羽生永世6冠が竜王戦のタイトルを奪取して永世7冠達成!C級2組相手の5敗目を喫して少々影が薄くなった藤井聡太四段ですが・・・
20171006藤井聡太jpg
持ち時間5時間以上の対局では、異常なくらい徹底的に対策された佐々木勇気戦の1敗だけなんですよ!今期14勝1敗・勝率93.33%、通算17戦16勝1敗 勝率94.11%
4時間以上では、絶好調時の豊島将之八段(A級)に負けた1敗を加えた21勝2敗・勝率91.30%(通算25戦23勝2敗 勝率92.00%)!
将来のタイトル戦を見据えた将棋を無意識に指しているのかも!

終盤では圧倒的強さを発揮する藤井聡太四段ですが、序盤・中盤にまだ脆さが!
もっともこれが無くなったらタイトル奪取は時間の問題ですが・・・・でも・・・・・・
12月10日に名古屋市で行われた非公式戦で早指しとはいえ久保利明王将に大逆転勝利

序盤でつまずくと持ち時間を使い切って劣勢を跳ね返せなかったのをこの対局で何かを会得した様で・・・・
今後の早指し戦に期待出来そうですね!(笑)
早速、朝日杯オープン戦で生きました!
2017年12月15日将棋会館で行われた屋敷伸之九段45(A級6位)との
第11期朝日杯2次予選・準決勝
屋敷伸之九段
朝日杯2次予選F組
熱戦の末・・・・詰みを読み切ってA級棋士に公式戦初勝利しました!


今期対局数も【63(通算73)】に伸ばしました!今期43勝9敗、勝率82.69%
続いて行われた今期竜王戦挑戦者決定戦まで勝ち上がった松尾歩八段37(B級1組5位)との第11期朝日杯2次予選・決勝戦でも松尾歩八段の穴熊を簡単に崩して快勝!(ワォ)
松尾歩八段 朝日杯2次予選決勝
一手間違えば頓死の状況なのに・・・1分将棋で詰みを完全に読み切る凄さを見せ付けた一戦でした!

最年少で朝日杯本戦に進出しました!第12期は第2次予選からのシードになります!
参加資格を失う加古川清流戦と合わせて来期は最高対局数が10戦減少します!ベスト4なら本戦シードで12戦も減少しますが、翌期は全公式戦を今年以上の成績でしょうから新人王戦・上州YAMADA杯を奪取し銀河戦を勝ちあがれば今年以上の対局数・勝ち数・勝率になるかも!(笑)
先日の久保王将戦での大逆転勝利で自信を得て中盤が進化したようです!
今期対局数も【64(通算74)】に!今期44勝9敗、勝率83.02%!4冠復帰しました!
持ち時間1時間以内の戦歴も今期28戦23勝5敗、勝率82.14%、通算31戦26勝5敗
勝率83.87%にアップしました!

2017年12月23日東京将棋会館で行われた 第3期叡王戦本戦1回戦でA級棋士・深浦康市九段45と対戦! 
深浦康市九段
叡王戦本線
中盤まで圧倒的優勢だったので安心して居眠りしてたら・・・・・・・ゲ!ギョ!ウソ~!
持ち時間を早々に使いきり、なんと得意の寄せ手順を間違えてよもやの逆転負け!
詰め将棋の天才だけに4ニ角じゃ詰まないのが判ったのでしょうけど秒読みに追われて焦って互角に逆戻りする手なんて指しちゃった!
その前の4三桂が最善手だっただけに6六角はアン・ビリーバブルの一手でした!
119手の6六角じゃなく4二角の王手とすれば即詰めは無くても確実に勝っていたんだから藤井聡太四段としては秒読みに追われて焦っての大チョンボ!
一分では詰めが無いのが読めたんでしょうけど
119手が悪手過ぎ!勝利が逃げちゃった!
せっかく横歩取りも成功してたのに・・・
魔が差したとか思えない一手でした!
しかし43桂と6六角の順序が逆なら共に最善手だったてんだから将棋って奥深い!
それでも互角の戦いでしたが・・・・・一旦流れが変わるとまたも悪手で自滅!
でも難解な指し手を連発し、持ち時間を消費させ大悪手を指させた深浦九段を褒めるべきなんでしょうね!
さすがA級!
楽勝が一転して166手まで掛かる大激戦に!
【秒読み】【十分な持ち時間のA級】じゃC級の棋士に勝てる筈も無いのに156手まで互角の善戦!
その前の9五桂も疑問符の指し手でしたし・・・・・・・・・・
4八金を銀で取っていれば3七角打ちは出来なかったので藤井四段が勝った可能性のある対局でした!
しかし、深浦九段は藤井聡太四段に考える時間を与えない徹底した即指し戦法の時間攻めを行い、トイレにも行けない状況に追い込まれてましたし・・・・・

もう少しだけ持ち時間があれば圧勝出来たんだから・・・・・・・今期一番悔やまれる対局となりました!
持ち時間3時間の対局は、王将戦・新人王戦・叡王戦で今期6勝3敗勝率66.66%、通算8勝3敗、勝率72.72%!時間別勝率最悪ですがそれでも勝率ベスト20なんだよね!
3時間の棋戦は長考には中途半端なので時間配分に一番苦労してるみたい!(苦笑)
今後の最優先課題!詰みが無いならトイレ休憩時間を残さなきゃね!(大苦笑)
この敗戦で「未だ30歳超えの棋士には負けていません!」も途切れました!

