素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。今年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

2014年09月

③♯木曽のな~♯御嶽山、♯木曽の御嶽山が・・・・突如噴火!で数十人が行方不明?

困難を極めている救助活動!犠牲者は36人!まだ「八丁ダルミ」から滑落した行方不明者多数いると思われるのですが・・・
御嶽山噴火全景
遠景からの「八丁ダルミ」!剣が峰と王滝頂上を結ぶ尾根です!
今回の噴火場所にも近く、登山道で見つかった犠牲者も発表では10人でしたが・・・・
御嶽山八丁ダルミ
奇跡的に生きていた女性は「八丁ダルミ」の石像群の台座の石垣の影に隠れて九死に一生!正に奇跡!
御嶽噴火生存者1
報道では、この女性と2人の男性(心配停止?)の救出以降「八丁ダルミ」付近の救助活動は有毒な火山性ガスに阻まれて近づけないされていますが・・・・
28日に「八丁ダルミ」の捜索はほとんど完了したのでしょうか?
御嶽山八丁ダルミ2

噴火前の「八丁ダルミ」
噴火直前、大勢(50人以上?)の家族連れや若い山ガールが「八丁ダルミ」の尾根にいたと現場で遭遇し死に物狂いで下山した登山者が!
それにしては犠牲者が少ないですね!
御嶽山王滝頂上
 こんな感じで楽しく昼食を取っていたんでしょうね!
彼等は無事に地獄谷に近い『王滝頂上山荘』まで辿り付けたんでしょうか? 
暗闇で逃げ惑い尾根から途中で左の急峻な崖に転げ落ちた人達も居たのでは・・・・・・
御嶽山地図
一寸先も見えない状況じゃ可能性は限りなく低かったんじゃ!
御嶽山に何度も来てれば『横道』へ逃げられたでしょうけど・・・・誰かが引率して避難させたとの報道もないのですが!
もしそうなら捜索活動は容易じゃ有りませんね!
36人でも多いのに・・・・・犠牲者は50人以上になる可能性も・・・・・ 
しかし大部分の登山者が助かったのは風向きが変わったお陰!同じ風向きだったらもっと多くの人命が失われていたと思うと”ゾ~”としますね! 
水蒸気爆発からマグマ爆発になる可能性も指摘され始まりました! 
果たして今回の水蒸気爆発は大噴火のプロローグに過ぎないのか・・・・・・ 
マグマ噴火となれば遺体回収は不可能!
亡くなられた犠牲者のご冥福を祈ります!
 

②♯木曽のな~♯御嶽山、♯木曽の御嶽山が・・・・突如噴火!奇跡的生還者も!


猛凄い勢いで飛んでくる噴石と噴煙で負傷、埋もれた登山者多数!

その中、石垣の陰で1夜を過ごし、奇跡的に生き残った女性も!御嶽噴火生存者1
 石仏に守られたんでしょうか?
 傍に倒れている男性2名!救助されたとの報道ですが生死は不明!
現在、31名の死亡者ですが噴火場所近くにも行けたので吹っ飛ばされた人も?
死亡者は未だ増えるでしょうね!
大惨事になった御嶽山の噴火ですが、水蒸気爆発だったのと風向きが変わったお陰で大勢の命が助かりました!
一歩間違えば200人以上が命を落とす所だった!
火山性微動が起きた時点で、警戒レベルを上げるべきだったのですが・・・・・・
御嶽山は観光客目当ての施設も多く、簡単に規制出来ない雰囲気がこのような惨事を生んだとも言えますね!

♯木曽のな~♯御嶽山、♯木曽の御嶽山が・・・・突如噴火!紅葉狩りの登山客負傷!

紅葉のシーズンですから、大勢の登山客で賑わっていたんでしょうね!
頂上付近に居遭わせた登山客は、その数なんと200人~300人!

登山客を突然噴煙が襲いました!
山頂付近の山小屋では、降灰・噴石で外に倒れてる人も助けに行けない状況だとか!
生きた心地がしてないでしょうね!山頂からじゃ避難するのも命懸けだしね!
9合目の山小屋付近にいた人達はなんとか下山出来そうですが・・・・
山頂に取り残された人達の運命や如何(いかん)・・・・・・・・

大惨事になる可能性も!火山性微動も観測されていたのに活火山を軽くみてません?
またも想定外で済まされちゃうなんて・・・・
前回、御嶽山が噴火してから4年後に東北大震災が起きました!
今日から4年後には、関東大震災が起きるってか?

2018年6月21日に東海大地震が起きるって予言した人がいましったっけね!
富士山の噴火だって有り得ますし、深海魚の捕獲も多い日本!
何が起きても不思議じゃありませんが・・・・・
しばらく沈黙を保っている『浅間山』だっていつ活動が活発化するのやら・・・・・
 

今気が付いたんだけど、京都の伏見稲荷と今回噴火した御嶽山を結んだ延長線上にはなんと・・・・福島第一原発が! ワォ!

