今年のボストンマラソンは市民ランナーの話題でもちきり!

大谷翔平や川内優輝の海外での活躍だけじゃなく嬉しいニュースが国内でも増えるといいですね!

③トロロッソ・ホンダ協力体制の成果発揮!でもピット&ドライバー同士のコミュニケーション不足で同士討ち!惨敗原因はリア・ネガテブ・キャンバーと新型リア・デヒューザーか?

バーレーン国際サーキット

4つの直線を低速コーナーで結んだバーレンと違い中高速は速くないと上位に行けない!
上海国際サーキット距離5.451キロメートル56周!
上海での直線は実質2つ!
想定と逆方向からの強風の為高速コーナー用の空力バージョンアップに失敗したと思われたトロロッソ・ホンダですが・・・・・・・天候は晴れ!

1ベッテル 1'31.095

   2ライコネン 1'31.182  

             

3ボッタス 1'31.625

   4ハミルトン 1'31.675  

                

5フェルスタッペン 1'31.796

   6リカルド 1'31.948  

           

7ヒュルケンベルグ 1'32.532

   8ペレス 1'32.758  

           

9サインツ 1'32.819

   10グロージャン 1'32.855  

             

11マグヌッセン 1'32.986

   12オコン 1'33.057  

           

13アロンソ 1'33.232

   14バンドールン 1'33.505  

             

15ハートレー 1'33.795

   16シロトキン 1'34.062  

           

17ガスリー 1'34.101

   18ストロール 1'34.285  

             

19ルクレール 1'34.454

   20エリクソン 1'34.914  

           
3強が1分31秒台!

予選モードを使ったルノー勢は実質0.5秒落ちなので33秒台以下の筈と期待していたのですが・・・・
ルノーPUのハイパワー解禁は予選だけじゃなかった!
セッテングを失敗したのにパワーアップしたマクラーレンとは0.039秒差!
重量増でリアのトラクションも増えて・・・・の期待は余計トリッキーになってコーナーで遅すぎる結果に!
ハートレイはスタート失敗!ガスリーの進路を塞いじゃうし・・・・耐久レースじゃないんだぜ!
ズルズルと順位を下げ・・・・ガスリーも、ペースが上がらず低迷!
おまけにタイヤ交換後ペースをつかんで追い上げ中に⑭でコーナリングの遅いハートレーと接触する始末!
あのコーナリングスピードじゃ抜かせるとガスリーが思うのも無理はない!(大苦笑)
ハートレィは視野が狭いのかも!後ろ見てないの?
・・・結局リタイア!
駄目だこりゃ!センスゼロ!機転の利かないハートレイにはピットも明確な指示出さなきゃ!
3戦続けてトラブルメーカーとなり、ハートレイのF1は終わった!(苦笑)
F1は残念ながらまだ無理だよ!ガッツがないし状況判断も甘過ぎる!
たらればですが、ハートレーが上手に抜かせていればガスリーはバンドーンと面白いレースをしてたでしょうね!

この接触は、セフテーカーを呼びタイム差の無くなったレッドブルに優勝をもたらしました!
ガスリーにはレッドブルから感謝状が届くかも!
今回の惨敗は中高速コーナー用のリア・ネガテブキャンバーとリアのデヒューザーの所為かも!
上海リア3
ガスリーが10秒差を追いついていたんだから、マクラーレンのアロンソとヴァンドーンみたいに衝突前のストレートでスリップ使ってガスリーを抜かせれば良いのにそれが出来ないほどリアのトラクションを失ってたとしたら・・・・・・・
本来リアのダウンフォースを補助する筈が、サイドもリアエンドも小さくなった結果、サイドからの流量も増えているのに更に新型デヒューザーでサイドから床面への巻き込み流量も増え流速も速く成った事で想定外の浮力が発生しリアのトラクションを減らしたんじゃないのかな~!
サイドからのリアタイヤ内側への流入が増えると、気温20度じゃ高速になればなるほどリアタイヤが過冷却になってトラクションが低下するので最高速も伸びない!
当然直線エンドのコーナー
①⑥⑭ではリアタイヤが冷えてるのでグリップが低下してフル加速出来ない!
おまけに・・・・上海到着時から?マークだったけど・・・・

