素晴らしきかな日本人 by 小早川俊一

御覧戴いてありがとうございます。今年3月著名人・CM以外のブロガーを締め出した”イザ・ブログ”からあちこちテスト投稿後、過去のイザ・ブログ原稿と一緒にライブドア・ブログに移行しました。名も無きブロガーの悲哀ですね(笑)2013年は20年毎に行われる、お伊勢さまの第62回式年遷宮!これからの20年は弱者優先だった”米の座”から"働かない者食うべからず"の”金の座”に”ご遷移”されましたので[才覚次第で大金持ちになれる]チャンスに溢れる激動の弱肉強食の時代となる筈です! 人類史上[誰でも何でも平等]なんて国家が繁栄した事はなく、官庁.学校.企業も解雇も出来ず努力もしない低レベルの輩が大手を振ってのさばってる日本に明るい未来はあるのでしょうか?もっと競争原理を容認し”ジャパン・ドリーム”が実現する社会にしてほしいものです!

”Lost Child live in Japan" 私のライフワークです→http://www.page.sannet.ne.jp/kbkk/
毎年一社以上の新たな一ノ宮参拝を心がけています。世界は15年毎に春(創業期)夏(成熟期)秋(収穫期)冬(崩壊期)を繰り返すと言われています。特に日本では1870年からの崩壊期で廃仏毀釈が起き国宝級が失われ、1930年からは太平洋戦争が起き数々国宝が焼失、1990年から2005年まではバブル崩壊で厳寒のデフレ経済下優良資産が海外資本の手に!ですが、2020年までは春の創業期、やっと経済も春らしくなってきましたよね!次の2035年までは盛夏の成熟期です!日本は2020年までに不死鳥の如く蘇り、成熟期にアメリカに代わって大繁栄の時代が到来する筈なのですが、為政者もマスコミも弱者優先し過ぎて国民に重税を課し日本の国力を伸ばそうとしません!”金の座”の20年間今まで通りの働かなくても食える酷税施策を続けていたら日本はチャンスを逸してしまうでしょう!創造力溢れる若い人の奮起に期待してます!

【最新版】2017年10月17日更新!藤井聡太四段の対局予定 通算成績 戦歴 一覧 

番外編【魂の7番勝負】で行方尚史八段に快勝!

攻め急ぎ悪手での逆転負けを完全抑止してから詰める戦法に進化し2度目の公式戦7連勝!
デビュー以来先手番の負け無し(19連勝)継続中!
33対局が後手番!
10月14日現在、今期対局数=4236勝6敗!通算成績46勝6敗!
今期確定対局数は、7連勝ですが59】のままです!
4月~6月190敗 7月~9月136敗(各月2敗) 果たして10月~12月の成績は?
後半も前半の4半期並なら今期の総対局は19x4=76となりますが、順位戦以外であと17しないと(59+17=76)届きません!

藤井聡太四段の今期8大タイトル戦歴

名人戦=挑戦
資格なし、順位戦C級2組5戦5勝                       第6戦11月2日対局
竜王戦=決勝トーナメント二回戦敗退竜王戦5組昇級       次期ランキング戦今期12月開幕
棋王戦=決勝トーナメント二回戦敗退(実質初戦敗退)       次期予選今期1月開幕
王将戦=第1次予選・決勝敗退                      次期予選今期1月開幕
叡王戦=本戦
へ(決勝=タイトル戦7番勝負来年3月~、次4期からは本戦優勝者が叡王挑戦権11月~
棋聖戦=1次予選・決勝へ(2次予選後、挑決来年2月~4月、タイトル戦翌期6月~7月)      10月~11月

王位戦=予選・2回戦へ(挑決リーグ来年1月~5月、タイトル戦翌期8月~9月)                10月19日対局
王座戦=第1次選・2回戦へ(2次予選後、挑決本戦翌期4月~7月、タイトル戦9月~10月) 10月~11月

その他の公式棋戦戦歴
上州YAMADAチャレンジ杯=準々決勝敗退 優勝三枚堂達也四段   次回翌期5月スタート
加古川青流戦=準々決勝敗退                          次回翌期5月スタート
新人王戦=準々決勝敗退                             次回今期11月スタート
NHK杯=本戦トーナメント・3回戦へ、(準々決勝2月・準決勝3月・決勝3月下旬)          12月~1月
朝日杯=第二次予選へ(本戦12月15日~1月、決勝2月上旬)                         11月
銀河戦=本戦トーナメント・
一回戦へ(決勝トーナメント・決勝 翌期8月~9月)                  10月26日対局

※加古川清流戦の参加資格は四段以下なので、C級1組昇級=五段昇段で参加資格喪失します!
 将来、伝説となる全棋戦優勝の為には、なんとしても優勝しておくべき棋戦でした!

対局予定&結果(9月21日現在)
青字は勝ち 赤字は負け 黒太字決定(開催日時未定含む) 
(予定はメジャータイトルトーナメント本戦確定&予選トーナメント及び他のトーナメントを掲載)
回数 日時・会場    ▲先手▽後手 対局相手                      棋戦
  1・2016年12月24日東
▽加藤一二三九段76(C級2組45位)第30期竜王戦予選6組1回戦
  2・2017年01月26日西▲豊川孝弘七段50(C級1組27位)     第43期棋王戦予選6組2回戦
  3・2017年02月09日西▲浦野真彦八段53(Fクラス)                第30期竜王戦予選6組2回戦
  4・2017年02月23日西▲浦野真彦八段53(Fクラス)                第67回NHK杯予選5組1回戦
  5・2017年02月23日西▲北浜健介八段41(B級2組8位)     第67回NHK杯予選5組2回戦
  6・2017年02月23日西▲竹内雄吾四段29(C級2組31位)     第67回NHK杯予選5組・決勝 本戦進出
  7・2017年03月01日西▽有森浩三七段54(Fクラス)
                第67期王将戦第一次予選第7組1回戦
  8・2017年03月10日西▽大橋貴洸四段25(C級2組46位)     第48期新人王戦2回戦
  9・2017年03月16日東▲所司和晴七段55(Fクラス)                第30期竜王戦予選6組3回戦
10・2017年03月23日西▽大橋貴洸四段25(C級2組46位)     第43期棋王戦予選6組3回戦

