2018年07月18日関西将棋会館で藤原直哉七段53(フリークラス)と第27期銀河戦予選が行われました!
藤原直哉七段190よもやフリークラスに負けることはないでしょうけど・・・・・またも後手番!
80手で勝つには勝ったけど序盤からの圧勝とは云えませんでした!

定石の2三歩と受けずに【2七歩】打ちで一気に終盤戦に!あれよあれよと攻め続け・・・逆転勝利!

前期は最高勝率・勝数更新を逃す本戦2回戦敗退!
今期は対局も少なくなったので本腰を入れて挑むでしょう!
翌日の7月19日は、藤井聡太七段16歳の誕生日!7月に全勝出来ないのも節目なのかもね!
今期確定対局数【32】へ!
7月18日現在
        持ち時間5時間以上の対局の通算勝率35戦32勝3=91.43%!
        持ち時間4時間以上の対局の通算勝率47戦43勝4
=91.49%!
         持ち時間4時間の対局の通算勝率12戦11勝1敗=91.67%!
              
(千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く)
           持ち時間3時間の対局の通算勝率14戦9勝5敗=64.29%!

         持ち時間1時間以内の対局の通算勝率36戦30勝6敗=83.33%へ!
  
後手番=通算54戦44勝10敗、勝率81.48%!
先手番=通算43戦38勝5敗(内横歩取り3敗・逆転負け2敗)・勝率88.37%!
先手番では、目下14連勝中で29連勝中の13連勝を超えました!
今期14対局で後手番10戦!先手有利の将棋で振り駒運も良くしないとタイトルは取れんぜよ!(苦笑)
前期は7月末で26対局2敗でしたが、今期は7月末までで多くて19対局3敗

6月11日に収録したNHK杯今泉四段(C級2組5位)との1回戦の放映が7月15日に放映されましたが・・・
第68回NHK杯戦今泉健司四段
今泉四段のノータイム指しに翻弄され159手で、よもやの1回戦敗退!しかも勝勢からの大逆転負け!
前日の昇段祝賀会が終盤力を失わさせたのかも?

3六桂馬打ちまで優勢だったのに一手で一気に今泉四段に流れが・・・・終盤のポカミスで負けちゃいました!
竜王戦の待ったと同じで指し順を間違えた?
どうも時間に追われると考え過ぎと焦りで【頭の中の詰め手順】を間違えて負ける様ですね!

なるほど・・・・こんな調子じゃ竜王戦も王座戦も負けるはずだわさ!
なんだ~今泉四段のツイッターで”観てくれ”=上村四段同様嬉しくて嬉しくての勝ったって告知じゃん!
いくら嬉かったからってネタバレ書いちゃダメでしょ!負けた対局もツイットしろって!
確定対局数は【31】に変更となりました!
前期敗退は準々決勝が多かったけど、全ての棋戦で前期超えの成績を上げないと天才とは云えません!
竜王戦の待った敗退は情けないし、持ち時間の配分も従来通りと前期から棋力が上がったとは思えません!
相変わらずギリギリでの指し方は汚いし・・・・悪癖は直さないとファンが離れるぜよ!

2018年07月06日関西将棋会館で斉藤慎太郎七段25(C級1組18位)と第66期王座戦挑戦者決定トーナメント準決勝!
王座戦20180706斎藤慎太郎七段
やはり体調が良くない様です!序盤・中盤で時間使い過ぎ!
こうも毎回、長考で時間を使いすぎてるのを見せられハラハラさせられるのは疲れる!
特に後手番は酷い!相手の藤井対策に新しい受け手を考えているんだろうけど・・・空回り!
妙手考え出して勝てばまだ良いけど、負けが続くと視聴率は激減しちゃうと思うよ!(大苦笑)

夕食後52分の長考も”下手な考え休むに似たり”!劣勢になって103手で準決勝敗退!
まじで藤井聡太七段は7月~9月の暑い時期CPUが熱暴走するみたいに体調が悪いみたい!

