アメリカGPでRA618H【スペック3改】を投入したトロロッソ・ホンダですが、悪天候のFPで十分なセッテングが出来ず予選では片鱗を見せるも決勝ではタイアの劣化に苦しんで2台揃っての上位入賞は出来ませんでした!
ガスリーが言ってる様に開幕戦からさほど強化されていない様で・・・・・・
STR13じゃRA618H【スペック3改】のアップしたパワーを受け止められないのかも?

バロセロナのプレ・シーズンテスト時には潜在力を発揮したSTR13ですが、4月9日バーレンGPの4位入賞から何故かジェームスキーが迷走!
ジェームス・キー
アップデートしたくても、7月には肝心のジェームス・キーがマクラーレンの餌食になって辞めちゃったし・・・
あれほど初ワークスのチーフ・デレクターとしてやり甲斐があるって言ってたのに・・・
多分、スポンサーのお膝元バーレンGPでの成績が良過ぎたんで、このままトロロッソホンダに好成績を上げさせたら前年までのホンダPUの所為にしてたマクラーレンとしては面子丸潰れですからね~!
”STR13をマクラーレンのMLC33と同等以下にする条件”で無理やり引き抜いたのかもね!
交渉開始はバーレンGP直後から始まったんじゃないのかな~?
と、思わせるくらい一気に最高速はダウンしちゃうし、トラクションも・・・・・・・
噂では来年はレッドブルと共通パーツになるので自分の思い通りにはならないし、家族もイギリスだから移籍したって事になってるけど、逆に今年はワークスとして思いっ切り実力を発揮出来る環境だったので実績をあげれば評価も格段に高まる筈で、それを蹴ってまで移籍したのは移籍後のチーフ・ポストの約束と巨額の金が動いたんでしょう!
なにせ、アロンソとバンドーンを切れば4000万ドル浮くんだから!
STR13の迷走は、ジェームスキーの心の揺れを産んだマクラーレンの戦略の所為だったりして?
バーレーンGPで4位にならなかったら、STR13は正常進化してたし、ジェームスキーも辞めなかったかも?
私が観たってバーレーン後の中国・アゼルバイジャンは【?】のセッテングが多かったし・・・・・・
それはさておき・・・・
何回も書いてるけど、STR13のサスはバンビーな路面には追従出来ない失敗作だと思いますね!
バルセロナで良かったのも路面が新しかったからだし・・・・最初からブレーキの冷却は問題になってたし!


ポアなサスペンションで、中低速トルクも上がったらタイアに厳しいマシンとなった可能性が高いのかも!
サスペンションって硬くすれば跳ねちゃうし、柔ら過ぎても収まりが悪いし・・・・
ちょっとした接触で壊れるSTR13のフロントサスの硬性不足は致命的だしね!

パワーが劣っている内は、タイアに優しかったトロロッソ・ホンダですが、RA618H【スペック3】になった日本GP・アメリカGPとタイアに泣いてます!
ようやく、ホンダPUは目標のパワーアップを果たし、残りのレースで来年の耐久性を上げる為に、【スペック3】を限界までブン回し問題を出し尽く状況に!
新【ICE】のレスポンスが格段に向上して加速時にタイアが暴れて悲鳴を上げてたりして・・・・・!(笑)
こうなると、中途半端なSTR13がどこまで強力なRA618Hに対応出来るかです!
来年レッドブル並みにサスを強化したら、Q3常連になるのは間違いないでしょう!

26日(金曜日)のFP1・FP2の結果が楽しみでもあり、不安でもあり・・・・
毎回FPを順番で新パーツのテストを行ってるトロロッソ・ホンダですが、今回はハートレー!
自信が無いのでパッケージも1台分だけ!
うまく機能したら、ハートレーはガスリーを大きく引き離しちゃったりして・・・・・(笑)

ガスリーとハートレーの対戦成績 ポイントでは大差ですがアメリカGPでハートレーが勝ったので結構いい勝負になってきました!