------------------------------↓ 2017年度 ↓------------------------------------
11・2017年04月04日西▽小林裕士七段40(C級1組3位)       第67期王将戦第一次予選第7組2回戦
12・2017年04月13日西▲星野良生四段29(C級2組18位)     第30期竜王戦予選6組4回戦
13・2017年04月17日他▽千田翔太六段23(C級1組2位)       第67回NHK杯本線1回戦
14・2017年04月26日西▽平藤真吾七段53(C級1組10位)     第43期棋王戦予選6組準決勝
15・2017年05月01日東▽金井恒太六段31(C級1組37位)     第30期竜王戦予選6組準決勝
16・2017年05月03日西▽横山大樹アマ27                                     第48期新人王戦3回戦
17・2017年05月12日西▽西川和宏六段31(C級2組30位)     第67期王将戦第一次予選第7組3回戦
18・2017年05月18日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)     第7期加古川青流戦2回戦
19・2017年05月25日東▽近藤誠也五段21(C級1組31位)     第王戦予選6組決勝 最年少で本戦出場5組昇級
20・2017年06月02日西▽澤田真吾六段25(B級2組7位)       第43期棋王戦予選6組決勝 最年少で本戦出場
21・2017年06月07日西▲都成竜馬四段27(C級2組3位)       第2回上州YAMADAチャレンジ杯1回戦
22・2017年06月07日西▲阪口  悟五段39(C級1組18位)     第2回上州YAMADAチャレンジ杯2回戦
23・2017年06月07日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)     第2回上州YAMADAチャレンジ杯3回戦
24・2017年06月10日東▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)       第3期叡王戦段位別四段戦・予選1回戦
25・2017年06月10日東▽都成竜馬四段27(C級2組3位)       第3期叡王戦段位別四段戦・予選2回戦
26・2017年06月15日西▽瀬川晶司五段47(C級2組24位)     順位戦C級2組1回戦(10戦)
27・2017年06月17日西▽藤岡隼太アマ19                                     
第11期朝日杯将棋オープン戦第一次予選
28・2017年06月21日西▲澤田真吾六段25(B級2組7位)       王将戦第一次予選第7組準決勝 連勝記録タイ
29・2017年06月26日東▲増田康宏四段19(C級2組5位)       竜王戦挑戦者決定T1回 戦連勝記録更新

30・2017年07月02日東▽佐々木勇気五段23(C級1組6位)   竜王戦挑戦者決定T2回戦  初の1敗
31・2017年07月06日西▲中田    功七段50(C級2組41位)     順位戦C級2組2回戦(10戦2勝0敗)
32・2017年07月11日西▽都成竜馬四段27(C級2組3位)       第7期加古川青流戦3回戦

33・2017年07月21日東▽三枚堂達也四段24(C級2組6位)  上州YAMADAチャレンジ杯準々決勝2敗目
34・2017年07月24日西▲西川慶二七段55(Fクラス)                第89期棋聖戦1次予選ハ組1回戦
35・2017年07月24日西▽阪口  悟五段39(C級1組18位)     第89期棋聖戦1次予選ハ組2回戦
36・2017年07月27日西▲平藤眞吾七段53(C級1組10位)     第26期銀河戦予選 本戦進出

37・2017年08月04日西▽菅井竜也七段25(B級1組11位)    王将戦第一次予選7組決勝 B級1組初対局3敗目
38・2017年08月10日東▽高見泰地五段24(C級2組9位)       順位戦C級2組3回戦(10戦3勝0敗)
39・2017年08月15日西▽小林健二九段60(C級2組43位)     第59期王位戦予選7組1回戦
40・2017年08月22日西▽大石直嗣六段28(B級2組21位)     第11期朝日杯第1次予選12組2回戦
41・2017年08月22日西▽竹内雄悟四段29(C級2組31位)     第11期朝日杯第1次予選12組準決勝

42・2017年08月24日西▽豊島将之八段27(A級10位)      棋王戦T本戦2回戦A級との初公式戦      4敗目
43・2017年09月02日東▽井出隼平四段26(C級2組28位)   第7期加古川青流戦・準々決勝           5敗目
44・2017年09月03日他▽森内俊之九段・名人46(Fクラス)   第67回NHK杯・2回戦 生放送

45・2017年09月07日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)第48期新人王戦・準々決勝            6敗目
46・2017年09月14日東▲佐藤慎一五段35(C級2組9位       順位戦C級2組4回戦(10戦4勝0敗)
47・2017年09月20日西▲小林健二九段60(C級2組43位     第66期王座戦1次予選ホ組・1回戦
48・2017年09月27日東▽竹内雄吾四段29(C級2組31位)     第89期棋聖戦1次予選ハ組・準決勝
49・2017年10月06日西▲宮本広志五段31(C級1組20位)     第11期朝日杯第一次予選12組・
決勝
50・2017年10月09日東▽佐々木大地四段22(C級2組48位)第3期叡王戦段位別四段戦・予選準決勝 
51・2017年10月09日東▲杉本和陽四段26(C級2組50位     第3期叡王戦段位別四段戦・予選決勝
52・2017年10月12日西星野良生四段29(C級2組18位     順位戦C級2組5回戦
53・2017年10月19日西  小林裕士七段40(C級1組3位       第59期王位戦予選7組2回戦
小林裕士七段王位戦予選7組
54・2017年10月26日  藤倉勇樹五段37(Fクラス)            第26期銀河戦本戦H組・1回戦
銀河線Hブロック2藤倉勇樹五段
70・2017年10月26日東  上村  亘四段30(C級2組25位     第26期銀河戦本戦H組・2回戦
上村亘四段
71・2018年01月xx日東  黒沢怜生五段25(C級2組15位)     26期銀河戦本戦H組・3回戦
黒沢怜生五段
72・2018年01月xx日東  石田直裕五段28(C級2組11位
     第26期銀河戦本戦H組・4回戦
石田直裕五段
55・2017年11月02日西▽脇  謙二八段57(C級2組35位)   順位戦C級2組6回戦
脇謙二八段
73・2017年11月xx日      北浜健介八段41(B級2組8位       第59期王位戦予選7組準々決勝
北浜健介8段
74・2017年11月xx日      豊川七段か大橋四段・案用寺六段       第59期王位戦予選7組準決勝