ベスト4なので次年度挑戦者決定トーナメントにシードされ8月からの第67期予選免除!
ま~待ったの件もあるし、良かったんじゃない!夏休みも満喫できそうだし・・・
竜王戦・王座戦を勝ってたら過密スケジュールでした!
既に七段になったんだしタイトル保持者に相応しい指し方を磨いてからで遅くない!
負けた井上・増田・斉藤戦は【後手番】で、いずれも序盤・中盤の長考が敗因!
後手番受けに回ると万全の対策してきた対戦相手に翻弄されて時間がなくなるみたい!(苦笑)


今期2018年度の対局予定は後半の【確定対局予定】に載せてます!

藤井聡太六段のタイトル戦・一般公式棋戦戦歴・予定】 11棋戦中残り8棋戦!
【8大タイトル戦】
棋戦名  タイトル戦     戦歴                                今期                              次回予定
竜王戦⑤11月~12月=6組優勝・本戦2回戦敗退     第31期5組優勝・本戦2回戦増田六段に逆転負け           
名人戦⑥4月~6月=第76期C級2組10戦全勝            第77期C級1組  7月20日森下卓九
叡王戦①③4月~6月=本戦1回戦逆転負け         第4期七段戦 7月23日以降木下七段か宮田七段 
王位戦④7月~9月=予選7組・準々決勝敗退
       第60期予選     7月開幕
王座戦⑤9月~10月=第66期本線トーメント・3回戦進出でベスト4     準決勝で斉藤慎太郎七段に敗れる

棋王戦④2月~3月本戦2回戦敗退              第44期本戦進出 2回戦菅井王位                              
王将戦③1月~3月=1次予選決勝敗退            第68期1次予選3回戦井上九段に逆転負け
棋聖戦①6月~7月=1次予選決勝敗退          第90期予選 7月~里見女流4冠と2回戦

    前期8大タイトル中4タイトルで本戦出場   今期2タイトルで既に本戦出場・残り予選3タイトル!
【その他の公式棋戦戦歴】  
NHK杯=(20分30秒)第67回本戦トーナメント3回戦敗退  第68回本戦1回戦敗退   
朝日杯=(40分60秒)第11期 優勝  最年少六段昇段       第12期本戦シード   12月~ 
銀河戦=(15分30秒)第26期本戦トーナメント2回戦惨敗    第27期予選 7月18日藤原直哉七段
新人王戦=(3時間60秒)第49期準々決勝逆転負け       第50期3回戦 7月28日八代弥六段   NEW

上州YAMADAチャレンジ杯(20分30秒)=第2回準々決勝逆転負け  第3回五段以下の参加資格喪失
加古川清流戦(1時間60秒)=第7期準々決勝逆転負け           第8期四段以下の参加資格喪失

七段に成って資格喪失や朝日杯・王座戦がシードとなって前期より17対局以上今期対局が減りました!
しかし竜王戦・王座戦・棋王戦の挑戦者となって銀河戦も勝ち上がると前期並みの80対局以上になる・・・・
・・・・筈でしたがNHK杯も敗退したので今期は55対局行けるかどうか?

全対局結果(6月5日現在)字は勝ち 赤字は負け 丸数字は持ち時間(3時間以上)

確定対局予定一覧
 黒太字決定(開催日時未定含む)(写真掲載は対局確定&予定者)            
回数 日時・会場 ▲先手▽後手 対局相手・年齢・順位戦ランク           棋戦
1・2016年12月24日東▽加藤一二三九段76(C級2組45位)⑤第30期竜王戦予選6組1回戦
2・2017年01月26日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)   ④第43期棋王戦予選6組1回戦
3・2017年02月09日西▽浦野真彦八段53(Fクラス)     ⑤第30期竜王戦予選6組2回戦
4・2017年02月23日西▲浦野真彦八段53(Fクラス)       第67回NHK杯予選5組1回戦 68回免除
5・2017年02月23日西▲北浜健介八段41(B級2組8位)     第67回NHK杯予選5組2回戦 68回免除
6・2017年02月23日西▲竹内雄吾四段29(C級2組31位)     第67回NHK杯予選5組・決勝 68回免除
7・2017年03月01日西▽有森浩三七段54(Fクラス)        ③第67期王将戦第一次予選第7組1回戦
8・2017年03月10日西▽大橋貴洸四段25(C級2組46位)   ③第48期新人王戦2回戦
9・2017年03月16日東▲所司和晴七段55(Fクラス)     ⑤第30期竜王戦予選6組3回戦
10・2017年03月23日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)  ④第43期棋王戦予選6組2回戦

