明けましておめでとうございます。
2017年の藤井聡太四段の公式戦は、1月26日棋王戦での豊川孝弘七段との対局勝利から始まり、指し納めも豊川孝弘七段と成りました!

12月28日関西将棋会館で行われた今年最後の対局・豊川孝弘七段50 (C級1組27位)との第
66期・王座戦一次予選ホ組準決勝で先手をゲット!

王座戦予選準決勝豊川孝弘七段
序盤・中盤で長考するも・・・・・・
終始危なげない指し手で優勢維持!
109手で勝利し45勝目!勝率81.82%
!今期確定対局数【65】に!
今期対局数は【65(通算75)】に!今期45勝10敗、勝率81.82%!
4月~6月19戦19勝0敗.勝率100% 7月~9月21戦14勝7敗.66.67% 10月~12月の対局成績は12勝3敗80.00%!
10月公式戦5戦5勝、11月5戦3勝2敗の計10戦、12月5戦4勝1敗
勝ち続けていれば10月~12月は20対局だったけど・・・15戦に留まりました!

61・2017年12月07日西▲高野智史四段23(C級2組13位)     ⑥順位戦C級2組7回戦
62・2017年12月15日西▽屋敷伸之九段45(A級6位)         第11期・朝日杯2次予選・準決勝
63・2017年12月15日西▽松尾歩八段37(B級1組5位)         第11期・朝日杯2次予選・決勝
64・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)        ③第3期・叡王戦本戦1回戦
65・2017年12月28日西▲豊川孝弘七段50 (C級1組27位)    ⑤第66期・王座戦一次予選ホ組準決勝


2017年1年間の成績は、対局数54・勝数44・勝率81.48で3部門1位確定なので・・・・
残念ながら次回は成績優秀でNHK杯は本線シードになっちゃう!対局数を3局増やせたのに残念!
第68回NHK杯       ※シードの可能性大  ベスト4に残らなければ1回戦からにしてほしいですね!
※NHK杯シード=31棋士
(1)前回ベスト4
(2)タイトル保持者7名 
    渡辺明竜王棋王・佐藤天彦名人・菅井竜也王位・中村太地王座・久保利明王将・羽生善治棋聖
(3)永世称号 森内俊之十八世名人・谷川浩司十九世名人・佐藤康光永世棋聖
(4)順位戦A級5名
    豊島将之八段・広瀬章人八段・稲葉陽八段・深浦康市九段・行方尚史八段
(5)順位戦B級1組8名
    阿久津主税八段・山崎隆之八段・橋本崇載八段・木村一基九段・松尾歩八段・糸谷哲郎八段・
    郷田真隆九段・斎藤慎太郎七段
(6)公式棋戦優勝者1名

    (銀河戦優勝=久保利明王将なので重複)  増田康宏 四段(新人王戦優勝)
(7)成績優秀による推薦者 4~6名 1~12月間の対局数・勝数・勝率を合計した総合ランキング!

2017年は、藤井聡太四段に元気を頂いた年でした!礼儀を無視する大相撲の親方もいました礼儀を知る若き天才もいることをマスコミが大々的に報道したから日本の未来も安心ですね!
先手番の勝率26戦22勝4敗、勝率84.62%!
これで、持ち時間5時間以上の対局(順位戦.竜王戦.王座戦)では、今期15勝1敗・勝率93.75%、通算
18戦17勝1敗 勝率94.44%
この1敗も異常なくらい執拗に且つ徹底的に対策され横歩取りに嵌められた佐々木勇気戦だけなんですよ!

4時間以上では絶好調時の豊島将之八段(A級)に負けた1敗を加えた18勝2敗・勝率90.00%(通算26戦24勝2敗 勝率92.31%)!
この1敗も、藤井対策として練られていた【序盤戦を早指しして藤井四段の持ち時間が少なくなってから千日手に持ち込む】戦法だったんですから・・経験不足の敗戦!
これ以降、自分が持ち時間的に不利になる千日手は絶対に指さないと心に決めたんでしょうね!例え優勢が消えても千日手の可能性を排除している様です・・・と言うより千日手にならない悪手以外の手を読んでるので中盤で時間が掛かっているのかも?
この再試合は【持ち時間4時間じゃない【藤井=2時間54分、豊島=3時間46分
ので、棋王戦本戦としては負けは負けなんだけど、持ち時間4時間以上の対局から除外して3時間にすると・・
ここまでの
4時間以上の対局では19勝1敗勝率95.00%通算25勝1敗勝率96.15%驚異的勝率を上げているんですよ!(笑)
将来のタイトル戦を見据えた将棋を無意識に指しているのかも!
まさに2017年は藤井聡太四段の年でした!
しかし2018年を迎えて・・・・・・・
今年も大活躍して日本を明るくしてくれると予想したのに、新年早々がっくり来る残念な結果に!
2018年01月06日関西将棋会館で行われた大橋貴洸四段25(C級2組46位)との第59期王位戦予選7組準決勝で、先手!持ち時間は負けた棋王戦の4倍なので心配していませんでしたが・・・・
王位戦予選大橋貴洸四段
前回同様まさかの横歩取り!待ってましたと相手の術中に!ゲ・ゲ・ゲの鬼太郎!
横歩取りリベンジの誘惑に負けたのか?