上海リアエンド無荷重でハ型!
リア・サスペンションがヤバイ位ネガテブに!
100kgの燃料積んでだったらまだしも、台車に載せてこんなネガテブキャンバーを本戦で使ったらリアはトラクション不足で酷い事になる!
コーナーではリア外側のトラクションが大きく内側が少なくなるから、オーバーステアになるので上海用としては理に適ってはいるけど付け過ぎでしょう!
最初からセットミスだったんじゃないの?
トロロッソホンダ発表時
発表時はほぼスタンダードでした!いかにも安定したグリップを発揮する様にみえるよね!
フロントのキャンバー角を高速コーナーに合わせてネガテブを大きくするなら判るけど・・・・フロントタイヤの負荷を少しでも減らしたかったのかな~?
リアのキャンバー角がネガテブにし過ぎてるからバンビーの路面では怖いほど不安定になる筈だし・・・・・
なんでこんなセッテングにしたんでしょ!中高速コーナー対策の考え過ぎか!
どちらか一方だけならこれほどの惨敗はしなかったんじゃない?
バーレンではトップ3とはラップ1秒も差があったので、ラップ0.5秒程度一気に短縮したかったんだろうな~
欲張りすぎて自滅?
デヒューザーを改良しネガテブ・キャンバーを少なくすれば酷暑でもタイヤも長持ちするのでアップデートの方向性は間違っていないと思うのですが・・・この惨敗でジェームス・キーが自信を失うのが心配!
【何事も過ぎたるは、猶及ばざるが如し】だったけど今回も前回同様【及ばざるは過ぎたるに勝てり】だったら入賞してたでしょうね!(苦笑)
しかし、それじゃいつまでたってもトップ3には追い付けないんだから、表彰台を目指すジェームスキーの果敢な挑戦を讃えましょう!(笑)

しかし、ルノーPUのハイパワーモード解禁はアソンソに320km以上出させちゃった!
上海GP結果
いかにセッテングが失敗だといっても、天候も晴れたし18位・最下位じゃルノーPUがパワーアップした以上、ホンダとしてもニューPUを前倒しないと・・・・・
メルセデス・フェラーリ・レッドブル・ルノー・マクラーレン・ハース・フォースインデアの次じゃ・・・・
ハートレイが毎レース完走最下位になっちゃうよ!
今回のハートレイリタイア理由はギアボックス!リタイアの交換はグリッド降格なしなので実質完走!
規定周回数を走ったのでどの道記録でも完走扱いなのでハートレィは3連続完走最下位!

次戦は4月29日アゼルバイジャンGP バクー市市街地サーキット (6.003km)
私の想定では 5月13日  スペインGP カタロニアサーキット(4.655km)でスペック5を投入すると思ったのですが、アゼルバイジャンで成績の低迷するハートレイに新PUをテストさせるかもね!
新スペック5の成果を発揮するのはモナコGPの筈ですから!

年金は年間276万円(給与+ボーナス含む総収入額)を超えると超過額を没収!65歳から月額46万円(給与+ボーナス+年金)を超えると1/2減額没収!

働きたい高齢者は、昔と違い単純に月額50万円を超えたら没収するならまだしも、複雑怪奇な論理による年金減額制度で没収されている!
働くものが馬鹿を見る素晴らしい制度なんですが、日本の高齢者はどうして怒らないんでしょうね!
既得権で収入に関係なく満額支給されている高齢者が多いから?
年金は危機的状況だって騒がれましたが、株高で年金の原資は大幅に増えているのに・・・・・
社会保障制度の一元化なんて美名の下、生活保護は垂れ流し、介護保険も年金以上の金が支給されて、
健康で元気な老人達が恩恵を受けられない日本になってる!

60歳~64歳は月額総支給額28万円(=老齢年金(5万円を含む)を超えると年金額を減らされます!
つまり給与30万円(月額25万円+ボーナス60万円含む)+老齢年金5万円+厚生年金18万円=月額53万円となる人は、18万円から12万5千円も減らされ(没収)月収は40万5千円にしかならない!
(30万円+5万円+18万円-28万円)x0.5=12.5万円 年金加算は5万5千円!
要するに霞ヶ関は月額40万円(年間480万円)を超える国民に年金を支給したくないんだわさ!

優秀な人材なら最低30万円+60万円のボーナスでしょうから・・・・本来35+5+18=58万円となる筈が
減額(35万円+5万円+18万円-28万円)x0.5=15万円(没収) 年金は月額3万円しかもらえない!

