福島第一原発と楢葉(ならは)町のある第2原発間はわずか約12kmの距離ですから、報道の用に本当に第一原発の汚染水タンクは大丈夫なのかいな?

福島第一原発のメルトダウンしてる核燃料は一体どない成ってるんでしょうね?

日々400トンと言われている地下水が、原子炉建屋e66be674.pngに流れ込んでいる事になってますが、地下水を汲み上げて冷却分も含まれてるのとちゃう?(大苦笑)
事故当時冷却水の確保で大騒ぎしたのに、その後は1~3号機用の膨大な冷却水をどうやって確保していたのか全く報道されませんね!
f6a29495.jpg
2号機の圧力抑制室が破損しているので、汚染された冷却水が垂れ流しになっている事を忘れてるんじゃないの?
2号機だけで190トンなら、1号機・3号機もメルトダウンした核燃料を冷却しなければなりませんので、どう考えても圧力抑制室をオーバーフローしちゃう!
ce35272c.jpg
1号機・3号機の満杯になった圧力抑制室が多発する余震に耐え切れるとは思えませんが!
事故が起きた当初、1~3号機の冷却水は一日400トン以上の筈!

c4df8061.jpg
降って湧いた様な、一日400トン地下水報道には、裏があると思えて仕方が無いのですが・・・・・
d1614b44.gif
上の断面図を見ても、内陸側の分厚い2重の外壁に大きなクラックが出来てない限り原子炉建屋に
地下水が湧き出る筈が有りません!
メルトダウンした核燃料が基礎コンクリートを崩壊させたとは思いたくありませんが・・・可能性はゼロじゃ有りません!
配管トンネルやビットに亀裂が入り、地下水が流入し、原子炉建屋やタービン建屋に逆流してる可能性も!
周囲を凍結させて遮水壁を造るのは81a90eeb.jpg放射線量が高く、対策が取れない原子炉建屋やタービン建屋全体を水没させ冷却水を再循環させる計画じゃないのかな~?
遮水壁が簡単に出来ないので、ビットから冷却水を汲み上げての再循環システムを構築してるんだから本来なら汚染水タンクなんて必要ない筈ですですよね!
東京電力の再循環システム資料からhttp://www.meti.go.jp/press/2011/12/20111212005/20111212005-3.pdf
汚染水淡水化装置の蒸発分に放射性物質は無いの?
汚染水2←壁に亀裂があったんじゃ効果なんてないちゃう?

要は、前に書いたように冷却水を確保する為の地下水汲み上げが、地下水脈の流れを変え、度重なる余震で原子炉建屋外壁のクラックが拡大し流入量が増加してしまったのでしょうね!
福島第一原発から約50km南の常磐ハワイアンセンター(スパリゾートハワイアンズ)は炭鉱跡から湧き出す豊富な温泉量で知られていますが、東日本大震災の1ヶ月後4月11日に起きた震度6弱の福島県浜通り地震で甚大な被害を受けました!この地震が福島第一、第二原発にも少なからぬ被害を与えているのでは・・・・・・
福島浜通りの余震が収まる事を祈りましょう!
しかし、東電任せで霞ヶ関は3年間も何もしなかったてんだから野天気と言うべきか、無責任と言うべきか・・・
国家プロジェクトで対応すべきなのにね~!中途半端な除染対策より余程重要案件だと思いません?
安価な放射能吸着剤を開発すれば、膨大な汚染水タンクも必要とされなくなるのに・・・・・