素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。2010年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

”Lost Child live in Japan" 私のライフワークです→http://www.page.sannet.ne.jp/kbkk/
毎年一社以上の新たな一ノ宮参拝を心がけています。世界は15年毎に春(創業期)夏(成熟期)秋(収穫期)冬(崩壊期)を繰り返すと言われています。特に日本では1870年からの崩壊期で廃仏毀釈が起き国宝級が失われ、1930年からは太平洋戦争が起き数々国宝が焼失、1990年から2005年まではバブル崩壊で厳寒のデフレ経済下優良資産が海外資本の手に!ですが、2020年までは春の創業期、やっと経済も春らしくなってきましたよね!次の2035年までは盛夏の成熟期です!日本は2020年までに不死鳥の如く蘇り、成熟期にアメリカに代わって大繁栄の時代が到来する筈なのですが、為政者もマスコミも弱者優先し過ぎて国民に重税を課し日本の国力を伸ばそうとしません!”金の座”の20年間今まで通りの働かなくても食える酷税施策を続けていたら日本はチャンスを逸してしまうでしょう!創造力溢れる若い人の奮起に期待してます!

悲劇のプリンセス ダイアナ元皇太子妃のご冥福を祈ります。

事故死?謀殺?
パパラッチの執拗なストーカー行為が生んだ悲劇には、幾つかの疑問点が存在します。

妊娠説が流れ、騒がれるのが判っていながら、なぜパリに行ったのか?=>
ホテルリッツのオーナーアル・ファイドの息子ドディが婚約指輪を贈ろうとしたとの説あり、購入は実証されたが、贈られてはいない。9月1日パリでの婚約発表の為との説も!

なぜ生き残ったボディガードのトレバーは宝石店に行っていないと嘘をついたのか?=>
彼は英国軍出身、諜報員としてダイアナのお目付け役だったとの説有り!宝石の購入がバレて、本当に真実を語っているか?彼の証言に疑問が出てきている。

なぜ、パパラッチを振り切れないのに、再度ホテルを出て何処に向かおうとしていたのか?ボデイガード抜きで=>
ダイアナが婚約発表に承知せず、指輪を受け取らなかったので、気まずくなって英国(ヘリポート?ドーバー?)に向かっていたとの説有り。強引に同乗したトレバーは行き先を知らされていなかったと?いまだに謎だが、ボデイガードが信用されず、また、必要ないところに向かっていたのは事実!

なぜ、超高速でトンネルに突っ込んだのか?=>
ベンツのクルーズコントローラーに細工が行われていたとの説有り。至近距離なら誤動作させるのは可能!誰が?

なぜ事故が起きたのか?=>
事故直前の接触事故が引き金との説有り。ほぼ確定?!トレバーは無視?!、まさか---------!

マリリン・モンローの不審死と同様、全ては闇のかなたに!

しかし、彼女がケンジントン宮殿を出て再婚することは有り得なかったでしょう。
チャールズ皇太子への当てつけで、浮き名を流しても。
ダイアナ妃は、チャールズを心底愛していたのかも知れません。

両親の離婚が、彼女の表情にいつも暗い影を落としていました。
≪雅子妃の暗い影も、何処からきているのでしょう?≫

20世紀の最後の”悲劇のヒロイン”のご冥福を祈ります。

姫井さんが悲鳴(笑)!男女運が悪かった?!横峯氏も沈黙は金なのに

姫井さんが、横峰さんが、下半身問題で揺れてますね!

なんで男女の秘め事が、こうも赤裸様になるのかねー(苦笑)

暴露する方も暴露する方で、恥を知らないのかねーそれとも多額の○○?

日本人の美徳!恥の文化は何処に行ったのでしょう!

まーケネディ、クリントン、山崎拓、最近では東国原知事じゃないが、下半身問題と手腕は意外と関係しているのは、古今東西を問わないからね!
英雄色を好むで、日本人は、あっち方面は寛容だったんですが。

報道も度が過ぎると、只でさえ品位が落ちてる国会を国民が相手にしなくなりますよね!大人は善いんですが、青少年への悪影響も少しは考えて下さいよ。

インターネットは、小学生でも観るんですから、イザも引用文にも気を使って下さいね

週刊誌も、事件屋のルポや暴露本並みのドギツイ表現を平気で使わないで、もっと品格ある記事や見出しにしてもらいたいものです。

もっとも芸術とは言い難いヘアヌードの写真掲載して、平気でコンビニで売らせてるんだから、恥も外聞もあるわけないか(大笑い)

売れる為なりゃ、金儲けの為なりゃ”何やっても良いんだから”って風潮は、いい加減にやめにしましょう!
大体、見出しで買ったら、内容は-----の可能性もある!の類(たぐい)の記事が多すぎ!まるで詐欺ですよ。
振り込め詐欺が横行する訳です(涙)

悲鳴あげてる姫井さんや横峯氏を弁護してる訳ではありません!
思慮分別のある行動は議員になってからではなく、立候補の時点で品格を!