75・2017年12月xx日      未確定                            第59期王位戦予選7組
決勝 決定リーグへ
76・2018年01月中旬
      5人でのリーグ1回戦  未定           第59期王位戦挑戦者決定リーグ1回戦
77・2018年02月xx日      5人でのリーグ2回戦  未定          第59期王位戦挑戦者決定リーグ2回戦
78・2018年03月xx日      5人でのリーグ3回戦  未定          第59期王位戦
挑戦者決定リーグ3回戦
56・2017年11月xx日      都成四段か大橋・平藤の勝者           第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝 2次予選へ
79・2017年11月xx日      澤田六段・谷川九段の勝者             第89期棋聖戦2次予選・準決勝
80・2017年12月xx日      未確定                       第89期棋聖戦2次予選・決勝
81・2018年02月xx日      未確定                       第89期棋聖戦決勝トーナメント・1回戦
82・2018年03月xx日      未確定                       第89期棋聖戦決勝トーナメント・準々決勝


57・2017年11月xx日      平藤眞吾七段53(C級1組10位)   第66期王座戦一次予選ホ組2回戦
平藤眞吾七段
83・2017年11月xx日      豊川七段か山本六段・村田五段の勝者  第66期王座戦一次予選ホ組準決勝
84・2017年12月xx日      未確定                           第66期王座戦一次予選ホ組決勝
85・2018年01月xx日      未確定                           第66期王座戦二次予選準決勝
86・2018年03月xx日      未確定                           第66期王座戦二次予選決勝
58・2017年11月xx日      A~H 4人トーナメント 未定      第11期朝日杯2次予選・準決勝
87・2017年11月xx日      A~H 4人トーナメント 未定      第11期朝日杯2次予選・決勝
88・2017年12月xx日      本線トーナメント16人           第11期朝日杯本戦1回戦
89・2017年12月xx日      準々決勝・未定                第11期朝日杯・準々決勝
90・2018年01月xx日      準決勝・未定                 第11期朝日杯・準決勝
91・2018年02月xx日      決勝・未定                  第11期朝日杯・決勝
59・2017年11月xx      未定(16人によるトーナメント)     第3期叡王戦本戦1回戦
92・2017年12月xx日      未定                          第3期叡王戦本戦準々決勝
93・2017年12月xx日      未定                          第3期叡王戦本戦準決勝
94・2018年03月xx日      決勝=タイトル戦(3月~5月)       第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第1局
95・2018年03月xx日      決勝=タイトル戦(3月~5月)       第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第2局
60・2017年11月xx日      第49期新人王戦スタート        第49期新人王戦1回戦
96・2018年02月xx日      前期並みに勝てば              第49期新人王戦2回戦 
61・201712月xx日東  未定 竜王戦5組ランキング戦開幕第31期竜王戦予選5組1回戦
97・2018年01月xx日東  前期並みに勝てば            第31期竜王戦予選2回戦
98・2018年03月xx日東  前期並みに勝てば            第31期竜王戦予選・準々決勝
62・2017年12月14    ▲高野智史四段23(C級2組13位)   順位戦C級2組7回戦
高野智史四段
63・2017年12月xx日他    稲葉 陽八段29(A級1位)        第67回NHK杯・3回戦 

稲葉陽八段
99・2018年1月xx日      阿久津8段か近藤五段・渡辺竜王の勝者  第67回NHK杯・準々決勝
100・2018年1月xx日      ※次年度シード            第67回NHK杯・準決勝 
101・2018年3月xx日      未確定                      第67回NHK杯・決勝

64・2017年1月11日    ▲矢倉規広七段43(C級2組33位)  順位戦C級2組8回戦
矢倉規広七段
65・2018年01月xx日         棋王戦予選開幕             第44期棋王戦予選1回戦
102・2018年02月xx日      前期並みに勝てば            第44期棋王戦予選2回戦
103・2018年03月xx     前期並みに勝てば              第44期棋王戦予選3回戦

66・2018年01月xx日      未定 第68期王将戦開幕          第68期王将戦第一次予選1回戦
67・2017年02月08日    ▽梶浦宏孝四段22(C級2組2位)        順位戦C級2組9回戦
梶浦宏孝四段
68・2017年03月01日   ▲三枚堂達也四段24(C級2組6位)     順位戦C級2組10回戦
三枚堂達也10戦全勝で100%昇級
69・2018年02月~        NHK杯予選スタート       第68回NHK杯予選1回戦

104・2018年02月~         ※前期並みに勝てば         ※第68回NHK杯予選2回戦
105・2018年03月~         ※前期並みに勝てば         ※第68回NHK杯予選決勝
106・2018年03月xx日 富岡英作八段58(C級1組28位)    第26期銀河戦本戦H組・5回戦
富岡英作八段
107・2018年03月xx日  安用寺孝功六段43(C級1組13位) 第26期銀河戦本戦H組・6回戦
安用寺孝功六段         

2017年10月10日現在の今期確定対局数59通算69
昨年10月のプロ入りなので前期11戦、今期の10月~3月までの対局数は勝つと3倍以上になります!
予想はこれから少なくとも28勝!35+28=63勝以上勝ってほしいですね!
------------------------------↓ 2018年度 ↓------------------------------------
勝ち上がったら高校に行ける日の方が少なくなるかも!
108・2018年04月xx日      決勝=タイトル戦(3月~5月)    第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第3局
109・2018年04月xx日      決勝=タイトル戦(3月~5月)    第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第4局
110・2018年05月xx日      決勝=タイトル戦(3月~5月
)  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第5局
111・2018年05月xx日      決勝=タイトル戦(3月~5月)  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第6局
112・2018年05月xx日      決勝=タイトル戦(3月~5月)  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第7局
113・2018年04月xx日      未確定                     第89期棋聖戦決勝トーナメント準決勝
114・2018年05月xx日      未確定                     第89期棋聖戦
決勝トーナメント・決勝
115・2018年06月xx日      羽生棋聖                        第89期棋聖戦・5番勝負1回戦
116・2018年06月xx日      羽生棋聖                        第89期棋聖戦・5番勝負2回戦
117・2018年07月xx日      羽生棋聖                        第89期棋聖戦・5番勝負3回戦
118・2018年07月xx日      羽生棋聖                     第89期棋聖戦・5番勝負4回戦
119・2018年07月xx日      羽生棋聖                     第89期棋聖戦・5番勝負5回戦
120・2018年04月xx日      未確定                         第66期王座戦挑戦T1回戦
121・2018年05月xx日      未確定                         第66期王座戦挑戦T準々決勝
122・2018年06月xx日      未確定                         第66期王座戦挑戦T準決勝
123・2018年07月xx日      未確定                         第66期王座戦挑戦T決勝
124・2018年09月xx日~    中村大地王座               第66期王座戦五番勝負

