素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

”Lost Child live in Japan" 私のライフワークです→http://www.page.sannet.ne.jp/kbkk/
毎年一社以上の新たな一ノ宮参拝を心がけています。世界は15年毎に春(創業期)夏(成熟期)秋(収穫期)冬(崩壊期)を繰り返すと言われています。特に日本では1870年からの崩壊期で廃仏毀釈が起き国宝級が失われ、1930年からは太平洋戦争が起き数々国宝が焼失、1990年から2005年まではバブル崩壊で厳寒のデフレ経済下優良資産が海外資本の手に!ですが、2020年までは春の創業期、やっと経済も春らしくなってきましたよね!次の2035年までは盛夏の成熟期です!日本は2020年までに不死鳥の如く蘇り、成熟期にアメリカに代わって大繁栄の時代が到来する筈なのですが、為政者もマスコミも弱者優先し過ぎて国民に重税を課し日本の国力を伸ばそうとしません!”金の座”の20年間今まで通りの働かなくても食える酷税施策を続けていたら日本はチャンスを逸してしまうでしょう!創造力溢れる若い人の奮起に期待してます!

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)日本第2波でようやく感染爆発へ!

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の第一波(S型)を、検査を中・重症者に限定し死者の増加をなんとか抑えて来た日本ですが・・・・
アメリカ・欧米のL型感染爆発の最中に帰国した人々の無症状者を見逃して、感染爆発を招いてしまいました!
サーモグラフィーのチェックじゃ、L型無症状感染者はパスしちゃいますから!
S型より強力になったL型感染者が、2週間隔離もされず飛行機や新幹線を利用して帰宅したんだから拡大して当たり前!
収束してた沖縄でもL型感染者の流入で50人まで増加!落ち着いていた北海道も週20人の増加に転じました!


帰国者を放置して感染が拡大させてる第2波(L型)は、明らかに人災!
海外からのL型流入を真剣に阻止すべきだったのに、専門家委員会は従来通りの3密に終始する有様!
刻々と状況が変化してるってのに・・・
高齢者や持病持ちを間引く【悪魔のシナリオ】で動かされていると云えばそれまでですが・・・・!
やっと【悪魔のシナリオ】に近い蔓延状態になって第三幕の舞台らしくなったったみたい!(大苦笑)

検査して検査して検査して、軽症者を隔離して隔離して隔離して・・・・やればいいのにやらない厚労省!
やりたくても保健所を統廃合しちゃったので人員が足りないんだけどね!
日本の医療は世界でも有数なハイレベルと思ってましたが・・・・・実際はICU(集中治療室)の絶対数も少なく、人口呼吸器も足りない!
2ヶ月間も準備期間が有りながら・・・・・感染爆発への備え無しの場当たり!
イタリアでは100人近い開業医が死亡!日本と同じで感染者がまず地元の開業医を訪れちゃったから!
医院が感染拡大の中心になって感染爆発を起し医療崩壊に!

今の日本はイタリアの感染爆発前夜みたいな段階でしょうね!
個人の人権を大事にし過ぎて、台湾・韓国に対策では大幅な遅れを取るし・・・・・
今の専門家委員会じゃ第2波の拡大阻止なんて出来る筈がありません!
本気で8割人的接触を減らすなら、交通機関も8割減しなきゃ!(大苦笑)
やることもしないで、国民の自粛に任せるなんて無責任過ぎるんだぜ安倍ちゃん!
マスコミも保障・保障と騒ぎ過ぎ!(大苦笑)
日本全土を襲った大震災が起きたと思えば一ヶ月耐えれば何事も無かったように経済が動き出すのに・・・・

愛知・京都・岐阜も非常事態宣言区域に指定要望!何で?
そらそうだ、東京・神奈川・千葉・大阪・兵庫・福岡のホステスや風俗嬢が稼げないので、非指定大都市に大移動しようとしてたんだから!(苦笑)
千葉県は財政上保障付きの休業要請が出来ないので、千葉の栄町と福岡中洲に?
日本全土に非常事態宣言を適用して、人の移動を制限しなきゃ収まるものも収まりませんが・・・・
死者が【悪魔のシナリオ】並みに増えなきゃ安倍ちゃんも動かないんだろね!

戦後、国家より個人を優先した”アメリカのアメリカによるアメリカの為の法律”で動きが取れない日本!

果たして誰かさんの思惑通りに、高齢者や持病持ちの人々がバタバタと亡くなって行くのでしょうか?
意外と”BCG接種を徹底的に受けた高齢者は亡くならない”と思いますが・・・・

4月7日8日はスーパームーン!まさか非常事態宣言が出るとは?狼男になる奴も多いから外出禁止要請は最適時だった?

