素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

2011年05月

逃げ菅直人はまったく駄目だけど”坊ちゃん総裁”も頼るに値せず!

何回も不信任決議案を出せる機会をむざむざと捨て去る”坊ちゃん総裁”の谷垣禎一大先生!

 加藤の乱”のトラウマで慎重になるのも判らんでもありませんが・・・そもそも”加藤の乱”が失敗したのも時期を逸したのが原因なのにね!

同じ轍を踏むとは・・・・・

 

東大法学部出身の2世政治家!38歳で初当選!自民党のサラブレッドとして将来を嘱望されるも豪胆さに欠け、情に甘く、自民党総裁の地位で満足しているのかも!

総理を掴み取る熱意もまるで感じられず、迫力がありませんし、存在感が希薄過ぎますよ!

要するに、谷垣禎一総裁には人を感動させる要素・資質が全く無い!無味無臭!人畜無害!無い無いだらけ!灰だらけ(大爆笑) 

これじゃ若者の政治離れが進むだけだよ!

 

最悪の事態を思い描けない菅直人と違い、直ぐに最悪の事態を頭に描くことが出来る谷垣禎一!

そりゃ頭の構造は、単細胞の菅直人と比べれば、月とスッポン!

理路整然・経済も熟知!

でも谷垣禎一には何かが欠けている!そう!欠点がない=人間的魅力に乏しい=カリスマ性が無い!

欠点だらけの菅直人の対極です!足して2で割れば至上最強だったかもね!(大苦笑)

 

こんな常に最悪を考える慎重派の総裁じゃ国難を乗り切る豪胆な政策なんて無理!

迅速に前に進めない・進められっこありません!

 

攻めるなら一瞬の隙を衝いての中央突破!死にもの狂いでやらなきゃ誰も感動なんてしませんぜ!

 

石橋を叩いて叩いて考えて・・・・考えて・・・・考えて・・・チャンスを棒にする典型的慎重理論派!ぜんぜん面白くない人物!先を読まれて馬鹿にされ・・・外交も正攻法だけじゃ無理!

 

まずは菅直人不信任の前に、谷垣禎一自ら若手にバトンタッチしたらどうですかね?

 

自民党の支持率も上がるし、菅政権打倒の国民運動に火をつけられる!

 

日本の最大の不幸は、だらしない最大野党の代表が紳士的過ぎる事なのかも!

 

こんな体たらくな総裁じゃ、たとえ総理になっても思い切った政策なんか打ち出せっこないもの!と誰もが思ってしまった!

本人は未だ熱き心は失っていないと言ってもイメージが固定化した今では22日に急遽提出するくらいドラステックな展開・行動が必要でしょう!

 

”加藤の乱”のトラウマから離脱するには、予想外・想定外に不信任案提出を早めることだけなのですが・・・・(金曜日提出を主張する小沢氏に対し、週末に再確認を目的に月曜不信任決議案提出となって、土日の間に加藤派・山崎派は切り崩された!) 

 

自民党に、暴れん坊将軍はいないのか!倒閣より自民党総裁更迭が先ですね!

 

買ったら直ぐにタグを付け・・・探す手間が無くなる!

雑然と散らかし放題にしても、一発で場所が特定出来たら・・・ずぼらな私には願ってもない技術です!

 

歳と共に忘れっぽくなって来ている人達にとっても明報ですよね!

 

でも安心して、これ以上散らかしたら足の踏み場も無くなるな~(大苦笑)

 

ついうっかり違った場所に仕舞った時は大助かりでっすよ!

 

安く市販化して下さいね!タグのジャンル今から作っておかないとパソコンで検索するにも一苦労かかっちゃう!

 

パソコン上で整理出来るくらいなら散らかる事もないか・・・・反省!

市民運動家上がりのケチな宰相に爪の垢を飲ませましょう!

立派!ご立派!情けを知る日本国民の鏡!

 

これぞ日本人!

 

国旗も国歌も疎んじ、法律で禁じられた外国籍からの献金もらっても辞めない”礼儀知らずの権力亡者”の誰かさんと大違い!

 

なにせ頭が回らず指示も出せない単細胞!口から出任せし放題!それを支持する日本人の風上にも置けない同類の単細胞が増えたのも戦後教育の成せる罪!

 

いや~久しぶりに爽快なニュースです!

 

 

さすがに粋です!さすがにデザインの質は高いね~!


グランプリ=リトアニア

杖にパソコン?

 

準グランプリ 共にドイツ

近未来?2年後?5年後?10年後?

富士通のパソコンもやっとアップル並みにおしゃれになるかも?