報道する側にも、すべてに一流としての品格のある表現でないと、国民の品格が上がらないので!一流と言われる出版社なのですから!


経済成長から経済維持への転換

日本経済は、少子化や、団塊の世代の大量退職によって、これから大幅に日本人の就労人口が減って大変な時期を迎えるるのは事実です。
従来の手法では、外国人労働者を増やさないと生産や、サービスを維持できません。至極当然な意見ですね。

現在でも、特に3K業種だけでなく、多くの産業で、好景気といわれる自動車関連までが外国人労働者によりやっと維持できているのも事実です。

人口が減ることは、日本では、過去に経験済みですからね。
第2次大戦後の焼け野原を支えたのは、地方の人々でした。
高度成長期に町村合併で過疎化の種がまかれ、集団就職の名の下に現在の大都市へと、強制移動が行われました。
平成の市町村合併は、より過疎化が進行し、自治体の採算割れ地区が拡大します。
人々は、より文化的生活を求めて、さらに大都市に移動します。

その結果は!結婚年齢の高齢化、高学歴化が進み、塾に行かないと学校に入れず、親子とも不満が鬱積する家庭がますます増加します。
教育費の増大や、収入の不安定は少子化を助長し、日本はさらに高齢者の比率が高まります。
介護するにも、人が足りず、外国人労働者がさらに増加します。
そして暴動が!という最悪のシナリオは残念ながら起きないでしょう。(笑)

その前に、年金制度が破綻します。マルチ商法もどきの年金制度ですから、人口が減少したり、寿命が延びれば破綻するのは猫でも判ることですが!介護保険は霞ヶ関の天下り先確保の為なので、これも破綻!破綻で高齢者の自殺者が大幅に増加します。

しかし、発想を換えてみましょう。日本の少子化は世界に貢献!

先のブログに書いたように、適正な少子化は今後の人類生存危機に寄与することにもなります。
まず、個人のエネルギー消費量が減り、食料も確保しやすくります。
高齢化は同様の効果を生みます。
減少した就労人口で、同じ生産高が維持できれば国民は豊かになれます。
先進国で、国全体の経済成長から就労一人当たりの経済成長へのモデルケースになりえます。
新規就労者以上の退職者が発生するのですから、GNPを維持するだけで就労一人当たりの経済成長率は、当面高水準に推移します。

問題はどうすれば、就労人口を減らしながら、生産高やサービス業を維持するかですが、日本はロボットの活用で、世界の最先端を行っているじゃありませんか!

中小零細企業へのロボットの導入を積極的に行えば、就労人口の大幅な減少にも対応できるのです。しかし、ロボットが使いたくとも、工場は狭く、受注サイクルも短い為に踏み切れない中小企業が大半なのです。
テーチングには時間がかかり、まだまだ廉価なフレキシブルなロボットはありません。
中小企業も次世代の工場に拡張変身しなければなりませんが、残念ながらデフレ経済で大規模投資する余裕もなく、安易に外国人労働者に依存せざるを得ないのです。
欧米並みの短期間での収益を求められる金融事情も導入を難しくしています。

生産現場のみならず、ホワイトカラー部門の自動化も必要でしょう。

大企業優先から、中小企業優先へ転換し、国を上げて、ロボットの導入や完全自動化をサポートする体制つくりを!

今の若い世代は、ゲーム機を扱わせたら、40-50代の敵ではありません。

ゲーム機感覚でのロボット(鉄人28号みたいな)が生産現場に入れば、学歴に関係なく操作できますし、彼等の卓越した操作で生産性も飛躍的に伸びる筈です。
当然、彼等の収入も増えます。余裕が出来てもう一人生もうかなーとなれば少子化もブレーキが!(笑)

粗食に耐えた現在の高齢者の方達がピークで、10年後は、大幅に平均寿命は下がる筈です。
飽食の時代に育った人たちには、抵抗力も無く、さらに平均寿命が下がり日本の人口は9千万を下回るでしょう。
市場が、無くなるのですから、極端に外国人労働者が増加しないでしょう。

若い人たちは、学歴に関係なくセカンドハウスを持ち、優雅な人生を送れることが可能になり、全員高学歴社会は崩壊、大学は本来のエリート育成機関となり日本を世界の中心へと押し上げます!なんてことも、夢じゃない!

オイルショックを乗り切ったように、今度の就労者の大幅減少も、外国人労働者に過度の依存をせずに乗り切れる可能性は大いにあるのですが!

経済だけの成長より、文化的、人間的成長だって良いのでは!
経済成長ばかりの政策を転換しない限り、日本は、いずれ世界中からの出稼ぎ労働者の国になりますね!
QRコード
QRコード
プロフィール

kobayakawashunichi

Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