年度HNK杯予選はベスト4になった場合と、31名(重複除外)のシード枠からベスト4、8大タイトル保持者(8)順位戦A級(13⇒8)、永世称号者(5⇒1)、B級1組(11⇒8)、公式戦優勝者(5⇒?)の引いた数で選ばれる成績優秀選抜(1月~12月までの対局数・勝敗・勝率部門別順位合計)者予選免除となる!
但し、加古川清流戦・上州YAMADA杯は公式戦対象外!新人王戦以外の公式棋戦優勝者・NHK杯ベスト4にA級・B級1組が一人も残らない場合重複該当が減り31名のシード枠を超えるため成績優秀選抜は行われません!
鬼門の準々決勝に勝てばベスト4で予選免除と成りますが3回戦はA級の稲葉陽八段なので・・
現在、藤井聡太四段の2017年(1月~12月)成績は、確定対局数=61、現在44勝6敗、勝率88.00%!
1月~12月までの残り11対局74敗だとして、51勝10敗、勝率83.61%(歴代5位相当)ですから、
成績優秀選抜枠が出来れば、次年度のNHK杯は本戦シードの可能性大!
(NHK杯準々決勝でで買っても負けても確定対局数は変わらず)
今期の残り確定対局数は10月11日現在で17対局です!
現在の今期成績は36勝6敗、勝率85.71%(歴代2位)
17対局13勝4敗だとすると49勝10敗 勝率83.05%(歴代5位)となります!
順位戦(残り5戦)を除いた棋戦は7戦+次回5戦ですから、順位戦全勝・次回5戦全勝なら4勝でクリア!
もっとも(4勝+5勝分だけ)対局数も増えるのでもっと勝たないと勝率ベストテンには届きませんが・・・・
今期棋戦予選敗退はB級1組対戦の1回のみ!残り棋戦を決勝トーナメントまで勝ち上がって欲しいものです!
現在戦っている棋戦の途中敗退での負け数は最大でも7敗!(順位戦・次期棋戦予選は全勝前提)
勝率歴代ベストテンに入るには、今後7敗なら20が必要!56勝13敗、勝率81.16%(ベスト9位)
又、56勝は年間勝数歴代10位になります!
一見、難しい様に思えますが・・・・・・順位戦5勝+棋戦15勝です!
前期並みに新開幕棋戦予選を全勝(9勝・NHK杯予選含まずすれば、残り6勝で達成!

現在進行中の棋戦の本戦予選7戦を12回(勝利後の7敗を含む)勝てば、19対局増えて対局数も78となり年間対局数も歴代10位になります!

歴代年度ベスト10は連勝記録既に1位獲得、
勝率1位=85.45%・10位=80.95%、勝数1位=68勝・10位=56勝、対局数1位=89・10位=78
今後の予選全勝なら63勝13敗で勝率は82.89%で歴代5位、勝数63は歴代3位、対局数76!
歴代ベストテン10では2次予選・本戦で更に6勝すれば勝数69は歴代1位!対局数も82で歴代5位に!
それにしても3つの若手棋戦を制していれば勝率・対局数・勝数更新も楽に出来たでしょうに残念!

東証株価2万1千円突破!結局大暴落は昨年の1月~6月だったって事か!

東証株価が2万1千円を突破しちゃいました!今更株を買うのは損したみたいで・・・・・・

自分で2016年の株価暴落を予言しておきながら、大儲けのチャンスを失っちゃった!
2015年中に、手持ちの株を処分して大暴落時に買い戻して・・・・・とシナリオを書き上げていたのに・・・・・
バタバタしてて処分も遅れ・・・・・一部しか売却出来ず・・・・あっという間に大暴落!
それでも手持ち資金で1万4千円以下まで暴落したらと買いを控えていたのですが・・・・来ない!(大々苦笑)

やはり、【まだはもうなり、もうはまだなり】で自分の想定する8割~9割で動かないとチャンスを逸す羽目に!
判っちゃいるけど・・・・・大反省!

ま~考えてみれば日銀が銀行の持ち株をせっせと買ってたんだからあれ以上株価が下がる筈もなかった!

2013年11月から始まった株価上昇は来月で4年目を迎えます!
その間、5回2千円以上の乱上下を繰り返しましたが、250%値上がりしています!
それでも、バブル時の株価には程遠く・・・・・・まだ個人投資家の半分以上が清算すると赤字なんですわな!
しかし、配当は劇的に増え、預貯金の利回りが無いに等しくなっているのに、個人預金が株式市場になぜ流入しないのかまったくもって世界の7不思議状態が続いています!
ま~麻生財務大臣が株に疎い事もありますね!
もちろん株式投資は完全に元手が保証されてる訳じゃないので、絶対確実と思われてる預貯金に置いときたいのも堅実な日本人としては、日本航空の株は紙屑になり、三洋。東電・シャープ・東芝株は暴落しちゃうし・・2の足を踏むのは当然といえば当然なんですが、世界的技術力のある銘柄に投資すべきでしょう!

トヨタだってEVへの世界的シフトに乗り遅れれば、業績は急降下しちゃう訳だし・・・家電メーカーが長期低迷した様に自動車産業だっていつまで好業績が続くか判りませんし、少子化で食料・繊維・住宅関連も厳しくなる一方だし不安要素一杯!

しかし、世界市場の大半を占めてる日本企業も多いんですよ!
でも株価も高く利回りは高くありませんが、間違いなく預貯金利子の数百倍の配当が出るんでっせ!

数年間は、アメリカ並みに【株の売買益は無税】にすれば一気に株価3万円は夢じゃないんだけど!
昔は、未公開株を賄賂代わりに使えたから霞ヶ関も年間50回までの売買益は無税にしてたけど・・・・・
自分達に甘みがないと有識者を利用して直ぐに取れるところから徴収するんだから・・・・・・

楽市楽座じゃないけど、課税するより活性化させるのが先!
年間100万円なんてケチな事言わずに売買益を1億円まで無税にすれば、日本の平均株価はもっと上がる!
1人が儲けて派手な生活を始めれば周りの10人が積極的に投資を始める!
10人が100人に!100人が1万人に!1万人はあっという間に100万人に!
なにせ、日本人ってお祭り大好き民族ですから・・・・・・金が動けば消費税もがっぽり入るんだけど!
損して儲けることを出来ない霞が関!1+1=2じゃフィーバーは生まれないんですよ!(大苦笑)

⑥小池新党【希望の党】、前原の奇策、民進党擬似解党=民進党議員救済策に乗り自滅!落選確実だった民主党元議員の吸収が完全に裏目!