 

近頃のSF映画に出てくる透過型スクリーン(室内用窓ガラス・ガラスウォール)に情報を表示させるのも意外と早く実用化されるらしい!

凄い時代がもう直ぐやってくるね~

福島原発メルトダウンをやっと公表!大丈夫と言った枝野の責任は?

福島原発の1~3号機全ての原子炉がメルトダウンになっている!

しかも”圧力容器・格納容器も損傷してる”と2カ月も経ってから公表!

 

その間、”圧力容器も格納容器も損傷してない”なんて、常に安全・安全と言い続けて国民を愚弄していた菅・枝野は責任を取らず東電に丸投げしっぱなし!

 

”大本営発表”も視察団が来るので、とうとう隠しきれず真実を公表せざるを得なくなりました!

 

この期に及んで、枝野は未だ知らぬ存ぜぬ!おのれの罪を認めようとしない!恥ずかしいとは思わんのかね!

 

←BWR(沸騰水型原子炉)は下から制御棒を出し入れするので万が一の場合大事故になる!これ常識!

1号機は通常燃料だからまだ政府も東京電力もアタフタしてないけど、問題は4号機建屋も漏れ出した水素で爆発破壊させたMOX燃料を使った3号機!

プルトニュウムが溶融してるんだから危険性は1号機の比じゃ有りません!

 

何回も書いてますが、素人が考えたって、冷却水が無くなって燃料集合体が2千度にも達すれば下から挿入される制御棒も当然露出した部分は2千度以上になって溶けます!

完全に冷却水が無くなれば制御棒自体が溶け格納容器に溶け出してしまいます!核燃料と一緒に!

マークⅠ型の建屋設計図 制御棒は書かれていない

2号機の圧力抑制プール付近での爆発は、溶け出た核燃料が再臨界しての爆発だった可能性が大きいと思いますね!

 

圧力容器下部の制御棒挿入部の防水シール部も当然高温で膨張して冷却されたら隙間が出来て水漏れ防止なんて出来ませんよ!

 

メルトダウンしたら制御棒が崩落するBWRの最大欠点がようやく公表された訳ですが原子炉に詳しい人なら常識でしょ!なのに政府お抱えの学者共は大本営発表を擁護する始末でした!

 

こんな事が学者どもが想定出来なかった筈は有りません!

レベル7とした段階で官邸は判っていた筈です!

しかし 最少不幸の実現を掲げる菅政権らしく、希望的最少被害を公表する事しか出来ない・しない幼稚な対応(大爆笑)

 

大本営発表を続ける馬鹿な政府じゃ国際的信用度ゼロ!

いくら海江田君が頑張っても今の4人組じゃ国民に真実を伝えられない!海江田君を高く評価していた私ですが完全に潰されちゃいましたね!

 

浜岡原発停止の手柄は自分で、ミスは他人の所為にして認めない菅直人!支持率上げた馬鹿がまだ国民の中にいるなんて信じられます?

 

危機管理能力が無いのを未だ分らない馬鹿な国民が20%以上いるのかよ!(涙)

 

浜岡原発も本末転倒!防潮堤造る予算を1年以内に高台に安全な使用済み核燃料プール造る工事費に回してその間運転を続けさせるのが最善手なんですよ!

東海大地震は残念ながら防潮堤工事中は起きないでしょう!浜岡原発が再開可能になった時点で起きる筈です!

 

馬鹿は死ななきゃ治らないか(大苦笑)

 

でも菅・枝野批判もさすがに飽き飽きしましたね!暖簾(のれん)に腕押しだもの!

小沢がクーデター起こすしかない!だけどその気力も小沢大先生には既に無いのかも!

念願だった2大政党政治を造り上げたんだから、”もう一度遣りたくない”なんて二の足踏んでる!

地方統一選挙結果みたって、もう民主党には明日は無い!目覚めよ小沢!最後のご奉公はこれからだぜよ!

 

今日本の経済は政府のトンチンカン政策の所為で中途半端に置かれています!

8月の補正予算が成立するまで復興景気に沸くことはないでしょう!

しかし自動車産業も9月頃からは本格的に動き出しますし、鹿島コンビナートも完全復旧に近くなるので秋以降未曾有の津波同様未曾有の好景気の大波が押し寄せて来ます!

 

それまでに無能の菅直人を辞めさせないとまた自分の手柄にしちゃうよ!

民主党には、”ときは今 あめのしたたる五月かな”!と詠んだ明智光秀はいないのか!

 

まさしく、時は今 あまのしたたる五月だよ!新しい日本を再生するに愚鈍な宰相は置くのは最悪手!

 

怒れ!素晴らしき日本人!大本営発表を続ける菅政権をぶっ壊っせ!

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