第3戦ハンガリーGP レッドブル、アルファタウリ共々精彩を欠いてタイムも中断グループ!

メルセデスPUのレーシングポイントが予選3・4位!同PUのウイリアムズも初の2台揃ってQ2進出!
フェラーリが3列目!フェラーリPUのパース・アルファロメオ勢はQ3で敗退!フェラーリもやっとこすっとこ!

ガスリーはQ1進出もPUトラブル!どうにもこうにも・・・・・ホンダPUの信頼性に陰りが・・・・
原因不明なんじゃエイドリアン・ニューウェイのお手並み拝見とは当分行けそうもありませんね!
パワー・コントロールが難しいマシンになってる様で・・・・
明日の決勝は果たして・・・・



7位スタートのフェルスタッペン、決勝前のレコノサンスラップでクラッシュ!修理時間は17分しかありません!
アルボンの不調と相まってレッドブルのハンガリーGPの表彰台もなくなったと誰もが思いましたが・・・
なんと奇跡が!
フォーメーションラップ開始寸前にグリッド上で修理を終え・・・・終わってみればフェルスタッペン2位表彰台!
アルボン、フェラーリを抜き5位と出来過ぎの結果に!クビアト12位!
ガスリーは、万全を期して新品のPU交換したのにギヤボックストラブルで唯一リタイア!全取替してれば・・・・

しかし今年のRA620Hはどうしちゃったんでしょうね!コーナーでパワー出せないから直線でも遅い!
ホンダが昨年より良くしようと考えるとしたら、パワーはそこそこに上がったのでよりNA並みのレスポンス?
ターボエンジンはタイムラグが有ります!RA620Hはこのタイムラグを極小にしようとしたのか?
アクセルのエンコーダー分解能を上げたり、燃料噴射装置の反応時間短縮
・ウエストゲートの開閉速度短縮フライホイールを軽くし過ぎたり等等RA619Hよりピーキー(過敏)なICEになったんじゃねーのかな~?
微妙なアクセルワークに、ICEの回転が直追随したら・・・

コーナーで、パワーがバラつけばアンダーとオーバーが交互に出て来る!逆に反応遅れでもそうなるけど!
人間のアクセルワークはコンピューターじゃね~んだぜ!
シーケンスのプログラムを組む場合、入力の異常値を排除する人と排除出来ない人も!
第一戦でのフェルスタッペンのPUストールが全てを物語っているみたい!
センサーの問題じゃなくて何でも速く処理すれば良しとしたプログラムの問題なのかもよ!(大苦笑)
反応は少し鈍でもパワーを優先した【ICE】にすべきじゃなかったの?
まさか鈍にし過ぎたんじゃね~だろうけど・・・・・
いずれにしても今年はPUのアップデートは凍結されて出来ないのでメルセデスの全勝でしょう!
実につまらん!メルセデスPUだけのF1にしたら!
2022年からPU開発が凍結されたら勝てないフェラーリ・ホンダは撤退でしょう!(笑)