------------------------------↓ 2017年度 ↓------------------------------------
1・2017年04月04日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)   ③第67期王将戦第一次予選第7組2回戦
2・2017年04月13日西▲星野良生四段29(C級2組18位)   ⑤第30期竜王戦予選6組4回戦
3・2017年04月17日他▽千田翔太六段23(C級1組2位)     第67回NHK杯本線1回戦
4・2017年04月26日西▽平藤真吾七段53(C級1組10位)  ④第43期棋王戦予選6組準決勝
5・2017年05月01日東▽金井恒太六段31(C級1組37位)  ⑤第30期竜王戦予選6組準決勝 5組昇級
6・2017年05月03日西▽横山大樹アマ27            ③第48期新人王戦3回戦
7・2017年05月12日西▽西川和宏六段31(C級2組30位)  ③第67期王将戦第一次予選第7組3回戦
8・2017年05月18日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)     第7期加古川青流戦2回戦 
 第8期資格喪失
9・2017年05月25日東▽近藤誠也五段21(C級1組31位)  ⑤竜王戦予選6組決勝        最年少本戦出場
10・2017年06月02日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)  ④第43期棋王戦予選6組決勝最年少本戦出場
11・2017年06月07日西▲都成竜馬四段27(C級2組3位)     第2回上州YAMADA杯1回戦
第3回資格喪失
12・2017年06月07日西▲阪口  悟五段39(C級1組18位)   第2回上州YAMADA杯2回戦      資格喪失
13・2017年06月07日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)   第2回上州YAMADA杯3回戦  
    資格喪失
14・2017年06月10日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)     第3期叡王戦段位別四段戦・予選1回戦
15・2017年06月10日東▽都成竜馬四段27(C級2組3位)     第3期叡王戦段位別四段戦・予選2回戦
16・2017年06月15日西▽瀬川晶司五段47(C級2組24位) ⑥順位戦C級2組1回戦(10戦1勝0敗)
17・2017年06月17日西▽藤岡隼太アマ19               第11期朝日杯第一次予選12組1回戦 
免除
18・2017年06月21日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)    ③王将戦第一次予選第7組準決勝
19・2017年06月26日東▲増田康宏四段19(C級2組5位)    ⑤竜王戦挑戦者決定T1回戦【連勝記録更新】

20・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位)  ⑤竜王戦挑戦者決定T2回戦   初の1敗
21・2017年07月06日西▲中田 功七段50(C級2組41位)   ⑥順位戦C級2組2回戦(2勝0敗)
22・2017年07月11日西▽都成竜馬四段27(C級2組3位)     第7期加古川青流戦3回戦         資格喪失

23・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)千日第2回上州杯準々決勝  2敗     資格喪失
24・2017年07月24日西▲西川慶二七段55(Fクラス)       第89期棋聖戦1次予選ハ組1回戦
25・2017年07月24日西▽阪口  悟五段39(C級1組18位)    第89期棋聖戦1次予選ハ組2回戦
26・2017年07月27日西▲平藤眞吾七段53(C級1組10位)     第26期銀河戦予選 本戦進出

27・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位)  ③王将戦第一次予選7組決勝      3敗
28・2017年08月10日東▽高見泰地五段24(C級2組9位)   ⑥順位戦C級2組3回戦(3勝0敗)
29・2017年08月15日西▽小林健二九段60(C級2組43位)  ④第59期王位戦予選7組1回戦
30・2017年08月22日西▽大石直嗣六段28(B級2組21位)    第11期朝日杯第1次予選12組2回戦   免除
31・2017年08月22日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)    第11期朝日杯第1次予選12組準決勝 免除

