ホンダF1用パワーユニットの苦悩は全て、マクラーレンの過ちから始まった!
空力を最優先して車体後部の絞ることで肝心の排気の自由度を奪ってしまった!
現在のF1はエンジンと言わずパワーユニットと呼ばれていますが、エンジン+【MGU-K】【MGU-H】の2つのモーター兼発電機で構成されています!
【MGU-K】は、ハイブリッドでおなじみのモーター兼発電機!
【MGU-H】は、電気式スパーチャージャー兼発電機!

mgu-h
上の図の様に、【MGU-H】で発電した電気は、直接なら無制限に【MGU-K】で使う事が出来ます!
fera-ri
【MGU-H】は排気タービンで(を)駆動します!
いかに効率良く排気タービンを回し、少しでも大きな【MGU-H】を積んで【MGU-K】に直接電気を送ってエンジンをアシスト出来るかがポイントなのは誰が見ても判るよね!(大苦笑)
power_unit_structure_renault_f1_V6
マクラーレン・ホンダエンジン5
マクラーレン・ホンダエンジン7
F1-2015-エンジン比較
最初のホンダパワーユニットでは、MGU-H】は小さく〔=発電量も少ない〕、排気系もスムースとは思えませんね!
しかし、モーターアシストは120Kですから、フルアシストがあるなしじゃ最高速度で差を付けられるのを指をくわえて見ているだけになっちゃった!

おまけに軸流ターボなんて考え出したのは良いけれど向きが逆!吸気を180度反転させたんじゃ配管抵抗が大きくなり過ぎ!発表の時点で失敗作でした!
ホンダとしては、エンジン自体のパワーMGU-H】の差を埋められると過信していた可能性がありありです!(苦笑)
もし、サイズゼロの制約がなかったら・・・・・MGU-H】なしのエンジン+【MGU-K】だけだったら結果は違っていたでしょうけど・・・・

しかし、今のF1で最とも重要なのは、いかに排気効率を上げていかに大きな【MGU-H】を積んで発電した電気で直接【MGU-K】を動かしアシストさせるかですよ!
最初から、マクラーレンのサイズゼロは、今のF1にはそぐわない欠陥コンセプトだった訳!
それでも、エンジンのホンダ神話で誰もが何とか出来ると期待しちゃった!(大苦笑)


又、ソフトウエアの出来も大きく影響している様です!参戦が1年遅れのホンダはここでも遅れました!コスト削減の名の下、現車テストも満足にさせない今のF1では致命的!
どこまで【MGU-H】をスパーチャージャーとして使うか?ストレートで使って排気抵抗をなくしてエンジンパワーを上げるって手もあるし・・・・・どのタイミングでバッテリに充電するか等々・・・・

最高速度が出ないとコーナーで速くする為にダウンホースを強くせざるを得ないのでますます最高速度が落ちる悪循環!
ホンダも総力を挙げて【MGU-H】の高性能化をやったんだろうけど・・・・・・物理的に無理です!
たぶんギリギリまでシャフトを細くしてとか強力な磁石を使ったりとか高性能化に涙ぐましい努力をしたんでしょうけど、その結果は・・・・・直ぐ壊れて・・・・・・耐久性が落ちちゃった!
【MGU-H】は、スーパーチャージャーとしてターボの立ち上がり時をアシストしますが、それ以外は発電機ですからメルセデスベンツがF1エンジンで熱効率50%達成したと公表したのは【MGU-H】の発電量が大幅に上がった事も意味します!

私が来年ホンダのパワーユニットが復活するとする最大の理由がマクラーレンのサイズゼロの呪縛から解放されて排気系の自由度が大幅に改善されるからです!ターボも大きくして極端に言えば倍以上のMGU-H搭載も可能ですから!
エンジン自体は既に行き着くところまで行ってるでしょうし・・・・復活しない理由がありません!

何でもエンジンの所為にするマクラーレンとのコンビが悪過ぎたけど、この3年間の苦闘は無駄じゃなかったと思いたいですね!(笑)
いずれにしてもマクラレンのマシンじゃ残り2レースでも奇跡でも起きなきゃ勝てないでしょう!
来年の開幕戦でポールポジション取って、マクラーレンのサイズゼロがいかに間違ったコンセプトだったか証明しちゃいましょう!(笑)
しかし、愚痴も零さず一歩一歩戦闘力を増してきたんだから、ホンダの開発力は侮れませんよ!
トロロッソは判ってるんだと思いますね!ホンダは良く我慢してると・・・・・・
アロンソも来年トロロッソに移ったりしてね!(大爆笑)
ルマン24時間にもホンダNSXで参戦したりして!でもアロンソの目標は総合優勝だから有り得ませんが!

2021年から、複雑な【MGU-H】は廃止される事になります。
いっそ【MGU-K】も廃止してシンプルなエンジンで戦える様にした方が面白いのにね!でもそうなったらホンダエンジン搭載車が常勝しちゃうから絶対認めませんね!(笑)