元伊勢の籠神社と御嶽山を結んだ延長戦には中央構造線北端の鹿島神宮が! ワォ!こいつは関東大震災が来る予告かも・・・・なんちゃって!
レイ・ラインは信じたくないけど・・・事実は小説より奇なりなんですね!
皆様も神社仏閣と御嶽山を結んで次の大災害を予言してみては・・・・

③神戸長田区小1女子行方不明事件、急転直下遺体発見で同梱の診察券&DNAから犯人逮捕!当日のドライブレコーダーに写り、リックも部屋で見つかりチェックメイト?

当日面識のある人物がドライブレコーダーに記録したんだって?公開捜査前に?
しかし、怪しいと思って記録したなら公開捜査直後に警察に通報してるよね!
いつ警察に届けたんでしょう?
君野康弘容疑者宅から生田美玲ちゃんのリックサックが見つかったんだって・・・・外堀が埋められて99%チェック・メイト!
しかし、そうなると死体をバラバラにした犯行現場も部屋だって事になるけど・・・・・
部屋からは凶器も発見されてませんし・・・・・まだ別人の可能性も否定出来ないんじゃないの?
共犯って線も有るんだし、アパート全体を捜索すべきじゃないのかな~?
ネットじゃ風呂に入っていない人で盛り上がってましたが・・・・・・・
解体現場で悠然と風呂に入れたら並みの神経じゃないわな!

診察券とタバコのDNAで逮捕されてから、証言が出るは出るは・・・・・
行方不明前日には、迷子になって警察に保護されていたので、またかと兵庫県警が迅速に動かなかった!
しかし、引き取られた後はどうだったんでしょう?親から注意・叱責されたのであれば普通は2~3日おとなしくしてません?
まるで誘拐してくれとばかりに、日傘を差して長時間気侭な行動させる?
何とも菅ともおかしなじけんじゃの~!

生田美玲ちゃん、化けて出て犯行を自供させて頂戴!

②神戸長田区小1女子行方不明事件、急転直下遺体発見で同梱の診察券&DNAから犯人逮捕!猫が接点?

生田美玲ちゃん(6)殺害事件容疑者の君野康弘(47)は鹿児島水産高校卒の元自衛官!
ネットじゃ逮捕当日から晒されてましたが、ネットの方が情報が早い!

数匹の猫を飼い
美玲ちゃんが週に1度遊びに来ていたとの報道も。
もっと早く情報提供すればいいのに・・・・・
状況は更に真っ黒け!真犯人に間違いないと思っちゃいますが・・・・

でもこうなると、
ますます7月に長田地区で起きた「猫惨殺事件」との関連が浮き上がって来ますね!

君野康弘容疑者は生活保護を受けながら日中から酒浸り(びたり)!
こんな甘い制度が弱者優先の名目で罷り通っている日本!
特に長田地区の生活保護者数は兵庫県1位!家賃も補助され医療費も無料!
民主党政権時に生活保護支給要件のチェックが甘くなり、年々受給者は増え続けています!
性善説なんて通用しませんよ!安易に支給し過ぎてるんじゃない!
もっと生活保護の支給要件を厳しくしないと正直者が馬鹿をみるだけじゃん!
マスコミも正義の味方ぶって、メスを入れようとしません!

今回の事件、特殊地区が故なのか
兵庫県警は迅速な初動捜査を起こさなかった!
ランドセルも置きっぱなしだったんだから失踪当日の11日から警察犬を使って足取りを追っていれば美玲ちゃんは助かっていたかもね!

しかし、母親からの通報は午後7時過ぎ!
当直の警官だけじゃ大捜査網を敷ける筈も無く、様子見になったのを責めるのは酷って事なんでしょうね!
今までの少女誘拐事件を振り返ってみると、問題児の場合ほとんどの警察で初動捜査は行われていません!
痴呆症老人の行方不明が多発するのも、速やかに警察犬を投入出来ないシステムに問題があるんじゃないでしょうか?

このような事件の再発を防ぐには、どうせ家出”だろう”じゃなく誘拐”かもしれない”として真剣に取り組まないと同じことが又起きちゃうよ!

免許センターの講習じゃ”だろう”運転じゃなく”かもしれない”運転をと指導してるのに自分達は”だろう”じゃダメでしょ!

警察は”かもしれない”を率先垂範して頂戴!

兵庫県議会も”どうせバレないだろう”と政調費を不正清算してるしね!

兵庫県だけじゃなく日本全国が全てにおいて甘い風土になっちゃてるのかもね!

時代錯誤の相続税増税や生活が苦しくなるインフレ政策してる日本!
霞ヶ関が自分達の利権優先の”だろう”で突っ走ってるんだから、どうしようもないか・・・・・・ (涙)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