【希望の党】自前候補の当選も危うい状況になっちゃいました!
もともとが落選確実の元自民党議員もいるから当たり前なんですが、新人にも追い風から逆風になりつつあります!

【希望の党】に移った元民進党議員なんて国会議員に当選するだけが目的の【風見鶏】だと、有権者がそっぽ向いちゃいましたから!

小池ちゃんも、前原の”金も候補者も揃う一石二鳥”だなんて甘言に乗せられて落選確実の民進党議員団を入党させちゃったのが最大の悪手でしたね!
実力者なら無所属で当選出来るんだから・・・・・(大爆笑)
マニュフェストも間に合わず【希望の党】として活動方針・対策全ては投票が終わってから・・・・・
オイオイ、こんなに国民を馬鹿にした政党は今までなかったぜよ!
スキャンダルを争点にして、政権交代を訴えるなんて、3流政党以下!(大嘲笑)
大都市偏重の【希望の党】に入れても、地方には希望どころか絶望が待ってるだけだと思うよ!

民主党大惨敗は確実で解党寸前だったのに前原の【ヤドカリ作戦】にまんまと嵌り・・・・・・!
極左の連中がゾンビの如く蘇っちゃった!(大苦笑)
枝野が立ち上げた【立憲民主党】なんて、アメリカが押し付けた憲法なんて絶対守らない極左政党なのに、主義主張を曲げなかったと高評価で共産党が候補者を立てない事から当選者続出となる始末!
右派も左派も生き残らせる前原・枝野の作戦勝ちと思える状況に・・・・・
一筋縄じゃ行かない2人に」とっちゃ、
世間知らずの若狭勝と美人に弱い細野豪志なんて赤子の手を捻る様なもんか!

民主党・衆議院議員の極右派・極左派は殆どは離党したので、前原誠司は絶大な権力と莫大な政党助成金は手中に収めることに成功!
無所属立候補した民進党残留議員と民進党参議院議員とで山分け!(大爆笑)
小沢一郎がやったように、上手に解党すれば1銭の税金も払わず好き放題に使える何十億円もの金が自由になるんだから、こんな美味しい話はありません!
万々歳の筈が・・・・・素晴らしき我が日本国民の反応は・・・・冗談じゃね~ぜ!”でした!
【二兎を追うもの一兎も得ず】!
日本人って真面目ですから、東京オリンピックを控えた都知事が都政を放り投げて国政に熱心なのは許せませんよね~!
まして、国会議員からに”都民第一”を宣言して都知事になったんだから!
熱心に元民主党議員を応援すればするほど都民からそっぽを向かれ・・・・・・・
大阪衆議院選挙1014大阪でも冷ややかにされ・・・・・
松井・日本維新の会代表に同情されるようじゃ終わりでしょ!(大爆笑)

しかし、【希望の党】が高望みせず最初から40人~50人規模民進党元議員を受け入れしなかったら、安倍批判票の受け入れ先として全員確実に当選したでしょう!
更に、”次回衆議院選挙で政権を担える政党に皆様のお力で育てたい”とやってれば、都知事としての批判も受けなかったし、次回まで、都政に専念すれば小池ブームも続いて次期首相も可能だった!
”急いては事を仕損じる”
とは・・・・・・・まさに格言!
選挙は水物ですから、最後まで判りませんが小池ブームはもう終焉!
烏合の衆の集まりなんて、民主党政権が実証済みだし、小池百合子のカリスマだけの政党ですからいずれ今後権力闘争が勃発するに決まってますし、当選した【希望の党】への移籍組から小池独裁に嫌気がさして何人の脱走者が出るのやら・・・・・(大々爆笑)

何事も”過ぎたるは及ばざるが如し”じゃの~!
欲ばりはやっぱりいかんよ!小池ちゃん、しばらく黙って都政に専念しなさい!
それにしても、一番得をしたのが詭弁士・枝野幸男だなんて・・・・・許せん!
なにが【立憲民主党】だ!左派がアメリカの属国のままでいいなんて詭弁だよ!(大嘲笑)

なにせ政権が安定しないと、私が予言する2020年日本大繁栄はやって来ないんだから・・・・
成るべくして成ったと言うべきか・・・・・

宇宙天気予報に異変!「27日の太陽周期に合わせたデータプロット」の日付が2月22日に!

27日の太陽周期に合わせたデータプロットの日付が・・・・・
どうしちゃったんでしょうね?
太陽27日プロット
12月17日から2月22日になってる!
私のパソコンの日付は違ってないし・・・・・

これって未来を表しているんじゃないよね?なんちゃって!

今までこんなことなかったのに・・・・・・・まさか・・・・・・情報通信研究機構(NICT: National Institute of Information and Communications Technology)のサーバーがメンテナンスや瞬電復帰後、電池切れで日付が戻ったりして?

自動的に日付・時間は同期する筈なので・・・今だけなんでしょうが・・・・・なんともお粗末な話です!(苦笑)

(22)藤井聡太四段、佐々木大地四段に奇跡的大逆転で勝って5連勝達成!藤井聡太棋戦ブログ再開出来たけど、こうもハラハラ・ドキドキじゃ心臓に悪いぜよ!決勝も勝って6連勝!

5連勝するまで、ストップしていた藤井聡太四段の棋戦アップを僅か1ヶ月で再開出来ました!(笑)
次回棋戦が始まらないと5連勝は無理かな~と思ってましたが、ストップした途端に連勝が始まるとは!

前のブログの続きですが、6敗目以前の結果一覧は重くなるので随時更新する【対局予定】に移しました!
棋戦掲載を休んでる間の戦歴は・・・・・・・・・
回数     対局日時        棋戦 
     先手後手 対局者
【36/46】2017年9月14日 順位戦C級2組4回戦      ▲佐藤慎一五段35(C級2組9位)  

後手番が続きましたが、10戦目にして事前に決められていた先手番に
佐藤慎一五段

まだ先手じゃ負けなしですが・・・・・押され気味で一手詰めの大ピンチ!
しかし打ち歩詰め(反則負け)を読み切って大反撃!1手差の119手で勝ち30勝目!
先手番負けなしの16連勝!

