予選Q1、なんと4位ハミルトンから18位ストロールまで1秒以内という稀な大接戦!
ライコネンも、まさか0.108の差でQ1敗退するとは思いもしなかったでしょうね!
ルノーPUがようやく戦闘力を発揮!ルノーマクラーレン共にミッドフィールド上位に躍進!
Q1敗退は、定位置ウィリアムズ2台とレーシング・ポイント2台+ライコネン!

Q2をミデアムで突破したのはメルセデス・フェラーリのトップ2チーム!
トップ3の一角と言われたレッドブルは残念ながらミデアムでは遅れをとり・・・・・

フェルスタッペンはミデアムでは届かず、ソフトに履き替え自己ベスト中もマグネッセンのクラッシュで赤旗!
計測されずなんと11位でQ2敗退!
ソフト(C5)だと0.5秒以上速くなるので楽勝でQ3進出出来たのに、運に見放された様で・・・・


ガスリーは最初からソフトタイアで4位通過!トロロッソはソフトタイアでも12位・14位でQ2敗退!
ルノーPU4台が6~9位でQ3進出とモナコGPの雪辱を果たしました!レースで完走出来ればいいけど!
しかし、今回のQ2も4位ガスリーから14位アルボンまで1秒以内!
9位ノリスから11位フェルスタッペンまで0.08秒内という大激戦でした!

Q3では、土壇場でベッテルがハミルトンを抜いて今期メルセデス以外の初ポールポジション!
F1も、メルセデスの独走に終止符が打たれれば、やっと面白くなりそうですね!

ルノー・リカルドが0.5秒近くタイムアップして今季最高の4位!
ガスリーは0.008秒差の5位!メルセデス・ボッタスはスピンの影響かタイムを伸ばせず6位!
ルノーPUが4位・7位・8位・9位とようやくパワーアップした実力を見せ付けました!

ホンダはまだ戦えるなんていってますが、ルノーPUにパワーでは完全に追い抜かれちゃいました!
のんびりイタリアGPだなんて言ってると、フェラーリPUのハース・アルファロメオにも置いて行かれるぜ!


幸いウィリアムズがメルセデスPUを活かしきれてないからトロロッソはブービーにはなりませんが・・・

しかし、なんで既に仕上がってる本来の【スペック2】を投入しないんでしょうね!
ルノーPUのパワーアップでモナコGPみたいな成績は今後全く期待出来ませんものね!
一体何を待ってるんでしょう!クラッシュ?そりゃ無いぜよ!(大苦笑)
トロロッソに積んでバンバン走らせるべきじゃね~の?


てなわけで【スペック3=本来のスペック2】が搭載されるまでホンダPUのブログはお休み!
ホンダPUのトラウマとなった完走第一主義じゃ結果は知れてる!(大苦笑)

そうはいっても、カナダGPは面白くなりそう!
レース本番では、フェルスタッペンがどこまで追い上げるか?
ルノーPUは4台とも完走出来るのか?
何回セーフティーカーが出動するのか?

メルセデスの新PU(フェーズ2)はトラブルが出ているようで黄色信号が!

レーシングポイント・ストロールのPUが、P3で火を吹いちゃったしPUトラブルでのリタイアも?
アップデートの良し悪しで順位が大幅に乱上下する様になったF1サーカス!
いくらベンチテストで良くても、想定外として対策が後手後手になるホンダPUの開発方式を直す方法はないのかね?
折角2チーム体制になったというのに・・・・・駄目だこりゃ!