10敗中
1時間以内の敗戦は5局!銀河戦(25分1手30秒)・上州YAMADA・NHK杯戦(20分1手30秒)、加古川清流戦・棋聖戦(1時間)
12月23日現在で今期26戦21勝5、勝率80.77%、通算29戦24勝5敗
勝率82.76%!
持ち時間3時間以内の対局では7月以降相手の藤井対策を完全打破出来ないのが一目瞭然!

この敗戦で今期の藤井聡太四段公式戦は勝ち続けた場合最高でも【78戦】となりました!
対局数・勝数・勝率の記録更新は翌期以降に・・・・・・

4月~6月19戦19勝0敗 7月~9月21戦14勝7敗 果たして10月~12月の対局数成績は?
10月公式戦5戦5勝、11月5戦3勝2敗の計10戦!
勝ち続けていれば10月~12月は20対局だったけど・・・15戦に留まりました!
 
10月~12月は現在11勝3敗
61・2017年12月07日西▲高野智史四段23(C級2組13位)     ⑥順位戦C級2組7回戦
62・2017年12月15日西▽屋敷伸之九段45(A級6位)         第11期・朝日杯2次予選・準決勝
63・2017年12月15日西▽松尾歩八段37(B級1組5位)         第11期・朝日杯2次予選・決勝
64・2017年12月23日東深浦康市九段45(A級7位)        ③第3期・叡王戦本戦1回戦
65・2017年12月28日西  豊川七段か村田五段の勝者      ⑤66期・王座戦一次予選ホ組準決勝

来年1月の対局予定も銀河戦・棋聖戦・NHK杯を負けたお陰で殺人的スケジュールにはなりませんでしたが、勝ち数ならベストテン入りは56勝なのであと【12勝】です!新春初対局は竜王戦?
66・2018年01月xx日西   大橋貴洸四段25 (C級2組46位)       ④第59期・王位戦予選7組準決勝

67・2018年01月14日他  澤田真吾六段25(B級2組7位)      第11期朝日杯本戦1回戦
79・2018年01月14日他   佐藤天彦名人か永瀬拓矢7段       第11期朝日杯・準々決勝
68・2017年01月19日   ▲矢倉規広七段43(C級2組33位)    ⑥順位戦C級2組8回戦
69・2018年01月xx日東   中田 功七段50(C級2組41位)        ⑤第31期・竜王戦予選5組1回戦
70・2018年01月xx日     牧野光則五段29(C級2組17位)    ④第44期棋王戦予選1回戦



75・2018年01月xx日     谷川浩司九段55(B級1組7位)            ④第59期王位戦予選7組決勝

82・2018年01月xx日     藤原八段・村田六段・大橋四段            第66期王座戦一次予選ホ組決勝


29連勝(1~12月間では28連勝、年度内では19連勝)は2期に跨っているので、いつの日か丸山忠久九段の年度内24連勝も更新してほしいですね!(笑)

後半も前半並みなら今期の総対局は(19+21)x2=80!歴代6位タイでした!(78でベストテン入り)
順位戦は勝っても対局は増えませんから、順位戦以外であと16勝!(64+16=80)
さらに10勝すると前人未到の年度【90対局】となって羽生棋聖の89対局を更新する可能性が有ったのですが
銀河戦早期敗退・棋聖戦予選・叡王戦本戦敗退で対局数・勝率更新も絶望的!(涙)

順位戦C級2組、7戦終わって全勝は藤井聡太四段、今泉健司四段の2名、1敗は増田康宏五段、伊藤真吾五段、佐々木大地四段の3名!現在2敗は昇級対象外!
昇級ライバル対象者は3名に絞られました!来月1敗同士の増田vs佐々木直接対決で佐々木四段が勝てば2名に!9戦全勝なら今泉健司四段・伊藤真吾五段が残り全勝でも2月に昇級決定します!
増田5段が残り全勝だと1敗では最終戦次第かも!
ちなみに順位戦の連勝記録は森内九段の26連勝
藤井聡太四段の持ち時間4時間以上の棋戦勝率は90%以上なので、C2+C1+B2を全勝して順位戦の連勝記録更新する事を期待しましょう