非常事態宣言を4月7日のスーパームーンを狙って出したなら安倍ちゃんを見直しちゃうよね!
20161114-スーパームーン
スーパームーンの満月は、干満の差も大きく特に人類に影響を与えているんだから・・・
狼男に変身する輩も多いんだろうね!犯罪にも注意しないとね!なんちゃって!
満月の影響は”月の神話”って事で否定されてますが・・・干満の影響は日常起きてるんじゃないの?
満月や新月時は、影響も大きい筈だと思っているのですが・・・干満時の事故率なんて統計も無いしね!
太陽が動なら、月は静!これをピークにコロナウイルスの猛威が静まって収束に向かうと良いのですが・・・・
心理的には最適な時期に非常事態宣言を出したので、今日明日の犯罪や事故も減るかも?

最接近は午前3時!それまで起きて観るべきか?早く寝て免疫力を上げるべきか?


オーストラリアでダイアモンド・プリンセス号の二の舞が発生!日本の拡大を防げなかった教訓を活かせるのでしょうか?今だ漂流中のクルーズ船も?

3月19日オーストラリア・シドニーに寄港したルビー・プリンセス号の乗客・乗員の感染が発覚!
ルビープリンセス
州当局が発熱者のコロナ検査結果前に乗客2700人(その後162人発症)を下船させた為・・・・
大型クルーズ船14隻が沖合いで待機する大騒動に発展!
数万人が【ダイアモンド・プリンセス号】と同じ様に、船室で過ごす羽目になってたとは!

感染者を出した西オーストラリア州のフリーマントル港に寄港していたドイツのアルタニア号も
アルタニア号
乗員470名の感染の有無が判明するまで出港を拒否して接岸中!
もう少し日本のマスコミも日本のコロナばかりじゃなく、オーストラリアの状況を流してくれませんかね!

3月7日にアルゼンチンのブエノスアイレスから出港、コロナ感染が発覚し、次の寄港地チリで断られ漂流していた【ザーンダム号(乗客1432人乗員615人)】とザーンダム号2
健康な乗客を移して随行漂流していた【ロッテルダム号】と4月2日フロリダ・エバーグレーズ港に接岸出来た!

逆に3月5日チリからブエノスアイレスに向かっていた超豪華クルーズ船【コーラル・プリンセス号】
コーラル・プリンセス号2
もアルゼンチン断られ漂流してましたが、やっと4月5日マイアミに接岸できました!

しかし、ダイヤモンド・プリンセス号で大騒動になったのに3月も大型クルーズ船を運航してたとは意外ですよね
南半球は大丈夫だと思ってたんでしょうけど・・・・まだ漂流中のクルーズ船は?

徳島市長選、新人の内藤佐和子氏(36)が現職遠藤彰良市長(64)破り今年の阿波踊りは総踊りが見られるぞ!(笑)若手の登場で阿波踊りしか観光資源の無い徳島の復興なるか??

昨年恒例となっていた総踊りをやめさせ、2年前から阿波踊りが大混乱となった徳島市!
観光協会を破産させ、再開発も中止した市長と対立する阿波踊り振興協会が内藤氏を全面支援!

現市長を市議会議員団が応援!国会・県会議員も2つに割れる分裂選挙でしたが・・・・
結果は新人の徳島市長選内藤氏が当選!

会社役員の内藤氏の当選で、どんぶり勘定だった阿波踊り大会にはならずに盛大な祭りになるでしょう!

女性市長なので阿波踊りのPRも上手く行くでしょうし・・・・・

しかし徳島県は主なる産業だった藍染が衰退後全く産業が無い貧しい県!

県と市が協力して次世代の産業を創生しないと近畿地方への流出は止められないでしょうね!

阿波踊りの対立に終止符が打たれ、住んで良かった徳島となるよう、内藤佐和子氏の活躍に期待しましょう!


藤井聡太七段 2019年度対局・戦歴一覧 【3年連続勝率8割】通算成績 持ち時間5時間以上の対局59勝6敗=勝率90.77%!先手番76勝10敗=勝率88.37%!

2020年度の対局予定は・・【新ページ】に!←クリック
王将タイトル戦挑戦を賭けた最終対局は、長考の悪癖が祟り1分将棋に追い込まれる負けパターンに!
今期の藤井聡太七段を象徴するハラハラさせる戦いとなりました!

対戦相手がAIを使って事で最善手が何通りもある難解な局面を作り出し、常に最善手を求め続ける藤井聡太七段の特異性を利用して持ち時間を消化させる事で勝てるチャンスを生み出しつつあります!
得意戦法だった角換りも徹底的に研究され、後手番では相手の研究戦法に誘導されて持ち時間が大差の1分将棋に追い込まれ負けるパターンになっちゃいました!
長時間棋戦なら長考して形勢を逆転するるけど短時間棋戦では今期上記のパターンに追い込まれ勝率は6割台まで落ち込みました!(苦笑)
短時間棋戦では様々な戦法を採用するなど最初の一手を換えないと・・・・棒銀に固守して名人を逃がし続けた加藤一二三大先輩になっちゃうかもね!(大苦笑)