32・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)    ④千日③棋王戦本戦T2回戦 A級初対局 4敗
33・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位) 第7期加古川青流戦・準々決勝 5敗   資格喪失

34・2017年09月03日他▽森内俊之九段・名人46(Fクラス)   第67回NHK杯・2回戦 永世名人に勝利
35・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)③第48期新人王戦・準々決勝      6敗
36・2017年09月14日東▲佐藤慎一五段35(C級2組9位)   ⑥順位戦C級2組4回戦(4勝0敗)
37・2017年09月20日西▲小林健二九段60(C級2組43位)    ⑤第66期王座戦1次予選ホ組・1回戦      免除
38・2017年09月22日東▲藤倉勇樹五段37(Fクラス)        第26期銀河戦本戦H組・1回戦

39・2017年09月22日東▲上村  亘四段30(C級2組25位)    第26期銀河戦本戦H組・2回戦   7敗
40・2017年09月27日東▽竹内雄吾四段29(C級2組31位)    第89期棋聖戦1次予選ハ組・準決勝
41・2017年10月06日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)    第11期朝日杯第1次予選12組・決勝    免除
42・2017年10月09日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)  第3期叡王戦段位別四段戦・予選準決勝
43・2017年10月09日東▲杉本和陽四段26(C級2組50位)    第3期叡王戦段位別四段戦・予選決勝
44・2017年10月12日西▽星野良生四段29(C級2組18位)  ⑥順位戦C級2組5回戦(5勝0敗)
45・2017年10月19日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)     ④第59期王位戦予選7組2回戦
46・2017年11月02日西▽脇  謙二八段57(C級2組35位)  ⑥順位戦C級2組6回戦(6勝0敗)

47・2017年11月13日他▲稲葉 陽八段29(A級1位)         第67回NHK杯・3回戦  A級連敗 8敗
48・2017年11月21日西▽平藤眞吾七段53(C級1組10位)  ⑤第66期王座戦一次予選ホ組2回戦        免除
49・2017年11月24日西▲北浜健介八段41(B級2組8位)     ④第59期王位戦予選7組準々決勝

50・2017年11月29日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)     第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝  9敗
51・2017年12月07日東▲高野智史四段23(C級2組13位)  ⑥順位戦C級2組7回戦(7勝0敗)
52・2017年12月15日東▽屋敷伸之九段45(A級6位)      第11期朝日杯2次予選・準決勝A級初勝利免除
53・2017年12月15日東▽松尾歩八段37(B級1組5位)    第11期朝日杯2次予選・決勝  B1初勝利免除

54・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)         ③第3期叡王戦本戦1回戦 大逆転負けで 10敗
55・2017年12月28日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)   ⑤第66期王座戦一次予選ホ組準決勝   免除
56・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)   ④第59期王位戦予選7組準決勝      11敗
57・2018年01月11日西▽中田 功七段50(C級2組41位)    ⑤第31期竜王戦ランキング戦5組1回戦
58・2018年01月14日他▽澤田真吾六段25(B級2組7位)      第11期朝日杯本戦1回
59・2018年01月14日他▲佐藤天彦名人29(名人は順位なし)   第11期朝日杯・準々決勝  A級2勝目!
60・2018年01月19日西▲矢倉規広七段43(C級2組33位)   ⑥順位戦C級2組8回戦(8勝0敗)
61・2018年01月25日西▲村田智弘六段36(C級2組19位)   ⑤第66期王座戦一次予選ホ組決勝     免除
62・2018年02月01日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)     ⑥順位戦C級2組9回戦(9勝0敗)
                【2位が2敗の為最終戦を待たず五段昇段】
63・2018年02月05日西▽南芳一九段54(C級2組2位)      ③第68期王将戦第一次予選6組1回戦
64・2018年02月08日西▽牧野光則五段29(C級2組17位)   ④第44期棋王戦予選8組1回戦

