藤井聡太七段がRYZEN71800Xを使っている事で、一躍注目を浴びたAMDのRYZEN・CPUですが・・・
Ryzenには内臓グラフィック(iGPU)を搭載していません!高性能グラフィックボードは必須です!
要はゲーム用CPU!
AMDはRADEONブランドのグラフィックボードメーカーでも有る訳で商売上も載せない方が得ですしね!

1800Xのスペックは8コアですがベンチマークは15414、Ryzen Threadripper 1950Xでは21868と1.4倍!
スレッドリッパーにしておけば良かったと後悔していたので・・・・
BIOS更新でマザーボードも使えるようですし・・・将棋の研究用じゃ高性能グラボも必要ないので次回は最高スペックのZEN2を買うのでは?
ZEN2最高位の処理能力は1800Xの1.5倍以上でしょうから、AIでより深く研究出来るでしょうからタイトル獲得も近づくかもね!(笑)

そのAMD第3世代7nmCPU【ZEN2】の発売が7月7日に決定した様です!
AMD-Zen-2-release-date-900x507
今までは8コアと言っても4コアx2の擬似8コアでしたが・・・・・今回から真の8コアCPU搭載に?
Intel i9-9900kより45W省電力で性能もES版で凌駕しているのとあって人気沸騰中!
イメージキャラクターとして藤井七段を採用したら品切れ続出か!

zen2
空きのスペースは+8コアCPU?
1月の発表時点では8コアでしたが8コアx2の16コアも発売になるのでしょうか?

あと3ヶ月!どんな価格で売る出されるやら・・・・
そしてZEN2にした藤井聡太七段が今年中にタイトル獲得するとAMDファンも増えるかも!