【8大タイトル戦状況】
タイトル戦の予選勝率(トーナメント&リーグ除く)85戦76勝9敗=89.41%!
予選敗退9対局(菅井・横歩取りでの大橋x2・大逆転負けの井上・先手で負けた山崎・久保・都成・村山・出口)
挑決本戦勝率26戦15勝11敗=57.69%
      2017年度1勝3敗=25%2018年度3勝4敗=42.86%2019年度114敗=73.33%
   (佐々木勇気・豊島・深浦・増田・斉藤慎太郎x2・菅井・佐々木大地・豊島x2・広瀬)
  4戦1勝⇒7戦3勝⇒15戦11勝と対局数・勝数も増え確実に実力が上がっています!いずれ国士無双に
名人戦(4月~6月)=⑥第78期C級1組10戦全勝        来期B級2組へ昇級
竜王戦(10月~12月)=⑤第33期3組3回戦へ          4月3日千田翔太七段     NEW
叡王戦(3月~5月)=第5期七段戦2回戦敗退!
王位戦(7月~8月)=第61期初リーグ入り3連勝        4月~阿部・菅井 NEW
王座戦(9月~10月)=⑤第68期2次予選シード・決勝へ   4月~大橋貴洸六段と NEW
棋王戦(2月~3月)=④第46期1次予選3回戦敗退        

王将戦(1月~3月)=③④第69期リーグ戦へ(初)A級相手に4勝2敗 広瀬竜王に敗れ挑戦者逸す!
棋聖戦(6月~7月)=第91期決勝トーナメント準決勝へ     4月~佐藤天・郷田 NEW

(一般棋戦状況)
朝日杯=第13回前回連覇で本戦シード!千田翔太七段との準々決勝で敗退!
NHK杯=第69回2回戦逆転負けで敗退!今期終了!
銀河戦=第28期6回戦から 10回戦へ?  3月6日8回戦森内九段に勝ち同日郷田九段と9回戦収録!
JT杯=2019年度将棋日本シリーズ 8月11日三浦弘行九段との1回戦敗退

【4月~6月対局】 青字=勝利 黒字=
対局確定(日時未定含)  薄黒=勝上り予定
4~6月間過去成績 2017年度19戦全勝!2018年度は11戦9勝2敗=勝率81.82%!
【4月】 2017年度4戦全勝 2018年度=3戦全勝
王将戦予選3回戦+銀河戦9回戦+10回戦+竜王戦4組準決勝=4戦全勝!
【5月】 2017年度5戦全勝 2018年度=3戦全勝
王将戦予選準決勝+棋王戦予選準決勝+決勝+銀河戦本戦11回戦+竜王戦4組決勝=5戦3勝2敗
【6月】 2017年度10戦全勝 2018年度=4勝2敗(今泉・増田)
王座戦本戦T1回戦++棋聖戦予選2回戦+3回戦+順位戦1回戦+王将戦予選決勝+NHK杯1回戦+竜王戦本戦T2回戦=7戦6勝1敗

                   2019年度4月~6月16戦13勝3敗=勝率81.25%!

【7月~9月対局】 
7~9月間過去成績 2017年度21戦14勝7敗勝率66.67%!2018 年度は15戦12勝>3敗
=勝率80.00%!
【7月】2017年度=5勝2敗 2018年度=5勝1敗
順位戦2回戦+竜王戦本3回戦+NHK杯2回戦+銀河戦決T1回戦+王将戦2次予選1回戦+竜王戦本4回戦=6戦3勝3敗
【8月】2017年度=4勝2敗 2018年度=4戦全勝!
順位戦3回戦+JT杯1回戦+棋聖戦1次予選決勝+王将戦2次予選2回戦+
叡王戦予選2回戦=5戦3勝2敗
【9月】2017年度=5勝!2018年度=3勝
王将戦第2次予選決勝+順位戦C級1組4回戦+王位戦予選2回戦+王将戦リーグ1回戦=4戦4勝!
やはり夏場苦戦する様で!もっとも名人・A級に4敗ですが・・・・
                 2019年度7月~9月 15戦10勝5敗=勝率66.67%
【10月~12月対局】
10~12月間過去成績 2017年度15戦12勝3敗=勝率80.00% 2018年度は13戦12勝1敗=勝率92.31%
【10月】2017年度=5戦5勝!2018年度=5戦5勝

王将戦リーグ選2回戦+順位戦5回戦+王将戦リーグ3回戦+王将戦リーグ選4回戦+王位戦予選3回戦=5戦4勝1敗
【11月】2017年度=5戦3勝2敗!2018年度=3戦2勝1敗

順位戦6回戦+棋聖戦2次予選1回戦+王将戦リーグ5回戦+王将戦リーグ6回戦=4戦3勝1敗
【12月】2017年度=5戦4勝1敗!2018年度=5戦5勝
順位戦7回戦+棋聖戦2次予選2回戦+王位戦予選準決勝+王位戦予選決勝=4戦4勝!
                   2019年度10月~12月13戦11勝2敗=勝率84.62%

