素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

”Lost Child live in Japan" 私のライフワークです→http://www.page.sannet.ne.jp/kbkk/
毎年一社以上の新たな一ノ宮参拝を心がけています。世界は15年毎に春(創業期)夏(成熟期)秋(収穫期)冬(崩壊期)を繰り返すと言われています。特に日本では1870年からの崩壊期で廃仏毀釈が起き国宝級が失われ、1930年からは太平洋戦争が起き数々国宝が焼失、1990年から2005年まではバブル崩壊で厳寒のデフレ経済下優良資産が海外資本の手に!ですが、2020年までは春の創業期、やっと経済も春らしくなってきましたよね!次の2035年までは盛夏の成熟期です!日本は2020年までに不死鳥の如く蘇り、成熟期にアメリカに代わって大繁栄の時代が到来する筈なのですが、為政者もマスコミも弱者優先し過ぎて国民に重税を課し日本の国力を伸ばそうとしません!”金の座”の20年間今まで通りの働かなくても食える酷税施策を続けていたら日本はチャンスを逸してしまうでしょう!創造力溢れる若い人の奮起に期待してます!

日本の夏!本番!

お祭り好きな日本人には、堪えられない暑い夏がやってきましたねー。

いい汗かいた後のビールの美味いこと!

踊るもよし!見物もよし、ストレスぶっ飛ばしましょう!

踊るあほうに見るあほう、おなじあほうなら踊らにゃそんそん!

明日は明日の風が吹く

日本人て凄いよね!


前原君の不見識には呆れます!

インド洋上の自衛隊補給作業がベストなわけないでしょう!

しかもこの大事な時に!己を殺してでも党の為にとは思わない自分勝手さには呆れますね。

前原くんの、タリバン掃討作戦=テロ対策という短絡的発想は何とかならないんだろうか?

米国はベトナム戦争以来、地上戦では勝てないと悟って、制空権を握ったら傀儡政権は言いすぎでも親米派を後押しして、同じ民族同士を戦わせるようになりました。

インド洋上の作戦の目的は、アフガンへの空爆や、イラク侵攻の後方支援、イランへの圧力が目的ですし、イランへの侵攻をも睨んで展開しているくらい読めなきゃ!危機を演出してるんです!

韓国人人質事件で頭に来ているのは判るけど、それとこれとは別です。
韓国は、米国の同盟国扱いですから、日本だって今のままではやばいんですよ!

アフガンに、ソ連軍が進駐している間は、米国がタリバンの後ろ盾。
タリバンからすれば、政権取りそうになったら、虫けら同然に虐殺じゃ怒らない方がおかしいでしょ。
今じゃ、米国はタリバンにとって憎っくき裏切り者なんですよ!ランボーインアフガンを観なさいよ!いかに支援していたか!いかに米国に感謝していたか!
9.11同時多発テロの後、手の平を返したんだから私だって怒ります。

民族紛争に、戦略で米国が介入することが問題なのに!

もっと、世界は術謀が暗躍してるってこと勉強しなさい!

ようやくイラク侵攻はアメリカの術謀だと解かったらしいけど、まだまだ甘ちゃん!
しっかりせんか!
それとも、草?そういえば衆院選でも?

それにしても、前原発言を容認している日本人の方々の多いこと!
物事の奥が観えてこないのは、記憶力優先の戦後教育のお陰なので、仕方ないなのですが、推察力の向上を図らねば!
このブログが少しでも(反面教師としてでも)推察力の向上のお役に立てれば嬉しいのですが(笑)

余談
ひとつひとつの問題点に正当な答えであっても、全体では間違っている事を、全体の誤謬と言うそうで。
テロ行為に世界各国で対処しなければならないのは、あたいまえだのクラッカー(笑)
日本も人道的支援で協力するのも、あたり前!
米国の主張も一見正しい。
だから”、ではなく、”だけど目的がそれだけじゃ無いんだから出来ないものは出来ないんです”が全体の正解なんですがねー(苦笑)
真の目的なんて言う訳無いんだから、建前ばかりで判断するなんって、政治家失格(苦笑)小泉チェルドレンは裏を読めるのかなー心配(笑)

賢い日本国民には、理解出来る筈ですよね!
理由を問わず、人を殺す片棒を担げば、当然報復の対象になるということが!
アフガンで非人道的兵器を使っていたのは公知の事実なのですよ!
私に言わせれば、無差別テロと同じです。誤爆したら御免なさいじゃ済まないでしょ。
人道的支援云々言うならなら、そんな兵器使わせないようにしてからでしょう。

解説 草とは、何世代も土着し、敵の信頼を得る(表と裏の顔は全く正反対の)最高の忍者の事を指します。
最後までその正体は不明のままだったと云われています。

チベットは、もう一つのパレスチナ!

