戦闘爆撃機のB1同様全翼機ですが・・・・
USAF_B-2_Spirit
ステルス型と違って、ホンダジェットみたいに翼の上にエンジンを載せたV字機体型!
350人乗の大型機!ワオ
フライングV
広々としたファースト・クラスは一体どんな仕様になるんでしょうね?大スクリーンで前方を映すとか?
10年以上先の話ですが夢が広がりますね~!どこのメーカーで造るかが大問題ですが・・・・
エアバスが既に特許を持っているそうで・・・本気になれば10年で・・・・なんちゃって!

それに比べると・・・・・・
国産ジェット旅客機だなんて日本国民の期待を担って華々しくスタートしたMRJでしたが・・・
予測も甘く遅れに遅れて納入は来年!国産化率はたった30%以下じゃ国産旅客機とは言えませんよ!(苦笑)
翼の強度不足で再設計に追い込まれ、機体も重くなって圧倒的な燃費の優位性も無くなり・・・受注は低迷!
5度の延期で、MRJ90はブラジルのエンブラエル社に納期で追い抜かれ機体も狭く燃費・速度・航続距離で全敗!これじゃ売れませんよね!
MRJ90は、”スペースジェットM90”と名前を換え、MRJ70は新設計のスペースジェットM100にするんだとさ!
なんでM90より小さいのにM70じゃなくM100なんでしょうね~!新機種のつもりなんでしょうけど!(嘲笑)
「MRJ70std」って何だったの?航続距離がライバルに対して短過ぎて明らかに戦略をミスったんだわさ!
【スペースジェットM100】は、航続距離を3,540kmと倍にしたけど・・・・最初からやらなきゃ!
そもそも”YS11”の後継でスタートしたのに、90人乗りの【MRJ90】からメインに開発したのが大間違い!
零戦みたいに、圧倒的な航続距離の旅客機を創ってたら陳腐化しなかったのに・・・・・・
【二兎を追うもの一兎も得ず】!
最初から背伸びしないで70人以下の軽量型を主力に開発していればこんな事には・・・・・・

それはさておき・・・・
フライングVが実現したら・・・長距離旅客機に革命が起きますね!
しかし、航空会社主導とは恐れ入りました!(大爆笑)