表日本は雨不足!雲が見えても雨が降ってくれません!
このまま乾燥状態が続けばインフルエンザが猛威を揮う・・・なんてのんびりしたこと言ってますが・・・・

”実は末恐ろしい気候異変が進行中!”・・・・だと私は確信しています!
2008年の黒点極小期から今年で11年!太陽の黒点極大極小サイクルは通常10年~11年なので通常なら来年から太陽は元気になる筈なのですが・・・・
前回はサイクルが12年に延び、太陽の極が分割した今後は更にサイクルが伸びると言われるいるのをご存知ですか?
どうせ、平和ボケしっちゃので何も気にしていませんよね!
フレアが起きてないのは通常の黒点極小期だから・・・・しかし、今までの黒点極小期とは状況が違います!
太陽磁場の分極は我々の想像を遥かに越えた影響が出ると心配してます!
こんな状態があと数年も続いたら・・雨になれない雲が増え続けます!

温暖化なんて嘘だったって証明された頃には後の祭り!

スベンスマルク効果では、太陽のフレアが少なくなれば雲の核となる粒子が増大した銀河宇宙線で
砕かれ微細化(エアロゾル)する為、雨とならず大気中に浮遊すると!そして段々厚くなって日光を遮り
いずれ寒冷化がやって来るのと!

太陽27日プロット20190125
1月中も天照大神はお怒りにならず静かにお休みになられてあらっしゃります!
秋口からず~とでっせ!


これで6回目の警告ですが、未だに地球温暖化の影響だなんて誰かさんの口車に乗せられて、これから来る寒冷化への危機感ゼロの人が大部分みたいですね!(大苦笑)
トランプ大統領は二酸化炭素削減に熱心では有りません!悪役は悪役を知る!真実を知ってるから?(笑)

幸いな事に日本は四方を海に囲まれ四季に恵まれ雨もそれなりに降って理想郷みたいで、7割が山なので、簡単には枯れない地下水も豊富です!
しかし、気温が低下し雨量も少なくなれば、作物が育ちません!
表日本と裏日本間の山脈がフェーン現象を起こし易く、乾燥し過ぎればカリフォルニアの様な大きな山火事がいつ起きても不思議じゃない国でもあるんです!

豪雪地方は、数十年も滾々と湧く湧き水でなんとかなるので・・・・裏日本はその点恵まれていますね!
ダムが上流にある河川に頼る平野部は大変!
東京オリンピックは稀にみる冷夏のオリンピックとなると予言してるのですが・・・暑くもないのに水飢饉?
2020年は世界的食糧危機になってる可能性も・・・

穀物輸出国は、まだ救われますが、日本みたいに穀物輸入国は悲惨な目に!
もっとも豊かすぎる日本の食生活の現状を是正するには、一度食糧の有難味を経験したほうが日本国民の為だと思いますが!

実際、1食抜いたところで餓死する訳でもありませんからね!
しかし、ダイエットには好都合だなんて言っていられる期間もそれほど長くは無いでしょう!
70億の人類を養えるのは、温暖化のお陰とも言えるのですが・・・料自給率の劣悪な日本は小麦を筆頭に穀物が輸入出来なくなってパンやカップ麺が店頭から消える日もそう遠くないでしょう
頼みの米も大凶作!

飼料も輸入に頼っているんだから畜産も大変ですよね!餌が無くなりゃ肉も卵も高騰!
日本政府の財務省(イギリスやドイツ・EUも食料品は非課税や5%以下)だけが食料品の高騰で消費税が増収となって大喜びするって訳
日本のマスコミって、知ってて書かない財務省の腰巾着!
財政危機だと言いながら、大判振る舞いするキリギリスの政治家や官僚!
戦時中の大本営発表した反省がないのも同然です!今も国民を洗脳してますからね!
ほかの国なら暴動が起きても不思議じゃないのに・・・・・

見~上げてご覧、昼の空を!真っ青な空じゃありません!南風でも北風でもすっきりしない晴天!

靄みたいな薄い雲がいずれ分厚くなったら・・・・・・恐ろしい時代がヒタヒタと忍び寄って来ているってのに!

貧しかった中国も今や豊かになって胃袋に入る食材もその分増えてる!
中国からの食材輸入なんて真っ先に止まるでしょうね!輸入国の分散化を早急に!

過去にも気候が激変の主因となる原因不明の温室効果ガスの増減サイクルがあった!

それに比べれば、今の温暖化なんて可愛いもんです!
現代まで1万年以上も気候が安定した理由も判っていません!
束の間の繁栄を謳歌した人類ですが・・・・ハイテクを築いてもイデオロギーの統一が出来ず熾烈な戦いを続ける野蛮人!
世界的大飢饉で飢餓状態となっても自国優先!そんな人類を神がお救いになるとは思えませんね!
私の予想に反して寒暖の差が大きくなっても今年は未曾有の豪雪とはなってません!(苦笑)
予想外の強風が雪の発生を防いだんでしょうか?それともスベンクマルク効果の所為なのでしょうか?
太陽27日プロット20190217
一月末にMクラスのフレアが数回発生しました!
これから極大期に向けて活動期に戻るのか?極小期のピークに入る前の【最後の打ち上げ花火】なのか?
当分は目が離せませんね!
27日太陽プロットの最新版はこちら・・・・
http://swnews.jp/rt/27d_all_27.html