【37/47】2017年9月20日 第66期王座戦1次予選ホ組1回戦  ▲小林健二九段60(C級2組43位)  
王座戦ホ組小林健二九段
63手目で小林九段が投了しましたが・・・・ちょっと早過ぎでしょう・・・

なにはともあれ2連勝で31勝目!デビュー以来先手で負けなし17連勝!通算41勝6

【38/48】2017年9月27日 第89期棋聖戦1次予選ハ組準決勝▽竹内雄吾四段29(C級2組31位) 
竹内雄悟四段棋聖戦予選
4度目の対局!又も後手番!振り駒運は相変わらず悪い様で・・・・・・・
激戦の末154手の投了で薄氷の勝利!
後一歩の所まで追い詰められ・・・・詰まされる寸前で竹内四段が痛恨のミス!
上級者だったら完全に負けてました!(大苦笑)
”下手な考え休むに似たり”・・・・妙手とは言えない手の割りに時間掛け過ぎとちゃう?
何はともあれハラハラさせながらも3連勝で32勝目!通算42勝6敗!

【39/49】2017年10月06日 第11期朝日杯第一次予選12組決勝▲宮本広志五段31(C級1組20位) 
20171006藤井聡太jpg朝日杯開戦前!
気迫十分の本気モード!これなら勝てる!若武者らしくなってきましたね!(笑)
10月8日のNHKスペシャル”藤井四段15歳の苦悩”で初めて明かされた連敗から生じた【迷い】!
夏休みで時間が有り過ぎて立ち直るのに時間が掛かったと言うべきか?反省の時間が取れたのが幸いしたと言うべきか?
いずれにしても、夏休みの間に一皮剥けた事は間違い有りません!
という訳で
・・・・・
NHK杯の森内九段戦から、己の直感を信じる本来の藤井聡太が戻って来たんですね!
朝日杯予選宮本広志五段jpg
18回目の先手番!八金の一手詰にされながら持ち前の詰み読み切り95手で余裕の勝利!
公式戦先手番は負けなしの18連勝!
4連勝で33勝目!勝率84.62%!通算43勝6敗!朝日杯2次予選に進出!

【40/50】2017年10月09日 第3期叡王戦段位別四段戦準決勝▽
佐々木大地四段22(C級2組48位)
佐々木大地四段棋聖戦予選2
新人王戦準々決勝では自滅の6敗目で、佐々木大地四段を”魂の7番勝負”で屋敷八段に快勝するほど波に乗せましたが・・先手なら勝てると思いきや・・・・又も32回目の後手番に!後手番率64%!
案の定、終盤は負け戦!もはやこれまで、初の同じ棋士に連敗かと誰しも思った瞬間・・・・・

 
勝負師の本領発揮して奇跡的大逆転で104手見事
リベンジを果たし34勝目!5連勝達成!
記念すべきデビュー以来50戦目を白星で飾れました!
しかし疲れる!(ハヒフヘ・ホッ!)


続いて叡王戦本戦出場を賭けた段位別予選決勝戦!
【41/51】2017年10月09日 第3期叡王戦段位別四段戦予選決勝▲
杉本和陽四段26(C級2組50位)
杉本和陽四段棋聖戦予選3
上州YAMADA杯準々決勝で大激戦の末負けた三枚堂四段とのリベンジ戦にはなりませんでしたが・・・・
111手で快勝!
デビュー以来先手番負けなしの19連勝!

今期35勝目!6連勝!勝率85.36%に!通算45勝6敗!通算勝率88.24%!(ワォ)
今期確定対局数を【59】に伸ばしました!

これからの対局予定・・・・

  対局日時             棋戦            対局者
【42/52】2017年10月12日 順位戦C級2組5回戦▽星野良生四段29(C級2組18位)     

星野良生四段
勝てば順位戦5戦5勝!36勝目!通算46勝6敗!7連勝達成!勝率85.71%

【43/53】2017年10月19日 第59期王位戦予選7組2回戦     小林裕士七段40(C級1組3位)  
 
小林裕士七段王位戦予選7組
勝てば37勝目!通算47勝6敗!8連勝!今期確定対局数【60】!

【44/54】2017年10月26日  第26期銀河戦本戦H組・1回戦    藤倉勇樹五段37(Fクラス)
銀河線Hブロック2藤倉勇樹五段
勝てば38勝目!9連勝 勝率86.36%!通算48勝6敗!今期確定対局数【61】!

【55】2017年10月26日  第26期銀河戦本戦H組・2回戦     上村亘四段30(C級2組25位)
上村亘四段勝てば39勝目!10連勝!通算49勝6敗!今期確定対局数【62】! 


【45/56】2017年10月xx日   第89期棋聖戦1次予選ハ組決勝   都成四段か大橋・平藤の勝者              
棋聖戦
勝てば40勝目!通算50勝6敗!11連勝!今期確定対局数【63】!

【46/57】2017年11月02日   順位戦C級2組6回戦                 ▽脇  謙二八段57(C級2組35位)
 
脇謙二八段勝てば順位戦6戦6勝!41勝目!通算51勝6敗!12連勝 勝率87.23%

【47/58】2017年11月xx日     第66期王座戦一次予選ホ組2回戦   西川六段か平藤眞吾七段

王座船
勝てば42勝目!勝率87.50%!通算52勝6敗!13連勝!今期確定対局数【64】! 

【59】2017年11月xx日    第59期王位戦予選7組準々決勝  北浜健介八段41(B級2組8位)
北浜健介8段
勝てば43勝目!通算53勝6敗、勝率87.76%!14連勝!今期確定対局数【65】!
【48/60】2017年11月xx日 第49期人王戦スタート
1回戦                    未
【49/61】2017年11月xx日 第11期朝日杯二次予選・準決勝(1回戦)       未定           
【62】2017年11月xx日      第11期朝日杯二次予選・決勝(2回戦)                未定
【50/63】2017年11月xx日 第3期叡王戦決勝トーナメント1回戦               未定
【64】2017年11月xx日~   第3期叡王戦決勝トーナメント準々決勝                  未定

【65】2017年11月xx日~   第89期棋聖戦二次予選・準決勝 (2回戦)     澤田六段か谷川九段

【66】2017年11月xx日~   第89期棋聖戦二次予選・決勝 (3回戦)                未確定
【51/67】2017年12月xx日 第31期竜王戦開幕5組ランキング戦1回戦            未定
【52/68】2017年12月14日
 順位戦C級2組7回戦        ▲高野智史四段23(C級2組13位)
高野智史四段
      