【1月~3月対局予定】
1~3月間過去成績 2016年度9戦全勝 2017年度18戦15勝3敗=勝率83.33% 2018年度は15戦13勝2敗=勝率86..67%
【1月】2017年度=6戦5勝1敗!2018年度=5戦5勝

順位戦8回戦+銀河戦6回戦+7回戦+朝日杯1回戦+2回戦+竜王戦3組1回戦+棋聖戦2次予選決勝+棋王戦予選1回戦=8戦全勝
【2月】
2017年度=7戦7勝!2018年度=6戦5勝1敗
順位戦9回戦+朝日杯準決勝+王位戦リーグ1回戦+棋聖戦挑戦T1回戦=4戦3勝1敗
【3月】2017年度=5戦4勝1敗2018年度=4戦3勝1敗
順位戦10回戦+銀河戦8回戦+9回戦+棋王戦予選2回戦+竜王戦3組2回戦+王座戦2次予選2回戦+王位戦2回戦+王位戦リーグ3回戦+棋聖戦挑戦T2回戦=9戦8勝1敗
                   2019年度1月~3月21戦19勝2敗=勝率90.48%

【今期対局日未定&勝ち上がり対局予定】   対局前の
青字は確定 ※は勝ち上がり対局
          
2019年度1~6戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
01・04月12日東▽森内俊之九段48(Fクラス)        ③23第69期王将戦第1次予選4組3回戦
02・04月19日東▲行方尚史八段44(B級1組4位)        52第27期銀河戦本戦E組9回戦〇
03・04月19日東▲阿久津主悦八段36(B級1組2位)        53第27期銀河戦本戦E組10回戦〇
04・04月24日東▲高見泰地叡王25               ⑤26第32期4組ランキング戦準決勝
05・05月09日西▽北浜健介八段43(B級2組14位)       ③24第69期王将戦予選4組準決勝
06・05月15日西▲牧野光則五段30(C級2組25位)       ④18第45期棋王戦第一次予選準決勝◎
                
7~12戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
07・05月23日東▽豊島将之3冠                        54第27期銀河戦本戦E組決勝戦収録
08・05月28日西▽都成竜馬五段29(C級1組20位)     ④19第45期棋王戦第1次予選8組決勝
09・05月31日西▽菅井竜也27七段27(B級1組9位)    ⑤千日⇒①55第32期4組ランキング戦決勝
10・06月03日東▽佐々木大地五段23(C級2組5位)     ⑤29第67期王座戦挑戦者決定T1回戦
11・06月11日西▽東和男八段62(フリークラス)         56第91期hulic杯棋聖戦1次予選2回戦◎
12・06月11日西▲伊奈祐介43六段(フリークラス)          57第91期hulic杯棋聖戦1次予選準決勝◎

                13~18戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
13・06月18日西▽村田顕弘六段32(C級1組29位)       ⑥21第78期名人戦C級1組第1回戦◎
14・06月22日東▲千田翔太七段25(B級1組13位)       ③25第69期王将戦第1次予選4組決勝〇
15・06月24日東▽阪口悟六段40(C級1組22位)        58第69回NHK杯本戦1回戦◎
16・06月28日西▽近藤誠也六段22(B級2組21位)       ⑤29第32期竜王戦本戦トーナメント2回戦

17・07月02日西▲堀口一史座七段44(C級1組36位)     ⑥22第78期順位戦C級1組2回戦◎
18・07月05日西▽久保利明九段44(A級6位)        ⑤30第32期竜王戦本戦トーナメント3回戦

                19~24戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック

19・07月08日東▽久保利明九段43(A級6位)          59第69回NHK杯本戦2回戦
20・07月09日東▲久保利明九段43(A級6位)          60第27期銀河戦決定トーナメント1回戦
21・07月18日東▲佐藤康光九段49(A級5位)        26第69期王将戦第2次予選1回戦
22・07月23日西▲豊島将之2冠(名人・王位)          ⑤3132期竜王戦本戦トーナメント4回戦

23・08月06日東▽金井恒太六段32(C級1組16位)     
⑥23第78期名人戦C級1組第3回戦
24・08月11日福岡市国際センター▲三浦弘行九段45(A級7位) 61第40回JT杯1回戦

                25~30戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
25・08月22日西▽
竹内雄吾五段31(C級2組15位)       62第91期hulic杯棋聖戦1次予選決勝◎
26・08月26日東▲中村太地七段31(B級2組5位)       ③27第69期王将戦第2次予選2回戦
27・08月29日西▽村山慈明七段35(B級2組4位)        62第5期叡王戦七段戦Aブロック2回戦
28・09月01日西▲谷川浩司九段57(B級1組7位)         ③28第69期王将戦第2次予選決勝
29・09月03日東▽高橋道雄九段59(C級1組11位)       ⑥24第78期名人戦C級1組第4回戦◎
30・09月25日西▽竹内雄吾五段31(C級2組15位)       ④19第61期王位戦予選7組2回戦

