8月8日午後9時19分に四川省で起きたマグニチュード7.0の地震は観光シーズンの真っ只中の世界遺産・九寨溝に甚大な被害をもたらしました!
九寨溝地震2017080009pg
九寨溝地震2017080008pg
九寨溝地震2017080007pg
九寨溝ってチベット族の貧しい九つの村って意味ですが、今や大金持ちになっていたんでよ!
貧しそうな村の後ろには高級車がずらり!(笑)
引きも切らない観光客と一緒に写真撮るだけで一日数万円!優雅な暮らしが一瞬で暗転!
8月8日は満月でした!
月齢201708
2008年5月12日に起きた四川大地震は【黒点の極小期】の上弦の月でした。
月齢200805
2011年3月11日の東北大地震は黒点極大期に向かう時期に起きた連続大フレアの4日後ですが
月齢201103jpg
私は最初11日とアップしたのですが13日の上弦の月~満月の間に書き換えた途端に大地震が起きちゃいますた!(大苦笑)
http://kobayakawashunichi.blog.jp/archives/2874258.html
太陽が活性化【黒点極大期】すると戦争や火山の大爆発や大地震が起き易い事は統計から証明されていますが、どうもプレートが凌ぎ合う内陸高地部の地震は【黒点極小期】に起きるようです!
今年になって黒点が起きない日が急増してます!2019年と予想される黒点極小期にはどんな災害が待ち受けているのでしょう?
それはさておき、
GoogleEarthに震源地と九寨溝の景勝地をピンしてみたら・・・・・・ギョギョギョ!
九寨溝地震MAP
震源地は九寨溝から13kmと報道されましたが・・・火花海や五花海とは7~8kmの至近距離だった!
九寨溝地震MAP3
まさに世界遺産を直撃したんですね!
九寨溝地震2017080006pg九寨溝地震20170800045pg
九寨溝地震2017080004jpg
九寨溝地震2017080003jpg

九寨溝地震2017080002jpg
九寨溝地震2017080001jpg
しかし、土砂崩れで水は濁っていますが、壊滅は免れた様です!
脆(もろい)石灰岩質の山なので過去の山体崩落で川を堰き止めコバルトブルーの堰止湖(池)を育み世界遺産になったのですから今回の崩落も新たな美しい景観を生み出す筈ですが・・・・
なにより地震で脆くなった急峻な山間を走る観光ルートが問題!
整備した観光道路の損傷が一番の問題になっちゃった!
九寨溝道路損傷2
九寨溝道路損傷1
崩落したアスファルトやコンクリートが川や瑚沼を汚染しちゃいましたから・・・・・
復旧も大変!世界遺産ですから、まさかコンクリートで垣壁を作れませんし・・・・・これ以上山側を削れないし・・・・・

しかも、ゲートでも標高2,000mを越える高地ですから、崩落した急峻な山肌と相まって木々の再生は遅々として進まないでしょうし・・・・
M7.0の地震前に起きた大規模な崩落も今となれば前兆だったんでしょうか?

標高2300mの高地なのに豪雨よる山体崩壊の様で地震の前兆とは言い切れませが!
しかし、成都市と九寨溝を結ぶG213号線でも大規模な土砂崩れが起きていました!

私が昔黄龍から九寨溝へバスで行きましたが、途中の道路は突貫工事で造った様な岩盤剥き出し・落石防止柵も無い有様でいずれは大きな落石が多発するだろうと思ってましたが・・・
まさか通行量の多い幹線道路で起きるとは・・・・・
もっとも九寨溝とは120km以上離れているのですが、四川大震災と九寨溝地震の震源地と結ぶと今回の崩落はほぼ延長線上だったんですね!
九寨溝地震MAP4
今回は幸いにも夜間に起きたので大惨事は免れましたが、12時間後だったら数万人が気温10度の山中に取り残される事態だったんですから・・・正に不幸中の幸いでしたが、もはや九寨溝観光は命懸けの模様を呈して来ました!
落石防止の強固な防護壁やトンネルを造るんじゃ世界遺産には相応しくありませんし・・・・中国政府はどう安全策を講ずるんでしょうね?