【53/69】2017年12月xx日 第67回NHK杯・3回戦                   稲葉 陽八段29(A級1位)
稲葉陽八段NHK杯
【70】2017年12月xx日   第11期朝日杯本戦1回戦                                           未定              
【71】2017年12月xx日   第11期朝日杯・準々決勝                                          未定
【72】2017年12月xx日   第59期王位戦予選7組準決勝         豊川七段か大橋四段・案用寺6段の勝者
【73】2017年12月xx日   第59期王位戦予選7組決勝                       未定
【74】2017年12月xx日~ 第3期叡王戦決勝トーナメント準決勝                       未定

【54/75】2017年1月11日  順位戦C級2組8回戦                  ▲矢倉規広七段43(C級2組33位)
矢倉規広七段    
【55/76】2018年1月xx日~王戦予選開幕第44期棋王戦予選1回戦  未定
【56/77】2018年1月xx日~第68期王将戦開幕第68期王将戦第一次予選1回戦  未定
【78】2018年1月xx日     第11期朝日杯・準決勝                                未定           
【79】2018年1月中旬~ 第59期王位戦挑戦者決定リーグ1回戦       5人での挑決リーグ未定       
【80】2018年1月xx日     第67回NHK杯・準々決勝                           未確定
【81】2018年1月xx日~  第31期竜王戦予選5組2回戦                         前期並みに勝てれば        
【82】2018年1月xx日     第66期王座戦一次予選ホ組準決勝       豊川七段か山本六段・村田五段の勝者

【83】2018年2月xx日     第67回NHK杯・準決勝                            ※勝てれば次年度シード
【57/84】2017年2月15日
   順位戦
C級2組9回戦         ▽梶浦宏孝四段22
(C級2組2位)

梶浦宏孝四段
【58/85】2018年2月~  ※NHK杯スタート※第68回NHK杯予選1回戦        未定      
【86】2018年2月xx日      第44期棋王戦予選2回戦                   前期並みに勝てれば 未定

【87】2018年2月xx日      第11期朝日杯・決勝                      未定
【88】2018年2月xx日      第49期新人王戦2回戦                   前期並みに勝てれば 未定
【89】2018年2月xx日~  第89期棋聖戦決勝トーナメント・1回戦              未確定               
【90】2018年2月xx日   第59期王位戦挑戦者決定リーグ2回戦     5人でのリーグ2回戦    未定
【91】2018年2月~          ※第68回NHK杯予選2回戦              前期並みに勝てれば 未定              
【92】2018年3月~          ※第68回NHK杯予選決勝               前期並みに勝てれば 未定
【93】2018年3月xx日       第44期棋王戦予選3回戦                   前期並みに勝てれば
【94】2018年3月xx日    第59期王位戦挑戦者決定リーグ3回戦    5人でのリーグ3回戦    未定
【95】2018年3月xx日~   第89期棋聖戦決勝トーナメント・準々決勝      勝てば未確定
【96】2018年3月xx日    第66期王座戦一次予選ホ組決勝         未確定

【59/97】2017年3月01日  順位戦C級2組10回戦        ▲三枚堂達也四段24(C級2組6位)
三枚堂達也先手番!10戦全勝なら来期C級1組昇級して五段昇段!
【98】2018年3月xx日~   第26期銀河戦本戦H組・3回戦         黒沢怜生五段25(C級2組15位) 
【99】2018年3月xx日~   第26期銀河戦本戦H組・4回戦         石田直裕五段28(C級2組11位) 
【100】2018年3月~         第31期竜王戦予選5組・準々決勝            前期並みに勝てれば             
【101】2018年3月xx日     第67回NHK杯・決勝                                      未確定                   
【102】2018年3月xx日~  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第1局       決勝=タイトル戦(3月~5月)
【103】2018年3月xx日~  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第2局       決勝=タイトル戦(3月~5月)
叡王戦は今期からタイトル戦に格上げになったので最年少でのタイトル獲得戦となります!
昨年10月からプロ入りだったので、今期10月~3月は前期より倍近く対局数が増えてます!     

------------------------------↓ 2018年度 ↓------------------------------------
104・2018年4月xx日~  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第3局    決勝=タイトル戦
105・2018年4月xx日~  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第4局    決勝=タイトル戦

106・2018年4月xx日~  第89期棋聖戦決勝トーナメント・準決勝     勝てれば未確定

107・2018年5月xx日~  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第5局    決勝=タイトル戦
108・2018年5月xx日~  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第6局    決勝=タイトル戦
109・2018年5月xx日~  第3期叡王戦・タイトル戦7番勝負第7局    決勝=タイトル戦
110・2018年5月xx日~  第89期棋聖戦決勝トーナメント・決勝       勝てれば未確定         

111・2018年6月xx日~  第89期棋聖戦・5番勝負1回戦            勝てれば羽生棋聖と       
112・2018年6月xx日~  第89期棋聖戦・5番勝負2回戦            羽生棋聖                    
113・2018年7月xx日~  第89期棋聖戦・5番勝負3回戦            羽生棋聖                    
114・2018年7月xx日~  第89期棋聖戦・5番勝負4回戦            羽生棋聖                     
115・2018年7月xx日~  第89期棋聖戦・5番勝負5回戦            羽生棋聖                    

2018年度は高校進学するか悩むところですが、進学すれば運動も出来るし、私は1年間だけでも高校生活をエンジョイしてもらいですね!
プロ棋士は、長時間の対局に耐えられる体力・精神力が無ければ常勝街道を突っ走れませんから!

別に藤井聡太四段対局予定を随時更新してアップする事にしたので敗戦以外、これからは3対局毎に対局内容はアップする事にします!15連勝すれば44勝6敗!
それでも勝率88.00%なんだから、1敗の重さを感じますね!

【F1・Japan】マクラーレン・ホンダ、鈴鹿GPでアロンソ11位とバンドーン14位に終わる!幸運の女神は”そっぽ”!

チーフ・ドライバーのアロンソはフリー走行での油圧系のトラブルでパワーユニット交換する羽目になって35グリッド降格で最後尾スタート!

バンドーンスタート直後の第2カーブで5グリッド降格となったライコネンと接触して弾き出され最後尾に以後、完走目指して走るだけに!

ハミルトンが15年ぶりにコースレコードを更新しましたが、原因は今年からタイヤ幅が広がったから!
昨年と比較してトラクションも増大するので今年はギャボックスに掛かる負荷が大幅に増えてるんですね!

