素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

”Lost Child live in Japan" 私のライフワークです→http://www.page.sannet.ne.jp/kbkk/
毎年一社以上の新たな一ノ宮参拝を心がけています。世界は15年毎に春(創業期)夏(成熟期)秋(収穫期)冬(崩壊期)を繰り返すと言われています。特に日本では1870年からの崩壊期で廃仏毀釈が起き国宝級が失われ、1930年からは太平洋戦争が起き数々国宝が焼失、1990年から2005年まではバブル崩壊で厳寒のデフレ経済下優良資産が海外資本の手に!ですが、2020年までは春の創業期、やっと経済も春らしくなってきましたよね!次の2035年までは盛夏の成熟期です!日本は2020年までに不死鳥の如く蘇り、成熟期にアメリカに代わって大繁栄の時代が到来する筈なのですが、為政者もマスコミも弱者優先し過ぎて国民に重税を課し日本の国力を伸ばそうとしません!”金の座”の20年間今まで通りの働かなくても食える酷税施策を続けていたら日本はチャンスを逸してしまうでしょう!創造力溢れる若い人の奮起に期待してます!

いいこと言いまね!分野に通暁した人が皆官僚出身じゃないでしょうね!

その分野に通暁した人を選ぶのに、どんな方法で選ぶんでしょう?
楽しみですね!まさか、全員、官僚経験者じゃ無いんでしょうね!

いろいろ負けた要因あるけどね。

≪大企業ばかり景気のいい今の現状で、同族会社=中小零細企業の大部分が該当する特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入の詐欺詐称行為を考えたのが、自民党税調だったら、中小零細企業が怒っているので、自民党の支持率回復は無理!

民の痛みを解かりもしない増税だけの政府税調の考えだったら、同じく安部政権の支持率回復は無理!

”特殊”扱いをしたり、3年も遡る計算基礎など詐欺行為に近い事を平気でやったのが財務省なら、考え出した官僚を左遷せずに、財務省出身者の政治家を閣僚に選んだら、同じく支持率回復どころか、衆議院で大敗!
やることが汚ねーよ。取り易いからって!そういうの日本人が一番嫌うんだぜ!

即、廃案に出来ないなら、全赤字企業を対象にしないと自民党の明日はねーぜ!
日本中の中小企業を、敵に回して勝てると思うなよ!
日本国民をなめてんじゃねー。議員がいかに法案や通達を理解どころか観てねえーてのがバレバレだぜ!≫って、町工場の親父の八っつぁんがタメ口言ってる様です!

東大出じゃなくても、日本人は嘘ぐらい見抜ける優秀な民族なんだ!ってことを、くれぐれもお忘れなく!
テレビも今、どこかの大使が正しいような”大本営発表”してますが(苦笑)

いよいよ風雲急を告げるインド洋!

ムシャラフ包囲網敷く野党 支持率急落、揺らぐ威信 のニュース!
皆さんは、どう思いましたか?パキスタンも大変だねーですか?

親米路線が崩れたら、大変!核をもったイスラム原理主義国の誕生となります。
民族が民主的に選挙で選んでも、親米政権以外は、米国の主導で、又、クーデターを起こされるに決まってます。米国は、これだけは避けたいのですから。
(つまり、インド洋の米国艦隊は現代版十字軍だと言えるでしょう。)

私がブログで、自衛隊のインド洋派遣に反対しているのは、米国が上記を想定して作戦を練っているからです。選挙の結果で、艦隊を派遣しクーデターの後押ししたんじゃ手遅れですし、国際世論からも袋叩きに遭いますからね。

その為の布石が、イスラム原理主義国家になろうとしたタリバン制圧ですし、イランの悪の枢軸発言であり、インド洋にアメリカ艦隊が居座る最大の理由でもあるのです。
9.11の実行犯がパキスタン空軍出身だったとの噂もあるくらい、パキスタンは米国とっては一歩間違えばオセロゲームになる最大関心国なんですが。

民主主義の根幹は、多数主義なのですから、聖戦を厭わないイスラム原理教徒がもし世界中の貧しい国々で国民の大多数になり、パレスチナ支援で反米になったら、米国はどうするつもりなんでしょう?最後まで、イスラエル支援やキリスト教的民主主義だけで対峙するつもりなんでしょうか?
それとも、民主主義は数の論理では無い!なんて≪言った(も同然な)安部首相みたいに≫言うんでしょうか?(笑)

ちょっと休憩
--()抜きで書くと、マジで安部さんは言ってないなんて言う人がいるので!例えですよ!ブラックジョークの判らない人が多いのも真面目な国民性を感じて嬉しいのですが、落語好きな国民性なんだから”その心”はと思ってください
”民主主義は数の論理では無い”とかけて、”安部首相”と解く、その心は”負けても居座(すわ)る”とか”民意は反映できない”とかね(笑)

さて本題に戻って
宗教の自由は、止められるものではありません。民主化や独裁でも止められません。
イスラム教が世界を席巻してしまう可能性があろうとも、武力では止めようもないのです。
あれほど、虐待されたユダヤ地方のキリスト教が、先進国の国々に根を広げたことで証明されているじゃありませんか?
イスラム教、キリスト教ともに中東で誕生した宗教であり、教えも共に素晴らしいと思います。

平和が神々の思し召しであらんことをインシャラー!

日本の夏!本番!

お祭り好きな日本人には、堪えられない暑い夏がやってきましたねー。

いい汗かいた後のビールの美味いこと!

踊るもよし!見物もよし、ストレスぶっ飛ばしましょう!

踊るあほうに見るあほう、おなじあほうなら踊らにゃそんそん!

明日は明日の風が吹く

日本人て凄いよね!


QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