【ガスリー】    対ハートレーQ1勝敗  11勝5敗2引分    決勝勝敗 9勝7敗2引分
H①オーストラリアGP    予選最下位!縁石ヒットして13周でリタイア!
G②1)バーレンGP    〇予選Q3進出=6位 グリッド5位⇒4位入賞〇  2基目PU・交換       
H③(2)中国GP           ●予選17位⇒18位●
G④(3)アゼルバイジャンGP  予選17位⇒12位●
H⑤(4)スペインGP    ▲予選Q2=12位 グロージャンのスピンに巻き込まれオープニングラップでリタイア
G⑥(5)モナコGP      〇予選Q3進出10位 6位入賞〇
H⑦カナダGPスペック2】   予選16位 グリッド19位⇒11位3基目スペック2⇒旧PU⇒新PU4基目となり降格
G⑧2)フランスGP     予選14位Q2    オープニングラップでオコンと衝突しリタイア
H⑨(3)オーストリアGP   予選Q2=12位⇒11位
G⑩(4)イギリスGP      予選Q2=14位⇒13位(10位ペレスと接触で5秒ペナルティ3ポジション降格!
H⑪(1)ドイツGP       〇予選17位⇒14位●戦略的5基目PU交換で最後尾スタート
G⑫(2)ハンガリーGP    ● 予選Q3進出=6位 グリッド6位⇒6位入賞〇     
H⑬(3)ベルギーGP     ● 予選Q2=11位 グリッド10位⇒9位入賞〇
G⑭(4)イタリアGP       予選Q3進出=9位 14位
H⑮(5)シンガポールGP    予選Q2=15位 13位(14位) グロージャンのペナルティで1ランクアップ
G⑯ロシアGPスペック3】  予選Q2=13位 6基目投入ブレーキ故障でリタイア▲
H⑰日本GP           予選Q1=10Q2=9位Q3=7位 11位
G⑱アメリカGPスペック3改】予選Q1=14位Q2=アタックなし 12位●(14位)7基目オコン・マグネッセン失格で繰上げ
H⑲メキシコGP
G⑳(5)ブラジルGP
H最終戦(6)アブダビGP

【ハートレー】  対ガスリーQ1勝敗 5勝9敗2引き分け ()はガスリーとのタイム差
H①オーストラリアGP   予選Q1=16位(+2.473)⇒15位最下位完走
G②(1)バーレンGP     ●予選Q10.291)Q20.269)11位17位最下位完走 2基目投入
H③(2)中国GP        予選Q1(+0.088)Q2⇒15位 ガスリーと交錯して51周でリタイア(連絡ミス)
G④(3)アゼルバイジャンGP 予選19位(12.858)⇒10位入賞〇
H⑤(4)スペインGP     ▲P3でクラッシュ予選間に合わず最下位スタート 12位3基目PU・ギャボックス交換
G⑥(5)モナコGP         予選Q1(0.238)16位 15位スタート ルクレールに追突され70周でリタイア
H⑦カナダGP【スペック2】 〇予選(+0.460)12位Q2 4基目ストロールに追い出され1周目でリタイア
G⑧(1)フランスGP     ●予選Q1(0.578)17位⇒決勝14位
H⑨(1)オーストリアGP   予選Q1(0.311)19位 戦略的?5基目のPU全交換車体トラブルの為54周でリタイア
G⑩(0)イギリスGP      Fサス破損でクラッシュ・6基目全ユニット交換ピットスタートも配線ミスで走れず
H⑪(1)ドイツGP         予選Q1(0.304)18位⇒16位グリッド 10位入賞〇 PU実質1戦目
G⑫(2)ハンガリーGP     予選Q1(+0.148)Q2(1.704)Q3(0.537)8位⇒11位●
H⑬(3)ベルギーGP       予選Q1(+0.068)Q2(0.011)12位⇒14位●
G⑭(4)イタリアGP        予選18位Q1(0.100) 16位グリッド スタートでエリクソンに追突されリタイア!
H⑮(5)シンガポールGP     ●予選17位Q1(0.195) 17位⇒17位● 
G⑯ロシアGP【スペック3】     ●予選16位Q1(0.654) 20位グリッド 7基目ブレーキ故障でリタイア
H⑰(2)日本GP        ●予選Q1(0.111)Q2(0.038)Q3(+0.070)13位⇒13位●
G⑱(1)アメリカGP【スペック3改】予選15位Q1(0.444)Q2= 20位⇒9位〇(11位)8基目オコン・マグネッセン失格で 
H⑲(2)メキシコGP
G⑳(3)ブラジルGP
H最終戦(4)アブダビGP