おまけに最後尾から11位まで順位を上げていたアロンソには。ポイントを獲得する為10位のマッサを激しく攻め立てていて、追いついた1位のハミルトンにコースを譲り遅れたとして青旗無視のペナルテイ2ポイントが課される始末!まさに踏んだり蹴ったり!まったく幸運の女神が微笑んでくれません!
全てホンダのパワーユニットの所為にするマクラーレンの自業自得ですが・・・・・

有終の美を飾ることなく、パワーユニットを無視した自分勝手な【サイズ・ゼロ】なんて阿呆なF1マシーン【マクラーレン・ホンダ】は終わりました!
ホンダもチャレンジ魂でマクラーレン・マシンに合わせてコンパクトなパワーユニット[RA615H]を開発しようとしましたが・・・誰が考えたってパワーが出せない設計でした!(苦笑)
マクラーレン・ホンダエンジン
F1-2015-エンジン比較
エンジンを過信し過ぎてMGU-Hが小さくし過ぎ!熱対策も出来ず電動アシスト不足に!
マクラーレン・ホンダエンジン5排気系も複雑怪奇?
来年ルノーと組むマクラーレンは、マシーンをエンジンに合わせるしかありません!(大苦笑)
当然【サイズ・ゼロ】コンセプトも見直しせざるを得ないでしょう!(大爆笑)

来年、ホンダエンジンは戦闘力を取り戻すと思いますね!
なぜって?
マクラーレンは過去の栄光!レース車体は2013年のMP4-28、2014年のMP4-29と戦闘力の低いマシンしか作れない状態でした!
そんなコンストラクチャーがいきなり凄いマシンを作れる筈が無いよね!


往々にして日本人以外は他人の所為にして自分の非を絶対的に認めないから、マクラーレンは勝てないのはホンダの所為にしてると思いますよ!

MP4-30 サイズゼロに合わせてパワーユニットをコンパクトに!無理な設計で完全に裏目に!
MP4-30
マクラーレン・MP4-30 成績
MP4-31 ホンダの涙苦しい努力でRA616Hに着実に信頼性は上がるもパワー不足!
Mp4-31
マクラーレン・MP4-31 成績
RA616Hスペック2RA616H

MCL-32 (サイズゼロ)を諦めMGU-Hを大型化する新しいコンセプトでパワーユニット一新(RA617H)するも不具合続出!
メルセデス方式となってエンジン前方に移動した吸気側タービンやMGU-Hの取り付け位置に制約の問題がある様で・・・・・RA617Hを大々的にプレス発表しなかったのも自身の無さの裏返し!(苦笑)
MLC-32
マクラーレン・MCL-32 成績

マクラーレンのギャボックスはホンダのパワーユニットと相性が悪いんじゃないのかな~?
前回の黄金期は3軸ギアにして重心を下げ連戦連勝に寄与しましたが・・・・

ホンダだけじゃなく、マクラーレンが2013年から勝てない原因もここにあるんじゃないの?
多分、耐久性を重視し過ぎてラフに造ってんで、晴天の場合場所によってタイヤのグリップ力が強すぎてギャボックスに負荷が掛かりすぎるとどこかの回転数=周波数で振動が発生してるのかも・・
マクラーレン・ホンダが雨の日にそこそこのラップタイムを刻めるのもタイヤからの負荷がが少ないから振動も発生しないんでしょう!

来年トロロッソトと組む上で、マクラーレンのギャボックス使うなんて報道があって心配してましたが、トロロッソが自前でギャボックス造るって事になって安心したと同時に”やっぱり”と思いましたね!
問題がなかったら実績のあるマクラーレン製ギャボックスを使うからね!(大苦笑)

多分来年マクラーレンは、今のままルノーエンジン積んでもパワーユニットのリタイア続出って事になるんじゃ!

そんな訳で、次年度自由度が増すトロロッソとの連携はとんでもない結果になる筈!
マフラーの自由度が増すだけで数十馬力アップするでしょうし・・・・・ターボの回転もスムースになるし・・・・
アロンソの契約金もホンダが出してるんだし、もっとマシンに精通した口出し出来る技術者も育てないと!

しかし、実車テストを制限するFIAもFIAだよ!
開発コスト削減の為なんて言ってるけど、こんな事やってたらパワーユニット供給するメーカーが無くなるぜよ!
一方で、高額な開催料を要求しマレーシアは降りちゃったし・・・・
高額の入場料の所為で世界中で観客動員数が減っている!
F1日本グランプリの入場者数も、8000人減って13万7000人と史上最低!
これじゃ赤字!
テレビの実況中継もなくなっちゃし(急遽10月9日PM5:00からBSフジで録画放映される事に)自分で自分の首を絞めてる!

儲けばかり考えてるんだから・・・・・そううち開催場所も無くなるでしょうよ!(大嘲笑)
はたして、来年トロロッソ・ホンダの活躍でF1日本グランプリの人気が復活するのか?
期待しましょう!間違いなく今年より良い成績上げるからね!(大爆笑)

トヨタ・3代目センチュリー発表!どうせなら後部ドアは後ろヒンジにしてほしかったですね!

トヨタセンチュリー1トヨタセンチュリー2
トヨタセンチュリー3トヨタセンチュリ4
トヨタセンチュリ5トヨタセンチュリ6
クラウンと大差ない後席は、セレブ御用達としては狭過ぎ!自分で運転する人もいるの?
トヨタセンチュリー7
革張りじゃなく和の感覚は良しとしても後部ドアもクラウン並みの三角窓付きとは情けない(トホホ)
メルセデスのマインバッハも前ヒンジですが・・三角窓付なんて野暮じゃなく四角に開きます!
メルセデスマインバッハ
メルセデスマインバッハ2
後部開閉窓も大きいし・・・・後部の三角窓が車体とドアじゃ遮蔽感が全く違うのに・・・・!
3代目はどうせなら、あと5cmホイールベースを伸ばして、ロールスロイス並みに後ろヒンジの前開ドアにしてほしかったですね!
ロールスロイスファントム
当然ながらロールスロイスの後部ドアには三角窓はありません!
ロールスロイスファントムj2
セレブが乗るのに前ヒンジの三角窓付じゃ様になりませんが・・・・・日本じゃ暗黙の規制でもあるんでしょうか?
私が発注出来る程セレブなら、絶対ロールス並みに後ろヒンジに大改造させるわな!(苦笑)

アルファードの方が後部ドアは全開で乗り降りも楽だし、キャプテンシートの座り心地も良そうに見えるのは私だけ?(大苦笑)

QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
カテゴリー
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