65歳まで支給を繰り延べ出来て年金額も雀の涙だけ増えるるけど、減額制度は繰り延べさせる為だけの悪法なんだわさ!繰り延べ額は一人当たり5年間で1千万円にもなる!
で、65歳までまって厚生年金が増えるかと言えば・・・
65歳以上は月額46万円(ボーナス+年金含む)を超えるとやはり減額!
年金貰わず70歳まで月額35万円(ボーナス60万円=月5万円含む)で働いたとして・・・・
減額(給与35万円+老齢年金5万円+厚生年金18万円5千円ー46万円)x0.5=6万2500円 ボーナス分そっくり没収され52万2500円!
多い様に思えますが所得税+住民税+介護保険料+社会保険料等で20%国庫に没収されるので手取りは40万円程度!
大都市じゃ固定資産税も年間15~30万円だろうから悠々自適な生活とはなりませんね!
現在は8%の消費税が掛かるので実質手取りは38万円以下

300万円クラスの車を5年ごとに入れ替えると月5万円+維持費・燃料代3万円で消費税も払うと月に使える額は30万円以下!車も最低8年サイクルにしないと・・・・・
大都市は車必要じゃないから良いけど田舎じゃ必需品だし・・・・

そんな訳で日本じゃ例え月額50万収入があっても1日1万円以下で生活しないと快適な老後は送れません!
豪華な旅行なんてしたら1日9千円以下!高価な買い物すれば1日8千円以下!

65歳以上で年金を減額(没収)されない為には、月額標準報酬を46万円ー支給年金額にしなければなりません!
一般的なサラリーマンなら厚生年金18万円+老齢年金5万円だからボーナス込みで平均23万円以下!

ボーナスを15万円2回なら30万円/12ヶ月=2万5千円 月額20万円5千円以下!
8時間労働で22日働くと205,000/176=時給1,165円以下!
ボーナスなしで230,000/176=時給1,306円以下!
残業手当の半分は没収!

高齢化社会となった日本!高齢者にも元気で活躍して貰いたいのに、これで優秀な人材が働くでしょうか
こんな年金制度では、優秀な技術者が海外に流出するのも無理ありませんね!
VIP待遇で衣食住はただ同然!もちろん渡航費は相手持ちだし、年金はそっくり残る!
技術を吸収する貪欲さは日本の若者の比じゃないし教え甲斐もあるし・・・・

年金の減額は最高で半分にすべきでしょ!
高齢者が元気で働けば医療費も減るし介護保険も増えずに済むんだから・・・・
それにしてもキリギリスが悠々自適で暮らせる日本は、怠け者天国になるよね!
年金なんて納めなくても、生活保護で医療費は無料だし・・アパートは面倒見てもらえるし・・・
家も要らない!車もいらない!結婚もしたくない!毎日楽しく遊びましょう!
こんな日本に誰がした!
配偶者控除もなくなれば、結婚する必要もない!別姓で同居しながら共働きで別々に年金貰えば快適な老後を過ごせるでしょう!どちらかが倒れるまで!
これからは熟年離婚ならぬ死ぬ間際結婚(届けるだけ)が当たり前になるかもね!(笑)
もっと明快な年金制度にしなくちゃ!

65歳以上
総月額報酬=標準報酬月額(ボーナス含む)+年金額(老齢年金+厚生年金)
月額46万円以下 年金全額支給
月額46万円以上 年金-(総月額報酬額-46万円)x0.5

要するに働いたけど、月23万円超えた分の50%は国が没収するって馬鹿な制度なんだわさ!(大嘲笑)
時給1300円でも超えたら実際は半分の650円!最低賃金以下で働けってよ!アホか!

バブルまで日本の霞ヶ関官僚は優秀だった!国民が豊かになるのを後押ししてたからね!
失われた20年で霞ヶ関は悪代官に大変身!
自分の省庁最優先で、国民から絞ることしか考えない輩ばかりが出世する無責任村に!
政治家も小賢しい輩ばかり増えちゃったし・・・・・ビジョンを描ける政治家の少ない事少ない事!

一番最低なのは、お笑いで日本国民を平和ボケにさせた【弱者の論理】を振りかざすマスコミだけど・・・・・

②トロロッソ・ホンダ協力体制の成果発揮!フリー走行でハートレー2度目のバードストライク!上海GP、低温で空力バージョンアップ効果なし!でも決勝ではドラマステッィクな展開に

更なる空力アップを図るべくトロロッソが上海に持ち込んだSTR13!上海フロント左右のフロントウィングが異なる?
2段ウイングにしたって?フロントヘビーにし過ぎじゃない?

