初夏の陽気に成ったら、一転して3月上旬に・・・・・こうも気温差があると高齢者には厳しいでしょうね!

今年の1月~2月は、豪雪だと予想したら予想外の日本海の強風で予想が吹っ飛んじゃいました!

とにかく我が日本国民は一方的な情報に踊らされていますから・・・・
暑くなれば温暖化の影響、寒くなれば温暖化による異常気象の所為!にしちゃうけど・・・・・

今直ぐ変化が起きる訳でもないのに早過ぎる【警告】で狼少年と言われそうですが・・・・
地球は寒冷化に向かって突き進んでいます!
地球温暖化阻止の錦の御旗の下、省エネ・化石燃料の大幅削減で人類が発生させる二酸化炭素は減ったのでしょうか?
1961年に31億人だった人類は増えに増えて・・・・2019年には77億人を突破します!
二酸化炭素が増えた最大の元凶が食事に熱を必用とする人類なんですね!(大苦笑)
移動手段には飛行機・車・バイクという化石燃料を消費する便利な乗り物も使うし・・・
冬の暖房のみならず、夏は冷房で莫大なエネルギーを浪費しています!
このエネルギの主力が火力発電所なんだから、地球が暑くなるのも当たり前といえば当たり前なのですが・・・・
ちょっと待った!
アラル海は灌漑の影響もあって干上がり、アマゾンも大規模開発で二酸化炭素を吸収する膨大な森林が消え去り東南アジアも同様に工業化で森林が消え去っています!
海中の従来豊富だった珊瑚も海水温度の上昇で減少(高緯度に移動中ですが)
人類の吐き出す二酸化炭素を吸収するものを減らし続けて来たんですから!

しかし、この論法は太陽活動が普遍だったらの話!
過去70年間太陽活動は異常に活発だった!これが地球温暖化の主原因!
もちろん人類が地球温暖化を数%助長させたのは事実ですが・・・・・この70年間に地球の生命の源・水と成るH2Oは数千億トンが失われたという説も!
ビック・フレアは10億トンの水を失わせる?・・・・・・・

毎度おなじみの太陽27日プロットから・・・
太陽27日プロット20190409
3月20日~25日間久しぶりに小さな黒点が出来ましたね!4月7日~8日間も小さいながら・・・・・
2008年の黒点極小期から今年で11年目になります。
通常なら黒点の極大~極小サイクルは10年から11年なのでこれから極大期に向けて回復基調に入る訳で
ほら見た事かと喜ぶべきなんでしょうね!
太陽27日プロット20190217
2月の時点より若干大きくなった感じもしますが・・・・黒点が殆ど無い極小期には到ってない可能性も!
太陽27日プロット20181101
もっとも昨年11月には黒点が殆どなかったので極小期が短かった可能性もゼロじゃありませんが!
太陽黒点周期
ご覧の様に、太陽は1960年代をピークに活動を低下させています!
このまま黒点が増え続ければ寒冷化も危惧に終わるというのは幻想でしょう!
ソーラーサイクル
オレンジ色1枡が雲の生成を抑制した強さだとすると・・・
地球温暖化とは【雲の生成が抑制された期間が過去最大の長期間に渡った結果】だった事が一目瞭然です!
やく90年間地球は冷える間がなかったとも云えますよね!

フレアが規模を縮小しスベンスマルク論が正しければ、長期的に太陽活動が低下すると雨に成らない雲が増え続け・・・・
これから極大期への回復基調に向かったとしても、フレアの相対的に少なくなって寒冷化に向かうでしょうね!

皆様も空を見上げてみましょう!
青空が広がっていますか?なんとなく薄青だと感じません?春霞だって?冬の間ず~とこんな空模様でした!

今度のサイクルも太陽の活動は更に低下する筈で・・・・・猛暑が懐かしいなんてならなきゃ良いのですが・・・・

皆さんは、今地球が間氷期だってのを忘れてませんかね!突然の終焉になるなんて想定外ですもんね!
果たして黒点極小期は脱したのか?それともこれから本格的な黒点極小期になる前の最後のフレアなのか?
27日後が愉しみです!