                31~36戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
31・9月30日東▲三浦弘行九段45(A級7位)          ④21第69期王将戦リーグ戦1回戦
32・10月07日西▽豊島将之名人                  ④22第69期王将戦リーグ戦2回戦

33・10月15日西▲宮本広志五段33(C級1組7位)       ⑥25第78期名人戦C級1組第5回戦◎
34・10月18日西▽糸谷哲郎八段31(A級4位)          ④23第69期王将戦リーグ戦3回戦

35
10月21日東▽羽生善治九段48(A級2位)          ④24第69期王将戦リーグ戦4回戦
36・10月28日西▽西川和宏六段33(C級2組19位)      ④25第61期王位戦予選3回戦
                
37~42戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
37・11月05日西▲青嶋未来五段24(C級1組6位)       ⑥26第78期名人戦C級1組第6回戦◎
38・11月08日西▲阿部隆八段52(B級2組17位)        ③30第91期hulic
棋聖戦2次予選1回戦
39・11月14日西▲久保利明九段44(A級6位)          ④25第69期王将戦リーグ戦5回戦

40・11月19日東▲広瀬竜王32                   ④26第69期王将戦リーグ戦6回戦
41・12月03日西▽船江恒平六段32(C級1組2位)       ⑥27第78期名人戦C級1組第7回戦◎
42・12月10日西▽北浜健介八段43(B級2組14位)       ③31第91期hulic杯棋聖戦2次予選準決勝
                43~49戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
43・12月17日西▲出口若武四段24(C級2組51位)       ④27第61期王位戦予選準決勝
44・12月27日西▲斉藤慎太郎七段25(B級1組3位)      ④28第61期王位戦予選決勝
45・01月07日東▲出口若武四段24(C級2組51位)          63第28期銀河戦本戦Cブロック6回戦
46・01月07日東▽中村修九段57(B級2組23位)          64第28期銀河戦本戦Cブロック7回戦
47・01月16日西▲小林裕士七段42(C級1組24位)       ⑥28第78期名人戦C級1組第8回戦◎
48・01月19日中▽菅井竜也七段27(B級1組9位)          65第13期朝日杯本戦1回戦◎
49・01月19日中▲斉藤慎太郎七段26(B級1組3位)               66第13期朝日杯本戦2回戦◎

                 
50戦~60戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
50・01月24日西▽畠山鎮八段50(B級1組11位)        ⑤33第33期竜王戦3組1回戦◎
51・01月28日西▲澤田真吾六段28(B級2組14位)        ③32第91期hulic杯棋聖戦2次予選決勝◎
52・01月31日西▲今泉健司四段46(C級2組32位)        ④29第46期棋王戦予選2回戦◎
53・02月04日西▲高野秀行六段46(C級1組30位)         
⑥29第78期名人戦C級1組第9回戦◎

54・2020年02月11日有千田翔太七段25(B級1組13位)   67第13期朝日杯本戦準決勝
55・2020年02月18日東▲羽生善治九段49(A級2位)      ④30第61期王位戦リーグ1回戦

56・2020年02月29日西斉藤慎太郎七段26(B級1組3位)  ④31第91期hulic棋聖戦本戦T1回戦

57・2020年03月03日西▽真田圭一八段46(C級1組8位)   ⑥30第78期名人戦C級1組第10回戦◎
58・2020年03月06日 森内俊之九段49(Fクラス)4/28放映   68第28期銀河戦本戦Cブロック8回戦◎
森内俊之九段第28期銀河線Cブロック202001
     レーティング1610=61位
勝って通算194対局163勝31敗勝率84.02%!今期47勝11敗勝率81.34%!八段まで103勝!
59・2020年03月06日 郷田真隆九段49(B級1組9位)5/26放映 69第28期銀河戦本戦Cブロック9回戦◎
ご郷田真隆九段195
     レーティング1734=23位

勝って通算195対局164勝31敗勝率84.10%!今期48勝11敗勝率81.36%!八段まで102勝!
60・2020年03月09日西▽
出口若武四段24(C級2組51位)   ④31第46期棋王戦予選3回戦◎
                 61戦~最終戦の詳細ダイジェスト版へ←クリック
61・2019年03月12日東高橋道雄九段59(C級1組11位)    ⑤34第33期竜王戦3組2回戦◎
62・2020年03月16日西▽阿部隆八段52(B級2組17位)          ⑤35第68期王座戦第2次予選2回戦◎
63・2020年03月20日西▽上村亘四段33(C級2組33位)      ④33第61期王位戦リーグ2回戦

64・2020年03月24日西▲稲葉陽八段31(A級8位)         
④34第61期王位戦リーグ4回戦
65・2020年03月31日西菅井竜也八段27(B級1組9位)     ③33第91期hulic杯棋聖戦挑T2回戦
す菅井竜也七段第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント20200325
     レーティング1852=6位
詰め将棋解答選手権は中止になって日程的には2局は入ると思っていたら・・・・残り1対局に!
先手で優勢でしたが131手で千日手に!残り時間は、藤井七段3分!菅井八段1時間32分!