65・2018年02月14日西▲古森悠太四段22(C級2組52位)   ③第49期新人王戦2回戦
66・2018年02月17日他▲羽生善治・竜王47(A級2位)       第11期朝日杯・準決勝 A級3勝目2連勝!
67・2018年02月17日他▲広瀬章人八段31(A級4位)         第11期朝日杯・決勝   A級4勝目3連勝!
                【全棋士参加棋戦優勝で六段昇段】
68・2018年02月23日西▽畠山鎮七段48(B級2組1位)      ⑤第66期王座戦二次予選準決勝

69・2018年03月01日東▲阿部隆八段50(B級2組6位)      ⑤第31期竜王戦予選5組2回戦
70・2018年03月08日西▲杉本昌隆七段49(C級1組5位)     ③第68期王将戦予選6組2回戦
71・2018年03月15日東▲三枚堂達也四段24(C級2組6位)  ⑥順位戦C級2組10回戦(10連勝)

72・2018年03月22日西▲糸谷哲郎八段29(B級1組6位)    ⑤第66期王座戦二次予選決勝B級1組2勝目
73・2018年03月28日西▽井上慶太九段54(B級2組13位)    ③第68期王将戦予選3回戦 逆転負けで12敗
通算83対局

------------------------------↓ 2018年度 ↓------------------------------------   
01・2018年04月05日西▲古森悠太四段22(C級2組47位)    ④第44期棋王戦予選8組2回戦
02・2018年04月10日東▽阿部光瑠六段23(C級2組11位)    ⑤第31期竜王戦予選5組・3回戦
03・2018年04月24日西▲大石直嗣七段28(B級2組17位)    ④第44期棋王戦予選8組準決勝

04・2018年05月07日東▽屋敷伸之九段45(B級1組3位)     ⑤第66期王座戦挑戦者決定T1回戦
05・2018年05月18日西▽船江恒平六段31(C級1組14位)   
⑤第31期竜王戦予選5組・準決勝
                  【六段昇段後竜王戦連続昇級で七段昇段】

06・2018年06月01日西▲中村亮六段32(C級2組24位)         ④第44期棋王戦予選8組決勝
07・2018年06月05日西▽石田直裕五段29(C級2組15位)    ⑤第31期竜王戦予選5組・決勝
08・2018年06月11日他今泉健司四段44(C級2組5位)     第68回NHK杯本戦1回戦
09・2018年06月22日東▽
深浦康市九段46(A級7位)      ⑤第66期王座戦挑戦者決定T2回戦
10・2018年06月25日西▽都成竜馬五段28(C級1組32位)      ⑤第31期竜王戦挑戦者決定T1回戦
11・2018年06月29日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)   ⑤第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦
12・2018年07月03日西▲豊川孝弘七段51(C級1組18位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第2局
13・2018年07月06日西▽斉藤慎太郎七段25(C級1組18位) ⑤第66期王座戦挑戦者決定T準決勝
14・2018年07月18日西▽藤原直哉七段53(フリークラス)     第27期銀河戦予選
   勝って     通算97戦82勝15敗 勝率84.54%へ!
           今期14戦11勝3敗  勝率78.57%!八段昇段まで184勝!


【2018年度確定対局予定】
15・2018年07月20日  森下 卓九段51(C級1組1位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第1局〇
森下卓九段161
初対局!6月19日の予定が大阪地震で延期!
増田六段の師匠!秘策を練ってるそうな!苦手の後手番ですし・・・・果たして・・・・・・

           
16・2018年07月28日 八代弥六段(C級2組19位)24              ③第49期新人王戦2回戦◎
第49期新人王戦20180531八代弥六段23
八代弥六段23は前年度朝日杯優勝の短時間棋戦強者!目下7連勝と絶好調!侮れませんね!
持ち時間3時間の棋戦は通算14戦9勝5敗勝率64.29%、唯一苦手な時間の対局なのが心配!
勝ち上がると3回戦で斉藤四段vs近藤五段と、準決勝で青嶋五段vs佐々木勇気六段の勝者と対決します!
七段昇段したので最後の新人王戦、是非とも優勝してほしいですね!決勝戦は10月!
八代弥六段が6月14日C級2組順位戦の為、対局は7月下旬~8月上旬になりそう!            