上海フロントブレーキ
上海フロントブレーキ2
上海リアブレーキ
上海リアリアのダウンフォースが心配!
リアウイングも微妙に小さくしてますが・・・・
STR13-10OLD
進化したけど流れが良く成り過ぎて、このリア・ウイングじゃ中速のダウンフォースが足りないでしょう!

上海リア22NEW
リアサスを【ハ型】に戻した?なんで?このセッテングじゃタイヤにも優しくないぜよ!
折角【H型】で好成績を上げたのに・・・・・バンビー路面対策?中高速コーナー用?逆効果だと思うけど?
リアエンドのデヒューザーもタイアの発熱対策?
上海リア3
暑ければ効果抜群だけど・・・今回の低気温の予選ではタイアもブレーキも冷え過ぎて逆効果に?
新しいパーツのテストは、1戦毎にガスリー・ハートレイが交互に行うのに、残念ながら上記の写真はガスリー・ハートレイ用か判りません!
今回のフリー走行でのデストはハートレイの番(1戦毎)ですが、今回のアップデートは失敗だった様でハートレイは無線で”前の方が良かった”だって!(苦笑)

ハートレイはFP1で2度目のバードストライクに遭うし、
上海ハートレーバードストライク
本当に運に見放されているみたい!

上海はストレートが1.2kmもあるので高速仕様にしたんでしょうか?その分ダウンフォースが・・・・・
確かに高速仕様なので、ハートレイは向かい風で最高速でトップ(317.5km)だったのに、ラップタイムに結びついていません!
上海FP2最高速
でもガスリーの最高速(315.3km)と余り変わらないのでやはり【ハ型】でハンドリングが悪くなったのか?
最大の要因は気温が低過ぎたてタイヤの性能を発揮出来なかった事ですが・・・・・・
ガスリーのタイムが伸びないのは慣れてないからなのか?それともブレーキに不安があるのか?
上海FP2結果
バージョンアップが成功すればハートレイはガスリーより0.1秒以上速くなってたんでしょうけど・・・・・
ロングランのタイムは悪くないのに、まだバンビーな路面での予選アッタク用の軽量時サスペンション・セットが完全に決まっていませんね!
F1は世界最高峰の自動車レースとは言いながら電子制御サスペンションは禁止されてメカサス!
しかも軽量車体でスタート時とエンド時で100kg以上の重量差をコントロールするしなやかなメカサスを実現するのは大変!
ショートホイールベースのトロロッソとしてはバンビー(凸凹)な路面では、まだ軽量・コンパクトなRA618Hのメリットを活かしきれていないようです!
さてジェームス・キーは予選までにどんな仕様に換えてくるんでしょうか?
Q3に進める仕様にしてほしいですが・・・・・

土曜日のフリー走行3も予選も寒くて路面温度も上がらず・・・・
タイヤのグリップ不足とブレーキローターの冷え過ぎで最高速を活かせず両名とも下位に沈みました!
ストレートが強い追い風で高ドラッグマシンも速くなったし・・・・(大苦笑)

2018上海GP予選1
昨年まではPUの熱対策で苦労してやっと良くなったら今度はタイヤの低温対策に悩まされ!(苦笑)

しかし、今年のF1は大混戦ですね!
ガスリーはセッテングを変更するも大失敗!コーナーで全力疾走出来ず・・・・・
不調のウィリアムズに先を越される始末!
予選終了後のセットアップ変更はピットスタートですが変更するのか?
ウルトラソフトでリアグリップを失ってたってんだから
やる事成す事今回は完全に裏目に!
1秒近くタイムロス!
それでも、予選モード使ったマクラーレンと、ハートレイは0.29~0.563秒しか離れていません!

決勝ではガソリンを満タンに積むので重量が増え丁度良いグリップになるでしょう!
ブレーキの発熱量も増えるし、タイヤもソフトを選べる等良い事尽くめ!

しかも、いまのF1は、燃費との戦いも熾烈!
前戦の4位でやっとルノーPUに追いついたと思われたRA618Hですが、危機感を持ったルノーがルノーPUを積む全チームに予選用高出力モードを解禁!
ま~予選ではルノーPUグループは0.3~0.5秒は速くなったでしょうけど、当然燃費も悪化しますので本戦では使えない!
本来は予選終了後PUのセットアップ変更は出来ない筈なので最初から組み込んでいたんでしょう!