指し直し局は時間調整で藤井七段1時間に!菅井八段2時間29分!よって1時間棋戦扱いにしました!



146手で勝って5連勝!通算201対局169勝32敗勝率84.08%!今期53勝12敗勝率81.54% 
八段まで97勝!前人未到の3年連続8割以上の勝率達成に華を添えました!

*************************今期はここまで!*********************************


3月31日現在  通算201対局169勝32敗勝率84.08%!今期53勝12敗勝率81.54%!

持ち時間5時間以上の対局の通算勝率65戦59勝6敗=90.77%! 今期18戦16勝2敗=88.24%
  6時間の対局の通算勝率30戦29勝1敗(近藤)=96.67%!    今期10戦10勝
=100%!
  5時間の対局の通算勝率35戦30勝5敗
=85.71%!          今期8戦6勝2敗=75.00%
 (佐々木勇気・増田・斉藤慎太郎・佐々木大地・豊島)
持ち時間4時間以上の対局の通算勝率94戦81勝13敗=86.17%     今期31戦25勝6敗=80.66%
 
4時間の対局の通算勝率34戦27勝
7敗=79.41%              今期18戦14勝4敗=77.78%
          (大橋・菅井・山崎・都成・豊島・広瀬・出口)

(千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を除く、入れると通算76.67%) 

持ち時間3時間の対局の通算勝率32戦25勝7敗=78.13%!          今期9戦9勝=100%!
       (佐々木大・菅井・豊島・深浦・井上・斉藤・久保)N
     (千日手で持ち時間3時間となった④棋王戦の豊島対局を算入、除くと80.00%)
 

持ち時間1時間以内の対局の通算勝率70戦58勝
12敗=82.86%       今期70戦14勝6敗=70.00%
  (三枚堂・井出・上村・稲葉・大橋・今泉・豊島・三浦・久保2・村山・千田)

 (先手番で千日手なった竜王戦菅井戦は1時間対局にカウントしてます!) 
暫定・先手番=通算86戦76勝10敗(横歩取り4敗・逆転負け2敗)=88.37% 今期30戦26勝4敗=86.67%
    後手番=通算113戦91勝22敗=勝率80.53%                    今期33戦25勝8=75.76%
(先手番で千日手なった三枚堂・豊島・菅井戦・NHK杯久保戦は後手番にカウントしてます!)
振り駒  通算先手67回後手89回(順位戦28戦・新人王2回戦:王将リーグは振りゴマ無し駒なし)
天才にしては、3時間棋戦の勝率が悪過ぎでしたが・・・今期負け無しの9連勝で大幅改善も・・・
1時間と4時間対局に苦戦!
無難な指し手より新たな発想で最善手を模索中なんでしょうけど長考の場面が凡人には不可解な時も!
読み過ぎて(前期も竜王戦・王座戦・順位戦・棋王戦)持ち時間を使い過ぎるのが相変わらず課題ですね!
僅か10分されど10分!長考の時間が半分になれば・・・・・・・タイトルは高校卒業までお預けでしょう!

【今期棋戦状況】   青字は今期進行中棋戦 
竜王戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・棋聖戦・王将戦・朝日杯・NHK杯・銀河戦の10棋戦!
       
全200対局戦歴・予定一覧は下記案内の別ページに掲載 ←クリックしても開きます

【第33期竜王戦】 豊島竜王
 
(ランキング戦12月~6月・本戦8月~9月・タイトル戦10月~12月)
第30期は6組優勝!佐々木勇気五段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退!
第31期は5組優勝!増田康宏四段との挑戦者決定トーナメント2回戦で敗退!
第32期は4組優勝!豊島将之2冠との挑戦者決定トーナメント4回戦で敗退!
第33期は3組・・・ランキング戦全勝で3回戦へ

【第78期順位戦】
佐藤天彦名人⇒豊島将之2冠が4連勝で名人位獲得! C級1組 6月~翌年3月
第76期C級2組全勝でB級2組へ昇級!
第77期C級1組9勝1敗(近藤誠也五段)で師匠にも頭ハネされ残留!
3月31日現在藤井聡太七段のレーティングは1938=2位! 
前期痛恨の1敗を喫した近藤誠也五段の対戦時レートは1728でした!1700以上は注意しないと・・・・・
しかし、第78期のC級1組対局では、レーティング1700以上の棋士との対戦はありません!(笑)

第78期9戦全勝で最終戦を待たずにB級2組昇級!順位戦今期全勝で11連勝中!
次年度からB級1組まで昇級・降級が3名になるので2022年A級リーグ入の可能性は大いに高くなりました!