17・2018年07月31日  西尾 明六段38(C級1組19位)    ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第3局◎
西尾明六段38 248初対局!デビュー以来100戦目!

18・2018年08月xx日 里見女流4冠26                第90期hulic杯棋聖戦予選へ組2回戦◎
へ組には負けそうな相手がいません!予選突破は確実でしょう!3勝ゲット!
第90期ヒューリック杯棋聖戦1次予選へ組里見香奈女流5冠
7月中なら100戦目!
初の公式戦女流棋士対戦!どうなりますやら・・・・・タイトル戦は来年6~7月!


19・2018年08月xx日    菅井竜也王位                 ④第44期棋王戦挑戦者決定T2回戦
第44期棋王戦挑戦者決定トーナメント20180609菅井竜也七段
持ち時間4時間!持ち時間が3時間だった王将戦のリベンジなるか?番手次第でしょう!
タイトル戦は来年2月~3月!


20・2018年8月~ 木下浩一七段50vs宮田敦史七段37        第4期叡王戦七段戦Cブロック2回戦◎
第4期叡王戦七段戦7月23日1回戦
1木下浩一七段(フリークラス)vs宮田敦史37(C級1組5位)
C級2組の高見泰地六段がタイトル戦4連勝で初タイトルで叡王(2500万円)を獲得し七段昇段!
主催したドワンゴも想定外の結果となったようですが・・・・予選は持ち時間1時間!
なにせ午後3時からの対局で1日2戦!体力のある若手じゃないと勝てないタイトル戦なんだわさ!(苦笑)
そんな訳で前代未聞のC級2組在籍タイトルホルダーの誕生となった次第!(笑)
序列3位のタイトルだけど、体力勝負ですから夜型棋士なら誰にでも叡王になれるチャンス大!(爆笑)
高見叡王も長時間棋戦は苦手の様でC級2組の初戦で敗北!高見叡王、順位戦昇級に赤信号が!

21・2018年08月~      未定                          ④第60期王位戦予選1回戦◎
22・2018年08月28日  青野照市九段65(C級1組2位)      ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第4局◎
青野照市九段65 114初対局!


23・2018年10月xx日   未定    第27期銀河戦本戦 C級1組なので3回戦から?2回戦からなら9月!
                          
24・2018年10月23日  千葉幸生七段39(C級1組9位)     ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第5局〇
千葉幸生七段39 237初対局!竜王戦3組の強敵!

25・2018年11月20日  増田康宏六段20(C級1組33位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第6局◎
竜王戦連続昇級で六段に昇段
増田康宏四段持ち時間6時間で竜王戦のリベンジ出来るか!
26・2018年12月28日  門倉啓太五段30(C級1組25位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第7局◎
門倉啓太五段30 282初対局!
27・2019年01月xx日  富岡英作八段53(C級1組35位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第8局◎
富岡英作八段初対局!

28・2018年12月~1月  未定                      ⑤第32期竜王戦4組ランキング戦1回戦◎

29・2019年01月xx日  未定                          
第12期朝日杯本戦1回戦  シード

30・2019年02月xx日  近藤誠也五段21(C級1組6位)     ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第9局◎
近藤誠也五段212度目!

31・2019年03月xx日  未定                         ③第68期王将戦第一次予選1回戦

32・2019年03月xx日  都成竜馬五段28(C級1組32位)   ⑥第77期名人戦順位戦C級1組第10局◎
都成竜馬5段28 3045度目!なにも今期昇級同士で星の潰し遭いをさせなくても・・・・
10戦全勝なら無条件でB級2組に昇級!順位戦連勝記録更新もやってほしいですね!
それにしても今年のC級1組昇級者3人同士(藤井・増田・都成)で星の潰し遭いをさせるとは非情じゃ!