当時の毛沢東には、ダライラマ14世が、指導者として強力なライバルに観えたのかも知れません。それとも、自分の大躍進での失政を、他国への侵攻等でカムフラージュする意図があったのかもしれません。(為政者がよくやる手)。
チベットの悲劇は、ダライラマに全てが集中しすぎてしまったことにもありますし、
また、1959年頃は、ソ連との仲が冷え切って、ソ連の言うことを聞かない状況も悲劇を生む要因でした。
国連議決をしても、常任理事国で圧力を与える国が存在しなかったのですから。

政治と宗教が一体となりすぎたのが、毛沢東の一番毛嫌いする国家形態だったのでしょうね。戦前の日本とダブったのかも知れません。後顧の憂いを断つ意味合いも在ったのでしょう。素朴で貧しい国民は、宗教を心の糧として、平和に生活していたのですが、活仏のの住むラサポタラ宮殿を観て、人民からの搾取だと勘違いしたのでしょうね。
さまざまな要因(勝手な思い込み、自己都合)で、チベット侵攻が行われた訳です。
米国のアフガンやイラク侵攻も同じようなものです!

為政者に係わらず、貧しくとも平和な暮らしほど、安らかなものはないのに!

しかも、当時のチベットは、非武装、中立でしたし、さらに温厚な民族であるが故に侵攻されたらひとたまりもありませんでした。

いかに非暴力非武装中立を叫んでも、圧倒的武力の前には無力!と言う典型でもあります。

世界地図を広げてみて下さい。チベットは、中国国土の約1/4の面積があります。広大な国土に住む人口は、東京都民の数より少ないのです。
殆どが高橋尚子さんが高地トレーニングするような高地で、厳しい自然環境の国で貴重な植物の宝庫でもあります。。
ダライラマやパンチェン・ラマが相互に生まれ変わりを探し出し、お互いが高度な法王教育を授けること(究極の英才教育!)で、民族がまとまっていたなんて、10億の民を統一した毛沢東には理解不能だったのでしょう。(苦笑)
人民解放と称して、人民解放軍を常駐させ、寺院を破壊し、中国の支配下においた訳です。
当時悲惨な状況は、下記を読んで戴ければ
http://www.tibethouse.jp/news_release/1999/tsudoi1.html

中国共産党は、基本的に宗教信じさせないのですから、チベット民族にはそれだけで圧制になるのです。

≪いかに、日本の占領時が、自由を謳歌できたか、米国でよかったですね(笑)でも米国も、将来の需要先として学校給食をパン食にしたり、2度と戦争を起こさせないよう憲法を変え、教育も平等の名の下に英才教育を出来なくさせたりと色々やったのですよ。誤算は、韓国と違いキリスト教徒への改宗者が、何故か大幅に少ないっかて事でしょうか。(謎解きは別の機会に、教会スタイルの結婚式だけは増えましたが)日本人もチベット人も占領者の意図に反して改宗しないのは、共通してます。≫

非武装、戦争放棄など、理想に過ぎないのがお分かりですか?

人民軍が、チベットの大部分の民族の汗の結晶である宗教施設を、破壊、略奪しなかったら、チベット全土が、世界遺産だったでしょう。
(中国がチベットを自治区から、完全な支配下に置いた理由の1つには、広大な高原にある高価な漢方薬の原料となる草花が目的だともいわれています。乱獲が後をたたず、いづれ、採りつくされてしまうのは世界にとっても不幸なことです。)

いまもチベットはパレスチナの入植同様漢民族が増え続けているのですから、チベット民族は、いずれ少数民族になってしまうでしょう。
(日本人も、アイヌ民族を征服したわけで、声高に中国出て行けとは言えないのが辛いですね)
せめて、ダライラマや、パンチェン・ラマはチベット民族の良き伝統として中国政府も許可が必要だなんて言わずに、大国らしく、政治から切り離して、今まで通りにさせてあげられないのでしょうか?
偽者のパンチェン・ラマの方が可哀相です。国民には認められず、当然ダライラマから秘伝は受けられず、国民や社会を理解できない誰かさんみたいに、させられちゃうんですから!本物も同じですよね。徹底した洗脳を受けるか既に誅殺されていまっているか心配!

遅まきながら、日本のマスコミも、本物のパンチェン・ラマであるゲンドゥン・チューキ・ニマ氏の解放運動を!
御仏のご加護で生きていることを祈って!
ダライラマが生きてる内に解放され、彼に奥義が伝授されんことを!

QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