特にB級1組は降級点無しで最下位から3名が降級!新陳代謝が進むでしょう!
B級2組の降級点は5:1から4:1に、C級1組も5:1から4.5:1に引き上げられます!(各1名増)


【第5期叡王戦】永瀬拓矢
叡王⇒ (段位別予選6月~10月・本戦T11月~タイトル戦3月~5月)
第3期は本戦トーナメント1回戦で深浦康市九段に大逆転負け!
第4期は本戦トーナメント1回戦で斎藤慎太郎七段に敗れる!
第5期は七段戦予選2回戦(初回)で村山慈明七段の対策に嵌り想定外の敗退!
段位別予選は得意の1時間棋戦だったのに・・・・・・


【第46期棋王戦】 渡辺明棋王 ⇒  (予選戦1月~5月・本戦T6月~1月・タイトル戦2月~3月)
第43期棋王戦は挑戦者トーナメント2回戦で豊島八段に惨敗!
第44期棋王戦は挑戦者トーナメント2回戦で菅井七段に惨敗!

第45期棋王戦は予選決勝で都成竜馬五段に思わぬ惨敗!
第46期棋王戦予選3回戦で出口四段に惨敗!縁が無い様ですね!


【第61期王位戦】 木村一基王位
  (予選戦8月~12月・決勝リーグ1月~5月・タイトル戦7月~8月)
第59期は予選準決勝で大橋四段に敗れる!
第60期は予選7組2回戦(初戦)で山崎隆之八段に敗れる!組合せも不運!
第61期は1月10日に予選終了!決勝リーグ戦初進出!今期3戦全勝白組トップで来期に
例年3月からですが藤井聡太七段の初リーグ入りで今年は2月からリーグ開戦!前倒しで3戦全勝!

【第91期hulic杯棋聖戦】
 渡辺明棋聖 (予選戦5月~1月・挑決T2月~5月・タイトル戦6月~7月)
第89期は予選決勝で大橋四段に敗れる!
第90期は2次予選決勝で久保九段に敗れる!
第91期は決勝トーナメント進出!3回戦へ                                         
第92期棋聖戦はB級2組なので最低2次予選からとなります!(4戦消滅)

【第68期王座戦】 永瀬拓矢王座
 (予選戦8月~4月・挑決TMT5月~7月・タイトル戦9月~10月)
第66期は、挑戦者決定トーナメント進出!準決勝で斉藤慎太郎七段に敗れるも
ベスト4
第67期は、挑戦者決定トーナメントシード!1回戦で佐々木大地五段に敗れる!
第68期は、前期挑戦T進出者として2次予選からのシードです!5組決勝へ
第69期はB2級昇級で最低2次予選からのシードです!


【第70期王将戦】 渡辺明王将
   (予選戦1月~9月・挑決T10月~11月・タイトル戦1月~3月)
第68期は、予選決勝で菅井七段に敗れる
第69期は、予選3回戦で井上九段に逆転負け
第70期は、初のリーグ戦入り!名人+A級のみと総当り!4勝2敗で71期はリーグ・シード!
     
広瀬竜王との最終対局で敗れ最年少タイトル挑戦(17歳10ヶ月)は消滅!
第71期は、前期ベスト4なのでリーグ戦から!

【JT杯将棋日本シリーズ】

2019年2031万円で初出場!1回戦で三浦弘行九段に敗れ敗退!
2020年も前年の朝日杯優勝で年間2108万円9位となって連続出場!

【第69回NHK杯】 
 68回優勝者 山崎隆之八段
第67回は、3回戦で稲葉陽八段に敗れる
第68回は、1回戦で今泉四段に逆転負け
第69回は、2回戦で久保利明九段に逆転負け
昨年2月の朝日杯優勝により第69回も本戦シードでしたが、第70回も今年の朝日杯優勝で本戦シードです!
NHK杯の対局日は、来年発行される将棋年鑑で公表されますのでそれまでは推定です!

【第13期朝日杯オープン戦】 前期優勝者・藤井聡太七段 連覇・無敗(予選免除・本戦シード)
第11期・第12期連覇して第13期も本戦シードです!
14期も
ベスト4で本戦シード!
前期15勝1敗
と得意だった1時間以内の対局で今期7勝6敗(豊島・久保x2・三浦・村山・千田)と大苦戦!
思わぬ研究手に時間を使わされ1分将棋で自滅するパターンに!短時間棋戦に注意信号点滅中でした!


【第28期銀河戦】 豊島将之銀河  
(予選7月・本戦8月~7月・決T8月~9月)
第26期は、2回戦で上村亘四段に惨敗!
第27期は、11回戦(本戦決勝)で豊島将之名人に惜敗!
最多勝ち抜き者で決勝T進出も久保九段に惜敗!
第28期は、4連勝で10回戦へ!