ホンダは?予選用高出力モードなんて未だやらないでしょうね!STR13が進化中ですから!
マクラーレンの高ドラッグ
と違い、低ドラッグのトロロッソと組んでホンダPUは大幅に燃費が上がっているのでトップ3以外のチームより終盤0.5秒以上速く走れる!

トロロッソ・ホンダとしては、想定外の気温だった様で、晴れてれば0.5秒以上速くなったでしょうし・・・・
今回はガスリーのセットアップ失敗で上位は期待出来ませんが・・・・・・

明日の決勝は晴れなくてもトロトッソ・ホンダは完走さえすれば2人とも入賞でしょう!
いずれにしても天候次第で直線でのガスリーのごぼう抜きが見られるかもよ!

明日は大いに期待して良いんじゃないかな~!(笑)
ガスリーのマシンは凄くトリッキーになってるらしいのでクラッシュが心配ですか・・・・

①トロロッソ・ホンダ協力体制の成果発揮!第2戦バーレーンGPでガスリー5グリッド、ハートレイ11グリッドスタート!結果はガスリー歓喜の4位!

オーストラリアGPで惨敗したトトロッソ・ホンダですが、突然の覚醒に皆びっくり!
空力改善だけで1秒以上速く成る事を新旧2台のセッテングで証明しました!
バーレーンGP
ガスリーはオーストラリアGPのリタイア最下位からいきなりの4位ですからね!
NOW WE CAN FIGHT!!!!!!

STR13は、前傾姿勢でブレーキのコントロールがし易すくする為に【レーキ角】を大きくした!
しかし、オーストラリアGPでは、路面がバンビー(凸凹)だった為、フロントが下がり過ぎてダインフォースが抜けてコースにも慣れていない新人2人がブレーキングに苦しんで攻められなかった所為らしい!
サスペンションも若干柔らか過ぎたのかも!
確かにガスリー・ハートレイ共にブレーキングでミスってる!(苦笑)
バーレーンでは、ホイール内のブレーキカバーを改良し、大幅にブレーキを操作し易くしたようです!
サスペンションもレーキ角を保ち床面を擦らない様に改良されたみたいだし、路面もバンビーじゃないし新しい空力パーツとの相乗効果で想定外の劇的な成果を上げたんでしょうね!

ハートレイも新しい空力パーツにもっと慣れていればガスリー並みのタイムが出せたんでしょう!
【レーキ角】
F1の床面はスキッドブロックと言われる平板が取り付けられており、後部を高くする角度をレーキ角と呼んでる様です。
【レーキ角】が大きい=ダウンフォースが大きい!
このレーキ角はFRICサスペンションで変える事が可能でした!
今年からフェラーリが先行する機械式ヒーブサスペンションだけが許される事に!
てな訳で、メルセデススも苦戦しているんだわさ!

あくまで昨年の比較ですが、メルセデスとマクラーレンの【レーキ角】は倍以上違う!
下記は昨年のマシンとレーキ角、でもホイルベースは今年度最高速も今年バーレーン予選です!
メルセデス
メルセデスPU・メルセデス
 296.2 km/h(FL)⇒325.3 km/h(ST) 加速29.1km/h            ホイルベース3,760cm
ハース

ハースPU・フェラーリ
293.7 km/h(FL)⇒324.7 km/h(ST)  加速31km/h            ホイルベース3,594cm
トロロッソ

トロロッソPU・ルノー⇒ホンダ
293.8 km/h(FL)⇒322.5 km/h(ST) 加速28.7km/h            ホイルベース3,549cm
ザウバー

ザウバー1PU・フェラーリ
297.3 km/h(FL)⇒326.5 km/h(ST) 加速29.2km/h            ホイルベース3,550cm
ルノー
ルノーPU・ルノー
295.3 km/h(FL)⇒320.6 km/h(ST) 加速25.3km/h            ホイルベース3,630cm
ウイリアムズ

ウイリアムズPU・メルセデス
293.0 km/h(FL)⇒320.3 km/h(ST) 加速27.3km/h            ホイルベース3,545cm
フェラーリ

フェラーリPU・フェラーリ
299.0 km/h(FL)⇒327.1 km/h(ST) 加速28.1km/h            ホイルベース3,594cm
レッドブル