藤井六段は現在の確定31対局からあと何局増やしてくれるんでしょう


*******************【勝上がり対局予定】*******今期公式戦10棋戦 将棋連盟順********************
第31期竜王戦 羽生竜王
増田六段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退! 第67期4組予選(12月スタート)

第4期叡王戦 高見叡王
32・2018年8月~ 伊藤vs堀口or小林        第4期叡王戦七段戦Cブロック2回戦◎
第4期叡王戦段位船-1レート的に皆大差!

第60期王位戦 菅井王位
33・2018年09月~      未定                         ④第60期王位戦予選2回戦〇

第66期王座戦 中村王座 
挑戦者決定トーナメント準決勝で斉藤七段に負け敗退 第67期挑戦者決定トーナメントシード(翌期)


第44期棋王戦 渡辺棋王
34・2018年08月~ 佐藤康光九段48(A級4位)           ④第44期棋王戦挑戦者決定T3回戦
第44期棋王戦挑戦者決定トーナメント20180609
佐藤康光九段

第69期王将戦 久保王将 
前期最終戦となった予選3回戦で井上慶太九段に負け敗退 第70期予選から(来年3月~)

第90期ヒューリック杯棋聖戦 羽生棋聖
35・2018年07月~8月  村田顕弘六段31(C級1組10位)     第90期hulic杯棋聖戦予選へ組3回戦◎

第90期ヒューリック杯棋聖戦1次予選へ組村田顕弘六段

第12期朝日杯オープン戦
36・2019年01月xx日  未定(予選免除・本戦シード)          
第12期朝日杯本戦2回戦

第27期銀河戦
37・2018年09月xx日 未定(C級1組になったので2~3回戦から?)   第27期銀河戦本戦〇

第68回NHK杯

本戦一回戦敗戦     第69回は予選から?

第49期新人王戦
38・2018年07月xx日 近藤誠也五段21(C級1組6位)      ③第49期新人王戦3回戦◎
第49期新人王戦20180531近藤誠也五段21
勝てばベスト4・・・・2018年09月xx日  佐々木勇六段vs青嶋未来五段   ③第49期新人王戦4回戦◎


ここまで勝ち上がっても未だ40対局に届かず!並みのプロ棋士じゃ収入確保も大変なんですね!

七段まではとんとん拍子で昇段出来ましたが、八段昇段は竜王取らないと簡単ではありませんでした!
しかし、平成30年6月1日から昇段規定が改正され
タイトル2期獲得で八段に昇進出来る事になりました!
来年には藤井聡太八段誕生か!

【昇段規定】
九段竜王位2期獲得⇒最短で2020
名人位1期獲得⇒最短で2022
タイトル3期獲得⇒最短で2019(竜王+王座・棋王・叡王・棋聖・王位・王将
八段昇段後公式戦250勝
八段竜王位1期獲得←最短2018!毎期可能!
順位戦A級昇級←最短で3年後!C1(2018)⇒B2(2019)⇒B1(2020)⇒A(2021)⇒名人挑戦(2022)
七段昇段後公式戦190勝←最短で4年目後半2018⇒2019⇒2020⇒2021!(50勝~x4年未満)
タイトル2期獲得平成30年6月1日改正)最短2018(王座・棋王)・毎年度可能

七段竜王挑戦
竜王戦1組昇級
六段昇段後竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝←2018年5月18日史上最年少七段達成!
順位戦B級1組昇級
タイトル1期獲得
六段昇段後全棋士参加棋戦優勝⇒NHK杯・銀河戦・朝日杯
六段昇段後公式戦150勝
六段竜王戦2組昇級
五段昇段後竜王ランキング戦連続2回昇級又は通算3回優勝
順位戦B級2組昇級
五段昇段後タイトル挑戦
五段昇段後全棋士参加棋戦優勝←2018年2月17日朝日杯優勝で史上最年少六段達成!

五段昇段後公式戦120勝
五段竜王ランキング戦連続2回昇級または通算3回優勝
順位戦C級1組昇級←2018年2月1日五段昇段達成!
タイトル挑戦
全棋士参加棋戦優勝
公式戦100勝