おいおい!無茶だよ!相手の罠に又嵌っちゃったぜ!(涙)
これじゃドンキホーテみたいじゃん!本戦目前で安全に勝つことより苦手克服優先とは!
褒めるべきか?嘆くべきか?(大苦笑)

前回の棋王戦での横歩取りで負けたリベンジのつもりだったんでしょうけど、陣を固める前に中途半端な指し手で・・・・無残な返り討ちに!(大苦笑)
大橋四段には、横歩取りでリベンジして来ると完全に読まれていましたね!
撃破すればさすが天才ですが、万全の対策の前に
成す術(すべ)も無く104手で投了!惨敗!
横歩取当面決定的な弱点だってダメ押し】する事になっちゃいました!
これで
横歩取りでの敗戦は佐々木・上村・大橋・大橋の4敗目!初の同一棋士2連敗を喫しました!
来期まで横歩取りを封印すれば勝てたのに・・・・・負けず嫌いの性格が裏目に!実にもったいない話です!
残念ながら横歩取り2連敗で天才から秀才に格下げ!
天才は同じ相手に同じ轍を踏みませんから・・・・まっこと残念
劣勢になると、どうも迷う様になったみたいで、ITを使い過ぎて思考が悪い方向に行ってるのかも?

安易にワープロばかり使うと漢字を思い出せなくなるのと同じですから、パソコン依存度を減らすべきでは?
この調子じゃ詰め将棋選手権4連覇にも赤信号が点滅中!(う~ん)

藤井聡太4段は、最年少で朝日杯本戦に進出しました!第12期は第2次予選からのシードになります!
HNK杯もシードですから
参加資格を失う加古川清流戦と合わせて来期は勝ち上がった場合の想定対局数が10戦減少します!
銀河戦・叡王戦・王位戦の敗戦で中学卒業後は高校入学までのんびり出来そうですが・・・・・・
若手棋士の藤井聡太研究が進むと、今期並の成績は2018年以降後非常に難しくなりそう!

豊島戦(再試合持ち時間3時間以下)を除く実質4時間以上対局成績も、192敗・勝率91.67%(通算26戦24勝2敗
勝率92.31%)に急降下!それでも勝率は驚異的90%台ですが!

豊島戦の再試合は持ち時間4時間じゃない【藤井=2時間54分、豊島=3時間46分】ので、棋王戦本戦としては負けは負けなんだけど、持ち時間4時間以上の対局から除外して3時間に!
持ち時間3時間対局は4敗(王将戦・棋王戦・新人王戦・叡王戦で今期4敗勝率60.00%、通算8勝4敗、勝率66.67%!
下、持ち時間3時間の対局が
藤井聡太四段の最大ウイークポイントであり最大の課題です!


11敗中
1時間以内の敗戦は5局!銀河戦(25分1手30秒)・上州YAMADA・NHK杯戦(20分1手30秒)、加古川清流戦・棋聖戦(1時間)
1月6日現在で持ち時間1時間以内の戦歴は今期28戦23勝5敗、勝率82.14%、通算31戦26勝5敗勝率83.87%!決して弱くない!

対戦相手の対策の仕掛けに嵌って負けたのが11敗中7戦(佐々木勇気・三枚堂・豊島・上村・大橋2・深浦)!
指し手の読みもさることながら、対局相手の意図も一早く見抜ける様になってほしいものです!
井出(加古川戦)・佐々木大地(新人王戦)・深浦(叡王戦)は秒読みでの指し間違えですから、序盤中盤の時間配分が上手になれば負けも激減するでしょうし・・・・・・・
序盤中盤は明らかに進化中なので、いずれ持ち時間の使い方も驚くほど巧くなるでしょう!(笑)

2018年は無敗だった持ち時間4時間での黒星スタート!
プロ棋士になって1年過ぎたので、相手の得意技で勝負するより自分の得意技を磨くべきでは!
今年は最終戦まで黒星がいくつ足されるのやら?ちょっと心配!
66・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25 (C級2組46位)       ④第59期・王位戦予選7組準決勝
67・2018年01月11日東   中田 功七段50(C級2組41位)        ⑤第31期・竜王戦予選5組1回戦
68・2018年01月14日他  澤田真吾六段25(B級2組7位)
      第11期朝日杯本戦1回戦
勝てば同日同会場で準々決勝!
72・2018年01月14日他   佐藤天彦名人か永瀬拓矢7段      
第11期朝日杯・準々決勝
69・2017年01月19日   ▲矢倉規広七段43(C級2組33位)    ⑥順位戦C級2組8回戦
70・2018年01月xx日     牧野光則五段29(C級2組17位)    ④第44期棋王戦予選1回戦





71・2018年01月xx日     村田智弘六段(C級2組19位)        第66期王座戦一次予選ホ組決勝