レッドブルPU・ルノー
293.3 km/h(FL)⇒320.7 km/h(ST) 加速27.4km/h            ホイルベース3,557cm
フォースインディア

フォースインディアPU・メルセデス
296.2 km/h(FL)⇒326.5 km/h(ST) 加速30.3km/h            ホイルベース3,691cm
マクラーレン

マクラーレンPU・ホンダ⇒ルノー 
288.8 km/h(FL)⇒314.2 km/h(ST)  加速25.4km/h          ホイルベース3,584cm
今年ルノーPU勢の加速性能は良くありません!
それでもレッドブルは上位にいるんだからレッドブルのシャーシがいかに前後のトラクションを最適に仕上げているのが見て取れます!

ホンダPUは、フィニッシュライン(FL)からスピードトラップ(ST)までの加速速度幅(空力+パワー)を比較するとルノーPUを完全に凌駕したと言えます!

マクラレン・ホンダの最高速が伸びなかったのはレーキ角が大き過ぎるのも影響してるのでは?
DFUを使ってリアウイングのダウンホースを下げたらトラクションも無くなって加速出来ないでしょ!(爆笑)
マクラーレンの最高速が伸びないのはシャーシの所為なのでどんなエンジン積んでも結果は同じでしょうね!
今年、同じエンジン積んだレッドブルやルノーの最高速に追いつけなのはこの所為なんでしょう!
アロンソがコーナーでいくら速く走っても直線ですぐ追いつかれちゃうもの!(大爆笑)
メルセデスはロングホイルベースしてダウンフォースを補いつつ最高速も稼いでいます!
トトロッソ・ホンダはショート・ホイルベースにすることでコーナーでの回頭性能を上げています!
低速コーナーが連続するモナコは期待出来そう!

Bahrain-予選
昨年のレーキ角はメルセデスとフェラーリの中間でしたが今回は何度にしたんでしょうね!
レッドブル並み?

ハートレイがガスリーと同じセッテングにしたら1秒以上速くなったんだから、どんなマジックを使ったのやら?
STR13-10
バルセロナでは冷却優先で大き目のリアエンドでしたが・・・・
熱対策も余裕が出来たのかSTR13はマクラーレン・ホンダのMCL32並に!!!
MCL32-HUN-10

DaLVpvIW0AAXNuE
リアエンドを大幅に絞って空力アップをして来ました!(笑) 美しい造形はやはり速い!
リアサスも、Ver2の【ハ型】からVer3では【H型】に!バンビーなコースでもこれなら安定するでしょう!
当然メカニカルグリップも良くなってタイヤにも優しくなった!

一方のマクラーレンはルノーPUになって焼パパイヤと嘲笑され漸く排熱を本格化!
マクラーレンくそみそ排熱
アエンドの開口部を拡大し、空力的には大幅ダウンしちゃった!

マクラーレンMLC33
ドラッキーなのに更にリアウイングへ排気送ればダウンフォースが増えるだけ・・・・・・

こんなオデブちゃんじゃ最高速が伸びる筈も無い!(大爆笑)
マフラーの取り付けボルト破断でやっと振動対策も!ホンダPUの時やってれば・・・・・・

新しいSTR13のリアエンドはガスリーが言ってるような微々たるバージョンアップじゃないですね
STR13(シャーシ)もRA618H(PU)も大規模バージョンアップが予定されています!
もしかしたらRA618HPUで1秒+STR13で1秒=2秒近く速くなったりして?
そうなると表彰台争いに参戦出来ちゃうぜよ!(笑)

ガスリーはレッドブル2台リタイアとフェラーリ・ライコネンのタイヤ装着ミスもありましたが4位!
Bahrain-決勝
まだフェラーリやメルセデスとはラップ1秒以上のタイム差がありますが、次期大幅アップデートで差を大幅に縮めてガスリーがトップ争いに加わるのは時間の問題でしょう!(笑)

ハートレイは又も第一ラップで不慣れが原因のペレスとの衝突で予選でのバードストライクに遭った左フロントを損傷し、
バーレーンGPハートレー
10秒のピットストップのペナルティを課される不運に泣きました!
更にフォーメイションラップ中にペレスに抜かれ順位通りに走らなかったとレース終了後アホみたいな30秒のペナルテイを加算され17位=完走中最下位に転落!
理由はともあれ2戦続けて最下位!
衝突も、フォメーションラップのルールも知らない素人だと完全にペレスになめられちゃったのがの原因だから自業自得でしょ!(大苦笑)
これじゃオーストラリアGPと同じ!運も実力って言うじゃん!
残念ながらF1ドライバーとしては運だけじゃなく競り合うガッツも技量も足りないようです!(苦笑)
ガスリーみたいに日本のスーパーフォーミュラで1年間揉んでからじゃないと無理かも!
上海GPで、又スタートミスったら鬼の顔も3度、交代でしょうね!
F1は耐久レースじゃないんだから、スタートをもっと練習しないと!

