心神

心神ロールアウト
すぐにも初飛行する筈が・・・・・
まさかMRJに総力を挙げてた訳じゃないでしょうけど・・・・・情報が途絶えて・・・・・
その間に、中国メデアにスクープ写真が・・・・
中国に隠し撮りの写真提供してるのは・・・・スパイなのか記者なのか・・・・・
心神1
しかし、日本のマスコミより、中国のマスコミに公開以外の写真を撮られるなんて・・・・・・・
心神コクピット
コクピットの風防固定でキャノピー部は横跳式の『T-4練習機』用を流用しているって事になってるけど・・・・
T-4練習機003
『T-4』のキャノピー複座用ですよね!
T-4練習機004
『心神』は、複座式って事か?最初の写真をよく見ると確かに複座です!?!なるほど・・・なるほど・・・

『心神』は本格的戦闘機のひな型なんて報道されてますが、本当は『T-4練習機』の上位練習種、つまり超音速高等練習機『T-2練習機』の後継だったりして
『T-2』の価格は19億円~、改造した支援戦闘機F1は27億円~!10億円もちゃう!T-2練習機
確かに『T-2練習機』は、支援戦闘機『F1』の原型でしたから、今回も同じ事なんでしょうかね?

高価な『F35』を配備して更に本格的ステルス戦闘機を『F-3』として製造するなら、『T-2練習機』退役後、実機で訓練している高等練習じゃリスクが大き過ぎます!
『T-4練習機』もエンジンは双発ですし・・・馬鹿高価なステルス型超音速戦闘機の戦法は全く違うので、軍事予算の少ない日本じゃ安くて超安全な双発のステルス型超音速練習機は必要不可欠なんですよ!
アメリカの軍需産業じゃ、同じ手間掛けて安い超音速練習機なんて作りっこないからね!
最初から超音速練習機の開発に数百億を出すなんて言ったらマスコミが黙ってないし・・・
そう考えると、アメリカが『心神』の開発に余り横槍を入れて来ないのも納得出来ますよね~!(笑)
アメリカにしてみれば、『F35』を1機売れば、数機の高等練習機が手に入る訳だし日本の新開発技術はタダ同然で手に入るんだぜ!
そんな訳で、『心神』が小型になったのは将来、超音速高等練習機としてもそのまま使える仕様にしたんだと思うのですが・・・皆様はどう思われます?
但し、『T-4練習機』は川崎重工製!中等練習機なので三菱航空機の『心神』は高等練習機って位置付けになるので一応の住み分けが出来る!
航続距離が短くて当たり前だわな!
ま~契約じゃ2016年度中に完成すればいいんだから、意外と焦っていないのかもよ!
こんな優秀な練習機で腕を磨けば、最初から百戦錬磨の腕前に!(大爆笑)
メインの主力戦闘機はF-35!次期支援戦闘機『F3』は『心神練習機』の発展型になるのは間違いありません!
形だけは日米共同開発にされちゃうけど・・・・
なにせ日本が世界一の戦闘機を開発するなんて好き勝手はさせませんからね、宗主国アメリカは!
戦闘機の寿命は約30年!
支援戦闘機『F2』の運用開始は2000年!初飛行は1995年10月7日!
一機119億円!『T-2高等練習機』から100億円も増えてるってか!でも・・・・・
支援戦闘機F2jpg
原型はF16(1460万ドル~1880万ドル)ですが、中身はエンジンもライセンス生産ですが機体もシステムも日本独自で開発された純日本製!F16より安くて性能は1段上!(大爆笑)
純国産戦闘機の生産は既成事実になっているとも言えます!
アメリカの新技術開発コスト削減にも大貢献してる訳で・・・・・・・

『F3』の初飛行は早くて今から10年後の2025年でしょう!それまで生きてるかな~!(苦笑)

『心神』の初飛行延期の理由ですが、ソフトにバグが見つかったとか、飛行中にエンジンの再始動するシステムにするんだとか、様々な噂が飛んでますけど・・・『心神用』開発スタッフの公募要綱では期限が来年3月18日なので初飛行はその頃が最終リミットみたい!
『心神』はどうせデーター収集と練習機用なんだろうから、じっくりやってちょうだい!
多分、練習機として、万が一の操縦ミスを想定してより安全なシステム構築に悪戦苦闘してるんでしょう!
エンジンのエンジンの再始動なんかもその一環なのかも・・・・・
しかし、安い超安全な超音速ステルス練習機が誕生したら、兵器は積めないし、航続距離も短いんだから、戦略兵器とは言われませんし・・・・60億円程度なら世界中からオファーが殺到しちゃうかもよ!(大爆笑)

練習機の輸出では韓国が先行!
フィリピンが韓国からT-50練習機
t-50

から派生したFA-50戦闘機FA-50を購入!
インドネシアもT-50を買ってるけど・・・中身はアメリカのロッキード・マーチン社との共同開発というより半分以上がアメリカ製!しかもブラックBOX!
なにせ、もはやアメリカの戦闘機メーカーは本気で安い練習機なんて作る気なんて無いんだから・・・・・

張り子の虎じゃね~!でも安くても超音速戦闘機の実践練習機だと考えればフィリピンの選択は正しい!韓国で組み立てた方が安いからね!(大爆笑)
迎撃戦闘機として【F3】が製造出来たら、東南アジア市場を練習機【心神】とセットで席巻しちゃうでしょう!
果たして【心神】は日本製ステルス練習機としてアメリカ軍にも正式採用されるでしょうか!