サラリーマンには関係ないとお思いでしょうが・・・・・米価の下落で農家の購買力が激減!
ま~収穫量優先で旨い米を造ってないからコメ離れを起こしちゃったんだから、TPP(環太平洋経済連携協定)が結ばれたら、この際量より味に拘った輸出用の米作りに大転換するいい機会かも知れませんけど


何回も書いてますが、物流の落込は徐々に徐々にボデイブローの様に日本経済を蝕んでいます!
繁華街も暮の忘年会シーズンまで閑古鳥が鳴き始めています。お客が減っても料金そのままなら客足もいずれ戻る・・・・なんて思っていたらヤバイと思いますね!閑古鳥が鳴くのは料金じゃないから!


信じて貰えそうもないけど、日本人て、誰にでも予知能力があるんじゃないのかな~?
マイナンバーになったら、財務省の【取らぬ狸の皮算用】と違ってアングラマネー市場が大活況を呈しますよ!
北風じゃ税収は増えないって何回も書いてるんですが・・・・税法は緩くしたほうが増える様にしなくちゃ!
貧乏人根性のマスコミが・・・・・
閑話休題(それはさておき)
自分で2015~2016年の大不景気到来を預言していながら、実はまだ対策は手緩く小手先に終始していたんですよ!(お詫び)
いよいよ私の会社も、来年の大不況到来を想定して思い切った手を打つことにしました


そんな訳で、ブログに費やした時間で対策を練っていましたが、対策案を纏めるのに結構時間が掛かってしまいました!!
目標設定は簡単!今の事業規模の半分で、赤字にならない企業にするだけです!

安易な目標ほど、【言うは易し行うのは難し】で実現するには並大抵の方法じゃ無理なんですね!
流石に一気に半分は無理なので、75%規模への縮小を検討する事にしました。
売上を伸ばすのは大変ですが、意識的に減らすのはなんと簡単なんな事か!(苦笑)


売上規模を75%にするには、不採算部門じゃなく今後採算割れが予想される製品をリストアップし順次撤退すれば簡単に出来ます・・・が、上総利益も75%になるので何も手を打たなければ当然赤字になります。
しかし、個別原価計算をしてみると・・・いつの間にか既に採算割れになっている製品の多いこと多いこと!ギョギョギョ!
採算割れの半分を捨ててると、売上が75%になっても売上総利益は85%以上が確保出来ちゃいそう!全部やめたら操業度が下がって更に赤字品目が増えるので多少の採算割れは残す!

規模を縮小しても生き残れる光明が見えてきました!
禍転じて福にしたいものです!
採算割れた品目を整理し、製造品目を絞ることで在庫が圧縮されます=余剰資金と余剰スペースが生まれます。
しかし、人員を抱えたまでは赤字転落は必定!アメリカみたいにレイオフは出来ませんから固定費で売上総利益の15%分を圧縮するのは無理!
幸い、補修修繕費で、年間2~3人分の金額を払っているので、余剰人員を保守要員に育てる事で人員カットを回避!
定年退職者の補充は3年間凍結&パートは週4日制に!
社会保険料が高くなりすぎたので、ボーナスも要らないロボットで出来るものは小型ロボットに!

更に少子化で人員不足が懸念される中、敢えて人員確保とは逆行する作を採る事も!
給料を月給制から日給月給制に戻し稼動日を減らすことでワークシェアリングするのが最適手みたいです!
月1回の休日増で人件費は4%削減される!
国会議員と霞が関が祝日を自分勝手に増やすので、稼動日が減った分だけ実質的賃上げになっているので今後は幾ら祝日が増えても大丈夫!というより繁忙期以外休日を1割以上大幅に増やし実質的に賃金コストを下げます!勿論従業員には、休日のアルバイトを推奨します。
働かざるもの食うべからず!安易に祝日を増やす馬鹿共に自衛しなくちゃ!
品目の集約化すると在庫スペースも増えるので、2ヶ月単位の製造にして切替ロスを半減!

小口ロットは営業が集金時や定期訪問時に納入!
照明はLEDに!
これでも焼け石に水とまでは言いませんがまだまだ大不況対策には程遠いですね!

まさに、攻めは易し、撤退は難し!
不景気対策には、アップルのジョブズみたいに役員報酬を年間100円にしないとダメかも!((泣)
国会議員や霞が関の局長クラスも年間100円にすれば、国の財政も一気に良くなるかもね!(大爆笑)

最初の目標、【現在規模の半分で黒字を確保出来る企業に大変身させる】方法は必ず見つかると信じて余り無い知恵を絞って行きますか!
でも、塵(ちり)も積もれば山です!日々一つ一つ改善しながら地道に・・・・・疲れる1年間になりそう!