敗戦一覧 30敗中・・先手=10敗 後手=22敗 1時間棋戦=11敗・3時間棋戦=7敗 タイトル戦挑戦T=11敗
**********************  2017年度 73戦12敗 負率16.44% **************夏場8敗
30・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位)    ⑤8竜王戦
挑戦者決定T2回戦
33・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)千日13第2回上州杯Y杯準々決勝
37・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位)     ③7王将戦第一次予選7組決勝
42・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)  ④千日
③8棋王戦本戦T2回戦  A級初対局
43・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位)       19第7期加古川青流戦準々決勝
45・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)   ③9第48期新人王戦・準々決勝
49・2017年09月22日東▲上村  亘四段30(C級2組25位)        22第26期銀河戦本戦H組・2回戦
57・2017年11月13日他▽稲葉 陽八段29(A級1位)              27第67回NHK杯・3回戦
60・2017年11月29日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)        28第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝
64・2017年12月23日東▲深浦康市九段45(A級7位)            ③10第3期
叡王戦本戦トーナメント1回
66・2018年01月06日西▲大橋貴洸四段25(C級2組46位)      ④8第59期王位戦予選7組準決勝
83・2018年03月28日西▽井上慶太九段54(B級2組13位)      ③14第68期王将戦予選3回戦
**********************  2018年度 53戦8敗 負率15.09% ***************夏場4敗
91・2018年06月11日他▽今泉健司四段44(C級2組5位)         35第68回NHK杯本戦1回戦
94・2018年06月29日東▽増田康宏六段20(C級1組33位)      ⑤23第31期竜王戦挑戦者決定T2回戦

96・2018年07月06日西▽斉藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ⑤24第66期王座戦挑戦者決定T準決勝
105・2018年09月03日西▽菅井竜也王位26(B級1組9位)      ④13第44期棋王戦挑戦者決定T2回戦
106・2018年09月14日西▲山崎隆之八段37(B級1組6位)      ④14第60期王位戦予選7組2回戦
116・2018年11月23日西▽斎藤慎太郎七段25(B級1組10位)  ③20第4期
叡王戦本戦1回戦
127・2019年02月05日西▲近藤誠也五段21(C級1組6位)     ⑥19第77期名人戦順位戦C級1組第9回戦
135・2019年03月11日西▽久保利明九段43(A級5位)             ③22第90期
hulic
棋聖戦2次予選6組決勝
**********************  2019年度 65戦12敗 負率18.46% ****************夏場5敗
141・2019年05月23日東▽豊島3冠29(名人・王位・棋聖)             53第27期銀河戦本戦E組決勝
142・2019年05月28日西▽都成竜馬五段29(C級1組20位)   ④18第45期棋王戦第一次予選8組決勝
145・2019年06月03日東▽佐々木大地五段23(C級2組5位)   ⑤29第67期
王座戦挑戦者決定T1回戦

155・2019年07月08日東▽久保利明九段43(A級6位)        58第69回NHK杯本戦2回戦
156・2019年07月09日東▲久保利明九段43(A級6位)        59第27期
銀河戦決定トーナメント1回戦
158・2019年07月23日西▲豊島将之2冠29(名人・王位)      ⑤32第32期竜王戦本戦トーナメント4回戦
160・2019年08月11日福▲三浦弘行九段45(A級7位)        60第40回JT杯1回戦

163・2019年08月29日西▽村山慈明七段35(B級2組4位)      62第5期叡王戦七段戦Aブロック2回戦
168・2019年10月07日西▽豊島将之名人29(名人)         ④22第69期王将戦リーグ戦2回戦
176・2019年11月19日西▲広瀬竜王32(A級3位)          ④26第69期王将戦リーグ戦6回戦

190・2020年02月11日有▽千田翔太七段25(B級1組13位)     67第13期朝日杯本戦準決勝
194・2020年03月09日西▽出口若武四段24(C級2組51位)   ④31第46期棋王戦予選3回戦
3時間対局は今期無敗と完全克服したので・・・
負け数半分以上の夏場対策・タイトル戦本戦Tが残る課題!
今期は得意の短時間棋戦で5敗と低迷!朝日杯連覇に赤信号点滅中でしたが案の定自滅!
タイトル取らないと確実に毎期7敗(順位戦を除く)!一般棋戦も優勝しないと
毎期10敗(+JT=11敗)します!
銀河戦みたいに最多連勝で決勝に出たり、王将戦等リーグ入りしても勝ち続けないと毎期
12敗以上に!
但し、王将戦・棋聖戦や銀河戦の様に【前期に予選敗退し当期勝ち進む】と負数が減る場合もあります!
今期は王位戦
棋聖戦が対象となります!

2018年度は朝日杯優勝と銀河戦を勝ち上がり8敗でしたが、毎期8割の勝率を維持するには48勝以上!
既に12敗ですが最終戦を待たずに52勝達成!(笑)
しかし、こうシードが多くなると毎期50対局の確保もタイトル戦に出ないと厳しくなりますね!
2019年度の確定対局数は【65】となりました!


            2・藤井聡太七段 戦歴一覧・手番・対局予定 一覧

                      1p2

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