トロロッソはチームが小さいが故にトライ&トライのスピード開発が出来る!
万が一失敗しても失うものは少ないし・・・・・・今以上のとんでもない進化が見られるかもね!

島根県三瓶山近くでM6.1の地震!出雲大社にも近くあわや・・・・・

出雲大社
大地震で倒壊する度に低くなった出雲大社!
古代日本の巨木建築技術って凄かったんですね!
今回の地震震源地は、出雲大社から僅か22kmですから、昔だったらまた倒壊していたかも!

震源地の南は活火山とされた三瓶山があります!結構大きなカルデラを持つ若い火山なんですね!
はたして激動の始まりなのか・・・・・

平成の時代は良かったと言う時代に突入する前触れじゃないと良いのですが・・・・
なにせ家庭第一の天皇がもうすぐ即位なさるので

⑫トロロッソ・ホンダ始動!第2戦バーレーンGPフリー走行でガスリーが新PUで最高速1位!予選でもQ3進出し6位ゲット!

ガスリーに載せた新PU(スペック4C?)が早速成果を出しました!
フリー走行1でいきなり最高速を記録!
F1 BahrainGP FP1
ガスリーだけ空力も新パッケージだったのでPUだけとは言えませんが・・・・
計測点が違うので未だ喜べませんが前戦の最高速と比べても最高速は4位!
オーストラリアGP予選1
ラップタイムでも7位!ICE&空力も前戦と同じのハートレイは16位ですからこの差は新PU+新空力パッケージの効果でしょ!
F1 BahrainGP FP1TIME
フリー走行セッション2では
途中まで、スピードトラップでの最高速ガスリー3位、ハートレイ6位!
F1 BahrainGP FP1TIME2
終わってみれば、セッション2でも最高速はガスリー1位とハートレイ9位!
F1 BahrainGP FP2sectors2 3TIME
F1 BahrainGP FP2sectors2TIME
ガスリーFP2で最高速326kmでトップに!タイムも1分30秒962で7位に!
一方ハートレイは最高速が318km!タイムも1分32秒702で最下位!
下の動画じゃ、なんかコーナーからの立ち上がりでモタついている様な・・・・

STR13もガスリーには新パッケージハートレイはメルボルン仕様だったそうで、予選までには2台とも新パッケージになるから両者の差は詰まるでしょう!
最高速に差が有り過ぎるのは、明らかにICE(エンジン)のスペックの所為かもね!
昨年の予選1位のタイムは1分28秒769なのでまだまだこれから・・・・・
ガスリーはどこまで順位を維持出来るか?ハートレイはどこまで順位を上げるのか?
フリー走行3でも。ガスリー9位!ハートレィ11位!
bahrainGP フリー走行3
予選では2台揃ってQ2進出!ガスリーは初のQ3進出で6位げっと!
ハートレィも僅か96/1000秒差で11位!
bahrainGP 予選Q3
ハートレィはQ1でバードストライクに遭う不運も!2戦続けてついてませんね!
ハートレイバードストライク
そのうち運も好転するでしょう!
メルセデスのハミルトンがギアボックス交換で5グリッド降格なのでガスリーは決勝5位スタート!
バーレン予選最高速
ガスリーは新しい空力パッケージで最高速は326km出していたのけど予選の最終コーナーではオーストラリアGPの教訓を活かして無難に纏めたみたい!(苦笑)

ルノーPUにすればトップ争いだなんて豪語してたマクラーレンは13位・14位!(大爆笑)
トロロッソ・ホンダは2戦目でポイントゲットで出来そう!(笑)
スペック5+アップデートしたSTR13は期待出来ますね!
モナコ表彰台も夢じゃないかも!いや~決勝は見応え有るかもよ!(笑)
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